ハダースフィールド

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ハダースフィールド 8 2 2 1 5 3 2 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-09-23
23:00
プレミアリーグ
第6節
バーンリー vs ハダースフィールド
2017-09-30
20:30
プレミアリーグ
第7節
ハダースフィールド vs トッテナム
2017-10-14
23:00
プレミアリーグ
第8節
スウォンジー vs ハダースフィールド
2017-10-21
23:00
プレミアリーグ
第9節
ハダースフィールド vs マンチェスター・ユナイテッド
2017-10-28
23:00
プレミアリーグ
第10節
リバプール vs ハダースフィールド

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.16
23:00
プレミアリーグ
第5節
ハダースフィールド 1 - 1 レスター・シティ
2017.09.11
28:00
プレミアリーグ
第4節
ウェストハム 2 - 0 ハダースフィールド
2017.08.26
23:00
プレミアリーグ
第3節
ハダースフィールド 0 - 0 サウサンプトン
2017.08.20
21:30
プレミアリーグ
第2節
ハダースフィールド 1 - 0 ニューカッスル
2017.08.12
23:00
プレミアリーグ
第1節
クリスタル・パレス 0 - 3 ハダースフィールド

基本データ

正式名称:ハダースフィールド・タウン

原語表記:Huddersfield Town Football Club

創立:1908年

ホームタウン:ハダースフィールド

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

岡崎途中出場のレスターが昇格組相手に痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは16日、プレミアリーグ第5節でハダースフィールドとアウェイで対戦し、1-1の引き分けに終わった。岡崎は69分からプレーした。 ▽前節チェルシーに惜敗したレスターが、昇格組ハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。レスターは、チェルシー戦から先発メンバーを3人変更。スリマニ、M・ジェームズ、フックスに代えて、加入後初先発となるイヘアナチョ、アンディ・キング、チルウェルを起用した。岡崎は2戦連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は積極的な入りを見せたホームチームが先にチャンスを迎える。3分、インスの左クロスからドゥポワトルがヘディングシュートを狙ったが、これはGKシュマイケルが正面でキャッチ。 ▽アグレッシブな入りを見せたハダースフィールドに後手を踏んだレスターの反撃は43分、左CKのセカンドボールをゴール前のイヘアナチョが左足で合わせるも、シュートはムーイがブロック。さらに直後にはGKシュマイケルのフィードをボックス手前のエンディディが頭でつなぐと、これに反応したヴァーディがゴール左からシュート。しかし、これは枠の右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始早々にスコアが動く。46分、サビリのパスを最前線で受けたドゥポワトルが巧みなターンでマグワイアとの入れ替わりに成功すると、ボックス内まで持ち込みシュートを左隅に流し込んだ。 ▽先制を許したレスターだったが、すぐに反撃。すると50分、イヘアナチョとのワンツーでボックス右に侵入したアンディ・キングがレーベに倒されPKを獲得。このPKをヴァーディがゴールに沈め、同点に追いついた。 ▽勝ち越しを狙うレスターは、65分にオルブライトンを下げグレイを投入。さらに69分にイヘアナチョを下げて岡崎、82分にヴァーディを下げてスリマニをピッチに送り出しが、90分のうちに勝ち越しゴールを奪うことはできず。 ▽結局、試合は1-1でタイムアップ。昇格組相手に勝ち星を逃したレスターが、リーグ戦3試合未勝利となった。 2017.09.17 02:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ビリッチ采配的中のウェストハムが今季リーグ戦初勝利!《プレミアリーグ》

▽ウェストハムは11日、プレミアリーグ第4節でハダースフィールドと対戦し、2-0で勝利した。 ▽開幕3連敗で最下位に沈むウェストハムは、前節のニューカッスル戦からスタメンを5人変更。E・フェルナンデスやA・アイェウ、オグボンナらに代えてキャロルやクヤテ、フォンテらがスタメンに名を連ねた。一方、リーグ戦無敗のハダースフィールドは、前節のサウサンプトン戦と同じスタメンで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々の2分にウェストハムにチャンス。フォンテの右クロスをボックス左でキャロルが受けると縦に切り込みクロスを供給。このボールにファーサイドのクヤテが飛び込むも、右足にはわずかに届かない。 ▽13分には、右サイドを突破したアントニオの折り返しからエルナンデスに決定機が訪れるも、シュートはクロスバーを直撃した。その後も主導権を握るウェストハムだったが、フィニッシュの精度を欠いてしまい決定機を生かせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先制点の遠いウェストハムは64分にエルナンデスを下げてA・アイェウを投入。すると71分、バイタルエリア中央でA・アイェウからのパスを受けたオビアンがミドルシュート。これが相手DFにディフレクトすると、ふわりと浮いたボールがそのままゴール右に吸い込まれた。 ▽待望の先制点で勢いに乗るウェストハムは、78分にもクレスウェルの右CKをフォンテが右足で合わせると、相手DFのブロックに当たったセカンドボールをA・アイェウが押し込み、追加点を奪った。 ▽その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったウェストハムが2-0で勝利。ビリッチ采配的中のウェストハムがホームで今季リーグ戦初勝利を飾った。 2017.09.12 06:03 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア8月の月間MVPが発表! リバプールのマネ、昇格組ハダースフィールドのワグナー監督が受賞

▽プレミアリーグは8日、8月の月間最優秀選手&監督賞を発表し、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネと昇格組のハダースフィールドを指揮するドイツ人指揮官のデイビッド・ワグナー監督が初受賞した。 ▽『EA SPORTS Player of the Month』と冠される8月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞に輝いたのは、開幕した8月に開催されたワトフォード戦、クリスタル・パレス戦、アーセナル戦の全3試合でゴールを記録したマネだった。 ▽マネは今回の受賞に関して「全てのチームメイトに感謝したい。なぜなら、彼らがいなければ僕には何もなかったからね」とコメントしている。 ▽なお、8月の月間最優秀選手にはマネの他に、チームメートのFWモハメド・サラー、チェルシーのFWアルバロ・モラタ、マンチェスター・ユナイテッドのDFフィル・ジョーンズ、FWロメル・ルカク、MFヘンリク・ムヒタリアン、ハダースフィールドのGKヨナス・レッスルがノミネートされていた。 ▽また、月間最優秀監督に選出されたのは、プレミアリーグ初挑戦のワグナー監督だった。 ▽現在はリバプールを指揮するユルゲン・クロップ監督の下、ドルトムントのセカンドチームを率いていたワグナー監督は、2015年からハダースフィールドで指揮。クラブ史上初となるプレミアリーグ昇格を掴むと、今季は開幕3試合で2勝1分けの成績を残し3位につけている。 ▽ワグナー監督は「私にとっては名誉なことだ。しかし、クラブ、特に選手にこの賞を渡したい」と喜びを語った。 ▽一方で、「うまくスタートすることを望んでいたが、これほどまでは期待していなかった。まだスタートに過ぎず、次に訪れるものに集中する必要がある」と、好スタートに気を引き締めるコメントも残した。 ▽なお、ワグナー監督の他に、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督、リバプールのクロップ監督、WBAのトニー・ピュリス監督もノミネートされていた。 2017.09.09 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

好調の昇格組ハダースフィールドが元イングランド代表GKグリーンを獲得

▽ハダースフィールドは27日、リーズの元イングランド代表GKロバート・グリーン(37)を獲得したことを発表した。フリートランスファーでの獲得となり、契約期間は1年間。1年間の延長オプションも付いている。 ▽グリーンはノリッジの下部組織出身で、1998年からトップチームでプレー。2006年8月にウェストハムへ移籍すると、2012年7月にQPRへと移籍。2016年7月からリーズでプレーしていた。 ▽ノリッジやウェエストハムでは正守護神としてプレミアリーグでもプレー。通算267試合に出場していた。また、2005年からイングランド代表としてもプレーし、12キャップを記録している。 ▽ハダースフィールドは、今シーズンからクラブ史上初となるプレミアリーグに挑戦。3試合を終えて2勝1分けで勝ち点7と3位につけている。 2017.08.28 12:12 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツがハダースフィールドとゴールレスドロー! 昇格組の連勝ストップも勝ち切れず《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節、ハダースフィールドvsサウサンプトンが26日にジョン・スミス・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽前節、ウェストハムとの打ち合いを制して今季リーグ戦初白星を手にしたサウサンプトンだが、ミッドウィークに行われたEFLカップでは格下ウォルバーハンプトンにホームで敗れ、屈辱の初戦敗退となった。 ▽この敗戦からのバウンスバックを目指すサウサンプトンは、昇格組ながら2戦連続無失点で連勝のハダースフィールドとのアウェイゲームに臨んだ。ペジェグリー監督はウルブズ戦で温存したレミナやデイビス、セドリック、バートランドの両サイドバックをスタメンに戻し、吉田はスティーブンスと共にセンターバックでコンビを組んだ。 ▽立ち上がりこそ相手の勢いに押されたサウサンプトンだったが、吉田の身体を張った守備などで凌ぐと、開始11分に最初の決定機を作る。デイビスのスルーパスに抜け出したレドモンドがボックス左で角度を作って右足のシュートを狙うが、これはわずかに枠の右に外れる。 ▽その後は球際でやり合うプレミアらしいオープンな展開が続く中、ムニエやカチュンガの強靭なフィジカルを生かしたハダースフィールドが徐々にサウサンプトンを押し込む。14分にザンカ、18分にムニエのシュートでGKフォースターにセーブを強いると、31分には右サイドをえぐったスミスからのグラウンダーのクロスをムニエが右足で合わせるが、これはわずかに枠の右。さらに前半終了間際の40分にはGKフォースターのファンブルに反応したカチュンガに決定機も、これはフォースターがビッグセーブで阻み、ミスを帳消しにした。 ▽ゴールレスで折り返した試合は、後半も拮抗した展開に。開始直後の51分、ガッビアディーニのファーストシュートでサウサンプトンの流れかに思われたが、前半同様に素早い攻守の切り替えを見せるハダースフィールドも68分にインスとムーイがボックス右で続けてシュートを放ち、セインツゴールを脅かす。 ▽後半半ばを過ぎると、徐々に試合がこう着し始める中、ハダースフィールドはパーマーとウィリアムズ、サウサンプトンはロング、ワード=プラウズ、マックイーンと交代カードを切っていく。 ▽試合終盤にかけてはハダースフィールドの運動量が落ち始めたことでサウサンプトンの時間が続くが、85分にレドモンドが放った決定的なミドルシュートはGKレッスルの好守に遭う。この直後にはボックス左に侵入したマックイーンが鋭いグラウンダーのクロスを入れるが、飛び込んだロングはわずかに届かない。さらに、後半アディショナルタイムにはゴール左で味方のクロスに反応したバートランドがワンタッチで押し込みにかかるが、ここはDFの身体を張ったブロックに阻まれた。 ▽結局、試合はゴールレスのままタイムアップ。好調ハダースフィールドの連勝をストップしたサウサンプトンだが、リーグ連勝にはあと一歩届かなかった。 2017.08.27 00:57 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング