【トレーニング】古橋亨梧がセルティックでプレシーズントレーニングを開始!

2024.07.07 12:00 Sun


セルティックの関連記事

ヘンクは14日、セルティックの韓国代表FWオ・ヒョンギュ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年間となっている。 2023年1月に水原三星からセルティックに加入したストライカーのオ・ヒョンギュだったが、FW古橋亨梧に阻まれレギュラー定着には至らなかった。 昨季はスコティッシュ・プレミアリーグ20試合5ゴール、チャンピオンズリーグ5試合の出場に留まっていた。 2024.07.15 07:30 Mon
セルティックがデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(37)を獲得するようだ。 同じくGKとしてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したピーター・シュマイケルを父に持つシュマイケル。かつてはレスター・シティで岡崎慎司氏らとともに奇跡の優勝に貢献するなど、長らく守護神の立ち位置を守り、2022年夏のニース行きを挟み、昨季からアンデルレヒトに活躍の場を移した。 そのベルギーでは公式戦32試合でプレーしたが、1年延長オプションも見送られ、1年契約が先月をもって終了。先のユーロ2024でも全4試合に出場した代表ではここまで105キャップを刻み、依然として第一線で活躍を続けるが、所属先なしの状態だった。 そんなデンマーク守護神の行き先はスコットランドになる模様。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、スコットランドの名門セルティック入りが見込まれ、契約は1年延長オプション付きの1年になるという。 セルティックでは在籍3年間で通算153試合の出場数を誇った元イングランド代表GKジョー・ハートが昨季限りで現役引退。そこで新たな守護神探しの動きが取り沙汰されるが、実績申し分なしながらフリーの元レスター守護神に白羽の矢が立ったとみられる。 2024.07.13 08:45 Sat
「DAZN(ダゾーン)」が、今夏のプレシーズンマッチのライブ配信を発表した。日本人選手が所属するクラブなど、多数の試合が配信される。 現在はユーロ2024、コパ・アメリカ2024が開催中。この後にはパリ・オリンピックも開催される一方で、各クラブはすでに2024-25シーズンに向けて始動し始めている。 すでにプレシーズンマッチを行っているチームもある中、「DAZN」が多くのプレシーズンマッチを放送。一部試合は日本語実況付きで配信される。 日本人選手では、日本代表MF鎌田大地がラツィオからクリスタル・パレスに移籍した他、日本代表DF伊藤洋輝はシュツットガルトからバイエルンへと移籍。その他にも、Jリーグからヨーロッパへ渡っている選手も多い。 「DAZN」では、プレミアリーグのチームを中心にプレシーズンマッチを放送。新戦力のフィット具合を含めて、要チェックだ。 <span class="paragraph-subtitle">■欧州サッカープレシーズンマッチ主な配信スケジュール</span> ※日本語実況あり ▽7月15日(月) 《25:00》 ウェストハム vs フェレンツヴァーロシュ ▽7月17日(水) 《25:00》 ドルトムント vs エルツゲ・ビルゲ・アウエ 《27:00》 ハート・オブ・ミドロシアン(田川亨介、小田裕太郎) vs トッテナム※ ▽7月19日(金) 《26:00》 ポルト vs オーストリア・ウィーン ▽7月20日(土) ラピド・ウィーン vs ミラン ▽7月24日(水) 《8:30》 マンチェスター・シティ vs セルティック(古橋亨梧、旗手怜央、前田大然、岩田智輝、小林友希)※ ▽7月25日(木) 《11:30》 アーセナル(冨安健洋) vs ボーンマス※ ▽7月26日(金) 《26:00》 レバークーゼン vs エッセン ▽7月27日(土) 《22:00》 ハンザ・ロストック vs ラツィオ 《22:30》 ウニオン・ベルリン vs レンジャーズ 《23:00》 エバートン vs サルフォード 《29:00》 チェルシー vs セルティック(古橋亨梧、旗手怜央、前田大然、岩田智輝、小林友希)※ ▽7月28日(日) 《8:00》 ウォルバーハンプトン vs ウェストハム ▽7月31日(水) 《26:30》 フェイエノールト(上田綺世) vs モナコ(南野拓実)※ ▽8月1日(木) 《8:30》 チェルシー vs クラブ・アメリカ※ 《9:00》 クリスタル・パレス(鎌田大地) vs ウォルバーハンプトン※ ▽8月3日(土) 《26:00》 スタッド・レンヌ vs レアル・ソシエダ(久保建英)※ ▽8月4日(日) 《6:30》 マンチェスター・シティ vs チェルシー※ 《8:00》 ウェストハム vs クリスタル・パレス(鎌田大地)※ ▽8月10日(土) 《22:30》 フライブルク(堂安律) vs フィオレンティーナ※ 《23:00》 エバートン vs ローマ 《25:30》 トッテナム vs バイエルン(伊藤洋輝)※ ▽8月11日(日・祝) 《23:00》 クリスタル・パレス(鎌田大地) vs ナント※ 2024.07.12 15:35 Fri
セルティックの日本代表FW古橋亨梧がプレシーズンから絶好調。ブレンダン・ロジャーズ監督も絶賛している。 2021年7月にヴィッセル神戸から完全移籍でセルティックに加わった古橋。3シーズンを過ごし、スコティッシュ・プレミアシップで94試合に出場し53ゴール10アシストを記録している。 日本代表からは遠ざかっている中、ロジャーズ体制2年目を迎える中、プレシーズンマッチで好調を維持している古橋。5日に行われたエア・ユナイテッド戦でPKを決めると、10日に行われたクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)との試合ではハットトリックを達成。6-4という打ち合いでの勝利に貢献していた。 試合後、古橋はハットトリックを記録しながらも「まだまだ決められるチャンスはあったので決めないといけないです」とコメント。「まだ時間があるので、もうちょっとコンディションを上げられるように頑張りたいと思います」と、これから上げていきたいとした。 そんな中、ロジャーズ監督も古橋の調子の良さを称えている。スコットランド『ザ・ヘラルド』が伝えた。 「彼は絶好調だ。非常に聡明だと言わざるを得ない。非常に懸命に努力した。復帰し、良い休暇をとったと思う」 「彼はトレーニングで本当に一生懸命に取り組んできた。これまでの試合でもとても輝いていた。今夜は鋭さと明るさが見られた。彼にとって本当に素晴らしいことだ」 「まだプレシーズンだが、試合前に若い選手たちに言ったように、これはベテラン選手にとっても若い選手にとっても、良いスタートを切る大きなチャンスだ。彼は2試合で4ゴールを決めた。素晴らしいことだ」 <span class="paragraph-title”>【動画】古橋亨梧がQPR相手のプレシーズンマッチでハットトリック達成!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oqVFr9HyFUc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.12 14:35 Fri
セルティックの日本代表MF旗手怜央(26)ががロシアから熱視線を浴びているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2022年1月に川崎フロンターレからセルティックに完全移籍した旗手。加入してからすぐにチームの中心選手となり、2シーズンはんでプレーオフを含めたスコティッシュ・プレミアシップで65試合に出場し13ゴール16アシストを記録している。 チャンピオンズリーグ(CL)でも9試合に出場するなどし、日本代表としても9試合に出場している旗手。2023-24シーズンはふくらはぎのケガの影響もあり満足いくプレーはできていないが、評価は高い。 そんな中、『デイリー・メール』によるとロシアのクラブが旗手の獲得を打診したとのこと。しかし、ロシア情勢の問題もあり、セルティックは売却を拒否しているという。 セルティックは移籍金の交渉が始まる前に門前払いしたとのこと。交渉すらしない構えだ。 一方で、旗手はヨーロッパのトップリーグへと移籍したい願望を隠していない。高く評価されている旗手だが、今夏の移籍はあるだろうか。 2024.07.12 13:55 Fri

セルティックの関連動画


NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly