スペインのユーロ制覇に貢献したセナ、今季限りで現役引退2015.06.11 06:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽北米サッカーリーグ(NASL)に所属するニューヨーク・コスモスは10日、同クラブに所属する元スペイン代表MFマルコス・セナ(38)が今季限りで現役を引退することを発表した。▽現在、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスと共にニューヨーク・コスモスでプレーしているセナは、同クラブの公式サイトで今季のリーグ戦が終了する11月にスパイクを脱ぐつもりであることを明かした。

「私は一部の偉大なプレーヤーとクラブでプレーすることができた自分の幸運なキャリアを幸せに感じている。現在、私のコンディションは非常に良い。だが、自分がクラブのために貢献できるうちに引退をしたいと思っている」

「ニューヨークへの移住とコスモスに加入したことは、私の家族にとっても素晴らしいことだった。そして、我々はアメリカで本当に忘れられない、いくつもの思い出を経験した」

▽ブラジル出身のセナは、国内のいくつかのクラブでのプレーを経て2002年にビジャレアルに加入。マヌエル・ペジェグリーニ監督(現マンチェスター・シティ)の下で卓越した運動量と戦術眼を発揮した同選手は、元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメや元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランらスタープレーヤーと共に同クラブの黄金時代を支えた。その後、2013年に10年以上在籍したビジャレアルを離れ、現所属のニューヨーク・コスモスに加入した。

▽また、2006年にスペインに帰化したセナは、同年3月に行われたコートジボワール代表戦で“ラ・ロハ”デビューを果たすと、2006年のドイツ・ワールドカップにも出場。そして、2008年に行われたユーロでは[4-1-4-1]布陣を採用したチームのアンカーとして圧巻のパフォーマンスを披露し、スペインのユーロ制覇に大きく貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ラウール・アルビオル、スペイン帰還へ…ビジャレアル移籍が濃厚

ナポリに所属する元スペイン代表DFラウール・アルビオル(33)のビジャレアル移籍が濃厚となっているようだ。スペイン『マルカ』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 アルビオルは2013年7月にレアル・マドリーからナポリに加入した。以降、センターバックとして主力を務め、ここまで公式戦236試合に出場。今シーズンも公式戦26試合1ゴールを記録した。 そんなアルビオルをビジャレアルは契約解除金400万ユーロ(約4億8000万円)を支払って獲得する模様。アルビオル自身も、2021年6月までナポリとの契約を残しているが、同クラブでの時間は終わったと考えており、スペインへの復帰を希望しているという。 2019.06.15 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、スペイン代表MFフォルナルスを5年契約で獲得!

ウェストハムは14日、ビジャレアルに所属するスペイン代表MFパブロ・フォルナルス(23)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、1年の延長オプションも付いている。 マラガでプロデビューしたフォルナルスは2017年夏にビジャレアルに完全移籍で加入。セントラルMFやトップ下を主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MFで、今シーズンの公式戦50試合に出場し5ゴール6アシストを記録した。 また、クラブの発表によると、フォルナルスは2018年夏にラツィオから獲得したフェリペ・アンデルソンに次いでクラブ史上2番目の高額な契約となるとのこと。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、フォルナルスの移籍金は2400万ポンド(約32億8500万円)とのこと。史上最高額のフェリペ・アンデルソンは4200万ポンド(約57億5000万円)だった。 ウェストハムへの加入が決まったフォルナルスはクラブ公式サイトで以下のように語っている。 「とても気分が良いよ。すごく嬉しいことで、このチームに加入できることを感謝している」 「誠実なファンがいることや美しいスタジアムがあることは知っているよ。毎週の試合でスタジアムを埋め尽くすなんて凄いよね」 「マラガで共闘したマヌエル(・ペジェグリーニ)の存在は大きかった。世界で最も優れたコーチの1人だから、ともに仕事をしたかったんだ」 なお、マラガ時代に師事したマヌエル・ペジェグリーニ監督についてもコメント。「僕は以前、マリオと仕事をしたことがある。マラガにいたときから、彼を知っているよ」とコメント。「彼は世界で最も優れた監督の1人であり、そのような人と仕事をしたくない人はいるのかい?」と語り、恩師との再会を喜んでいる。 2019.06.14 22:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、復活カソルラと1年契約延長!

ビジャレアルは13日、スペイン代表MFサンティ・カソルラ(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ビジャレアルでプロデビューを飾りトッププレーヤーに成長したカソルラは、2012年からアーセナルでプレー。そのアーセナルでは度重なる負傷に苦しみ、10度もの手術を経験。右足切断の危機もあった中、昨年夏にビジャレアルへ復帰していた。 すると今季、公式戦46試合の出場で7ゴール11アシストを記録する見事な復活を遂げた。そして先月、2015年以来となるスペイン代表に復帰し、7日のユーロ2020予選フェロー諸島代表戦でフル出場していた。 2019.06.14 05:48 Fri
twitterfacebook
thumb

人気株フォルナルスがハマーズ移籍へ! 2700万ユーロで交渉成立か?

ウェストハムがビジャレアルのスペイン代表MFパブロ・フォルナルス(23)の獲得に向けて、移籍金2700万ユーロ(約33億2000万円)での交渉成立に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 マラガでプロデビューしたフォルナルスは2017年夏にビジャレアルに完全移籍で加入。セントラルMFやトップ下を主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MFは今季の公式戦50試合に出場し5ゴール6アシストを記録。 推進力のあるプレーや高い攻撃センス、テクニックを特長とする23歳には、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、バルセロナの国内3強に加え、アーセナル、ナポリなどからの関心も伝えられていた。 その逸材を何とか慰留したいビジャレアルだが、今季をヨーロッパ圏外の14位で終えたことにより、クラブは財政面で問題を抱えており、主力数選手の売却が必要となる模様だ。 その売却候補の1人と目されるフォルナルスに関してウェストハムは今年1月にもオファーを掲示していたが、ビジャレアルが熾烈な残留争いに巻き込まれていたこともあり、このタイミングでの移籍は成立しなかった。 2019.06.11 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ビジャレアルの元イタリア代表2選手の買い取りOPを行使

ボローニャは6日、ビジャレアルの元イタリア代表MFロベルト・ソリアーノ(28)と元イタリア代表FWニコラ・サンソーネ(27)の買い取りオプションを行使することを発表した。 攻撃的MFのソリアーノはサンプドリアで活躍後、2016年夏にビジャレアルへ完全移籍。ビジャレアルでは公式戦73試合の出場で11ゴール8アシストを記録。移籍初年度こそレギュラーとしてプレーしリーガエスパニョーラで9ゴールを挙げる活躍を見せるも、昨季は十分なパフォーマンスを発揮できず、今季前半はトリノに、後半はボローニャにレンタルで出されていた。ボローニャではレギュラーとしてセリエAで17試合に出場し、チームの残留に貢献していた。 一方、ストライカーのサンソーネはサッスオーロでの活躍が認められて2016年夏にビジャレアルへ完全移籍。ビジャレアルでは公式戦71試合の出場で16ゴール8アシストを記録。ソリアーノ同様に移籍初年度はリーガエスパニョーラで8ゴールを挙げる活躍を見せたが、昨季は控えに回り、今季後半にボローニャへレンタルに出されていた。そのボローニャではセリエAで15試合に出場し、2ゴールを挙げていた。 2019.06.07 00:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース