リヨン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 リヨン 49 14 7 5 56 32 24 26

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-02-25
25:00
リーグ・アン
第27節
リヨン vs サンテチェンヌ
2018-03-04
リーグ・アン
第28節
モンペリエ vs リヨン
2018-03-11
リーグ・アン
第29節
リヨン vs カーン
2018-03-19
リーグ・アン
第30節
マルセイユ vs リヨン
2018-04-02
リーグ・アン
第31節
リヨン vs トゥールーズ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.02.22
27:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
ビジャレアル 0 - 1 リヨン
2018.02.18
25:00
リーグ・アン
第26節
リール 2 - 2 リヨン
2018.02.15
29:05
EL決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
リヨン 3 - 1 ビジャレアル
2018.02.11
29:00
リーグ・アン
第25節
リヨン 0 - 2 レンヌ
2018.02.04
29:00
リーグ・アン
第24節
モナコ 3 - 2 リヨン

基本データ

正式名称:オリンピック・リヨン

原語表記:Olympique Lyonnais

愛称:Les Gones

創立:1950年

ホームタウン:リヨン

チームカラー:青、赤

関連ニュース

thumb

ベンゼマ、母国フランスに復帰か

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)に移籍の可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今シーズンを通じてフォームが整わず、不振の時期を過ごすベンゼマ。ここまでリーガエスパニョーラ3得点にとどまっており、メディアなどを通じた批判的な見解が後を絶えない。 ▽そのベンゼマ自身も、それらの批判に嫌気を差しており、移籍を前向きに検討。フランスに復帰することで、重要な役割が与えられる機会を得られると見込んでいるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ベンゼマがフランス復帰となれば、行き先としてパリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、マルセイユ、モナコの同国4大クラブが有力な情勢だという。 ▽中でも、アトレティコ・マドリーの視線を集めるFWマリアーノの流失に備えて、古巣リヨンが獲得に乗り出す可能性があり、PSGもFWネイマールの代役として迎え入れる思惑がある模様だ。 2018.02.23 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

4大リーグの強豪が順当に先勝! 日本人所属3クラブはいずれも好スタート!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが15日に各地で行われた。 ▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。その注目の初戦ではアーセナルやアトレティコ・マドリー、ミランといった優勝候補が順当に先勝した。 ▽大会出場チーム最多の2度の優勝経験があるものの、今大会に対してモチベーションが高くないアトレティコは、ホームのコペンハーゲンに前半立ち上がりに先制を許すまさかの入りとなった。しかし、21分にグリーズマンのFKからサウールのゴールで追いつくと、37分には左サイドバック起用のリュカの絶妙な攻撃参加からガメイロのワンタッチシュートで逆転に成功。 ▽後半に入って優勢に試合を運ぶと、71分にはカラスコのスルーパスに抜け出したグリーズマンがGKとの一対一を制して3点目、77分には途中出場のビトロのゴールで4点目を奪い、終わってみれば敵地で4-1の大勝を飾った。 ▽また、国内リーグでの不振を受けて、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けてELのタイトルが是が非でもほしい、崖っぷちのアーセナルとミランは、共にエステルスンド(スウェーデン)、ルドゴレツ(ブルガリア)とのアウェイゲームにケガ人を除く主力を投入。地力の差を見せ付けて共に3-0の快勝を収めて来週の2ndレグを待たずしてベスト16進出に大きく近づいた。 ▽日本人選手が所属する3クラブではケガで招集外となったMF香川真司が所属するドルトムントが、難敵アタランタとのホームゲームをFWミッチー・バチュアイの2ゴールの活躍で競り勝ち、ホームで3-2の勝利。また、いずれも後半からの途中出場となったDF酒井宏樹のマルセイユと、MF南野拓実のザルツブルクは前者がブラガにホームで3-0の快勝、後者はレアル・ソシエダに敵地で2-2という上々の結果を手にした。なお、酒井はチーム2点目をアシストし、南野は試合終了間際にチームを敗戦から救う同点ゴールを挙げて自身のEL初ゴールを記録した。 ▽その他ではラウンド32屈指の好カードとなったCL3位敗退組のナポリvsRBライプツィヒは、ナポリがMFウナスの移籍後初ゴールで先制に成功も、エースFWヴェルナーの2ゴールとFWブルマのゴールで逆転したライプツィヒが難攻不落のサン・パオロで3-1の逆転勝利で先勝。また、ロジャーズ監督vsマンチーニ監督の名将対決となったセルティックvsゼニトは1-0でホームのセルティックに軍配が上がり、EL常連対決となったリヨンvsビジャレアルはエースFWフェキル、FWデパイの鮮烈ミドルで勝ち切ったリヨンがホームで先勝している。13日と15日に行われたELラウンド32・1stレグの結果は以下のとおり。 ◆ラウンド32・1stレグ結果 ▽2/13(火) レッドスター 0-0 CSKAモスクワ ▽2/15(木) アスタナ 1-3 スポルティング・リスボン ドルトムント 3-2 アタランタ ルドゴレツ 0-3 ミラン マルセイユ 3-0 ブラガ ニース 2-3 ロコモティフ・モスクワ エステルスンド 0-3 アーセナル レアル・ソシエダ 2-2 ザルツブルク スパルタク・モスクワ 1-3 ビルバオ AEKアテネ vs ディナモ・キエフ セルティック 1-0 ゼニト ステアウア・ブカレスト 0-1 ラツィオ コペンハーゲン 1-4 アトレティコ・マドリー リヨン 3-1 ビジャレアル パルチザン 1-1 ビクトリア・プルゼニ ナポリ 1-3 RBライプツィヒ 2018.02.16 07:12 Fri
twitterfacebook
thumb

10人のモナコが劇的逆転勝利でリヨン撃破! 9戦負けなしで3位に浮上《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第24節、モナコvsリヨンが4日に行われ、ホームのモナコが3-2で逆転勝利した。 ▽4位のモナコ(勝ち点47)と3位のリヨン(勝ち点48)による注目の上位対決。前節、マルセイユと引き分けたものの8戦無敗と好調を維持するモナコは、負傷のレマルを欠くものの主砲ファルカオやファビーニョ、ケイタら主力が先発に名を連ねた。一方、前節ボルドー相手に痛恨の敗戦を喫したリヨンは、フェキル、マリアーノ・ディアス、デパイ、トラオレと4人のアタッカーを前線で起用してきた。 ▽注目の上位対決は立ち上がりから波乱の幕開けとなる。12分、左サイドでパスを受けたマリアーノが内に切り込んで右足を振り抜くと、相手MFティーレマンスの伸ばした足裏に当たってディフレクトしたボールがゴール前で高くバウンドしながらゴール左隅に吸い込まれる。さらにこの場面でセービングを試みたモナコGKスバシッチがヒザをポストに強く打ち付け負傷。そして、プレー続行不可能となったスバシッチに代わってGKセイドゥ・シーが緊急投入された。 ▽先制点に加え、相手の守護神離脱の混乱を突いて畳みかけるリヨンは27分、味方との入れ替わりで左サイドのスペースに飛び出したF・メンディが低い弾道の速いクロスを供給。これをニアに飛び込んだトラオレがワンタッチで左隅に流し込んだ。 ▽ホームで2点のビハインドを追う苦しい展開を強いられたモナコだが、ここから意地を見せる。31分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアルマミー・トゥーレとの短いパス交換から急加速したケイタがそのままボックス内までドリブルで持ち込み右足を一閃。このシュートがゴール左隅に突き刺さり、ホームチームが1点を返す。 ▽さらに36分にはボックス内での競り合いでPKが与えられると、キッカーのファルカオのシュートはGKに止められるも、コロンビア代表FWはこぼれ球を冷静に蹴り込んだ。この同点ゴールで流れは一気にモナコと思われたが、前半終盤の40分と45分にケイタが続けて2枚の警告を受けて退場処分となった。 ▽2-2のイーブンで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。数的優位を生かして押し切りたいリヨンはデパイとトラオレの両ウイングの個人技を生かして攻め手を窺うが、屈強なDFグリクを中心に中央を締めるモナコの守備を前にフェキルとマリアーノのセンターラインが抑え込まれて、なかなか攻め切れない。 ▽一方、55分と早い時間帯にファルカオを下げてヨベティッチを投入したモナコはより堅守速攻の色合いを強めていく。69分と73分にはいずれもロングカウンターから相手ボックス付近まで侵攻し、ロニー・ロペス、ティーレマンスが際どいミドルシュートを放つ。しかし、GKアントニー・ロペスが2度のビッグセーブで逆転ゴールを許さない。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続いた中、勝敗を決める3点目を奪ったのは1人少ないモナコだった。88分、左サイドで仕掛けたロニー・ロペスがボックス付近のヨベティッチにボールを預けてゴール前に走り込むと、ヨベティッチが絶妙なポストワークからラストパスを供給。これをポルトガル代表MFが得意の左足でゴール右隅へ流し込んだ。そして、2点差を追いついたうえ、数的不利の中で劇的な逆転劇を演じたモナコがリヨンを抜いて3位に浮上した。 2018.02.05 07:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月30日は“魔法の右足”を持つ史上最高のフリーキッカー

◆ジュニーニョ・ペルナンブカーノ 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1975/1/30 ポジション:MF 身長:178㎝ 体重:71㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月30日は元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏だ。 ▽ペルナンブカーノ氏といえば、やはりその“悪魔の右足”から繰り出される世界最高のFKか。レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドや日本代表FW本田圭佑らが得意とする無回転シュートの元祖でありながら、状況により様々なキックを使い分け。同じくFKの世界的名手として有名なアンドレア・ピルロや中村俊輔もペルナンブカーノ氏の蹴り方から多くを学んだと語るなど、あらゆるタイプのキッカーの憧れとなっている。 ▽あのリオネル・メッシをしても「世界一のフリーキッカー」と評する同氏は、2001年から2009年のリヨン所属当時にはFKから40本以上のゴールを記録。その驚異的な右足を持ったペルナンブカーノ氏は、2014年に母国ヴァスコ・ダ・ガマで、惜しまれつつもシャツを脱ぐ決断を下した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ディミタール・ベルバトフ(サッカー選手/ケーララ・ブラスターズ(インド)) アルダ・トゥラン(サッカー選手/イスタンブール・バシャクシェヒル) ピーター・クラウチ(サッカー選手/ストーク・シティ) 岩政大樹(サッカー選手/東京ユナイテッドFC) 石川さゆり(歌手) 吉村由美(歌手/PUFFY) 森下悠里(タレント) 板倉俊之(お笑い芸人/インパルス) たかし(お笑い芸人/トレンディエンジェル) 2018.01.30 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーで活躍した元フランス代表MFマルダがルクセンブルクリーグに参戦

▽ルクセンブルクのディフェルダンジュは26日、元フランス代表MFフロラン・マルダ(37)をフリーで獲得したことを発表した。 ▽フランスのシャトールーでプロキャリアをスタートさせたマルダは主にリヨンやチェルシーで活躍。2007年夏から6年間在籍したチェルシーでは、プレミアリーグやFAカップ優勝に加え、チャンピオンズリーグ制覇も経験するなどキャリアの絶頂期を迎えた。 ▽その後はトルコのトラブゾンシュポルやメスを渡り歩き、2015年夏にはインドのデリー・ディナモスに加入。昨年夏からはフリーの状態が続いていたが、新天地ルクセンブルクで再起を図ることを決意したようだ。 2018.01.27 02:14 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング