ハダースフィールド

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 ハダースフィールド 15 4 3 5 8 17 -9 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-26
25:00
プレミアリーグ
第13節
ハダースフィールド vs マンチェスター・シティ
2017-11-29
28:45
プレミアリーグ
第14節
アーセナル vs ハダースフィールド
2017-12-02
24:00
プレミアリーグ
第15節
エバートン vs ハダースフィールド
2017-12-09
24:00
プレミアリーグ
第16節
ハダースフィールド vs ブライトン
2017-12-12
29:00
プレミアリーグ
第17節
ハダースフィールド vs チェルシー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.18
24:00
プレミアリーグ
第12節
ボーンマス 4 - 0 ハダースフィールド
2017.11.04
24:00
プレミアリーグ
第11節
ハダースフィールド 1 - 0 WBA
2017.10.28
23:00
プレミアリーグ
第10節
リバプール 3 - 0 ハダースフィールド
2017.10.21
23:00
プレミアリーグ
第9節
ハダースフィールド 2 - 1 マンチェスター・ユナイテッド
2017.10.14
23:00
プレミアリーグ
第8節
スウォンジー 2 - 0 ハダースフィールド

基本データ

正式名称:ハダースフィールド・タウン

原語表記:Huddersfield Town Football Club

創立:1908年

ホームタウン:ハダースフィールド

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

サラーPK失敗も後半に3ゴールのリバプールが完勝でリーグ戦4試合ぶり勝利《プレミアリーグ》

▽リバプールは28日、プレミアリーグ第10節でハダースフィールドをアンフィールドに迎え、3-0で完勝した。 ▽前節トッテナム戦を守備陣のミスなどで1-4と惨敗し、3試合勝利のない9位リバプール(勝ち点13)は、1週間の調整期間があった中、トッテナム戦のスタメンから3選手を変更。ジャンとコンディション不良で欠場となったコウチーニョ、アップ中に負傷したロブレンに代わってスタリッジ、ミルナー、クラバンがスタメンとなった。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドから大金星を奪った11位ハダースフィールド(勝ち点12)に対し、リバプールは3トップに右からサラー、スタリッジ、フィルミノと並べる[4-3-3]を採用した。 ▽立ち上がりから押し込んだリバプールは15分にチャンス。ミルナーの右クロスにファーサイドのスタリッジが合わせたが、叩きつけたシュートは枠の上に外れた。 ▽その後も攻め立てるリバプールは27分にフィルミノとのパス交換からボックス右に侵入したサラーが枠内シュートを浴びせれば、32分にはボックス左からミルナーが枠内シュートを放ったが、いずれもGKの正面を突いてしまう。 ▽それでも41分にPKを獲得する。FKの場面でボックス内のフィルミノがスミスにユニフォームを引っ張られて倒された。しかし、キッカーのサラーが枠の右に蹴ったシュートはGKレッスルにセーブされ、ルーズボールをボレーで狙ったヘンダーソンのシュートは左ポストに嫌われた。 ▽PKのチャンスを活かせずにゴールレスで迎えた後半だったが、リバプールは開始5分にゴールを奪いきる。相手DFのヘディングでのクリアが逸れてルーズとなったボールを、ボックス右のスタリッジがボレーでゴール左に流し込んだ。 ▽さらに58分、左CKからフィルミノが頭で押し込んで追加点を奪ったリバプールは、その後も攻勢に出ると、サラーが反転から鋭いシュートを、CKからマティプが際どいヘディングシュートをそれぞれ浴びせていった。 ▽そして余裕の展開に持ち込んだリバプールは75分にワイナルドゥムがサラーのパスを受けてボックス右からシュートをねじ込みダメ押し。3-0の完勝でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.10.29 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールド指揮官、ユナイテッド戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」

ハダースフィールド・タウンのデビッド・ワグナー監督は、マンチェスター・ユナイテッド戦の勝利に満足を示した。<br><br>21日に行われたプレミアリーグ第9節でハダースフィールドはマンチェスター・ユナイテッドとホームで対戦。ハダースフィールドは前半のうちにアーロン・ムーイとローラン・ドゥポワトルが得点して試合を優位に進めると、後半に1点を返されるも、2-1の勝利を収めている。<br><br>ワグナー監督は試合後、「選手たちにこのような結果を期待していなかったと伝えたよ」と、ここまで今季無敗を続けていたビッグクラブ相手の勝利を喜んでいる。<br><br>続けて「とても大きなことを成し遂げた。我々がホームでユナイテッドから勝利できたことをとても誇りに感じている。今日は我々の日だった。彼らはベストではなかったようだが、我々は全力を尽くして戦った。私のコーチングキャリアの中で最も誇れる瞬間だ」と興奮冷めやらぬ様子で語った。<br><br>昨シーズン45年ぶりに1部昇格を果たしたハダースフィールドの躍進を支えるワグナー監督は「2年前に始まったおとぎ話は別のチャプターに入った。フットボール界で不可能なことはないと証明できたと思う。この勝利は素晴らしいものだが、謙虚な姿勢を続けなければならない」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

緊急投入リンデロフの痛恨ミス響いたユナイテッドが今季リーグ戦初黒星! ハダースフィールドは1952年以来の大金星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、ハダースフィールドvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、ホームのハダースフィールドが2-1で勝利した。 ▽前節、リバプールとのアウェイゲームを守備的なアプローチでゴールレスドローに持ち込んだユナイテッドは、絶好調の首位マンチェスター・シティとの勝ち点差が「2」広がった。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦をラッシュフォードの幸運なFK弾で勝ち切り、グループステージ3連勝を達成。その試合からは先発4人を変更し、リンデロフ、ブリントに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、ラッシュフォードとムヒタリアンに代わってマルシャルとリンガードが2列目に入った。 ▽相手のハイインテンシティの戦いに苦戦を強いられながらも最前線のルカクの強さを活かして主導権を握るユナイテッドは、そのルカクのフィニッシュでゴールに迫るが、早い時間帯の先制点とはならず。 ▽すると23分、相手選手への対応の際に無理なプレーを強いられたDFフィル・ジョーンズが筋肉系のケガでプレー続行不可能となり、リンデロフの緊急投入を余儀なくされる。そして、この交代をキッカケに試合の流れを相手に渡してしまう。 ▽28分、自陣中央でルーズボールに反応したマタがムーイに競り負けてボールを奪われカウンターを許す。ボックス左でムーイのパスを受けたトム・インスのシュートはGKデ・ヘアが何とか触るも、こぼれ球をムーイに蹴り込まれて先制点を奪われる。さらに34分には相手GKからの何でもないロングボールをDFリンデロフが痛恨のクリアミス。これを拾ったドゥポワトルにGKデ・ヘアもかわされて無人のゴールへ流し込まれた。 ▽リンデロフの信じがたいミスなどで今季2度目の複数失点を喫したユナイテッドは、すぐさま反撃に転じる。しかし、2点リードでより守備に重きを置いたハダースフィールドに危険なエリアをうまくカバーされ、なかなか決定機まで持ち込めない。前半終了間際にはセットプレーの流れからボックス中央でエレーラのパスを受けたマティッチが左足を振り抜くが、このシュートは枠の左隅に外れた。 ▽迎えた後半、残り45分での逆転を目指すポルトガル人指揮官はマルシャル、マタに代えてムヒタリアン、軽傷を抱えるラッシュフォードをハーフタイム明けに投入する大胆な交代策に打って出る。 ▽だが、前半同様に攻守両面でハードワークを見せる相手に対して、エースFWルカクらが完璧に抑え込まれてしまい、セットプレー以外になかなか可能性を感じさせる仕掛けを見せられない。 ▽もどかしい展開が続き時間だけが過ぎていくユナイテッドだが、76分に左サイドでヤングが入れたクロスにゴール前のエレーラがバックヘッドで合わせ、ようやくゴールの匂いを感じさせる攻めを見せると、直後の78分に1点を返す。右サイド深くに流れてボールをキープしたルカクが浮き球のクロスを入れると、これをファーサイドでうまくDFを剥がしたラッシュフォードが頭で流し込んだ。 ▽このゴールで反撃の狼煙を上げたユナイテッドは、ここから形振り構わぬ猛攻を見せる。しかし、1952年以来の大金星を目指すハダースフィールドも引いて守るばかりではなく、前がかりなユナイテッドに対してムニエ、ファン・ラ・パッラの個人技を生かしたカウンターであわや3点目という決定機を創出する。試合終了間際の94分にはゴール前の混戦からボックス左でフリーのスモーリングに絶好機が訪れるが、右足のシュートは相手DFの決死のブロックに阻まれ、万事休す。 ▽前半のミスによる2失点が響いたユナイテッドは、ハダースフィールドに65年ぶりの大金星を献上し、今季のリーグ戦初黒星を喫した。この結果、首位シティとの勝ち点差が「5」に広がった。 2017.10.22 01:09 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインの2発にM・シッソコが移籍後初ゴール! 快勝スパーズが今季初のリーグ連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、ハダースフィールドvsトッテナムが30日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが4-0で快勝した。 ▽前節、ウェストハムとのダービーを3-2で勝ち切ったトッテナムは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦でも多くの主力を欠いた中、エースFWケインのハットトリックの活躍で公式戦3連勝を飾った。昇格プレーオフを勝ち抜きプレミアリーグ初挑戦ながらここまで8位と健闘するハダースフィールドのホームに乗り込んだこの一戦では、アポエル戦から先発3人を変更。CL出場停止明けのヴェルトンゲンとデレ・アリに加え、風邪が快復したエリクセンが先発に復帰した。 ▽立ち上がりから疲労の色を感じさせないアグレッシブな入りを見せるトッテナムは、開始9分に絶好調のエースがいきなり魅せる。トリッピアーのヘディングパスに反応したケインが相手DFとうまく入れ替わって最終ライン裏に抜け出すと、最後は冷静にGKとの一対一を制し、右足のシュートをニアサイドに流し込んだ。 ▽エースのゴールで勢いづくアウェイチームは、16分にもケインのフリックパスに抜け出したエリクセンがDFと交錯したボールがボックス左に走り込むベン・デイビスへの絶妙なラストパスとなると、これをウェールズ代表DFが冷静に流し込み、早々に2点目を奪った。 ▽畳みかけるトッテナムは23分、ボックス手前右でトリッピアーからのスローインを受けたケインが鋭い反転から内に切り込みDF2枚を振り切って左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺し、公式戦3試合連続の2ゴールを記録した。 ▽この3点目で試合をほぼ決めたトッテナムだが、31分にデレ・アリがポスト直撃のシュートを放てば、惜しくもオフサイドとなったものの、デイビスのフィードをケインが豪快なジャンピングボレーで流し込むなど、果敢にゴールを目指す。逆に、前半終了間際には相手FWドゥポワトルに決定的なミドルシュートを許すが、これはクロスバーに救われ、前半を3点リードで終えた。 ▽後半に入ると、連戦の疲れからか、ペースを落としてゲームコントロールを優先した戦い方にシフトしたトッテナム。その中でエリクセンやウィンクスらチームメートがケインに3点目を取らせようと、チャンスメークに腐心するが、これが相手に完璧に読まれてしまい、逆になかなかチャンスを作れない。 ▽それでも、リーグ屈指の堅守で相手の反撃を許さないトッテナムは、試合終盤にかけて病み上がりのエリクセン、頭部を打っていたトリッピアーと共にエースのケインをベンチに下げて、ムサ・シッソコ、ウォーカー=ピータース、ソン・フンミンをピッチに送り出す。すると、後半アディショナルタイムにはカウンターからボックス左に抜け出したデイビスの丁寧な折り返しを受けたムサ・シッソコがゴール前でワントラップからシュート。これが相手DFにディフレクトしてコースが変わりゴールネットを揺らし、ムサ・シッソコに加入2年目で待望の移籍後初ゴールが生まれた。 ▽ケインの2ゴールの活躍などで昇格組に快勝のスパーズがアウェイ7連勝を飾り、今季初のリーグ戦での連勝を飾った。なお、8月ノーゴールも9月に入ってゴール量産のケインは、リーグ戦6ゴールにCL5ゴール、イングランド代表戦で2ゴールと9月だけで13ゴールを挙げる大暴れを見せた。 2017.09.30 22:32 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスターが昇格組相手に痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは16日、プレミアリーグ第5節でハダースフィールドとアウェイで対戦し、1-1の引き分けに終わった。岡崎は69分からプレーした。 ▽前節チェルシーに惜敗したレスターが、昇格組ハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。レスターは、チェルシー戦から先発メンバーを3人変更。スリマニ、M・ジェームズ、フックスに代えて、加入後初先発となるイヘアナチョ、アンディ・キング、チルウェルを起用した。岡崎は2戦連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は積極的な入りを見せたホームチームが先にチャンスを迎える。3分、インスの左クロスからドゥポワトルがヘディングシュートを狙ったが、これはGKシュマイケルが正面でキャッチ。 ▽アグレッシブな入りを見せたハダースフィールドに後手を踏んだレスターの反撃は43分、左CKのセカンドボールをゴール前のイヘアナチョが左足で合わせるも、シュートはムーイがブロック。さらに直後にはGKシュマイケルのフィードをボックス手前のエンディディが頭でつなぐと、これに反応したヴァーディがゴール左からシュート。しかし、これは枠の右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始早々にスコアが動く。46分、サビリのパスを最前線で受けたドゥポワトルが巧みなターンでマグワイアとの入れ替わりに成功すると、ボックス内まで持ち込みシュートを左隅に流し込んだ。 ▽先制を許したレスターだったが、すぐに反撃。すると50分、イヘアナチョとのワンツーでボックス右に侵入したアンディ・キングがレーベに倒されPKを獲得。このPKをヴァーディがゴールに沈め、同点に追いついた。 ▽勝ち越しを狙うレスターは、65分にオルブライトンを下げグレイを投入。さらに69分にイヘアナチョを下げて岡崎、82分にヴァーディを下げてスリマニをピッチに送り出しが、90分のうちに勝ち越しゴールを奪うことはできず。 ▽結局、試合は1-1でタイムアップ。昇格組相手に勝ち星を逃したレスターが、リーグ戦3試合未勝利となった。 2017.09.17 02:28 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング