牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗

2014.11.27 00:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。
関連ニュース
thumb

積極補強のニースとミランがPSMで激突! ミランはジルーが豪快ヘディング弾!

31日にニースvsミランのプレシーズンマッチがアリアンツ・リヴェイラで行われ、1-1の引き分けに終わった。 リーグ・アン開幕を1週間後に控えるニースと、プレシーズンマッチ2試合目のミランが激突。ニースでは、昨季のリーグ・アンでリールを優勝に導いたクリストフ・ガルティエ監督が新たに就任し、それに伴い、AZからFWカルヴァン・ステングス、バルセロナからDFジャン=クレール・トディボ、サウサンプトンからMFマリオ・レミナなど積極補強を行っている。 一方のミランは、昨季の主力だったMFサンドロ・トナーリやDFフィカヨ・トモリの買い取りを完了させるとともに、退団したGKジャンルイジ・ドンナルンマに代わる新守護神候補としてGKマイク・メニャン、ストライカー補強にFWオリヴィエ・ジルーを獲得するなど、こちらも大型補強が進んでいる。 試合は、そのメニャンがデビューしたミランが序盤は攻勢に出たものの、調整度合いでは一段勝るニースも25分のFWアミーヌ・グイリのポスト直撃のFKを皮切りにリズムに乗っていく。 試合が動いたのは56分。ニースFWダン・エンドイエがペナルティエリアでMFラデ・クルニッチに倒されPKを獲得。これをグイリが沈めて先制した。 その後、ミランは4選手を交代させ、ジルーが新天地デビュー。するとその5分後の66分、同じタイミングで投入されていたMFサム・カスティジェホのFKを頭で合わせて初ゴールを記録した。 試合はそのままタイムアップを迎え、1-1のドロー決着。この後、ニースは8日にランスとのリーグ・アン開幕戦、ミランは4日にバレンシアとのプレシーズンマッチが控えている。<span class="paragraph-title">【ハイライト】新天地デビューのジルーがヘディング弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Giroud comes on and scores: relive <a href="https://twitter.com/hashtag/OGCNiceMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OGCNiceMilan</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/_OlivierGiroud_?ref_src=twsrc%5Etfw">@_OlivierGiroud_</a> entra e segna: rivivi le azioni migliori del match <a href="https://twitter.com/hashtag/SempreMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SempreMilan</a> <a href="https://t.co/HkO07i2HH4">pic.twitter.com/HkO07i2HH4</a></p>&mdash; AC Milan (@acmilan) <a href="https://twitter.com/acmilan/status/1421591969005031431?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.01 14:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ニースがU-24仏代表DFバールの獲得を正式発表

ニースは7月31日、リヨンからU-24フランス代表DFメルヴァン・バール(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 U-24フランス代表として東京オリンピックに参加していたバールはチームのグループステージ敗退に伴い、フランスに帰国。30日にメディカルチェックをパスし、今回の正式契約に至った。 リヨンの下部組織出身のバールは173cmの小柄な左サイドバック。2019年12月に行われたリーグ・アンのニーム戦でトップチームデビューを飾った俊英は、高精度の左足に加え、積極的なドリブル突破やインナーラップでアタッキングサードでの崩しに絡むモダンな攻撃的サイドバックだ。 昨シーズンは公式戦18試合に出場するなど、リヨンのトップチームで活躍の兆しを見せていたが、新天地は今夏積極補強を行っているニースとなった。 2021.08.01 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルドーの新指揮官ペトコビッチが所信表明 「スイス代表を指揮した後、何か違うことをしたかった…」

ボルドーの新指揮官に就任したウラジミール・ペトコビッチ監督(57)が新天地で初の公式会見で意気込みを語った。フランス『レキップ』が伝えている。 ラツィオで優れた手腕を発揮したペトコビッチ監督は、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)後にスイス代表監督に就任。以降、ユーロ2016でベスト16、ロシアW杯でもベスト16、そして今月行われたユーロ2020ではスイスを初のベスト8進出に導いていた。 スイス代表との契約は2022年末まで残っていたが、これを解除してボルドーと2024年6月までの3年契約を締結した。 ジャン=ルイ・ガセ前監督の後任としてボルドーの新指揮官に就任したペトコビッチ監督は、「何か違うことをしたかった」とリーグ・アンの名門行きを決断した背景を説明している。 「7年間スイス代表を指揮した後、私は何か違うことをしたいと思い、ここに来た。ユーロの後、各クラブはすでに組織を固め始めており、自分がクラブチームの指揮を取れるとは微塵も考えずに休暇に出かけていた。すると、思いがけずボルドーから声がかかり、自分にとって重大なチャンスだと受け止めた」 「すぐに会長に会って、相手がどんな人であるかをすぐに理解した。ここにはプロジェクトがあり、私はチャレンジを楽しみ、この素晴らしいクラブをボルドーのファンにふさわしいレベルに引き上げたいと願う人々と一緒に仕事をしたいと思っている」 「ボルドーは名門クラブであり、伝統のある地域、特別なサポーターを持つ偉大なクラブだ。そして、今ここには何かを変えようとしているのではなく、構築しようとしている非常に緻密なプロジェクトがある」 なお、昨シーズンのリーグ・アンを12位で終えたボルドーは深刻な財政難を理由に前オーナーグループのキングストリートが、前リールのオーナーであるルクセンブルクの実業家ジェラール・ロペス氏にクラブを売却した。 一連の流れで一時は暫定降格措置を取られていたが、新体制移行が決定したクラブは今後積極補強に動く構えだ。 2021.07.31 15:14 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン、アヤックス守護神オナナ獲得が決定的に!

リヨンがアヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(25)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今夏の移籍市場でアヤックス退団が有力視されるオナナにはアーセナル、インテルという2クラブからの関心が伝えられていた。 しかし、その争奪戦を制したのはアヤックス時代に同選手を指導していたピーター・ボス新監督が率いるリヨンとなったようだ。 『レキップ』によると、アヤックスは当初、移籍金を1400万ユーロ(約18億2000万円)に設定していたものの、最終的に両クラブは800万ユーロ(約10億4000万円)で合意に達したという。 バルセロナのカンテラ出身のオナナは2015年にアヤックスに完全移籍。2016–17シーズンにトップチームの守護神の座を獲得すると、ここまで公式戦204試合に出場。2度のエールディビジ制覇を含む5つのタイトル獲得に貢献してきた。 ただ、昨年10月に妻が処方されていた薬を誤って服用し、ドーピング違反による出場停止処分を科されたオナナは、処分期間が9カ月に短縮されたものの、2021年11月までプレーできない状況にある。 なお、リヨンは今シーズンに関してはヨーロッパリーグとクープ・ドゥ・フランスでのプレーを確約しているという。そして、オナナの試合勘を養った後、2022-23シーズンは同年が契約最終年となるポルトガル代表GKアントニー・ロペスとポジションを争わせる意向を持っているようだ。 2021.07.31 14:37 Sat
twitterfacebook
thumb

「PSGでより多くのタイトルを獲得する」新シーズンの巻き返しを誓うイカルディ

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、プレシーズンの充実ぶりを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2019年9月にインテルからPSGにレンタル移籍で加入し、1年後に完全移籍を果たしたイカルディは、ここまで公式戦62試合出場33ゴール10アシストを記録。しかし、昨シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)感染やケガの影響もあり、リーグ・アンでは20試合出場7ゴール4アシストの成績に留まっていた。 クープ・ドゥ・フランスの一冠のみに終わったチーム同様、新シーズンの巻き返しが期待されているイカルディは、クラブ公式のインタビューで順調な調整ができているとコメント。プレシーズンの充実がシーズンにつながるはずだと語った。 「僕たちはハードなトレーニングを行い、基本的なことに取り組んでいるが、試合の終わりにはどうしても足が重くなる。ただ、親善試合で新しいことを学ぶこともできて、とても満足だ。プレシーズンには若い選手も多く参加しているけど、彼らにとっても僕たちにとっても良い経験になるよ。新しい選手と一緒に仕事ができるんだからね」 「プレシーズンで最も重視されたのは、参加している全選手のフィジカル面を鍛えることだった。そうすれば、可能な限り最高の形でシーズンを始められるからね。それから監督はいくつかの戦い方も試していたが、それもプレシーズンの目的だね」 「僕は今とても気分が良いんだ。去年はケガで大変な思いをした1年だったけど、プレシーズンをフルに過ごすことができて、身体的にも良い感じさ。それが7月の収穫だね」 また、イカルディは一冠のみに終わった昨シーズンのチームの成績についても言及。良いスタートが切れなかったと振り返りつつ、今シーズンは8月1日に開催されるリールとのトロフェ・デ・シャンピオンに勝利し、絶好のスタートを切りたいと意気込んだ。 「昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)の決勝を戦ってから開幕までの期間が短く、準備不足もあって良いスタートが切れなかった。難しいシーズンだったね。最初にポイントを失い、その代償を払うことになった」 「だからこそ今年は強いスタートを切りたい。リベンジがしたいんだ。トロフェ・デ・シャンピオンを制してシーズンをスタートさせれば、翌週のリーグ戦を最高の形でスタートさせられるだろう」 「ストライカーであれば、ゴールを決めてチームを助ける以上のことはないよ。特に、それがトロフィーにつながったら最高の気分だ。今の僕の目標は、PSGでより多くのタイトルを獲得すること。そして、さらに多くのゴールを決めることだ」 2021.07.30 17:47 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly