ワトフォード

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 ワトフォード 26 7 5 11 33 42 -9 23

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-20
24:00
プレミアリーグ
第24節
レスター・シティ vs ワトフォード
2018-01-31
29:00
プレミアリーグ
第25節
ストーク・シティ vs ワトフォード
2018-02-05
29:00
プレミアリーグ
第26節
ワトフォード vs チェルシー
2018-02-10
24:00
プレミアリーグ
第27節
ウェストハム vs ワトフォード
2018-02-24
26:30
プレミアリーグ
第28節
ワトフォード vs エバートン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.13
24:00
プレミアリーグ
第23節
ワトフォード 2 - 2 サウサンプトン
2018.01.02
29:00
プレミアリーグ
第22節
マンチェスター・シティ 3 - 1 ワトフォード
2017.12.30
24:00
プレミアリーグ
第21節
ワトフォード 1 - 2 スウォンジー
2017.12.26
24:00
プレミアリーグ
第20節
ワトフォード 2 - 1 レスター・シティ
2017.12.23
24:00
プレミアリーグ
第19節
ブライトン 1 - 0 ワトフォード

基本データ

正式名称:ワトフォードFC

原語表記:Watford Football Club

創立:1881年

ホームタウン:ワトフォード

チームカラー:赤/黄

関連ニュース

thumb

ワトフォードの元コートジボワール代表DFジャ・ジェジェがランスへレンタル移籍

▽ワトフォードは12日、元コートジボワール代表DFブライス・ジャ・ジェジェ(27)がリーグ・ドゥのランスへ今季終了までのレンタルで移籍することを発表した。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、右サイドバックを主戦場とするジャ・ジェジェは、エビアンでプロデビュー。ここでの活躍が認められ、2014年冬にマルセイユへ完全移籍していた。そのマルセイユでも活躍し、2016年夏にワトフォードに移籍していた。しかし、昨季は負傷により欠場が続き、今季もここまで出場機会がない状況だった。 ▽移籍先のランスは現在リーグ・ドゥで2位ニームに7ポイント差を付けての首位に立っており、1年での1部復帰に近づいている。 2018.01.13 02:34 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、ギリシャ代表DFホレバスと2020年までの新契約締結

▽ワトフォードは8日、ギリシャ代表DFジョゼ・ホレバス(33)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2015年にローマからワトフォードに3年契約で加入したホレバスは、これまで公式戦63試合に出場し2ゴールを記録。3バックと4バックを併用するチームの中で左サイドのスペシャリストとして活躍している。 ▽そして、ホレバスのパフォーマンスを高く評価するクラブは新たに2年間の契約延長オファーを掲示し、今回の公式発表に至った。 2018.01.09 04:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォードFWマウロ・サラテが古巣のベレスへレンタル移籍

▽アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドは、ワトフォードのアルゼンチン人FWマウロ・サラテ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間はシーズン終了までとのことだ。 ▽サラテは、ベレス・サルスフィエルドの下部組織出身で、アル・サッド(カタール)やバーミンガム・シティ、ラツィオ、インテル、ウェストハム、QPR,フィオレンティーナなどでプレー。2017年1月にワトフォードへと完全移籍すると、2017年10月からはUAEのアル・ナスルへとレンタル移籍していた。 ▽今シーズンは、UAEガルフ・リーグで8試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 2018.01.05 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

スターリングの今季リーグ最速38秒弾などで首位シティが快勝! 仕切り直しの新年初戦を白星で飾る《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsワトフォードが2日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが3-1で快勝した。 ▽年内最終戦となったクリスタル・パレス戦を守護神エデルソンのPKストップで辛くもドローで終えた首位のシティ(勝ち点59)は、リーグ連勝が18試合でストップ。それでも、2位チェルシー(勝ち点45)に14ポイント差を付け、無敗優勝に向けて邁進する。2018年初戦となった今節は、10位のワトフォード(勝ち点25)をホームに迎え仕切り直しを図った。 ▽この一戦に向けてグアルディオラ監督は、パレス戦から先発5人を変更。前節の負傷で長期離脱のガブリエウ・ジェズスに代わってアグエロが最前線に入った一方、負傷明けのストーンズやシルバ、デルフ、スターリングら主力が復帰し、前節負傷退場のデ・ブライネも無事スタメン入りした。 ▽2017年圧倒的な強さを見せたシティは2018年も圧倒的な強さを見せる。開始38秒、左サイドでデルフ、シルバ、ザネと縦に繋いでザネが左足で低い弾道の折り返しを入れると、ファーサイドで完全にフリーのスターリングが左足ボレーで難なく流し込んだ。そして、今季プレミア最速ゴールとなる今季14点目を記録したスターリングは離脱したジェズスのゴールセレブレーションを行い、可愛い後輩を勇気づけた。 ▽その後も畳みかけるシティは4分、セットプレーの二次攻撃からボックス左でDFをかわしたザネが短くマイナスのパス。これをストーンズがダイレクトで合わすが、枠の上に外してしまう。それでも、ザネとスターリングの両サイドを起点に攻勢を続けるシティは13分、シルバのスルーパスに抜け出したデ・ブライネがボックス右で高速のグラウンダークロスを供給。これがアグエロの前に入って処理を試みたDFカバセレのオウンゴールを誘い、幸先良く追加点を奪う。 ▽なおも攻撃の手を緩めないホームチームは18分、ボックス手前左で得たFKをデ・ブライネが右足で直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩く。時間の経過と共にペースを落としたシティは29分、序盤からハイラインの背後を狙う動きを見せていたアンディ・グレイの抜け出しを許す。しかし、ここは絶妙な飛び出しでシュートコースを消したGKエデルソンの好守で凌ぐ。その後、前半終盤にかけて互いに決定機を作り合ったものの、前半はシティの2点リードで終了した。 ▽後半も引き続き主導権を握るシティは、立ち上がりからデ・ブライネやアグエロが果敢にゴールを狙って行く。すると63分、右CKの場面でショートコーナーを選択し、細かいパス交換からボックス右のデ・ブライネがライナー性のクロスを供給。これをGKゴメスが前に弾くと、こぼれ球に詰めたアグエロが難なく流し込んだ。 ▽この3点目で試合を決めたシティは67分に負傷明けのストーンズを下げてダニーロ、71分と79分にはフェルナンジーニョ、デ・ブライネと疲労が溜まる主力を下げてヤヤ・トゥーレ、ベルナルド・シウバの投入で試合をクローズにかかる。 ▽82分には相手の波状攻撃からボックス左で仕掛けたカリージョのクロスをグレイに流し込まれ、4試合連続のクリーンシートを逃がす。さらに、試合終盤にはウォーカーがそ径部を痛めた素振りを見せるなど、やや不安を残す試合の終わり方となったが、仕切り直しとなった新年初戦を3-1の快勝で飾った。 2018.01.03 07:09 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎先発のレスターは逆転負け・・・ワトフォードに7戦ぶり勝利を献上《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは26日、プレミアリーグ第20節でワトフォードとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗北。レスターの日本代表FW岡崎慎司は先発して74分までプレーした。 ▽直近のリーグ6戦で5敗1分けと勝ちのない10位のワトフォード(勝ち点22)と、前節のマンチェスター・ユナイテッド戦を2-2で引き分けた8位のレスター(勝ち点27)の一戦。レスターは、そのユナイテッド戦からスタメンを4名変更し、シンプソン、フックス、イボーラ、グレイに代えてチルウェル、ドラゴビッチ、アンディ・キング、岡崎を起用した。 ▽中盤での激しいボールの奪い合いが繰り返された試合は、チャンスの生まれ辛い展開が続く。それでも18分には、チルウェルの左サイドからのクロスに岡崎が飛び込む。頭で合わせたシュートはGKゴメスにセーブされたが、これがこの試合のファーストシュートとなった。 ▽26分にも、オルブライトンのラストパスに抜け出したヴァーディーに一対一の決定機。シュートは枠に飛ばすことができなかったが、カウンターから徐々にゴールに迫っていく。 ▽すると37分、岡崎が相手陣内左に上がってきたオルブライトンにボールを渡す。オルブライトンが右足に持ち代えてクロスを上げると、ファーにマフレズが駆け込み、ヘディングシュートを沈めた。 ▽同点にしたいワトフォードは、40分にカリージョがボックス手前中央でドリブル突破。ラストパスがボックス内に供給されると、リシャルリソンとGKシュマイケルの一対一となる。絶好の場面だったが、GKシュマイケルが上手くコースを切りつつ寄せて、ゴールを割らせなかった。 ▽しかし前半終了間際の46分、ワトフォードが左CKを獲得すると、クロスは混戦からリーグ初先発のワゲの下へ。ワゲが落ち着いて蹴り込み、同点に。試合はイーブンの状態で折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入ると、ワトフォードはややパスを繋ぎつつ進行。カウンターを狙うレスターは52分、岡崎が相手陣内中央でボールを収めたところからスピードアップする。前線が一斉に動き出すと、岡崎は左に開いたマフレズにパスを送る。しかし、マフレズがそのままボックス手前中央にカットインして狙ったミドルシュートは、得点には繋がらない。 ▽白熱した試合はファウルの多い展開となると、65分にワトフォードが相手陣内右でFKを獲得。ボックス内にボールが蹴り込まれると、ファーに飛び込んだドゥクレが左足で合わせ、GKシュマイケルの手をかすめつつゴールラインを割りワトフォードが逆転に成功した。 ▽追う展開となったレスターは、74分に岡崎に代えてスリマニを投入。攻撃的なカードを切り、得点を目指していく。しかし、この交代策が功を奏することはなく、1-2のスコアで試合が終了した。 ▽この結果、逆転したワトフォードは7戦ぶりに勝利。対するレスターは3戦連続で勝ちなしとなっている。 2017.12.27 02:12 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング