超ワールドサッカー

大宮アルディージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 大宮 11 3 2 10 10 28 -18 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-25
18:30
明治安田生命J1リーグ
第16節
広島 vs 大宮
2017-07-01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
大宮 vs 横浜FM
2017-07-08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
大宮 vs 札幌
2017-07-29
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
神戸 vs 大宮
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
浦和 vs 大宮

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
新潟 1 - 2 大宮
2017.06.04
16:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
大宮 1 - 1 鳥栖
2017.05.31
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第7節
磐田 1 - 2 大宮
2017.05.27
15:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
4 - 2 大宮
2017.05.24
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第6節
大宮 4 - 0 清水

基本データ

正式名称:大宮アルディージャ

原語表記:OMIYA Ardija

ホームタウン:さいたま市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

大宮が浦和とのACLで仲裁にも入った済州ユナイテッドのFWマルセロ・トスカーノの完全移籍加入内定を発表

▽大宮アルディージャは22日、済州ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWマルセロ・トスカーノ(32)の完全移籍加入が内定したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 ▽マルセロ・トスカーノは、パウリスタやパラナ、フィゲイレンセ、アメリカ・ミネイロなどブラジル国内のクラブで長らくプレー。2010年8月から2013年1月まではポルトガルのヴィトーリアに所属すると、ポルトガル・プリメイラリーガで通算61試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。 ▽2016年1月に済州ユナイテッドFCに移籍すると、今シーズンはKリーグ・クラシックで13試合出場6ゴール、AFCチャンピオンズリーグで8試合に出場。グループステージではガンバ大阪と同居し1ゴールを記録。ラウンド16では浦和レッズと対戦し、1stレグで1ゴールを記録していた。マルセロ・トスカーノはクラブを通じてコメントしている。 「まずは今回、このような機会をくださった大宮アルディージャに感謝の言葉を伝えたいです。大宮アルディージャに加入することができ、とても光栄ですし、チームの目標を達成できるようにベストを尽くします。新しいチームメートやスタッフたちとの出会いも楽しみですし、素晴らしいファン・サポーターの前で、良いパフォーマンスでこたえたいと思います」 2017.06.22 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟は5連敗で最下位脱出ならず…“裏天王山”は大宮が制す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のアルビレックス新潟vs大宮アルディージャが17日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、2-1で大宮が勝利した。 ▽2勝2分10敗の17位に沈む大宮 (勝ち点8)と、同じく2勝2分10敗の18位で最下位に転落している新潟 (勝ち点8)の対戦は、残留を争う両チームとって絶対に負けられない試合となる。新潟は0-4で大敗したセレッソ大阪戦から先発を3名変更し、川浪、矢野、ロメロを起用した。対する大宮も1-1で引き分けたサガン鳥栖戦から先発を3名変更し、渡部、大山、大前を起用した。なお、長谷川アーリアジャスールは戦術的な理由でベンチ外となった。 ▽開始早々の1分、新潟がファーストシュートを放つ。DFからのフィードを矢野が大宮のDFラインの裏へ落とすと、走り抜けた山崎が追いつきボックス内右の角度がないところから右足を振り抜く。枠を捉えることはできなかったが、新潟が幸先の良いスタートを切る。 ▽大宮は10分、14分、15分とクロスを多用して決定機を作り出そうと試みるが、待ち構える新潟DFにことごとく弾き返される。新潟陣営も人数をかけて攻める大宮を相手に攻撃の手を欠き、にらみ合いが続く。 ▽そんな中、27分に大宮のエースが仕事を果たす。新潟陣内中央でボールを持った大山が、オフサイドライン上で駆け引きをする江坂へスルーパスを送る。ボックス内左で待ち構えていた江坂がワンタッチで前を向き、右足一閃。確実に得点を決め、先制に成功した。 ▽続いて33分にも、江坂が得点を決める。ボックス手前中央で相手のパスミスを拾った江坂は、そのまま右足を振り抜く。これがゴールネットに突き刺さり、この日2点目を決めた。 ▽立て直したい新潟は、早めのカードを切る。39分、ロメロに代えてこれでJ1通算300試合出場となる成岡を投入した。新潟はこの交代をきっかけにポゼッションを高め始める。 ▽折り返して60分、新潟が反撃に成功する。ボックス内中央でボールを受けたホニが、DFを背負いながらも山崎へと落とす。浮き球となったパスを受けた山崎は、胸でトラップをし、短いステップで左足を振り抜く。豪快に放ったシュートがネットに突き刺さり、ビハインドを1点に縮めた。 ▽勢い付く新潟は66分にもチャンスを作り出す。ホニが左サイドから個人技で中央へボールを運び、ボックス手前からGKを強襲する。しかしこれは弾かれ、同点弾とはいかなかった。 ▽徐々に押し込まれる大宮だが、71分には再び怖さを見せ付ける。新潟陣内中央でボールを持った茨田が、裏に抜け出した岩上へループパスを送る。ボックス内右から放たれたシュートはネットへ吸い込まれたが、これはオフサイドの判定を受ける。新潟の巧みなラインコントロールを前に、3得点目とはならなかった。 ▽守備に人数をかける大宮に対して攻めあぐねる新潟は、76分に山崎を下げて鈴木を投入する。すると78分、鈴木が早速見せ場を作る。DFからのフィードに抜け出した鈴木が、ボックス内左でボールを収める。そのままコントロールしたキックで得点を狙うが、枠を外れた。 ▽試合はそのまま大宮が逃げ切り、貴重な勝ち点3を獲得した。大宮(勝ち点11)は残留を争う新潟(勝ち点8)を直接突き放すことに成功し、監督交代後の公式戦全3試合で2勝1分と、チームの好調を印象付けた。対する新潟(勝ち点8)は最下位を脱することができず。泥沼の5連敗となった。 2017.06.17 21:41 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮vs鳥栖は両者譲らずドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節の大宮アルディージャvsサガン鳥栖がNACK5スタジアム大宮で4日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽ここまで2勝1分け10敗で最下位に沈む大宮と、同5勝3分け5敗で10位の鳥栖が相まみえた。大宮は2-4で敗れた前節の柏レイソル戦から先発7選手を変更し、江坂、清水、横谷、茨田、長谷川アーリアジャスールらを起用。対する鳥栖は、1-0で勝利した前節のコンサドーレ札幌戦と同様のイレブンを並べた。 ▽試合は、17分に鳥栖がセットプレーから動かす。左サイドの深い位置でFKを獲得すると、キッカーの原川が中央にクロスを入れる。これに正面で合わせた趙東建がヘディングシュートでネットを揺らし、鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽ハーフタイムにかけては大宮が盛り返す。アディショナルタイムには、先制点のチャンス。左サイドの和田が茨田のパスを受けて、早いタイミングでクロスを入れる。ゴール前でフリーになっていた横谷がヘディングシュートを枠内に飛ばしたが、これはGKの正面突く。 ▽迎えた後半、ビハインドを背負う大宮は57分にチャンス。ハーフウェーライン付近でボールを受けた横谷が鋭い縦突破からスルーパス。これで抜け出した清水が、飛び出してきたGKをかわしてボックス右奥でシュートを放つ。しかし、角度がなくなったため、枠を捉えることができない。 ▽直後に奥井を下げてマテウスを投入した大宮は、ここから攻勢を強める。すると、72分に同点に追いつく。左サイドから岩上が入れたクロスをニアの清水が後方にフリック。正面に流れたボールを江坂がヘディングでゴールに押し込み、大宮が1-1のタイスコアに戻した。 ▽終盤は、ホームの大宮が観客の声援を背に相手を押し込み、勝ち越し弾を狙う。しかし、スコアはそのまま動くことなく試合終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.06.04 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和が大宮との“さいたまダービー”で違反行為のサポーター5名に処分…再犯者1名は無期限入場禁止に

▽浦和レッズは2日、4月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の大宮アルディージャとの“さいたまダービー”で試合運営を妨げる違反行為を行った浦和サポーター5名への処分を発表した。 ▽違反行為が起きたのは開門直後、数人の浦和サポーターが緩衝地帯の柵に向かって跳び蹴りしたことで柵の一部が破損。さらに、チケット不所持による不正入場行為や、スタジアム外で爆竹を投げた一部浦和サポーターもいたとのことだ。 ▽浦和はこの違反行為を行った5名のサポーターを特定。過去にも違反行為を起こしていた2名に対し、ピッチへフラッグを投げ込んだ1名は無期限の入場禁止、緩衝帯フェンスを蹴った1名は今シーズン浦和が出場する全試合への入場禁止処分が下された。 ▽また、過去に違反行為を行っていない3名に関し、1名には今シーズンの31試合、2名には今シーズンの26試合に対し、入場禁止処分を下している。 ▽浦和は公式サイトで「あらためて、当日ご観戦をされたみなさまをはじめ、運営主管である大宮アルディージャ様や多くの方々にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。試合運営を妨げる違反行為は、決して許されるものではありません。本件を重要な問題として真摯に受け止めて、今まで以上にファン・サポーターのみなさまとコミュニケーションを図りながら、再発防止に取り組んでまいります」と声明を出している。 ・処分対象 1名 ■違反行為 緩衝帯フェンスのメッシュのカバーをはがす行為。 ピッチへのフラッグの投げ込み。 ※過去に違反行為あり。 ■処分(罰則) 2017年5月4日(木・祝)J1リーグ第10節鹿島アントラーズ戦より、浦和レッズが出場する全ての試合における無期限の入場を禁止。 ・処分対象 1名 ■違反行為 緩衝帯フェンスを蹴る行為。 ※過去に違反行為あり。 ■処分(罰則) 2017年5月4日(木・祝)J1リーグ第10節鹿島アントラーズ戦より、浦和レッズが出場する2017シーズンの全ての試合における入場を禁止。 ・処分対象 1名 ■違反行為 緩衝帯のフェンスを蹴る行為。 緩衝帯のメッシュのカバーをはがす行為。 ■処分(罰則) 下記期間に開催される浦和レッズが出場する全ての試合における入場を禁止。※合計31試合 (期間) 2017年5月4日(木・祝)J1リーグ第10節vs鹿島アントラーズ~9月23日(土・祝)J1リーグ第27節vsサガン鳥栖 ・処分対象 2名 ■違反行為 緩衝帯フェンスを蹴る行為。 ■処分(罰則) 下記期間に開催される浦和レッズが出場する全ての試合における入場を禁止。※合計26試合 (期間) 2017年5月4日(木・祝)J1リーグ第10節vs鹿島アントラーズ~9月3日(日)JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦(対戦相手未定) 2017.06.02 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

伊藤新体制の大宮、大前一発退場も競り勝つ! 磐田のPO進出阻む初陣白星《YBCルヴァンカップ》

▽31日にヤマハスタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ2017グループAの最終節、ジュビロ磐田vs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が2-1で勝利した。 ▽勝てばプレーオフ進出が確定する3位の磐田と、すでにグループステージ突破の芽がない5位の大宮が激突した。磐田は荒木と齊藤が今シーズン初先発。伊藤新監督の初陣となる大宮は、長谷川アーリアジャスールをアンカーに置く[4-1-4-1]を用い、大前や江坂ら主力を揃って起用した。 ▽新監督の初陣白星でリーグ戦に弾みをつけたい大宮。開始9分には、ロングボールに反応した大前がディフェンスラインの裏に抜け出して一対一を迎える。しかし、大前の伸ばした足がGK志村の頭に当たってしまい、まさかの一発退場。開始早々に数的不利に陥ってしまう。 ▽数的優位の磐田は、後方でボールを落ち着かせながら攻撃のリズムを構築。しかし、崩し切れずにいると、1人少ない大宮が均衡を破る。39分、味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻した奥井が右足でクロスを供給する。これにゴール正面で反応した江坂が頭でネットを揺らした。 ▽1点リードで試合を折り返した大宮は、迎えた後半も数的不利ということもあり、押し込まれる時間が長く続くが、無理に飛び込まないディフェンスで対応。堅い守りで前がかりになる磐田に決定的なシュートチャンスすら与えない。 ▽攻め手を欠く磐田は、ベンチスタートのアダイウトンを投入。66分には、ゴール前でファジーなロングボールに反応したアダイウトンが相手GKとの競り合いから頭でボールを押し込みにかかるが、当たりが弱く、相手DFに弾き出されてしまう。 ▽それでも、終始攻勢の磐田は77分にチャンス。中村太亮が右サイドの敵陣中央からクロスを送ると、相手DFと激しく競り合うアダイウトンの頭上を越え、ファーサイドの高橋が頭で合わせる。これがゴール右に決まり、磐田がようやく同点に追いついた。 ▽ところが、大宮が後半アディショナルタイム1分に逆転。カウンターに持ち込むと、途中出場の清水が左サイドからグラウンダーのクロスを送る。これに反応した岩上がファーサイドから中に飛び込み、ワンタッチでボールを押し込んだ。 ▽結局、数的不利の逆境をはねのけた大宮は磐田に競り勝ち、伊藤新体制の初陣を白星。敗れた磐田はプレーオフ進出を逃し、グループステージ敗退が決定した。 2017.05.31 21:00 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング