サガン鳥栖

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 鳥栖 24 6 6 6 21 22 -1 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-30
18:30
明治安田生命J1リーグ
第19節
広島 vs 鳥栖
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
鳥栖 vs 清水
2017-08-09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
vs 鳥栖
2017-08-13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
横浜FM vs 鳥栖
2017-08-24
明治安田生命J1リーグ
第24節
鳥栖 vs G大阪

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
鳥栖 2 - 3 川崎F
2017.07.02
18:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
甲府 0 - 0 鳥栖
2017.06.25
19:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
鳥栖 2 - 1 浦和
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
鳥栖 1 - 1 仙台
2017.06.04
16:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
大宮 1 - 1 鳥栖

基本データ

正式名称:サガン鳥栖

原語表記:Sagan TOSU

ホームタウン:鳥栖市

チームカラー:ブルー、ピンク

関連ニュース

thumb

鳥栖、韓国人MF安庸佑の加入合意を発表…2013年からKリーグ全南でプレー

▽サガン鳥栖は22日、Kリーグ・クラシックの全南ドラゴンズに所属する韓国人MF安庸佑(アン・ヨンウ/25)の加入合意を発表した。背番号は「25」に決定している。 ▽安庸佑は2013年に東義大学から全南ドラゴンズに入団したMF。鳥栖加入を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖という素晴らしいチームに加入でき光栄に思いますし、1日も早くチームに溶け込み、目標にしているところに自分も力になれるよう努力し、頑張りたいと思います! 応援よろしくお願いします!」 2017.07.22 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】不完全燃焼も将来を見据えたポゼッションサッカー確立へ《サガン鳥栖》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はサガン鳥栖編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆苦しい戦いが続くも新戦力はフィット</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sagan_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽マッシモ・フィッカデンティ体制2年目を迎えた鳥栖。昨シーズンの2ndステージでは指揮官の望むポゼッションサッカーが浸透し始めた印象を受けた。それだけに期待を持って臨んだ今シーズンだが、リーグ戦初勝利は3試合目のサンフレッチェ広島戦まで待たされることに。その後も不安定な戦いが続いたが、第13節の北海道コンサドーレ札幌戦での勝利から5戦無敗で前半戦を終えた。 ▽新加入選手ではMF原川力が中盤の一角を担い欠かせない存在となる。GK権田修一もここまでフル出場を果たし、右サイドバックではケガで出遅れたDF小林祐三がDF藤田優人とのポジション争いを制して定位置を確保。FW趙東建も体の強さや馬力を見せ、チームトップタイの3得点を記録している。FWビクトル・イバルボは持ち味を徐々に出しつつあったが、無得点で前半戦を終え、選手登録を抹消された。 ▽一方の既存選手では、MF福田晃斗が持ち前の運動量を活かしてポジションを確保し、チームの心臟までに成長。ベテランの域に入ったMF高橋義希も全試合に出場。DF吉田豊、DFキム・ミンヒョクも最終ラインを支える活躍を見せる中、エースのFW豊田陽平は負傷の影響もあり現在もトップコンデイションを取り戻せず。また、MF鎌田大地がフランクフルトへと移籍し、後半戦での巻き返しに向けてエースの復活が待たれる。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707sagan_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】50点/100点満点 ▽開幕前に守護神のGK林彰洋がFC東京に移籍。大崩れする可能性もあったが、権田がその穴を埋めた。バックラインもキム・ミンヒョク、DF谷口博之をセンターに、左の吉田ら昨シーズンのメンバーが固めていたが、谷口の長期離脱によりDF青木剛が起用されている。右サイドバックは藤田と小林が高いレベルで争っているものの、失点22は予定より多いはずだ。上位陣は20点を割る失点数だけに、後半戦で巻き返すためにはもうひと踏ん張りが必要か。 【MF】60/100点満点 ▽フィッカデンティスタイルの軸となる中盤では、アンカーの高橋、インサイドハーフの福田、トップ下の鎌田ら既存の選手に原川がフィット。これまでとは違い、中盤からしっかりとビルドアップするスタイルが定着してきた。鎌田が移籍したことを考えれば、MF小川佳純やMF水野晃樹、FW小野裕二といった期待された新加入選手たちの貢献度が上がって欲しいところ。チーム全体でコンセプトの共有ができれば、浮上のきっかけをつかめるだろう。 【FW】20/100点満点 ▽ストライカー陣では上記にあるように豊田の負傷が大きく響いた。さらに期待されたイバルボも10試合で無得点に終わり6月30日に登録を抹消。趙東建も3得点とある程度結果を残したが、結局は豊田の4得点がチーム内で最多となるなど、改めて得点力の課題が浮き彫りとなった。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707sagan_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF高橋義希(32歳/No.14) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発15回)/1得点 ▽前半戦MVPは中盤のダイナモとして躍動した高橋を選出。Jリーグが発表しているトラッキングデータの上位3つは高橋であり、13㎞後半を走破。さらに上位10傑で6回選出されるなど、恐ろしい運動量を誇る。チームの心臓として、豊富な運動量と正確なボール奪取でピンチの芽を摘み、そのままビルドアップに加わって攻撃を組み立てるなどチームスタイルにマッチしたプレーを見せた。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> FW豊田陽平(32歳/No.11) 明治安田生命J1リーグ:14試合(先発13回)/4得点 ▽今シーズンは、チームが個性的なストライカーを獲得しただけに、豊田にかかる負担は減ると思われた。しかし、相手に脅威を与えるだけのユニットは形成できず、自身も外傷性気胸による離脱からコンディションを落とした。前半戦では4得点に終わり、5シーズン続けているJ1での2桁得点にも黄信号が灯っている。チームの戦い方は変わりつつあるものの、豊田がエースであることに変わりはない。それだけに不満の残る前半戦のパフォーマンスだった。 <span style="font-weight:700;">◆鎌田の抜けた穴を補い、得点力の改善が必要</span> ▽後半戦に向けて大きなポイントは、フランクフルトに移籍した鎌田が抜けた穴だ。中断期間は1カ月あるが、堅実的なフィッカデンティ監督がフォーメーション変更を行うことは考えにくく、既存の選手を当てはめて成熟度を高めるだろう。第17節のヴァンフォーレ甲府戦では小野がトップ下を務めており、今後も小野が攻撃のタクトを振るう存在となるはずだ。良いコンビネーションを見せている中盤の3人と前線を結ぶ重要な存在だけに、後半戦は小野のタスクがさらに増えるはずだ。 ▽また、ここまで得点が少ないフォワード陣の奮起も必要だ。エース・豊田の復調に頼るだけでなく、チームとしてフィニッシュに持ち込む形を構築したい。登録を抹消されたイバルボも完全移籍に向けた交渉中というだけに、前半戦の不甲斐ないパフォーマンスを払しょくしたいところ。出場機会が限られているFW富山貴光やFW池田圭、U-20日本代表にも選出されているFW田川亨介ら控え組の活躍にも期待したい。 2017.07.18 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴールに満足感を示す鳥栖のFW田川亨介「自分の特徴が出た」《AFC U-23選手権》

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日~23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。 ▽練習試合終了後、1ゴールを挙げたFW田川亨介(サガン鳥栖)がメディア陣のインタビューに応対。ゴールを振り返り「自分の特徴が出た」と満足感を示した。また、U-20W杯の経験からチームを引っ張る存在になりたいと責任感を抱いた。 <span style="font-weight:700;">◆FW田川亨介</span>(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">──ゴールを振り返って</span> 「自分の特徴が出たゴールだったので、その辺は自分の中でも評価できるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──U-20W杯を経験してチームを引っ張っていかなくてはいけない立場だと思うが</span> 「まず、連携面というところはカンボジアに行ってからもしっかりと修正しなくてはいけないと感じています。そういう所を意識して、自分のプレーの特徴を出せば、良い結果につながると思います。思い切り全部出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──U-20W杯の経験が生かせている部分は</span> 「フィジカルの所で違うなというのが感じたことです。チームに帰ってもそういう所はトレーニングしていました。ちょっとずつしか実感はないですけど、フィジカル面で上がってきているのかなとは感じます。継続してやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──今回は自分がやってやろうという気持ちが強いか</span> 「そうですね。そこは大きいですね。自分がチームを引っ張っていければと思いますし、そういう存在になっていきたいです」 2017.07.14 22:33 Fri
twitterfacebook
thumb

直近3試合で12得点! 攻撃爆発の川崎Fが2点ビハインドを覆し3連勝で3位浮上!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、サガン鳥栖vs川崎フロンターレが8日にベストアメニティスタジアムで行われ、2-3で川崎が勝利した。 ▽ここまで6勝6分5敗で10位の鳥栖(勝ち点24)が、9勝5分3敗で5位につける川崎(勝ち点32)をホームに迎えた。チームの中心選手であった鎌田大地がフランクフルトへ、ビクトル・イバルボが契約解消と、リーグ戦半ばにしてチームの再構築を余儀なくされた鳥栖だが、スコアレスドローに終わった前節のヴァンフォーレ甲府戦からスタメンの変更は1名のみ。田川を今季ここまで3得点の富山と代えて臨んだ。 ▽対する川崎は、ミッドウィーク開催となった5日の第13節浦和レッズ戦を4-1で制し、好調を維持。中2日となった今節だったが、浦和戦からスタメンを2名のみ変更。攻撃の核である中村を家長に、登里を三好に代えた。直近2試合で9得点を記録しているチームのシステムはそのままに、リーグ後半戦を占う一戦に臨んだ。 ▽試合序盤は両チーム共にリスクを冒さず。人数をかけて守る鳥栖に対し、川崎はディフェンスラインでパスを回しつつ攻めの機会をうかがう。鳥栖は原川を起点にカウンターを狙うが決定的なチャンスを作れず。15分、痺れを切らした大島がボックス手前中央から勢いのあるミドルシュートを放つも、これは枠を外れた。 ▽この流れの中で先制点を奪ったのは鳥栖だった。39分、吉田がボックス内で倒されると、これがPKに。キッカーを務めた原川がゴール左に蹴り込み、先制に成功した。 ▽さらに、鳥栖が畳みかける攻めで追加点を奪う。42分、敵陣内右サイドで福田が川崎のパスミスを奪うと、素早い判断でクロスを供給。内側へカーブのかかった質の高いクロスを趙が頭で合わせる。GKが飛びつくも、シュートはゴール右下隅へ吸い込まれた。 ▽鳥栖の2点リードで試合は折り返すと、川崎はハーフタイム明けに家長を中村に、三好を登里に代える、2枚替えを敢行。浦和戦と同様の布陣にして後半の巻き返しを図る。すると56分、中村が決定的な仕事を果たす。左CKの場面でキッカーを務めた中村は、ショートコーナーを選択。パスを受けた大島が中村へボールを戻すと、すかさず右足でクロスを上げる。飛び込んだエドゥアルドが頭で合わせ、反撃の狼煙を上げた。 ▽直後の58分、川崎が待望の同点弾を決める。車屋が左サイドをドリブルで駆け上がると、そのままボックス内へ侵攻。素早いクロスを上げるとフリーで待ち構えていたエウシーニョが頭で確実に合わせた。 ▽完全に勢い付いた川崎は62分に試合を引っくり返す。大島から左サイドに上がっていた車屋にパスが出ると、今度はボックス内へ入らずにクロスを供給。これを小林が頭で合わせ、わずか7分間の猛攻で2点のビハインドを跳ね返し、逆転に成功する。 ▽試合はこのまま終了し、川崎がアウェイの地で劇的な逆転劇を演じた。この結果、川崎は勝ち点を「35」まで伸ばし、3位へ浮上した。対して、ホームで手痛い敗北を喫した鳥栖は順位を1つ落とし、11位に沈んでいる。 2017.07.08 23:03 Sat
twitterfacebook
thumb

お互いに決定機を決めきれず…甲府と鳥栖が痛み分け《J1》

▽2日に明治安田生命J1リーグ第17節のヴァンフォーレ甲府vsサガン鳥栖が山梨中銀スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽今節で前半戦が終了するJ1リーグ。3勝6分け7敗の勝ち点15で14位の甲府は、リーグ戦8試合ぶりの白星を目指す。対する鳥栖は6勝5分け5敗の勝ち点23で10位。前節は浦和レッズに勝利して3試合ぶりの白星を飾り今季初の連勝を狙う。 ▽甲府は[3-5-2]のフォーメーションを採用し、前線はウィルソンとドゥドゥが務める。一方の鳥栖は鎌田がフランクフルトに移籍したことでフォーメーションを変更。[4-3-2-1]で、趙東建を最前線にシャドーの位置は小野と田川が務めた。 ▽試合は立ち上がりから鳥栖が主導権を握る。中盤の高橋、福田、原川が上手くパスを繋ぎながら、前線に展開していく。対する甲府は自陣でブロックを作りながら鳥栖の攻撃を跳ね返し、ボールを奪えばドゥドゥやウィルソンに展開して押し上げていく。しかしお互いに集中した守りを見せてチャンスがなかなか作り出せない。 ▽迎えた14分、自陣の低い値でボールを受けた兵働が前線にロングボールを送る。ウィルソンがマーカー二人に挟まれながらもボールを収め、ボックス内へ侵入したところで倒される。しかし主審の笛は吹かれず、甲府はPKを得られなかった。対する鳥栖も18分に右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、ニアサイドで田川が合わせる。しかしボールは枠を捉えきれずに、先制のチャンスを逸した。 ▽迎えた24分には甲府が決定機を迎える。再び兵働のロングボールにウィルソンが抜け出す。ボックス右からマイナスの折り返しを入れるが、ここは戻った吉田がクリアする。しかしそのボールは新井の前にこぼれると、新井がすかさずシュートを狙うが、精度を欠いてしまいゴールマウスを大きく外してしまった。 ▽甲府は30分に相手陣内ゴール正面の位置でFKを獲得。兵働が左足で直接狙うが、GK権田がパンチングではじき出す。一方の鳥栖は攻撃の形が作り出せず、37分頃には小野を右サイドに回した[4-4-2]にシステムを変更する。しかし鳥栖は大きなチャンスを作れないまま前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半も先にチャンスを作ったのは甲府。48分に相手陣内でのFKでクイックリスタートを選択すると、ボックス左でボールを受けたドゥドゥのクロスに畑尾が頭で合わせる。しかしGK権田の正面を付いてしまい、ゴールとはならなかった。 ▽鳥栖も52分、左サイドに持ち出した福田が左足でインスイングのボールを配給。これに小野が頭であわせるがGK岡が好セーブでボールを弾くとクロスバーを直撃。こぼれたところに田川が詰めるが、ボールはクロスバーを越えて決めきれず。しかし鳥栖はこのプレーを境に、チャンスを作り出していく。57分には右サイドで縦に仕掛けた小野がクロスを入れるとフリーの趙東建へ。しかしこのボールに触れず、またも鳥栖は決定機を逸した。 ▽迎えた58分、鳥栖は趙東建に変えて豊田を投入すると、より相手陣内に攻め込む機会が増えていく。押され気味の甲府だったが、65分にはエデル・リマが2度のワンツーでボックス左に侵入。そこからシュートを狙うが、利き足ではない右足でのシュートは枠を外した。 ▽甲府は85分、途中出場の河本が抜け出してボックス内からシュートを放つ。しかし鳥栖も小林がしっかりとスライディングでコースを消して、ボールを飛ばさせない。結局試合はゴールレスのまま終了のホイッスルを迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.07.02 19:56 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング