大宮アルディージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 大宮 0 0 0 4 1 7 -6 4

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
大宮 vs 鹿島
2017-04-08
15:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
大宮 vs 神戸
2017-04-12
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第2節
大宮 vs
2017-04-16
13:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
清水 vs 大宮
2017-04-21
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
G大阪 vs 大宮

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
14:00
明治安田生命J1リーグ
第4節
甲府 1 - 0 大宮
2017.03.11
15:00
明治安田生命J1リーグ
第3節
大宮 1 - 2 磐田
2017.03.04
15:00
明治安田生命J1リーグ
第2節
FC東京 2 - 0 大宮
2017.02.25
16:00
明治安田生命J1リーグ
第1節
大宮 0 - 2 川崎F

基本データ

正式名称:大宮アルディージャ

原語表記:OMIYA Ardija

ホームタウン:さいたま市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

甲府がウイルソンのPK弾で昨年8月以来のホーム白星で今季初勝利…大宮は見せ場なく泥沼の4連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが17日に山梨中銀スタジアムで行われ、甲府が1-0で勝利した。 ▽開幕から3試合を終えて勝利がない両チーム。甲府は2年ぶりの復帰となったDF阿部翔平を左ウイングバックでいきなり起用した。また、GK河田晃兵、GK岡西宏祐が負傷したため控えGKが居ない状態となった。一方の大宮はDF菊地光将が体調不良のために欠場となり、DF山越康平が今季初先発。また、FW大前元紀が開幕戦以来の出場、FWドラガン・ムルジャが今季初先発となった。 ▽最初のシュートは甲府。2分、小椋が競り合いのこぼれ球をミドルシュート。DFの間を抜けるもGK加藤が落ち着いてセーブする。大宮は13分、大前からのパスが裏に抜けると、ボックス内で江坂がシュート。しかし、これはDFのブロックに遭いGK岡が難なくキャッチする。 ▽35分、前線に抜け出したムルジャがキープから落とすと横谷が粘り、最後は大前がシュート。これがネットを揺らすも、ムルジャがオフサイドの判定となり、ゴールは認められない。 ▽45分、相手陣内で新井がボールを奪うと、こぼれ球を受けた堀米がボックス手前から左足シュート。しかし、これはわずかに枠を越えていく。 ▽このシュートをきっかけに前半アディショナルタイムはオープンな展開に。大宮は46分に茨田が遠目からミドルシュート。強烈なシュートがゴールを襲うが、GK岡が処理する。47分には右サイドの堀米からグラウンダーのクロス。これにウイルソンが合わせるも、力なくGK加藤がキャッチ。直後には大山の浮き球のパスを裏に抜けて受けたムルジャがボックス内からシュート。しかし、これも枠を捉えられない。 ▽両チーム交代なしでむかえた後半は甲府が最初にシュートチャンス。48分、堀米のクロスのこぼれ球を阿部がシュートも、枠を捉えられない。58分、大前が裏に走りだしたムルジャにパス。パスを受けたムルジャはボックス内左から右足でシュートを狙うも、枠を大きく外してしまう。 ▽甲府は61分にビッグチャンス。ボックス手前中央でフリーになったウイルソンにパスが通ると、ウイルソンがそのままシュート。しかし、GK加藤が落ち着いてセーブする。 ▽互いに攻めあぐねる中迎えた69分、ムルジャが競り合いの際にウイルソンを倒して甲府がPKを獲得。これをウイルソンが蹴ると、GK加藤に触られるもしっかりと決め、甲府が先制する。 ▽86分、清水がボックス内に仕掛けて侵入すると横パス。これがネイツ・ペチュニクに渡るもシュートを打てず、GK岡がボールを抑える。その後は甲府が主導権を握り、大宮にチャンスを与えず。そのまま試合は終了し、甲府が今季初勝利。ホーム・山梨中銀スタジアムでは昨年8月13日のアルビレックス新潟戦以来のリーグ戦勝利となった。 2017.03.18 16:07 Sat
twitterfacebook
thumb

中村俊輔が直接FK弾! 大宮を下した磐田が今季初勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第3節の大宮アルディージャvsジュビロ磐田が11日にNACK5スタジアム大宮で行われ、1-2で磐田が勝利した。 ▽連敗スタートとなった大宮と、1分け1敗の磐田が初勝利を目指して相まみえた。大宮はネイツ・ペチュニクと江坂の2トップに中盤はマテウス、大山、茨田、横谷を起用した。対する磐田は、川又を1トップに据え、中盤2列目に右から太田、中村、アダイウトンと並べた。 ▽立ち上がりから圧力をかけた磐田は、5分に好機を得る。ペナルティアーク付近でムサエフが倒されて、FKのチャンス。この場面でキッカーを務めた中村が、ファーサイドに直接FKをねじ込み、磐田が先行する。 ▽今季チーム初ゴールを中村の見事の一撃で手にした磐田は、10分に決定機を演出する。中村のスルーパスを受けた太田がボックス右の手前から右足を一閃。しかし、これはバーに弾かれ、2点目とはならない。 ▽得点後はやや盛り返された磐田だが、22分には再び中村がチャンスを演出。左サイドから中村が入れた鋭いクロスボールに正面のアダイウトンが合わせる。これが枠を捉えたが、GK加藤のファインセーブに阻まれる。 ▽ハーフタイムにかけては大宮が反撃に出たが、同点弾を奪うには至らず、磐田リードのまま前半が終了する。 ▽迎えた後半、早い時間帯にスコアを動かしたのは磐田だった。47分、ロングボールを大宮DF菊地が処理しきれずにいると、プレッシャーをかけた川又がボールを奪取。DFに囲まれながらも振り切ると、ゴール正面から冷静にゴールを割った。 ▽まず1点を返したい大宮は、茨田、マテウスと下げていき、ムルジャ、清水を送り出す。すると、73分に反撃の狼煙をあげる。右サイド深くから横谷が入れたクロスに正面の清水がヘッド。強烈なヘディングシュートがGKカミンスキーの手を弾き、ネットに収まった。 ▽勢いに乗る大宮は続く88分、ボックス左からカットインした清水がファーサイドに巻いたシュートを放つ。際どいコースに飛んだが、これはGKカミンスキーのビッグセーブに阻まれて同点弾とはならない。 ▽結局、試合はそのまま終了。中村と川又のゴールで大宮を退けた磐田が今季リーグ戦初白星を手にした。一方の大宮は厳しい3連敗スタートとなっている。 2017.03.11 17:03 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮DF和田拓也が一般女性と入籍「これまで以上に責任と自覚を持って」

▽大宮アルディージャは5日、DF和田拓也が一般女性と入籍したことを発表した。 ▽東京ヴェルディの下部組織出身の和田は、2013年にベガルタ仙台へと移籍すると、シーズン途中に大宮へ加入していた。和田はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、一般女性と結婚いたしました。これまで以上に責任と自覚を持って頑張っていきたいと思います」 ▽左サイドバックを主戦場としてプレーする和田だが、昨年9月に右足リスフランじん帯損傷で3カ月離脱。今シーズンはトレーニングなどに復帰するも、ここまで公式戦の出場はない。 2017.03.05 13:58 Sun
twitterfacebook
thumb

森重&中島弾で大宮撃破のFC東京が開幕2連勝! 5連勝中の味スタで敗れた大宮は連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第2節のFC東京vs大宮アルディージャが4日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が2-0で勝利した。 ▽昨シーズンの王者鹿島アントラーズとの開幕戦を勝利で飾ったFC東京と、川崎フロンターレ相手に競り負けて黒星スタートとなった大宮が対峙した一戦。篠田監督は味の素スタジアムでの直近5戦で5敗と苦手とする大宮戦に向けて、前節と同じ先発を起用。一方、好相性の敵地で今季初勝利を目指す大宮は、体調不良の大前がベンチからも外れ、江坂の相棒にはネイツ・ペチュニクが入ったものの、それ以外は開幕戦と同じメンバーが揃った。 ▽互いに攻守の切り替えを意識した緊迫感のある攻防が続く。12分には快足を飛ばして相手陣内を独走した永井がボックス左からシュートを放つが、相手GK塩田に阻まれる。その後も大久保のポストプレーを起点に再三永井が裏に抜け出す場面を作るFC東京だが、最後の場面でうまくいかない。 ▽一方、粘り強い守備からカウンターでゴールを目指す大宮は、30分に決定機。ペナルティアーク付近で得たFKの場面で大山が直接狙うが、このシュートはわずかに枠の右に外れてしまった。さらに35分には茨田の右CKにネイツが合わせるが、これは相手DFのブロックに遭う。その後も球際で激しい攻防を見せるも、互いに見せ場を欠いた前半はゴールレスで終了した。 ▽後半も永井のスピードを生かして攻めるFC東京、瀬川の仕掛けから応戦する大宮という構図の下、拮抗した状況が続く。ホームで勝ち切りたいFC東京は54分、河野を下げて前節決勝点に絡んだ中島を投入した。 ▽試合の均衡が破れたのは66分。左サイドからドリブルでボックス手前左に持ち込んだ東が中央の森重に横パス。これを受けた森重が強烈なミドルシュートを放つと、GK塩田の腕を弾いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制点を奪われた大宮は、失点直後に長谷川アーリアジャスール、大山を続けて下げて横谷、マテウスを投入。さらに、76分には瀬川に代えてドラガン・ムルジャを投入すると、77分に決定機。横谷の右CKをゴール前で競り勝ったムルジャが頭で合わせる。だが、枠を捉えたシュートはGK林のビッグセーブに阻まれた。 ▽試合終盤にかけては猛攻を仕掛ける大宮に対して、前田、徳永とベテランをピッチに送り出したFC東京が逃げ切りを図る。幾度となくロングカウンターで追加点に迫る。すると試合終了間際の91分、ボックス左で中島の折り返しを受けた大久保が胸トラップから意表を突いたループシュートを放つ。これはGK塩田に弾き出されるも、こぼれ球を中島が押し込み、試合を決定付ける2点目を奪った。 ▽ホームで5連敗中の大宮相手に完勝のFC東京が、開幕2連勝を達成。一方、得意の味の素スタジアムで敗れた大宮は、2試合連続無得点での開幕2連敗となった。 2017.03.04 17:17 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮DF高山和真が一般女性と入籍…4月には第一子が誕生

▽大宮アルディージャは1日、DF高山和真(20)が一般女性と入籍したことを発表した。なお、お相手は妊娠しており、4月に第一子誕生予定とのことだ。 ▽高山は大宮ジュニアユースからユースへと昇格し、2015年にトップチームに昇格。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、ルヴァンカップで4試合に出場していた。高山はクラブを通じてコメントしている。 「守るべきものが増え、責任感が増しています。サッカー選手としてはもちろん、夫としても、父親としても成長していけるように頑張りますので、温かく見守っていただければ幸いです」 2017.03.01 17:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング