超ワールドサッカー

ワトフォード

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ワトフォード 40 11 7 15 37 54 -17 33

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-05-01
28:00
プレミアリーグ
第35節
ワトフォード vs リバプール
2017-05-06
23:00
プレミアリーグ
第36節
レスター・シティ vs ワトフォード
2017-05-12
27:45
プレミアリーグ
第37節
エバートン vs ワトフォード
2017-05-15
28:00
プレミアリーグ
第28節
チェルシー vs ワトフォード
2017-05-21
23:00
プレミアリーグ
第38節
ワトフォード vs マンチェスター・シティ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
23:00
プレミアリーグ
第34節
ハル・シティ 2 - 0 ワトフォード
2017.04.15
23:00
プレミアリーグ
第33節
ワトフォード 1 - 0 スウォンジー
2017.04.08
20:30
プレミアリーグ
第32節
トッテナム 4 - 0 ワトフォード
2017.04.04
27:45
プレミアリーグ
第31節
ワトフォード 2 - 0 WBA
2017.04.01
23:00
プレミアリーグ
第30節
ワトフォード 1 - 0 サンダーランド

基本データ

正式名称:ワトフォードFC

原語表記:Watford Football Club

創立:1881年

ホームタウン:ワトフォード

チームカラー:赤/黄

関連ニュース

thumb

リーズやリバプールで活躍したキューウェル氏がワトフォードU-23監督からの退任を発表

▽ワトフォードのU-23チームで監督を務めていたハリー・キューウェル氏(38)が、自身のツイッターで監督を辞めることを明かした。 ▽リーズやリバプールなどで活躍したキューウェル氏は、2014年7月に母国オーストラリアのメルボルン・シティで現役を引退。2015年7月からワトフォードU-23の監督を務めていた。 ▽しかし、今シーズンは9月からわずかに2勝と大きく苦しんでおり、監督を辞めることを決意。その中でも、3選手がトップチームデビューを果たしたことを誇りに感じていると明かした。 「残念ながら、私とワトフォードのU-23チームは別れることとなった」 「残念なことに結果は私についてこなかった。しかし、3選手がトップチームでデビューし、5選手がチームのメンバーに入ったことはとても誇りに感じている」 「このような機会をくれたワトフォードには感謝し、クラブと僕の選手たちが未来に向けて全力をつくすことを願っている。私は次のチャンレンジを楽しみにしている」 2017.04.14 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ケイン復帰のスパーズが6連勝! アリ&ソン・フンミンがゴラッソでエース復帰を祝う!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第32節、トッテナムvsワトフォードが8日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。 ▽前節、スウォンジー相手に88分からの劇的逆転勝利を収めた2位トッテナム(勝ち点65)は、リーグ5連勝で首位チェルシー(勝ち点72)を7ポイント差で追走。6連勝を目指す今節は、今季無敗のホームで10位ワトフォードとのロンドン・ダービーに臨んだ。ポチェッティーノ監督は中2日の過密日程を考慮し、先発3人を変更。体調不良から快復したGKロリスが復帰したほか、ウォーカーとムサ・シッソコに代わってトリッピアー、ヤンセンが先発に入った。また、先月始めのFAカップのミルウォール戦で足首を負傷していたエースFWケインが約1カ月ぶりに戦列復帰し、ベンチに入った。 ▽立ち上がりこそ相手の勢いに押されたものの、時間の経過と共に押し込んでいくトッテナム。9分と18分にはエリクセンとトリッピアーのお膳立てからボックス内のヤンセンに絶好機も、ここは相手GKゴメスの好守とクロスバーに阻まれ、早々のゴールとはならない。 ▽その後も押し込み続けるトッテナムは、30分過ぎに先制点を奪う。33分、ボックス手前左角でソン・フンミンから短いパスを受けたデレ・アリが右足を振り抜くと、このシュートがゴール右上隅の絶妙なコースに決まった。 ▽デレ・アリの2試合連続弾で均衡を破ったトッテナムは、ここから畳みかける攻めを見せる。39分、ボックス中央でソン・フンミンのシュートのこぼれ球に反応したエリック・ダイアーが強烈な右足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。さらに44分にはボックス手前中央でエリクセンからパスを受けたソン・フンミンが左足のミドルシュートをゴール左隅に流し込み、今季のリーグ戦ゴール数を2桁に乗せた。 ▽前半のうちに試合を決めたトッテナムだが、後半も攻撃の手を緩めない。55分、右サイド深くをえぐったトリッピアーの絶妙なクロスをファーサイドでフリーのソン・フンミンが右足ダイレクトボレーで流し込み、後半最初のゴールを奪った。 ▽この4点目で試合の大勢が決したため、ホワイト・ハート・レーンに集まったホームサポーターの注目は、約1カ月ぶりの戦列復帰となるエースに注がれる。そして、観客の意図を汲んだポチェッティーノ監督は61分、ヤンセンに代えてケインを投入。そのケインは71分、ボックス右に抜け出して飛び出したGKゴメスをかわしてシュートを狙うが、これは戻ったDFにブロックされる。 ▽その後、デンベレ、ソン・フンミンを下げて試合を締めにかかった中、試合終了間際には相手陣内中央で得たFKをケインが直接狙うが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩き、自身の復帰を今季20点目で祝うことはできず。それでも、ワトフォードに4発圧勝のスパーズが、リーグ6連勝で数時間後にボーンマス戦を戦う首位チェルシーにプレッシャーをかけることに成功した。 2017.04.08 22:29 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがエバートンからレンタル中のMFクレバリーの買取OPを行使…来季から完全移籍で加入

▽ワトフォードは3月31日、エバートンからレンタル移籍中の元イングランド代表MFトム・クレバリー(27)の買取オプションを行使することを発表した。 ▽クレバリーはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2008年7月にトップチームに昇格。その後はレスター・シティやワトフォード、ウィガン、アストン・ビラへとレンタル移籍を経験。2015年7月にエバートンへとフリートランスファーで加入していた。 ▽エバートンでは公式戦42試合に出場していたものの、今年1月にワトフォードへとレンタル移籍。加入後はプレミアリーグで8試合連続で出場していた。 ▽ワトフォードの発表によると、5年契約を結んだとのこと。これにより、クレバリーは来シーズンからワトフォードに完全移籍する。なお、移籍金は非公表とのことだ。。 2017.04.01 13:56 Sat
twitterfacebook
thumb

酸素マスクで退場のサラテ、十字靭帯断裂の重傷で今季は絶望…来季開幕戦も不透明に

ワトフォードのFWマウロ・サラテが25日に行われたウェストハム戦(1-1)で、右膝十字靭帯断裂の重傷を負っていたことが分かった。サラテ本人がインスタグラムで明かした。<br><br>サラテは今冬の移籍市場で、セリエAのフィオレンティーナからワトフォードへ加入した。1年振りとなるプレミアリーグ復帰を果たし、3試合に先発出場した。ところがウェストハム戦では、前半終了間際に突然1人で崩れ落ち、膝の痛みで意識を失った。担架で運び出される際は酸素マスクを着けていたため、容体が心配されていた。<br><br>「この辛いときに沢山のメッセージをありがとう。悲しいが検査の結果を伝えたい。膝前十字靭帯断裂と内側側副靭帯の損傷だった。しっかりケガと向き合って、今よりも強くなって戻ってくる」<br><br>このケガにより、サラテは今シーズン中の復帰が絶望となったほか、来シーズンの開幕に間に合うかどうかも不透明となった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.27 17:36 Mon
twitterfacebook
thumb

マタ&マルシャル弾で完勝ユナイテッドが2連勝でリーグ16戦負けなし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第25節のマンチェスター・ユナイテッドvsワトフォードが11日にオールド・トラフォードで行われ、ユナイテッドが2-0で快勝した。 ▽前節、昨季王者のレスターを一蹴し、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした6位ユナイテッドは、4位のアーセナルとの勝ち点差を2ポイントに縮め、トップ4争いに肉薄。連勝を狙う今節は、前回対戦で敗れている2連勝中の10位ワトフォードと対戦した。モウリーニョ監督は、レスター戦から先発2人を変更。ロホとラッシュフォードに代わって、ブリントとマルシャルが入った。 ▽開始2分、右サイドからバレンシアが上げたクロスからゴール前のイブラヒモビッチにいきなり決定機も、右足のボレーシュートはうまくミートできず。それでも、立ち上がりから攻勢を続けるユナイテッドは、10分にペナルティアーク付近のムヒタリャン、13分にはボックス手前のマルシャルが積極的にシュートを狙って行く。 ▽一方、人数をかけた守備からサラテやニアンの個人技でカウンターを狙うワトフォードは、17分に左サイドを持ち上がったホレバスが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の右。さらに21分にはボックス右のサラテがオーバーヘッドシュートを狙うが、これはGKデ・ヘアの正面を突いた。 ▽時間の経過と共に攻勢を強めるユナイテッドは、18分にポグバがミドルシュート、26分にはポグバの浮き球パスに抜け出したイブラヒモビッチ、27分にはゴール前に飛び込んだポグバに続けてビッグチャンスが訪れるが、相手GKゴメスのビッグセーブに阻まれる。 ▽それでも、良い形での仕掛けを続けるホームチームは32分、ボックス手前でのマタとムヒタリャンの見事な連係からボックス左をえぐったマルシャルが折り返す。これをゴール前に走り込んだマタが左足で流し込み、先制点を奪った。その後も良い守備からのカウンターでワトフォードを圧倒したユナイテッドは、追加点こそ奪えなかったものの、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うワトフォードはセンターバックのブリトスを下げてヤンマートを投入。対して前半と同じ11人で後半に臨んだユナイテッドは、開始2分に左サイドから持ち上がったマルシャルがボックス左で左足のシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽メンバー変更をキッカケに盛り返し始めたワトフォードは、53分に後半最初の決定機。ボックス手前左で得たFKの場面でサラテが右足で直接狙う。このシュートが枠の左上隅を捉えるが、GKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。 ▽守護神の好守でピンチを凌いだユナイテッドは、鮮やかなカウンターから待望の追加点を奪う。60分、中盤でのエレーラのボール奪取からムヒタリャンの縦パスを中央のイブラヒモビッチが見事なワンタッチパスでマルシャルに通すと、ボックス左に抜け出したフランス代表FWが冷静にコースを見極めてニアサイドに流し込んだ。 ▽この2点目で勝利を決定づけたユナイテッドは、前半から果敢な仕掛けを見せるニアンに手を焼くものの、デ・ヘア、バイリーを中心に安定した守備で失点を許さない。その後、殊勲のマタ、マルシャル、ムヒタリャンを下げてフェライーニ、ラッシュフォード、リンガードを投入して逃げ切りを図る中、イブラヒモビッチらに幾度も決定機が訪れるが、3点目とはならず。それでも、危なげない試合運びでワトフォードに完勝したユナイテッドが、2連勝でリーグ戦無敗記録を16試合に伸ばした。 2017.02.12 01:56 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング