ギャンガン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ギャンガン 47 12 11 15 48 59 -11 38

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-20
27:00
リーグ・アン
第10節
カーン vs ギャンガン
2018-10-27
27:00
リーグ・アン
第11節
ギャンガン vs ストラスブール
2018-11-04
23:00
リーグ・アン
第12節
ナント vs ギャンガン
2018-11-10
リーグ・アン
第13節
ギャンガン vs リヨン
2018-11-24
リーグ・アン
第14節
スタッド・ランス vs ギャンガン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.06
27:00
リーグ・アン
第9節
ギャンガン 1 - 1 モンペリエ
2018.09.29
27:00
リーグ・アン
第8節
アンジェ 0 - 1 ギャンガン
2018.09.26
26:00
リーグ・アン
第7節
ニーム 0 - 0 ギャンガン
2018.09.23
24:00
リーグ・アン
第6節
ギャンガン 1 - 3 ボルドー
2018.09.16
28:00
リーグ・アン
第5節
マルセイユ 4 - 0 ギャンガン

基本データ

正式名称:アナヴォン・ドウ・ギャンガン

原語表記:En Avant de Guingamp

愛称:EAG

創立:1912年

ホームタウン:ギャンガン

チームカラー:赤・黒

関連ニュース

thumb

ブッフォンも胸熱? ウェア息子と共にテュラム息子と対戦!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が18日に行われたリーグ・アン第2節のギャンガン戦で特別な経験をした。 ▽PSGは18日のギャンガン戦を3-1で逆転勝利し、リーグ開幕2連勝を達成した。同試合に先発出場したブッフォンだが、同試合では“リベリアの怪人”として知られたジョージ・ウェア氏の息子、FWティモシー・ウェア(18)が同じく先発で出場した。さらに、対戦相手のギャンガン戦では元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏の息子、FWマルクス・テュラム(21)が先発でプレーしたため、パルマ時代に共闘したテュラム氏、その当時ミランで活躍したウェア氏の息子と競演を果たすことになった。 ▽なお、かつての同僚テュラム氏の息子マルクスをきっちりシャットアウトしたブッフォンは試合後にはユニフォーム交換も行っていた。 ▽1990年代のセリエAファンにとっては未だに活躍するブッフォンの健在ぶりと共に、当時セリエAを席巻したスーパースターの息子2人の競演に思わず胸を熱くしたことだろう。 2018.08.19 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井3週間ぶり復帰でフル出場もマルセイユは痛恨ドローでEL決勝に不安…《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは11日、敵地で行われたリーグ・アン第37節でギャンガンと対戦し、3-3で引き分けた。酒井は右サイドバックでフル出場した。 ▽残り2試合となったリーグ・アンで2位リヨン(勝ち点75)、3位モナコ(勝ち点74)と三つ巴のトップ3争いを繰り広げる4位マルセイユ(勝ち点73)。来週ミッドウィークにアトレティコ・マドリーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチームは、出場停止のグスタボとラミ、コンディション不良のパイエと一部主力が欠場。その一方で、第34節リール戦でヒザを痛めて欠場が続いていた酒井が右サイドバックで先発に復帰した。 ▽試合は開始早々に動く。2分、右サイドでボールを受けたトヴァンが余裕を持って浮き球のクロスを入れると、ゴール前でDFに競り勝ったジェルマンのヘディングシュートがゴール右隅に決まり、アウェイチームが早々にリードを手にした。 ▽勢い付くマルセイユは14分、左サイドでうまくDFと入れ替わってスペースに飛び出したオカンポスが絶妙なクロスを供給。これをジェルマンの後方から飛び出したトヴァンがダイビングヘッドでゴール左隅に突き刺した。 ▽立ち上がりの2ゴールで余裕の展開となったマルセイユだが、その後はテュラムとブリアンの仕掛けとグルニエの攻撃センスを生かして反撃を試みるギャンガンに対して、急造の最終ラインが苦戦を強いられる。とりわけ、復帰明けの酒井はテュラムのアジリティと1トップながらファジーなポジショニングでかく乱を図るブリアンに後手の対応が続く。 ▽すると、マルセイユは守勢に回った前半終了間際の42分に1点を返される。カウンターから左サイドで仕掛けたテュラムからパスを受けたブリアンがシュートを放つと、クロスバーを叩いたこぼれ球をブリアンがタップインした。 ▽1点を返されて後半に臨んだマルセイユは引き続き守勢を強いられると、52分にボックス内でオカンポスのハンドを取られて痛恨のPK献上。これをキッカーのグルニエに右隅へ決められ、2点のリードを追いつかれて試合を振り出しに戻された。 ▽それでも、すぐさま勝ち越しに向けて攻勢を強めるマルセイユは59分、ボックス手前右角のトヴァンから短いスルーパスを受けたサンソンがゴール右でシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。続く62分にはロングカウンターからトヴァンとサンソンで2対2の状況を作るが、ここはトヴァンがボールをこねてしまい、ボックス内で相手DFに絡め取られる。 ▽その後、64分にマキシム・ロペスを下げてエンジエを投入し、より前がかるマルセイユだったが、直後の66分に試合の流れを大きく左右するミスを犯す。前線に攻め残っていたブリアンへの縦パスに対して、まずいポジショニング、不用意なスライディングカットを試みたDFセルティクがボールに触れず、ブリアンに独走を許す。そして、難なくボックス内に侵入したブリアンをGKマンダンダが倒してしまい、PK献上に加えて一発退場。守護神退場を受けてジェルマンを下げてGKプレを投入するも、ブリアンのPKを止めることはできず、逆転ゴールを献上した。 ▽数的不利とはいえども何とか勝ち点1を持ち帰りたいマルセイユは73分にオカンポスを下げて、最後の交代カードとしてブナ・サールを投入。その後も苦しい展開が続くも、頼れるエースがチームを救う。81分、相手陣内中央でボールを奪ったサンソンが右サイドに展開。ここでB・サールがグラウンダーのクロスを入れると、難しいバウンドながらもゴール前のトヴァンが利き足とは逆の右足で見事なダイレクトシュートをゴール左に流し込み、同点に追いつく。さらに84分には右CKの流れからセルティクに名誉挽回のチャンスも、ここは相手DFの決死のブロックに遭い、劇的勝ち越しゴールとはならない。 ▽その後、試合終盤にかけて白熱の攻防が繰り広げられる。マルセイユは途中投入のB・サールが脱臼でプレー続行不可能となり9人での戦いを強いられるが、91分にはロングカウンターからボックス左に持ち込んだトヴァンにハットトリックのチャンスも、ここはシュートを枠に飛ばせない。逆に、試合終了間際にはギャンガンの波状攻撃からGKプレがつり出された中でケルブラに無人のゴールへシュートを許すが、ここはDFアマヴィの値千金のゴールカバーで凌いだ。 ▽結局、試合は3-3のままタイムアップ。2点リードから一時試合を引っくり返されるも、数的不利から何とか追いついたマルセイユは何とか勝ち点1を持ち帰ることに成功。しかし、翌日に試合を控えるモナコとリヨンにプレッシャーをかけることはできず、リーグ戦での来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しくなった。そのため、16日に行われるEL決勝が持つ意味がより強くなった。 2018.05.12 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ドログバ息子がギャンガンへ!

▽チェルシーやコートジボワールのレジェンドプレーヤーであるFWディディエ・ドログバの息子がプロ選手の一歩を踏み出した。 ▽ギャンガンは20日、FWイサーク・ドログバ(17)の加入を発表。これまでチェルシーの下部組織に籍を置いていたが、今後はギャンガンのアカデミーであるU-19を主戦場とし、トップチーム昇格を目指すことになる。 ▽ギャンガンは、今年3月に40歳の誕生日を迎える父ドログバの2002〜03年までプレーした古巣。公式戦50試合24ゴールの成績を収め、その後にマルセイユへと羽ばたくキッカケとなったクラブだ。 2018.02.20 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、フランス人MFサリビュールを来夏に獲得か

▽セビージャがギャンガンに所属するフランス人MFヤニス・サリビュール(26)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽リールの下部組織出身のサリビュールは、2009年にトップチームに昇格。しかし、リールでは出場機会に恵まれず、その後は当時リーグ・ドゥ(2部相当)のブローニュやクレルモンでのプレーを経て、2015年にギャンガンに加入した。在籍3年目となるギャンガンでは、これまで公式戦92試合に出場し、20ゴール12アシストをマーク。今シーズンもリーグ戦13試合の出場で2ゴールを記録している。 ▽報道によればセビージャは、来夏でのサリビュール獲得に向け600万~800万ユーロ(約8~10億円)の移籍金を準備しているとのこと。なお、サリビュールとギャンガンの契約は2019年6月末までとなっている。 2017.12.26 02:39 Tue
twitterfacebook
thumb

トヴァン弾で逃げ切ったマルセイユがリーグ9戦無敗で上位を追走!《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは26日、リーグ・アン第14節でギャンガンと対戦し、1-0で勝利した。酒井は89分からプレーした。 ▽前節のボルドー戦をサンソンの劇的弾でドローに持ち込んだ3位のマルセイユ(勝ち点26)が、本拠地ベロドロームに15位のギャンガン(勝ち点15)を迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグのコンヤシュポル戦を行ったマルセイユは、その試合から先発を5人変更。酒井宏やジェルマン、オカンポスらに代えてパイエやミトログル、ブナ・サールらが先発に起用された。 ▽試合は地力に勝るマルセイユが立ち上がりからボールを支配する。すると31分、パイエのパスをボックス右手前で受けたトヴァンがドリブルでボックス内に切り込むと、左足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。 ▽さらに35分にも、パイエの左クロスからミトログルに決定機が生まれたが、ヘディングシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽1-0で迎えた後半も前半同様に試合の主導権を掌握したマルセイユだが、追加点が遠い。すると72分、パイエを下げてオカンポス投入。さらに79分にサンソンを下げてアンギッサをピッチに送り出し、攻撃に厚みを加える。 ▽しかし、膠着状態のまま試合は終盤に差し掛かる。連戦の疲れが見え始めたマルセイユは、89分にトヴァンを下げて酒井宏を投入。1点を守り切る戦術にシフトチェンジした。 ▽結局、試合は1-0のまま終了。トヴァン弾で逃げ切ったマルセイユが、リーグ戦9試合無敗で上位追走に成功した。 2017.11.27 03:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング