大宮アルディージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 大宮 15 4 3 11 16 32 -16 18

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-29
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
神戸 vs 大宮
2017-08-05
19:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
浦和 vs 大宮
2017-08-09
19:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
大宮 vs FC東京
2017-08-13
19:00
明治安田生命J1リーグ
第22節
大宮 vs 新潟
2017-08-24
明治安田生命J1リーグ
第24節
大宮 vs 広島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.08
19:00
明治安田生命J1リーグ
第18節
大宮 2 - 2 札幌
2017.07.01
19:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
大宮 1 - 2 横浜FM
2017.06.25
18:30
明治安田生命J1リーグ
第16節
広島 0 - 3 大宮
2017.06.17
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
新潟 1 - 2 大宮
2017.06.04
16:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
大宮 1 - 1 鳥栖

基本データ

正式名称:大宮アルディージャ

原語表記:OMIYA Ardija

ホームタウン:さいたま市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

大宮、ポルトガルのモレイレンセからMFカウエ・セシリオを獲得

▽大宮アルディージャは14日、ポルトガルのモレイレンセからブラジル人MFカウエ・セシリオ(28)を獲得したことを発表した。背番号は「37」をつける。 ▽ブラジルのサント・アンドレ出身のカウエは、昨シーズン、ポルトガル1部のモレイレンセに加入。移籍初年度から得意とするディフェンシブMFの位置でレギュラーの座を掴むと、公式戦38試合に出場し、4ゴール1アシストを記録した。カウエはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「大宮アルディージャの一員になれて光栄です。アルディージャのユニフォームを着て、ファン・サポーターの皆さんと一緒に戦うことを楽しみにしています。自分の力を精いっぱい発揮し、チームの順位を上げられるように頑張りたいと思います」 2017.07.14 19:52 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮がハンブルガーSV ⅡからU-23韓国代表DFキム・ドンスを獲得「体を張ってゴールを死守」

▽大宮アルディージャ13日、ハンブルガーSVⅡからU-23韓国代表DFキム・ドンス(22)の加入を発表した。背番号は「35」を付ける。 ▽キム・ドンスは韓国の慶熙大からハンブルガーSVのU-19チームに加入。2014-15シーズンからはハンブルガーSV Ⅱでプレーしていた。ドイツ4部ではセンターバックとして46試合に出場し2ゴールを記録している。また、U-16〜U-23まで世代別の韓国代表を経験している。キム・ドンスはクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャに来られたことに対し、すごく感謝してます。チーム、そしてファン・サポーターの皆さんのために自分を犠牲にし、常にベストを尽くします。僕はDFなので、チームの順位を少しでも上げられるように、体を張ってゴールを死守します。僕にとって日本のJリーグは初めての舞台なので、すごく楽しみですし、しっかり良い準備をしたいと思います」 2017.07.13 18:13 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】積み上げたものが形にならずも新体制で見えた光明《大宮アルディージャ》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回は大宮アルディージャ編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆形なき序盤戦…監督交代でベクトルを変え上向きに</span> 勝ち点14/4勝2分け11敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/omiya_senseki_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズン、クラブ史上最高の5位という好成績でJ1復帰シーズンを終えた大宮。攻撃の軸であったMF家長昭博(川崎フロンターレ)、MF泉澤仁(ガンバ大阪)がチームを去った穴は大きかった。戦力的だけでなく戦術的な穴が大きく、新加入選手をハメた戦いが機能せず、能力を発揮させることができなかった。これまでどおり守備をベースに戦うも、失点を減らすことができず、1得点10失点で開幕6連敗と最悪のスタートを切った。 ▽第9節の浦和レッズとの“さいたまダービー”でシーズン初勝利を飾るも、その後が続かず第13節の柏レイソル戦終了後に渋谷洋樹監督、黒崎久志ヘッドコーチを解任。伊藤彰コーチが新監督に昇格したことでシステムのベースを[4-1-4-1]に変更。これが奏功し、残留を争う直接のライバルであるアルビレックス新潟(1-2)、サンフレッチェ広島(0-3)と連勝。望みを繋いで前半戦を終えることとなった。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707omiya_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】10点/100点満点 ▽17試合で30失点。昨シーズンの年間36失点を考えれば最悪の出来だ。守備陣の陣容が大きく変わらない中、キャプテンであるDF菊地光将の負傷離脱は誤算だったが、攻守にわたって単純なミスが多く、失点をすると立て続けに繰り返してしまう悪癖を繰り返した。守備をベースにチーム作りをしていただけに、評価はできない。 【MF】40/100点満点 ▽序盤戦は試合ごとに組み合わせが変わる中、新加入組ではMF茨田陽生が15試合に出場。メンバーを固定しなかったことが、不安定さを生んだ要因の1つとも言える。伊藤監督就任後は、アンカーにMF大山啓輔、インサイドハーフにMF横谷繁、茨田、右サイドにMF岩上祐三、左サイドにFW大前元紀と固定。連係も上がり、監督の描くサッカーを体現しはじめている。 【FW】30/100点満点 ▽昨シーズン加入したME江坂任がチーム唯一の全試合出場とフル稼働。シーズン序盤はなかなか得点を挙げられなかったが、役割が明確になった第14節から3試合連続得点を記録し、前半戦で5得点をマークした。また、今シーズン無得点のFWドラガン・ムルジャが湘南ベルマーレに移籍。済州ユナイテッドFCからブラジル人FWマルセロ・トスカーノを獲得し、競争を生み出しながら得点力向上を目指し、後半戦の巻き返しを狙う。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> MF江坂任(25歳/No.7)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707omiya_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/5ゴール ▽名実ともに大宮のエースになりつつある江坂を選出。昨シーズンに続き、トップ、右サイド、左サイドと複数ポジションを試合中にこなす中、ゲームメイクに終始していた序盤戦から一転、システム変更により1トップに固定され、本来の得点能力が復活。伊藤新体制ではチームの連勝に大きく貢献した。後半戦はよりマークが厳しくなることが予想されるが、ゴール、ゲームの組み立てに加わりならがらも2ケタ得点を記録できれば、チームのJ1残留は果たされるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> GK塩田仁史(36歳/No.21) 明治安田生命J1リーグ:9試合(先発8回)/20失点 ▽失点はGKだけの責任とは言えないものの、9試合で20失点は多すぎた。昨シーズンはGK加藤順大とポジションを争いながら15試合に出場。今シーズンは開幕スタメンを勝ち取るも、判断ミスや処理ミスなど、ベテランらしからぬプレーが散見。防げる失点を与え、戦況を悪化させた試合も多く、勝ち点を取りこぼした印象が強い。監督交代後は3番手に降格し、厳しいシーズンとなった。 <span style="font-weight:700;">◆変幻自在のシステムでJ1残留へ</span> ▽1ケタ順位を目標に掲げてスタートしたシーズンと考えれば、期待を大きく裏切っている現状といえる。しかし、伊藤新監督の下、チームが見せるサッカーは変貌。特に攻撃面での可能性が以前より増し、試合の主導権を握る時間帯が増えている。 ▽課題はプレー精度と連携、そしてフィニッシュまでの道筋を確立させること。攻撃サッカーを標榜する伊藤監督の下、約1カ月のリーグ戦中断期間でどこまで細部を詰められるかで、J1残留だけでなく、より上の順位でフィニッシュすることが見えてくるだろう。伊藤監督が描くゲームビジョンが間違わなければ、結果は自ずとついてくるはずだ。 2017.07.12 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮、ブラジル人MFを獲得か…ポルトガル1部クラブでプレーする守備的MF

▽大宮アルディージャに今夏2人目となる新助っ人加入の可能性が浮上した。ポルトガル『レコルド』が報じた。 ▽大宮入りが取り沙汰されるのは、ポルトガル1部に属するモレイレンセのブラジル人MFカウエ(28)。先日、ポルトガルの一部メディアにより、日本のクラブとの契約合意が報じられた選手だ。 ▽『レコルド』によれば、モレイレンセはこのたび、新戦力を獲得。その背景もあり、モレイレンセはカウエを手放すことを決めたとみられる。 ▽伝えたところによると、大宮は既にカウエ獲得でモレイレンセと合意。移籍金は50万ユーロ(約6940万円)程度とみられ、明日にも正式契約に至る見通しだという。 ▽カウエは、身長186cmの守備的MF。昨夏からモレイレンセでプレーし、ポルトガルリーグ33試合2得点1アシストをマークした。 ▽大宮は現在、明治安田生命J1リーグ第18節終了時点で降格圏内の16位に位置。今夏、カウエが加入となれば、FWマルセロ・トスカーノに続く2人目の新戦力となる。 [写真はFCヴァスルイ(ルーマニア)時代のカウエ。ヨーロッパリーグにも出場経験がある] 2017.07.09 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

福森の芸術的直接FK2発で札幌が劇的ドロー!! 大宮はホームで後半終了間際に手痛い2失点《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、大宮アルディージャvsコンサドーレ札幌が8日にNACK5スタジアム大宮で行われ、2-2のドローに終わった。 ▽4勝2分11敗で降格圏に沈む16位の大宮(勝ち点14)が、4勝3分10敗で15位の札幌(勝ち点15)をホームに迎えた。前節、横浜F・マリノス戦に1-2で敗れた大宮は、先発を2名変更。高山、奥井を外して菊地、渡部をスタメン起用し、最終ラインに修正を加えて大一番に挑んだ。 ▽対する札幌は前節、1-0で勝利した清水エスパルス戦で警告を受けたFW都倉が累積警告により出場停止に。さらに、ここまでチーム最多の5得点を記録しているエースの欠場に加え、大宮からレンタルで加入している今季公式戦19試合出場のDF横山も契約の関係上起用できず。攻守の要を欠いての一戦に向けては、その横山を河合に、都倉を早坂に変更して臨んだ。 ▽試合序盤はボールを支配する大宮に対し、札幌がカウンターを狙うという構図が続く。左サイドの大前を起点に攻めを構築する大宮だが、思うように決定機は作れず。22分、ヘイスが菅とのワンツーで大宮DFをかわし、ボックス手前左でボールを受けると強烈なミドルシュートを放つ。ボールは枠を捉えたが、飛びついたGKが弾き得点は阻まれた。 ▽膠着状態のまま折り返し迎えた試合は、後半開始早々に大きく動く。47分、大宮が右サイドで深いところでスローインを獲得。名手・岩上がボックス内へロングスローを放り込むと、横谷が頭でフリックし、駆け込んだ江坂がダイレクトシュートの体勢へ。シュート直前でDFにクリアされたが、こぼれ球に大前がボレーで合わせ、自身のJ1通算50得点となる先制点を決めた。 ▽さらに、直後の49分にも大宮が得点し札幌を突き放す。GK松井の後方からのフィードが最前線の江坂へ供給されると、これを右サイドへと落とす。右サイドからのクロスに大前が足で合わせるが、GKがしっかりと反応しボールを弾く。こぼれたボールが走り込んでいた江坂の元へ転がると、エースがきっちりと仕事を果たし追加点となるシュートを蹴り込んだ。 ▽大宮優位に進んでいた試合は、終盤に再び大きな動きを見せる。81分、札幌がボックス手前中央でFKを得ると、福森がキッカーを務める。左足で低いシュートを巻いて放つと、壁がブラインドとなりGKの反応が遅れる。そして、ゴール左下隅の絶妙なコースへ蹴り込まれたシュートは左ポストへ当たりゴールの内側へ吸い込まれた。 ▽さらに、後半アディショナルタイムに劇的な同点弾が生まれる。96分、札幌がボックス手前左でFKを獲得すると、キッカーは再び福森。左足から放たれたシュートは美しい放物線を描くと、GKの手をすり抜け、再びゴールネットを揺らした。 ▽試合はこのまま終了。16位大宮と15位札幌の直接対決はドローに終わり、順位は動かず。リーグ中断前の一戦は、共に残留争いから抜け出せない痛み分けとなった。 2017.07.08 23:06 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング