リヨン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 リヨン 46 13 7 5 39 28 11 25
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-19
29:00
CL決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
リヨン vs バルセロナ
2019-02-24
29:00
リーグ・アン
第26節
モナコ vs リヨン
2019-03-02
リーグ・アン
第27節
リヨン vs トゥールーズ
2019-03-09
リーグ・アン
第28節
ストラスブール vs リヨン
2019-03-13
29:00
CL決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
バルセロナ vs リヨン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.15
28:45
リーグ・アン
第25節
リヨン 2 - 1 ギャンガン
2019.02.10
29:00
リーグ・アン
第24節
ニース 1 - 0 リヨン
2019.02.03
29:00
リーグ・アン
第23節
リヨン 2 - 1 パリ・サンジェルマン
2019.01.27
25:00
リーグ・アン
第22節
アミアン 0 - 1 リヨン
2019.01.20
29:00
リーグ・アン
第21節
サンテチェンヌ 1 - 2 リヨン
基本データ

正式名称:オリンピック・リヨン

原語表記:Olympique Lyonnais

愛称:Les Gones

創立:1950年

ホームタウン:リヨン

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

【CLプレビュー】若武者リヨンと優勝候補バルセロナが10年ぶりの再戦!《リヨンvsバルセロナ》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、リヨンvsバルセロナが日本時間13日29:00にパルク・オリンピック・リヨンでキックオフされる。グループFを2位通過したリヨンと、グループBを首位通過したバルセロナによる10年ぶり通算7度目の対戦だ。 マンチェスター・シティ、シャフタール、ホッフェンハイムと同居したグループFを1勝5分けの無敗で2位通過したリヨンは2011-12シーズン以来のベスト16進出を果たした。また、序盤戦不調に陥った国内リーグではライバルの躓きに助けられた感もあるものの、CL出場圏内の3位をキープ。とりわけ、2019年に入ると、前々節のニース戦の敗戦を除き4勝2分けと好調を維持。第23節ではパリ・サンジェルマン(PSG)相手に今季リーグ戦初黒星を与えている。 一方、トッテナム、インテル、PSVと同居した激戦区のグループBを4勝2分けの無敗で首位通過を果たしたバルセロナ。最近の公式戦では3試合連続ドローとややパフォーマンスを落としていたものの、直近のバジャドリー戦ではターンオーバーを採用した中で1-0の辛勝。一先ず勢いを取り戻して今回の一戦を迎えた。ただ、今回の1stレグ後にはセビージャ、レアル・マドリーとの重要な連戦を控えており、極力消耗せずラクな形で勝利を手にしたいところだ。 なお、両チームの通算対戦成績はバルセロナの4勝2分け。2008-09シーズンの決勝トーナメント1回戦の前回対戦ではリヨンホームの1stレグは1-1のドローに終わるも、バルセロナホームの2ndレグはFWアンリ、FWメッシ、FWエトーの3トップ揃い踏みの活躍でバルセロナが5-2で圧勝している。 <div style="text-align:center;">◆リヨン◆ 【4-2-3-1】</div> ▽リヨン予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:アントニー・ロペス DF:デュボワ、デナイヤー、マルセロ、メンディ MF:トゥザール、エンドンベレ MF:トラオレ、アワール、デパイ FW:ムサ・デンベレ 負傷者:DFデナイヤー、MFエンドンベレ 出場停止者:FWフェキル キャプテンのフェキルが累積警告により出場停止となる。負傷者に関しては直近のギャンガン戦で負傷したデナイヤー、エンドンベレの2選手が間に合うか微妙なところだ。 システムに関しては3バックと4バックを併用しており、ここ最近はアタッカー4人を起用する攻撃的な[4-2-3-1]を採用している。ただ、トップ下のフェキル不在に加えて、格上との対戦となるため、より守備的な[3-4-3]への変更も想定される。また、デナイヤー、エンドンベレの起用の可否もシステム選択に影響を与えそうだ。 <div style="text-align:center;">◆バルセロナ◆ 【4-3-3】</div> ▽バルセロナ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:テア・シュテーゲン DF:ネウソン・セメド、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ MF:ラキティッチ、ブスケッツ、ビダル FW:メッシ、スアレス、デンベレ 負傷者:GKシレッセン、MFアルトゥール、ラフィーニャ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはラフィーニャ、シレッセン、アルトゥールが欠場となる。ただ、負傷明けで古巣対戦のユムティティは遠征メンバー入りを果たしている。 スタメンに関しては前述の11人を予想したが、右サイドバックはセルジ・ロベルト、インテリオールはアレーニャ、左ウイングはコウチーニョを起用する形も想定される。 ★注目選手 ◆リヨン:MFフセム・アワール<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>リヨンの注目プレーヤーは“フランスのイニエスタ”とも称されるアワールだ。昨季、ブレイクを果たしたアルジェリア系フランス人は、相手の重心の逆を突く巧みなドリブルや、創造性溢れるパスセンスに加え、球際でも身体を張れる万能型MF。マンチェスター・シティ相手に1勝1分けと奮闘した2試合では圧巻のパフォーマンスを披露し、バルセロナやチェルシーなどからの関心も集めている。 今回の一戦に向けてはセントラルMFあるいはトップ下での起用が見込まれるが、守備時は相手のパスの出どころとなるブスケッツやラキティッチへの徹底監視に、攻撃では守備から攻撃へのスムーズな切り替えからラストパスやフィニッシュの仕事が求められる。 ◆バルセロナ:MFウスマーヌ・デンベレ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190217_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>バルセロナの注目プレーヤーは戦列復帰したデンベレだ。加入2年目となった今季はピッチ外での素行不良が目立つ一方、ピッチ内では左右のウイングを主戦場に圧倒的な個人技と改善したコンビネーションプレー、勝負強いフィニッシュワークで存在感を放っている。とりわけ、ポジション争いのライバルであるコウチーニョ、マウコムのブラジル代表コンビが不調の中での戦列復帰はバルベルデ監督にとって頼もしい限りだ。 ドルトムント時代の2016-17シーズンのCLでモナコと対戦したものの、レンヌ時代以来のフランス本国凱旋となるこの一戦に向けてはサイドバックを固定し切れていない相手右サイドの攻略の切り札としての活躍が期待される。 2019.02.19 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレスに不吉なデータ…CLアウェイ戦で1252日間ノーゴール

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスの不吉なデータが紹介されている。スペイン『アス』が報じた。 1-0で辛勝した16日のリーガエスパニョーラ第24節バジャドリー戦で、キャリア通算700試合目の出場を果たしたスアレス。今シーズンもここまでの公式戦32試合で16ゴールを記録している。 バルセロナは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでリヨンとのアウェイ戦に臨む。最大の宿敵であるレアル・マドリーが3連覇を成し遂げているだけに、何としても奪還しなければならないタイトルだ。当然、最前線で構えるスアレスにも目に見える結果が要求される。 しかし、『アス』によると、スアレスは国際舞台でのアウェイ戦で長らく結果を残せていない。最後の得点は2015年9月16日に行われたCLグループステージ第1節のローマ戦にまで遡る。それ以来、実に3年半に渡り一度も敵地のネットを揺らすことが出来ておらず、日数にすれば1252日間だ。 アウェイ無得点期間中、2015-16シーズンから現在までのCLでの成績は、31試合11ゴール8アシスト。19日に控えるリヨン戦で悪いジンクスを破り、ここからアウェイでの得点数も積み上げていって欲しいところだ。 2019.02.19 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マウコムがリヨン撃破の秘密兵器? 『マルカ』が注目

ブラジル代表FWマウコムがバルセロナの秘密兵器になるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグでリヨンの本拠地・パルク・オリンピック・リヨンに乗り込む。決勝トーナメント初戦、リヨンとの対戦は実に10年ぶりとなる。 この一戦に向けて『マルカ』は、昨夏にボルドーからバルセロナに加入したマウコムに注目している。マウコムはボルドー在籍時の2シーズンでリヨンとの対戦成績は2勝2分けと負けなし。さらに自身は4試合4ゴール。その中でもアウェイ戦では3ゴールと、リヨンのホームでの一戦には、良いイメージを持っている。 バルセロナでレギュラー争いに苦戦するマウコムは、自身がゴールを挙げた6日のコパ・デル・レイ準決勝1stレグのレアル・マドリーとのクラシコ以来、ピッチに立っていない。それでも同メディアはリヨン戦が「クラシコでのパフォーマンスが一度限りではないことをエルネスト・バルベルデに示す絶好の機会。リヨン戦での成功で、バルベルデはもっと出場時間を与えざるを得なくなる可能性がある」とマウコムに期待を寄せている。 2019.02.19 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナがリヨン戦に臨む招集メンバーを発表!古巣対戦のユムティティがメンバー入り《CL》

バルセロナは17日、19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのリヨン戦に向けた招集メンバー21名を発表した。 ホームで行われる一戦に向け、エルネスト・バルベルデ監督は、FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレス、MFセルヒオ・ブスケッツDFジェラール・ピケなど主力を順当に選出した。さらに決勝トーナメントから登録メンバー入りした新加入のFWケヴィン=プリンス・ボアテングや古巣対戦となる負傷明けのDFサミュエル・ユムティティもメンバー入りした。 その一方で、ケガで離脱が続いているGKイェスパー・シレッセンとMFアルトゥールは引き続き招集外となった。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン</span> <span style="font-weight:700;">イグナシオ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">ホキン・エスキエタ</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span> <span style="font-weight:700;">ジェラール・ピケ</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジェイソン・ムリージョ</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">セルジ・ロベルト</span> <span style="font-weight:700;">サミュエル・ユムティティ</span> <span style="font-weight:700;">ムサ・ワゲ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥーロ・ビダル</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span> <span style="font-weight:700;">マウコム</span> <span style="font-weight:700;">ケヴィン=プリンス・ボアテング</span> 2019.02.18 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「新たなポグバになれる」リヨン指揮官、教え子エンドンベレの才能を大絶賛

リヨンのブルーノ・ジェネジオ監督が、教え子タンギ・エンドンベレについて称賛している。<br><br>ユベントスやマンチェスター・シティなど、ビッグクラブへのステップアップのうわさが絶えないエンドンベレ。すでに移籍市場では注目銘柄となっているが、その実力にはリヨンの恩師ジェネジオ監督も太鼓判を押している。<br><br>指揮官ジェネジオはイタリアメディア『トゥットスポルト』に対して「エンドンベレはすでにフィジカル面、技術面でも成功できる選手だ」と語っている。<br><br>「相手のコンタクトを苦にしないし、囲まれながらでも的確なパスができる。そしてドリブルはしっかりキープできる力があるし、止めることも難しい」<br><br>「彼の実力に疑いの余地はない。私はあまり誰かとの比較が好きではないが、エンドンベレは新たな(ポール)ポグバになれる存在だ」<br><br>フランス代表MFポグバと比較したうえでジェネジオ監督は「タンギが将来的にユーベのようなクラブに移籍しても全く驚かないし、トップクラブで主軸になれる存在だ。ただ、今は彼がリヨンで成長する姿を間近に見ることができて楽しいよ。ただ、まだ得点力が物足りないかもね。シーズンに8~10ゴール決めるような選手になってほしい」と続け、教え子に期待を寄せている。<br><br>エンドンベレは昨年9月にリヨンと2023年まで契約を延長。だが恩師ジェネジオはエンドンベレがいつビッグクラブに引き抜かれても不思議ではないと見ているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.17 13:10 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング