オーストラリア代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 オーストラリア 19 5 4 1 16 11 5 10

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.11.17
17:50
国際親善試合
オーストラリア 1 - 1 韓国
2018.06.09
24:30
国際親善試合
ハンガリー 1 - 2 オーストラリア
2018.06.01
20:00
国際親善試合
オーストラリア 4 - 0 チェコ
2018.03.27
28:00
国際親善試合
コロンビア 0 - 0 オーストラリア

基本データ

正式名称:オーストラリア代表

原語表記:Australia

ホームタウン:キャンベラ

チームカラー:黄

関連ニュース

thumb

豪州代表にピンチ! 司令塔ムーイ負傷でアジア杯欠場危機に…

▽ハダースフィールドに所属するオーストラリア代表MFアーロン・ムーイのアジアカップ出場が危ぶまれているようだ。イギリス『ガーディアン』が『News Corp』での報道をもとに伝えている。 ▽伝えられるところによると、ムーイは8日に行われたプレミアリーグ第16節のアーセナル戦でヒザを負傷。すでに検査を受けており、内側側副じん帯の損傷で全治約1カ月と診断されているようだ。 ▽来年1月にアジアカップを控えているオーストラリア代表。1月6日にヨルダン代表との初戦を迎えるが、司令塔を失うことになれば大きな痛手となりそうだ。 2018.12.12 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

本田フル出場のメルボルン、5連勝で暫定首位浮上! 《Aリーグ》

▽元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは8日、オーストラリア・Aリーグ第7節でアデレード・ユナイテッドをホームに迎え、2-0で勝利。本田はフル出場を果たした。 ▽3戦連発と好調を維持する本田は、この試合含め開幕からの7試合連続でスタメン出場。4連勝中のクラブの核として、この日もボランチのポジションでピッチ中央に陣取った。 ▽前半早々の9分、負傷によりニーダーマイヤーをトロイージとの交代で下げざるを経なくなったメルボルンは、立ち上がりから相手の勢いに押される時間が続く。15分には左CKからDFマーロンに放たれた強烈なヘディングシュートがバーを叩いたが、ここでは跳ね返りを本田が頭でクリアした。 ▽28分には、ボックス内でボールを受けたギャロウェイがトラップ時のコントロールを誤りハンドを犯したかに思われたが、PKを主張するメルボルン選手陣のアピールは受け入れられず。徐々に形成を盛り返しているメルボルンだったが、ネットを揺らすには至らない。 ▽0-0で折り返しを迎えた試合は、62分に動きを見せる。左からのクロスにファーで反応したトイヴォネンのヘディングシュートがGKイッゾに弾かれると、バルバルセスが素早く反応。難なくこぼれ球を押し込み、先制点とした。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、本田はバランスを取りつつやや下がり目の位置でプレー。75分には右サイド浅い位置でFKを獲得し、本田が入れたクロスは味方に合わず。1点をリードしているメルボルンが効率的に戦いつつも、気の抜けない展開が続く。 ▽そんな中、81分にアデレード陣内中央やや左で縦パスを受けた本田がワンタッチで左サイドに展開。これを受けたトイヴォネンがアントニオとのワンツーでボックス内に侵攻し、追加点を奪い切った。 ▽試合は、このまま2-0でメルボルンがリードしたまま終了。この結果、5連勝を飾ったメルボルン(勝ち点15)はパース・グローリー(勝ち点14/※1試合未消化)を抜き、暫定首位に浮上している。 メルボルン・ビクトリー 2-0 アデレード・ユナイテッド 【メルボルン・ビクトリー】 バルバルセス(後17) トイヴォネン(後36) 2018.12.08 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

代表引退のケイヒルが別れのメッセージ、「ありがとう、オーストラリア」

▽インド・スーパーリーグのジャムシェードプルに所属する元オーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)が、20日に行われた国際親善試合のレバノン代表戦でサッカルーズに正式に別れを告げた。『FOX SPORTS』が同選手の引退セレモニーのコメントを伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後に代表引退を表明したケイヒルは、20日にシドニーのANZスタジアムで行われた自身の引退試合に82分から途中出場。歴代2位の代表通算108キャップを刻んだ同選手に大きな見せ場は訪れなかったが、試合後には愛する4人の子供を伴って同僚たちが作った花道を渡って引退セレモニーの舞台に登壇。その直前にはキャプテンマークをDFトレント・セインズベリーに譲り渡す、感動的な演出もあった。 ▽そして、歴代最多50ゴールを記録してきたサッカルーズの偉大なゴールスコアラーは、記念のボールを受け取ると共に家族、コーチ、チームメート、スタッフ、ファン、サポーターに向けて別れの挨拶をした。 「今日は僕が泣くところを見られる唯一の機会だ」 「これから多くの人たちに感謝を伝えたい。まず最初は家族だ。代表での1日目を迎えたときから家族は僕のために多くの犠牲を払ってくれた。だから、僕はいつでも恐れを抱くことなくピッチを踏むことができたし、自由を感じていた。ピッチ内で僕を傷つけるものは何もなかったし、僕がするすべては家族のためのものだった」 「次に、僕が共に働いたすべてのチームメートやスタッフたちに感謝したい。コーチたちや仲間のプレーヤーたちが居なければ、僕には何もなかったと思っている。本当に何もなかったと思う。だから、ここにいないコーチやプレーヤーたちにも心の底からの感謝を伝えたいんだ」 「彼らと同様に最も大事な人たちがファンのみんなだ。オーストラリア代表としてプレーし始めた最初の頃はかなり厳しいものだった。だけど、僕はいつでもこのグリーンとゴールドのユニフォームを着た時、心でプレーしてきた。それにこのピッチにいかなる未練も残していない。だから、みんなをこれ以上長く引き留めたくもないんだ」 「みんなに自分の思いのすべてを伝えたい。自分にとってそうであるようにみんなにもそうであること。ありがとう、オーストラリア」 ▽サッカルーズの歴史において記憶にも記録にも残る偉大なティミーの今後に幸あれ。 2018.11.20 21:56 Tue
twitterfacebook
thumb

オーストラリアがケイヒル引退試合でレバノンに完勝! 伏兵ボイルが3ゴールに絡む《国際親善試合》

▽オーストラリア代表は20日、レバノン代表との国際親善試合に臨み、3-0で快勝した。 ▽来年1月に予定されているAFCアジアカップ2019に向けた年内最後の準備試合となる今回の一戦。17日に行われた韓国代表戦を1-1のドローで終えたオーストラリアは中2日で行われるウズベキスタン戦に向けて先発7人を変更。代表デビューの27歳DFグラントやユリッチ、デゲネクといったメンバーが新たに起用された。 ▽また、ロシア・ワールドカップ(W杯)後に代表引退を表明したレジェンド、ティム・ケイヒルはシドニーで行われる自身の引退試合出場に向けてベンチでスタンバイとなった。 ▽ケイヒルお馴染みの背番号4番のユニフォームを着たファンの姿も目立つ中で行われたこの試合。立ち上がりからホームチームが押し込んでいくと、19分には左サイドからドリブルで切り込んだボイルがペナルティアーク付近で右足を一閃。強烈なシュートがゴール前の相手DFにディフレクトすると、そのままゴールネットに突き刺さった。 ▽その後もムーイやユリッチを起点に試合をコントロールしていくオーストラリアは幾度となくゴールチャンスを演出していくが、最後の場面で粘る相手守備を崩し切れない。それでも、41分には右CKの流れからゴール前でこぼれ球に反応したボイルが冷静に流し込み、ボイルの2ゴールによってホームチームの2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、元仙台のGKヴコビッチやレッキー、浦和FWアンドリュー・ナバウトをピッチに送り込んでいく中、68分にはムーイの中央突破からボイルが繋いだボールをボックス内のレッキーが強烈なシュートで突き刺し、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽そして、勝利を確信したアーノルド監督は85分に投入を予告していたケイヒルを早めに準備させると、ティミーの愛称で愛された4番が予定より早い82分にピッチに送り出される。 ▽この試合で代表通算108キャップ目を刻んだケイヒルは味方のクロスをゴール前フリーで待ち受けるなど、代表通算51得点目を積極的に目指したものの、大きな見せ場は作れず、サッカルーズでの最後のプレーを終えることに。 ▽それでも、試合後に行われた引退セレモニーに4人の愛する子供を伴って参加したレジェンドはやや名残惜しさを見せながらも爽やかな様子で代表に別れを告げた。 ▽一方、快勝でケイヒルの代表引退試合に花を添えたオーストラリアは最高の形で来年のアジアカップに臨むことになった。 2018.11.20 20:21 Tue
twitterfacebook
thumb

オーストラリア、ケイヒルが20日に代表引退試合 指揮官「最後の5分間はケイヒルのもの」

▽インド・スーパーリーグのジャムシェードプルに所属する元オーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)が、20日に行われる国際親善試合のレバノン代表戦で愛するサッカルーズに別れを告げる。 ▽2004年3月に代表デビューを飾ったケイヒルは、2006年のドイツ大会からこれまで4度のワールドカップ(W杯)に出場。代表通算出場試合数ではGKマーク・シュウォーツァー(109試合)に次ぐ2位の107試合出場も、代表通算50ゴールは歴代最多の数字だ。だが、サッカルーズの偉大なレジェンドはロシアW杯後に代表引退を表明していた。 ▽そのレジェンドに報いたいオーストラリアサッカー連盟(AFA)は今年9月、11月20日にシドニーで行われるレバノンとの国際親善試合を同選手の引退試合にすることを発表していた。 ▽今回のレバノン戦に関しては来年1月に予定されているAFCアジアカップ2019に向けた最後の選考試合となるため、ケイヒルの起用法に関して明言を避けてきたグラハム・アーノルド監督だったが、19日に行われた公式会見の場で85分からの起用を明言した。『FOX SPORTS』が伝えている。 「最初の85分は我々のパフォーマンスに焦点が当てられる」 「しかし、以降はフレンドリーマッチではないよ。最後の5分間はティミー(ケイヒル)のためのものだ」 2018.11.19 17:33 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング