大会最優秀選手はマリ代表MFアダマ・トラオレ、得点王はウクライナ代表MFコバレンコ《U-20ワールドカップ》2015.06.20 20:29 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽20日、ニュージーランドで開催されていた2015FIFA・U-20ワールドカップの全日程が終了した。そして、決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。

▽セルビア代表の初優勝で幕を閉じた2015FIFA・U-20ワールドカップで、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、マリ代表を3位に導く原動力となったMFアダマ・トラオレ(19)。所属するリールでは、2014-15シーズンのリーグ戦20試合に出場し、2ゴールを記録。今大会では卓越したスピードとテクニックを武器に4ゴール3アシストという数字を残した。

▽シルバーボールに選出されたのは、決勝でセルビアに敗れるも準優勝に輝いたブラジル代表でキャプテンを務めたMFダニーロ(19)。ポルトガルのブラガに在籍する守備的MFは、今大会でも攻守に渡って存在感を放った。

▽ブロンズボールには、今大会で2ゴールを決めたセルビアMFセルゲイ・ミリンコビッチ(20)。セルゲイ・ミリンコビッチは、卓越したフィジカルを特長とする190cmを超える超大型セントラルMFだ。所属するベルギーのゲンクでも着実に出場機会を増やしている。

▽大会得点王に与えられるゴールデンブーツは、今大会で5ゴール2アシストを記録したウクライナ代表MFビクトル・コバレンコ(20)が受賞。シャフタールの下部組織出身のコバレンコは、すでにトップチームデビューを飾っている新進気鋭の攻撃的MFだ。

▽シルバーブーツにはコバレンコと同じ5ゴールを記録しながらアシスト数で及ばなかったハンガリー代表FWベンス・メルヴォ(20)、ブロンズブーツには4ゴール3アシストのドイツ代表MFマルク・シュテンデラが選出された。

▽また、最優秀GKに贈られるゴールデングローブは、決勝戦で圧巻のパフォーマンスを披露し、セルビアの初優勝の立役者となったキャプテンのGKプレドラグ・ライコビッチ(19)が選ばれた。なお、2015FIFA・U-20ワールドカップの各賞受賞者は以下の通り。

◆ゴールデンボール(最優秀選手賞)
マリ代表MF:アダマ・トラオレ(リール/フランス)

・シルバーボール
ブラジル代表MF:ダニーロ(ブラガ/ポルトガル)

・ブロンズボール
セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ:(ゲンク/ベルギー)

◆ゴールデンブーツ(大会得点王)
ウクライナ代表MF:ビクトル・コバレンコ(シャフタール/ウクライナ)

・シルバーブーツ
ハンガリー代表FW:ベンス・メルヴォ(ギョル/ハンガリー)

・ブロンズブーツ
ドイツ代表MF:マルク・シュテンデラ(フランクフルト/ドイツ)

◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK)
セルビア代表GK:プレドラグ・ライコビッチ(レッドスター/セルビア)

◆FIFAフェアプレー賞
ウクライナ代表
コメント
関連ニュース
thumb

スコットランド代表、アレックス・マクレイシュ監督の解任を発表

スコットランドサッカー協会(SFA)は18日、アレックス・マクレイシュ監督(60)を解任を発表した。後任は明らかにされていない。 同監督は昨年2月、2020年までの契約でスコットランド代表監督に就任。UEFAネーションズリーグのリーグCグループ1ではトップフィニッシュだったものの、先月22日に行われたユーロ2020予選のカザフスタン代表戦で敗れたことで、理事会はチームの活性化を図るため、マクレイシュ監督の解任を決断したという。 およそ1年の任期の中で、マクレイシュ監督は5勝7敗という戦績。FIFAランクは就任時の32位から40位となっていた。 マクレイシュ監督は退任に際し以下のようにコメントしている。 「私は母国を2度も率いることができたことを喜ばしく思っている。成功を追求するためにベストを尽くせた。UEFAネーションズリーグでトップに立てたこと、そしてユーロ2020のプレーオフ出場権を獲得できたことを誇りに思う。これで我々は20年以上ぶりに主要大会で戦うことが出来る」 「スコットランドのファンがチームを絶え間なくサポートしてくれたことに感謝し、将来、チームの誰かが私のように監督になることを楽しみにしている」 2019.04.18 21:22 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表監督スカローニが事故に遭うも大事には至らず

アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督が9日、自身のツイッターで交通事故に遭ったことを明かした。 スペインのマジョルカ島でサイクリングをしていたスカローニ監督は、バックをしていた車に接触。地面に叩きつけられ、顔面を負傷した。病院に搬送されたスカローニ監督だが、既に退院し、自身のツイッターで「心配のメッセージを頂き、感謝している。ありがとう」とコメントし、大事に至らなかったことを明かしている。 スカローニ監督は2018年8月よりアルゼンチン代表暫定監督に就任。11月に正指揮官に就任していた。 2019.04.09 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】IJが2試合連続ゴール!

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ヘンクに所属する日本代表FW伊東純也は30日にジュピラー・プロ・リーグ決勝ラウンド第1節のアンデルレヒト戦に先発。59分に負傷交代を強いられたが、55分に2試合連続となる得点を決めた。 そのほか、ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実や、シャルルロワに所属する同代表MF森岡亮太もそれぞれ1ゴールの結果を残している。 ◆<span style="font-weight:700;">イングランド</span> [レスター・シティ]岡崎慎司 H 2-0 ボーンマス ◯ ベンチ入りも出場せず [ニューカッスル]武藤嘉紀 A vs アーセナル ※月曜日開催 [サウサンプトン]吉田麻也 A 1-0 ブライトン ◯ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352632">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">スペイン</span> [ヘタフェ]柴崎岳 H 0-2 レガネス ● ベンチ入りせず [アラベス]乾貴士 H 0-4 アトレティコ・マドリー ● 58分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352639">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">ドイツ</span> [ブレーメン]大迫勇也 H 3-1 マインツ 〇 ベンチ入りせず [フランクフルト]長谷部誠 H 3-0 シュツットガルト 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352674">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H 3-0 アウグスブルク 〇 84分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352637">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 H 0-1 シャルケ ● 75分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352672">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 H 0-1 シャルケ ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352672">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 H 3-1 ボルシアMG 〇 ベンチ入りも出場せず ◆<span style="font-weight:700;">フランス</span> [マルセイユ]酒井宏樹 H 2-2 アンジェ △ ベンチ入りせず [トゥールーズ]昌子源 H 0-1 パリ・サンジェルマン ● フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 クープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝 N 0-0(PK:4-1) ギャンガン 〇 ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">オランダ</span> [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 1-0 エクセルシオール 〇 87分からプレー [フローニンヘン]堂安律 A 0-1 AZ ● 64分までプレー [フローニンヘン]板倉滉 A 0-1 AZ ● ベンチ入りも出場せず [ズウォレ]中山雄太 H 3-0 エメン 〇 82分からプレー ◆<span style="font-weight:700;">ポルトガル</span> [ポルティモネンセ]権田修一 H 0-2 モレイレンセ ● ベンチ入りせず [ブラガ]安西海斗 H 2-3 ポルト ● ベンチ入りせず [ギマランエス]深堀隼平 A 0-1 サンタクララ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">トルコ</span> [ベシクタシュ]香川真司 A vs チャイクル・リゼスポル ※試合開催なし [ガラタサライ]長友佑都 ※試合開催なし ◆<span style="font-weight:700;">オーストリア</span> [ザルツブルク]南野拓実 H 5-1 オーストリア・ウィーン 〇 84分までプレー、1得点 [インスブルック]財前淳 A 2-0 ハルトベルク 〇 ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">ロシア</span> [CSKAモスクワ]西村拓真 H 2-2 ウファ △ 84分からプレー ◆<span style="font-weight:700;">ベルギー</span> [ヘンク]伊東純也 H 3-0 アンデルレヒト 〇 59分までプレー、1得点 [シント=トロイデン]遠藤航 H 3-1 シャルルロワ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352686">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]鎌田大地 H 3-1 シャルルロワ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352686">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 H 3-1 シャルルロワ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352686">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 H 3-1 シャルルロワ 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352686">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]木下康介 H 3-1 シャルルロワ 〇 65分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352686">詳細ニュース</a> [シャルルロワ]森岡亮太 A 1-3 シント=トロイデン ● 44分までプレー、1得点⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=352686">詳細ニュース</a> [オイペン]豊川雄太 A 2-1 オーステンデ 〇 81分までプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 1-3 ユニオン ● ベンチ入りも出場せず 2019.04.01 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

代表負傷離脱で批判浴びるメッシが反論! 6歳息子からの悲痛な問いかけも明かす

先日、ロシア・ワールドカップ(W杯)後に初めてアルゼンチン代表へ復帰したバルセロナFWリオネル・メッシが、代表負傷離脱に関して浴びた多くの批判的な意見に反論した。『ESPN』が『Radio 94.7』でメッシが語ったコメントを伝えている。 コパ・アメリカ2019を今年6月に控える中、アルゼンチン代表はロシアW杯後初めてエースのメッシを招集。そのメッシはベネズエラ代表とのフレンドリーマッチで久々にアルビセレステスのユニフォームに袖を通したが、チームは1-3で敗戦。また、メッシはそ径部のケガを理由にモロッコ代表戦を回避して一足早くバルセロナに戻っていた。 そして、軽傷が伝えられながらも代表負傷離脱となったメッシに対しては母国アルゼンチンのメディアを中心に批判的なコメントが殺到。これを受けてメッシは自身を貶める意見に対して反論を行った。 「(批判的な意見が殺到している現状に)僕にとって驚きはないよ。そこには多くの種類の嘘がある。そして、多くの人がその嘘を信じてしまうから、まったく腹が立つよ。誰もが好き勝手な話を作って、それを多くの人が購入する。そして、僕がまるで悪者のように扱われる」 「(負傷離脱に関する)真実はウィンターブレークの時期から代表ウィークに入るまでの間に違和感を覚えながらプレーしていたんだ。それは複雑なそ径部の問題なんだ。今は良くなってきているけど、自分自身でケアをしないといけないものだ」 また、メッシは現在6歳の長男チアゴ君が母国アルゼンチンで自身が多くの批判を浴びていることを感じ取っており、その理由について質問を投げかけてきたという痛ましいエピソードも明かしている。 「多くの人はワールドカップ後に代表に戻って来るなと言っていた。そして、6歳の息子(チアゴ君)はなぜ僕がアルゼンチンでつるし上げにされているのかを聞いてきたんだ」 2019.03.30 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

イグアインがアルゼンチン代表を引退! W杯3大会連続出場

チェルシーに所属するFWゴンサロ・イグアイン(31)が、28日に『FOX SPORTS ARGENTINA』のインタビューでアルゼンチン代表から引退することを発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 フランスとの二重パスポートを所有するイグアインは、2006年にフランス代表へ招集されるもこれを辞退し、アルゼンチン代表入りを表明。そして2009年10月10日に行われた南アフリカ・ワールドカップ(W杯)南米予選のペルー代表戦でアルゼンチン代表デビューを飾ると、通算75試合に出場し31ゴールを記録。3度のワールドカップ出場(2010、2014、2018)、3度のコパ・アメリカ出場(2011、2015、2016)を果たした。 アルゼンチン代表を引退発表したイグアインの、『FOX SPORTS』でのコメントは以下の通り。 「僕のアルゼンチン代表での時間は終わった。これからは代表の試合を外部から見るよ。そのことで多くの人間が幸せになるはずだ」 「僕はスカローニ監督との話し合いで引退の思いを伝えた。この決断に僕は満足している。僕が批判されることで苦しむ家族を僕は見てきた。だから、これからはより家族と過ごす時間を楽しみたいと思っているよ」 2019.03.29 04:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース