全北現代モータース

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 全北現代 15 5 0 1 22 9 13 6

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
20:00
ACL2018グループE
最終節
全北現代 3 - 0 傑志
2018.04.04
19:30
ACL2018グループE
第5節
0 - 2 全北現代
2018.03.14
21:00
ACL2018グループE
第4節
天津権健 4 - 2 全北現代
2018.03.06
19:00
ACL2018グループE
第3節
全北現代 6 - 3 天津権健
2018.02.20
21:00
ACL2018グループE
第2節
傑志 0 - 6 全北現代

基本データ

正式名称:全北現代モータース

原語表記:Jeonbuk Hyundai Motors Football Club

ホームタウン:全州

チームカラー:緑

関連ニュース

thumb

途中出場の伊東純也が値千金の決勝ゴール! 柏が傑志を下しGS初勝利!!《ACL2018》

▽柏レイソルは6日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 のグループE第3節で傑志(香港)をホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽現在1分1敗で3位に位置している柏。ここまで2敗の傑志との対戦に向けて、[4-2-3-1]のシステムを採用。GK中村、ディフェンスラインは右から今井、中谷、パク・ジョンス、亀川が並んだ。キム・ボギョンと大谷がダブルボランチで起用され、2列目は右に中川、中央に小泉、左にハモン・ロペス、そしてワントップに瀬川が入った。2位の天津権健(中国)とは勝ち点差が「3」と離れているため、是が非でも勝ち点3を手にしたい。 ▽セレッソ大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWフォルランを擁する傑志との一戦。なかなか前線までボールを運べない柏は16分にピンチを迎える。1本のロングボールに抜け出した傑志右サイドのフェルナンドに強引にシュートに持っていかれてしまう。GK中村が弾いたシュートはゴールに向かったが、中谷がギリギリのところでクリア。難を逃れる。 ▽反撃を試みる柏も、20分に左サイドのパス回しからハモン・ロペスがクロスを送るが、GKグオ・ジェンチーが通させない。28分には、右サイドから傑志を崩しにかかり、最後はハモン・ロペスがシュートを放つも、ここでもGKが立ちはだかった。 ▽前半終了間際にもキム・ボギョンがミドルシュートを狙うが、傑志のエリオが身体を張って弾き返す。後半は開始早々の大谷のシュートで入った柏。56分に中川を下げて日本代表の伊東を投入。攻撃の活性化を図った。 ▽柏は、60分に右からのクロスをハモン・ロペスがシュートまで持っていく。勢い乗ってきたホームチームは、61分にクリスティアーノが瀬川に代わってピッチに入る。 ▽すると迎えた65分、柏に待望の先制点が生まれる。ボックス左外からの亀川のクロスを、逆サイドから走り込んだ伊東が押し込んで試合を動かした。 ▽74分にはハモン・ロペスがこの日7本目のシュートで追加点に迫る。83分のクリスティアーノの至近距離からのシュートはGKグオ・ジェンチーがファインセーブを見せゴールには至らなかった。 ▽結局、先制後は攻撃の隙を与えなかった柏が1点のリードを守り切り傑志に勝利。グループステージ初勝利を手にした。 ▽グループEもう1試合は、全北現代モータース(韓国)と天津権健(中国)が激突。10分にジャン・チャリソンのゴールで先制された全北現代だったが、24分にキム・シンウクが同点ゴールを挙げると、ここからゴールラッシュが始まる。 ▽まずは42分、ハン・ギョンウォンが逆転ゴールを奪うと、後半に入りさらにリードを広げた全北現代は、60分、65分とキム・シンウクが立て続けに得点を決めてハットトリックを達成。72分にチェ・ボギョンのゴールで大量6得点を奪ったホームチームは、その後に2点を返されるも、6-3で大勝。開幕3連勝となった。 柏レイソル 1-0 傑志(香港) 【柏】 伊東純也(後20) 全北現代(韓国) 6-3 天津権健(中国) 【全北現代】 キム・シンウク(前24、後15、後20) ハン・ギョンウォン(前42) チェ・ボギョン(後27) 【天津権健】 ジャン・チャリソン(前10) ジャオ・シュリ(後34) アレシャンドレ・パト(後44)[PK] ◆順位表 1.全北現代モータース 9(3/0/0) 2.天津権健 4(1/1/1) 3.柏レイソル 4(1/1/1) 4.傑志 0(0/0/3) 2018.03.06 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

大分、C大阪、松本でプレーした韓国代表MFキム・ボギョンが柏と完全移籍加入で合意

▽柏レイソルは22日、全北現代モータースの韓国代表MFキム・ボギョン(27)と完全移籍加入で合意に達したことを発表した。来日は来週の予定とのこと。 ▽キム・ボギョンは、2010年にセレッソ大阪に加入すると、外国籍選手枠の関係でそのまま大分トリニータへと期限付き移籍。J2で24試合出場6得点を記録。翌年にC大阪へ復帰すると、J1で26試合出場8得点を記録した。 ▽2012年はロンドン・オリンピックに出場するなどし、8月にカーディフへと移籍。その後、ウィガンへの移籍を経て、2015年9月に松本山雅FCへと加入した。松本ではJ1で6試合に出場。2016年から全北現代モータースでプレーしていた。 ▽全北現代では2016年のAFCチャンピオンズリーグに出場。グループステージではFC東京と同居するなどし、大会を制してクラブ・ワールドカップにも出場していた。 2017.06.22 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

全北現代のACL出場権はく奪が正式決定…異議申し立て却下

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は3日、Kリーグ・クラシックの全北現代モータース(韓国)から寄せられた異議申し立てを却下することを発表した。 ▽アジア王者の全北現代は先月18日、2013年から2014年までに発覚した審判不正買収で、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017出場権が没収。これを遺憾とした全北現代はCASに対して異議申し立てを行っていたが、決定が覆ることはなかった。 ▽これにより、ACL 2017にはKリーグからFCソウル、水原三星ブルーウィングス、済州ユナイテッド、蔚山現代FCの参戦が決定。全北現代に代わって出場する蔚山現代はプレーオフを勝ち上がれば、鹿島アントラーズと同居のグループEに入る。 2017.02.05 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

全北現代の韓国代表GKクォン・スンテが鹿島に完全移籍加入…2014年から3年連続Kリーグベストイレブン受賞

▽鹿島アントラーズは28日、全北現代モータース(韓国)から韓国代表GKクォン・スンテ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽クォン・スンテは、2006年に全北現代でプロキャリアをスタート。2011年から2年間にわたって尚州尚武でプレーした後、2013年に全北現代へと復帰すると、2014年から3年連続でKリーグベストイレブンに輝いた。 ▽また、代表キャリアにおいては、2015年に韓国代表デビュー。これまで2試合のキャップ数を記録している。 2017.01.28 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ACL出場権没収の昨季王者・全北現代が異議申立ての意向を発表

▽今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を没収されたKリーグ・クラシックの全北現代が、スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ異議申立てを行う意向であることを発表した。 ▽2016シーズンのACLで優勝した全北現代は、アジアサッカー連盟(AFC)の独立機関の調査により資格停止処分を受けたていた。全北現代は、2013年当時にクラブのスカウトによる金銭絡みの審判買収が発覚。これを受け、2016シーズンのKリーグ・クラシックにおいて、9ポイントの勝ち点没収と1億ウォン(約970万円)の罰金処分が科され、最終的にFCソウルに次ぐ2位でシーズンを終えていた。 ▽AFCからの処分発表から10日以内にAFCの出場管理機構に異議申立てを行うことが可能だった全北現代は、即座に反応。CASへの控訴が認められばACL出場が可能となるものの、判決が遅れることを危惧し「できるだけ早く判決を出すことを要求する」とクラブ関係者がかたったとのことだ。 ▽最も良いケースであれば、プレーオフ開催の2月7日より前に判決がでること。全北現代の出場権没収となった場合は、グループHにはプレーオフからの参戦だったKリーグ・クラシック3位の済州ユナイテッドが出場。プレーオフには4位の蔚山現代FCが繰り上がりで参戦することになるため、他クラブへの影響が出てしまう。果たしてCASはどの様な判決を下すのだろうか。 2017.01.19 22:57 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング