オーストラリア代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 オーストラリア 19 5 4 1 16 11 5 10

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.15
18:00
2018年ロシアWカップ・大陸間プレーオフ
2ndレグ
オーストラリア 3 - 1 ホンジュラス
2017.11.11
07:00
2018年ロシアWカップ・大陸間プレーオフ
1stレグ
ホンジュラス 0 - 0 オーストラリア
2017.10.10
18:00
ロシア・ワールドカップ アジアプレーオフ
2ndレグ
オーストラリア 2 - 1 シリア
2017.10.05
21:30
ロシア・ワールドカップ アジアプレーオフ
1stレグ
シリア 1 - 1 オーストラリア
2017.09.05
19:00
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第10節
オーストラリア 2 - 1 タイ

基本データ

正式名称:オーストラリア代表

原語表記:Australia

ホームタウン:キャンベラ

チームカラー:黄

関連ニュース

thumb

広州恒大退任のフェリポンがオーストラリア代表監督に興味!?

▽“フェリポン”ことルイス・フェリペ・スコラーリ氏(69)が、来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するオーストラリア代表監督就任に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽オーストラリアはロシアW杯アジア最終予選で日本代表と同じグループに所属。3位となり、アジアプレーオフでシリア、大陸間プレーオフではホンジュラスを下してロシア行きの切符を掴んだ。 ▽歓喜に沸く中、オーストラリアサッカー連盟(FFA)は、指揮官であるアンジェ・ポステコグルー監督が辞任することを発表。本大会に向けた強化期間に入っているものの、現在まで新指揮官は決定していない。 ▽スコラーリ氏は、ロシアW杯で指揮を執ることに魅力を感じているようで、FFAからオファーがあれば考慮すると語った。 「彼らが興味を持っている指揮官の1人だと思う。W杯出場は興味深いね。おそらく新指揮官は2月ごろに決定するのだろう。本当に私に興味があるのであれば、代理人の電話してもらいたいね」 「当然、W杯だけで指揮を執るつもりはない。1年か2年ほどの組織的なプロジェクトとしてチームを率いたいと思っている。以前にはサウジアラビア、最近ではチリからコンタクトがあった。しかし今はどのチームとも契約していない。なので、オファーを貰えれば考慮する」 ▽グレミオやコリチーバなどブラジルのあらゆるクラブで指揮を執ってきたスコラーリ氏。1997年にはジュビロ磐田でも指揮官を務め、2002年の日韓ワールドカップではブラジル代表を優勝に導くなど日本でも馴染みのある監督。 ▽2015年から率いた広州恒大では、就任一年目にリーグ制覇とACL優勝を達成。翌シーズンもリーグ戦とカップ戦の2冠を達成し、今シーズンもリーグ優勝するなど自身が率いて3連覇を達成していた。しかし今シーズン限りでの退任が発表されており、現在はフリーな状況となっている。 2017.12.13 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表、前アルバニア代表指揮官のデ・ビアージ氏に関心か? クリンスマン氏やグラント氏らも候補に

▽オーストラリア代表の新監督候補に、前アルバニア代表指揮官で先日アラベスを解任されたジャンニ・デ・ビアージ氏(61)の名前が挙がっているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽オーストラリアは先日、ホンジュラス代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2試合を戦い、2戦合計3-1で4大会連続の本大会出場を決めた。だが、オーストラリアサッカー連盟(FFA)は先月21日、アンジ・ポステコグルー監督(52)の辞任を発表した。 ▽その後、指揮官不在の中で今月1日に行われたロシアW杯グループステージ組み合わせ抽選会でオーストラリアは、フランス代表、ペルー代表、デンマーク代表と同じグループCに入った。 ▽『スカイ・スポルト』の伝えるところによれば、現在フリーのデ・ビアージ氏にはダビデ・ニコラ監督が辞任を発表したセリエAのクロトーネと共に、オーストラリア代表から監督就任オファーが届いているという。 ▽なお、オーストラリア代表の後任候補にはデ・ビアージ氏と共に、前アメリカ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏や前セルビア代表監督のスラヴォリュブ・ムスリン氏、前ルーマニア代表監督のクリストフ・ダウム氏、元チェルシーの指揮官のアブラアム・グラント氏などの名前が挙がっている。 2017.12.08 04:00 Fri
twitterfacebook
thumb

日本の天敵・豪代表FWケイヒルがメルボルン・シティを退団

▽メルボルン・シティは6日、オーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)の退団を発表した。双方合意の下での退団となる。 ▽シドニー・ユナイテッドでキャリアをスタートさせたケイヒルは、1997年にイングランドのミルウォールに移籍。2004年にエバートンへと移籍すると、長年に渡ってエースとして活躍した。2012年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルに移籍すると、2015年には上海申花、2016年には杭州緑城と中国でプレー。2016年8月にメルボルン・シティへ加入していた。 ▽メルボルン・シティでは、2016-17シーズンのAリーグで20試合に出場し11ゴールを記録。今シーズンは6試合に出場。チームは9試合を終えて3位に位置している。 2017.12.06 10:14 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月6日は、今なお第一線で活躍する豪州代表の日本キラー

◆ティム・ケーヒル 【Profile】 国籍:オーストラリア 誕生日:1979/12/6 クラブチーム:メルボルン・シティ(オーストラリア) ポジション:FW 身長:180cm 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月6日はオーストラリア代表FWティム・ケーヒルをご紹介。 ▽母国のシドニー・ユナイテッドでキャリアをスタートさせたケーヒルは1997年にイングランドのミルウォールに移籍。すぐにレギュラーとして活躍し出すと2003-04シーズンには当時3部所属ながらFAカップ決勝まで勝ち進んだ。決勝では惜しくもマンチェスター・ユナイテッドに敗れたものの、その活躍もあり翌シーズンにはイングランドの名門・エバートンへの移籍を果たす。 ▽加入初年度となった04-05シーズンでチーム最多の13得点を挙げ、プレミアリーグ4位フィニッシュに大きく貢献。優勝経験はないものの、9年間過ごしたエバートンで公式戦226試合に出場し56ゴールをマークし、世界に名を知らしめた。その後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズ、上海申花、杭州緑城を渡り、2016年夏にメルボルン・シティへ移籍。母国凱旋となった。 ▽日本人が持つティム・ケーヒルの印象と言えばオーストラリア代表での活躍だろう。2004年に代表デビューを飾ってから出場試合数は100を超え、日本代表とも激戦を繰り広げてきた。日本との対戦成績は8戦5得点。“日本キラー”とも呼ばれ、南アフリカワールドカップのグループステージでは日本代表相手に2得点を奪い、日本の大事な初戦に土を付けた。代表サポーターの脳裏には苦い思い出が焼き付いているのはないだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 エメルソン(サッカー選手/ポンチ・プレッタ) 長野久義(野球選手) 久石譲(音楽家) 保田圭(アイドル/元モーニング娘。) 林遣都(俳優) 栗原類(モデル) 2017.12.06 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯出場決めたのに…豪州のポステコグルー監督が辞任

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は21日、アンジ・ポステコグルー監督(52)の辞任を発表した。 ▽オーストラリアは先日、ホンジュラス代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2試合を戦い、2戦合計3-1で4大会連続の本大会出場を決めた。 ▽だが、オーストラリアは首位通過の日本代表と同居したロシアW杯アジア最終予選のグループBを3位。最終的に本大会行きを決めたが、ポステコグルー体制に対する批判的な見方が強まっていた。 ▽なお、現時点で後任に関しては未定。FFAのデビット・ギャロップ最高責任者は「焦ってはいない。まだ時間がある。適切な人物を招へいすることが大切だ」と後任人事について言及している。 2017.11.22 09:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング