プレミア昇格組のボーンマス、オーストラリア代表GKを獲得2015.05.27 23:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽来季からプレミアリーグに昇格するボーンマスは27日、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するレディングのオーストラリア代表GKアダム・フェデリチ(30)をフリートランスファーで獲得したことを公式サイトで発表した。契約期間は3年間となる。

▽ボーンマスへの移籍が決定したフェデリチは、同クラブの公式サイトで新天地での意気込みを語っている。

「このクラブに加入することができて特別な感情を抱いている。僕は昨季のボーンマスの戦いぶりを見て、常にリスペクトしてきた。今はとにかく監督と新たな仲間と共に仕事ができる日を心待ちにしている」

▽イタリア系オーストラリア人のフェデリチは、2006年にレディングに加入。その後、下部カテゴリーのクラブへのレンタル移籍を繰り返したが、2009-10シーズン以降から同クラブの正GKを任されていた。今季はリーグ戦43試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、”ロベリ”後釜にザネの獲得を検討か

バイエルンが、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 2016年にシャルケからシティに加入したザネ。今シーズンもここまで公式戦43試合で15ゴール18アシストと圧巻の数字を残しており、シティの強力攻撃ユニットの一角を担っている。 だが、2020年までの現行契約に関して延長交渉が難航しているザネに関しては今シーズン限りでのシティ退団の可能性が指摘されている。この状況を注視しているのがドイツ王者のようだ。 バイエルンでは、長年に渡って両翼を担ってきた元フランス代表MFフランク・リベリと、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの今シーズン限りでの退団が有力となっている。そして、その後釜としてザネに関心を寄せているという。 また、バイエルンのウリ・ヘーネス会長は「かつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と、今夏の移籍市場に向けて2億ユーロ(約251億円)の資金を準備していることを明言している。果たして、"ロベリ"の後釜としてザネの獲得に動くのか注目が集まる。 2019.04.21 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、SB新戦力としてトリッピアーに関心か ユナイテッドも興味

ナポリが、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 マンチェスター・シティ下部組織出身のトリッピアーは、2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入。加入初年度は控えだったが、正確なキック精度と豊富な運動量で出場機会を増やしていき、今シーズンは主力として公式戦33試合で1ゴール5アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、カルロ・アンチェロッティ監督は、来シーズンに向けてサイドバックの補強を考慮している模様。獲得候補の1人としてトリッピアーに関心を寄せており、既にトッテナム側にコンタクトを取ったという。 だが、スパーズはチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を当てていることから、シーズン終了後に交渉を行いたいと考えているとのことだ。また、マンチェスター・ユナイテッドもトリッピアーに関心を寄せていることから競合する可能性もありそうだ。 2019.04.21 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、アルゼンチンの17歳新星FW獲得に関心か

マンチェスター・シティがアルゼンチンの17歳新星の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』が伝えるところによれば、現在シティが獲得に関心を示しているのはベレス・サルスフィエルドに所属するU-20アルゼンチン代表FWティアゴ・アルマダ(17)。 今月末に18歳の誕生日を迎えるアルマダは昨年8月にベレスでトップチームデビューを飾った右利きの新進気鋭のアタッカーだ。今季ここまではリーグ戦16試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 170cmと小柄で線の細さも目立つアルマダだが、爆発的な加速力や抜群のテクニックを生かした小回りの利くドリブル、プレースキッカーも務める右足の精度は、アルゼンチン国内で高く評価されており、FWリオネル・メッシやFWセルヒオ・アグエロらの後継を担う大器として大きな期待を背負っている。 『サン』が“ニューメッシ”と評するアルマダの獲得に向けてシティは、2000万ポンド(約29億円)の高額オファーを準備している模様。また、今後国際サッカー連盟(FIFA)からの補強禁止処分の可能性も伝えられているが、その場合は系列クラブのジローナへのレンタル移籍や同クラブを窓口に使うプランを持っているようだ。 2019.04.21 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

エリクセン、スパーズと契約延長へ! 現行給与から2倍以上の条件で合意か

トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)がクラブとの契約延長に近づいているようだ。海外版『goal.com』が伝えている。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センス、テクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。今季ここまでも公式戦44試合に出場し、8ゴール17アシストの数字を残している。 トッテナムにとってエースFWハリー・ケイン、MFデレ・アリ、FWソン・フンミンと共にチームのアタッキングユニットになくてはならない存在であるデンマーク代表だが、他クラブに比べて著しく低いサラリーの問題もあり、契約延長交渉が難航している。 2020年まで契約を残すエリクセンに関してはレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスなど国内外のメガクラブが関心を示しており、今夏にも新天地を求める可能性が指摘されている。 しかし、『goal.com』が伝えるところによれば、絶対的司令塔の慰留を目指すトッテナムとエリクセン側はここ数週間の間で契約延長に向けた交渉が大きく進展しているという。 そして、現在クラブはエリクセンが現在受け取っていると言われている週給7万5000ポンド(約1080万円)から、少なくとも2倍以上となるサラリーを支払うことで交渉成立を目指しているという。 ただ、条件面での交渉が大詰めを迎えている一方、契約延長成立に向けてはピッチ内での仕事が重要となる。 現在、キャリア最盛期を迎えているエリクセンはチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーやタイトル獲得を望んでおり、仮にトッテナムが来季のCL出場を逃した場合、移籍を選ぶ可能性が依然として残っている。 トッテナムはプレミアリーグ第34節終了次点で5位のチェルシーと勝ち点1差、6位のマンチェスター・ユナイテッド(1試合未消化)と勝ち点3差の3位に位置している。したがって、来季CL出場に向けては残り4試合のリーグ戦を全勝して自力でのトップ4フィニッシュを決めるか、準決勝まで進出している今季CLで優勝する必要がある。 そのため、仮にエリクセンが契約延長にサインするとしても公式発表はCL出場権獲得の有無が判明する5月末から夏以降になるようだ。 2019.04.21 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドイツ代表DFジューレ獲得に本腰か? 獲得に向けてバイエルンに照会

マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレ(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツ『Sport1』が伝えている。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で来シーズンの巻き返しを目指すユナイテッドは、今夏に大型補強に動く可能性が伝えられている。その中で優先度が高いのが、ようやくスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが独り立ちもそれ以外に頼りになる選手が少ないセンターバックのポジションだ。 これまではトッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスらの名前が挙がっているが、この新戦力候補リストに新たに加わったのがジューレのようだ。 『Sport1』が伝えるところによれば、ユナイテッドは2017年にホッフェンハイムから加入して以降、卓越した身体能力と守備センス、リーダーシップを武器にバイエルンとドイツ代表で主力を担う万能型DF獲得に向けてバイエルン側に照会を行ったという。 バイエルンではセンターバックでもプレー可能なフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカ・エルナンデスの2選手の加入が内定しているが、以前にクラブ側が今後ジューレを中心に最終ラインを構築すると宣言していたこともあり、ユナイテッドにとっては非常にタフなオペレーションになるはずだ。 2019.04.21 16:52 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース