大宮アルディージャ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 大宮 1 0 1 7 2 17 -15 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
大宮 vs 浦和
2017-05-03
15:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
大宮 vs 仙台
2017-05-06
13:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
札幌 vs 大宮
2017-05-10
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
FC東京 vs 大宮
2017-05-14
17:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
大宮 vs 仙台

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.26
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
札幌 1 - 1 大宮
2017.04.21
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
G大阪 6 - 0 大宮
2017.04.16
13:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
清水 1 - 1 大宮
2017.04.12
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第2節
大宮 0 - 0
2017.04.08
15:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
大宮 0 - 2 神戸

基本データ

正式名称:大宮アルディージャ

原語表記:OMIYA Ardija

ホームタウン:さいたま市

チームカラー:オレンジ

関連ニュース

thumb

札幌が小野のゴールで先制も、大宮が瀬川の豪快ミドルで追いつきドロー《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節の北海道コンサドーレ札幌vs大宮アルディージャが札幌ドームで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽ルヴァンカップでは2連勝を記録しグループ首位に立つ札幌と、リーグ戦、ルヴァンカップを通じて今シーズンの公式戦未勝利の大宮の一戦。札幌は小野が今シーズン初先発。大宮はGK松井が今季初出場となり、ルーキーのDF河面がデビューを果たした。 ▽試合は立ち上がりから札幌ペース。両サイドを起点として攻め込む展開が続くと16分、一本のパスから得点を奪う。GK金山のフィードを左サイドで受けた田中が、ドリブルで持ち込みクロス。これをファーサイドで上原が折り返すと、後ろから走り込んだ小野が蹴り込み、ホームの札幌が先制する。 ▽先制した札幌は小野がボールを落ち着かせ、これまで以上に両サイドから攻勢をかけて大宮ゴールに迫る。対する大宮は、なんとか反撃に出ようとショートパスを繋いで攻め手を見出そうとするも、選手間の距離が悪く、パスの精度を欠いてボールを運べない。 ▽43分、右サイドに展開した大宮は奥井が高い位置でドリブルを仕掛けると、中央へ切れ込みボックス手前から左足シュート。しかし、これは力なくGK金山がセーブする。 ▽札幌が1点リードで迎えた後半、リードする札幌が河合に代えて福森、田中に代えて菅を投入。一方の大宮は同じメンバーで後半に臨んだ。 ▽なんとかゴールを奪いたい大宮は51分、左サイドからの河面のクロスがクリアされると、大山がダイレクトシュート。このこぼれ球をボックス手前で金澤がシュートも大きく枠を外す。 ▽55分、金澤がボックス手前でDFをかわしミドルシュートを狙うもGK金山が落ち着いてセーブ。直後にはスルーパスに江坂が抜け出すも、GK金山が素早い飛び出しで未然に防ぐ。 ▽徐々にエンジンがかかり始めた大宮は67分、左サイドから河面が上げたアーリークロスを長谷川がボックス中央でヘッド。しかし、これは枠を外れていく。 ▽その後も攻め込む大宮は、80分にボックス手前やや離れた位置でFKを獲得。これを横谷が直接狙うも、シュートは右に外れる。それでも攻め手を緩めない大宮は85分、左サイドでボールを持った途中出場の瀬川が、カットインから右足一閃。これがGK金山の手を弾きながらもネットに突き刺さり、大宮が終盤に追いつく。 ▽追いつかれた札幌は勝ち越すべく攻勢をかけるも、集中した大宮守備陣の前に得点を奪えない。対する大宮も途中出場の播戸などを使って攻め込むが、逆転ゴールは奪えず。そのまま試合は終了し1-1の引き分けに終わった。 2017.04.26 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安のJ1初ゴールを含む2得点&泉澤の古巣弾などG大阪が6発圧勝! 大宮は為す術なく8戦未勝利でダービーへ《J1》

▽21日、明治安田生命J1リーグ第8節のガンバ大阪vs大宮アルディージャが市立吹田サッカースタジアムで行われ、6-0でG大阪が圧勝した。 ▽16日に行われた“大阪ダービー”で政治的思想を連想させるフラッグの掲出があり、今節から一切の掲出物が禁止されたG大阪。悪いニュースが流れる中、長谷川健太監督はシステムを[3-5-2]から[4-4-2]に変更。ファビオ、初瀬、遠藤、長沢の4名に変えて、オ・ジェソク、藤本、泉澤、堂安を先発起用した。 ▽一方の大宮は前節の清水エスパルス戦で1-1と引き分け連敗をストップ。今シーズン初勝利を目指して臨む一戦は、GK加藤、横谷、ムルジャに変えてGK塩田、岩上、そして黒川を初先発させる。 ▽開始30秒、G大阪がいきなり決定機を迎える。河本のクリアボールを岩上が胸でDFに戻そうとするも、これを堂安がカットしそのままシュート。しかし、シュートは大きく枠を外す。 ▽対する大宮は11分、左サイドでパスを受けた黒川が中央へ切れ込みながらミドルシュート。しかし、シュートは枠を大きく外してしまう。 ▽オープンな展開になりかけた16分、G大阪が一瞬の隙を突いてゴールを奪う。左サイドでボールを持った泉澤が井手口にパス。ボックス手前パスを受けた井手口が右足を振り抜くと、これが左隅に突き刺さりG大阪が先制する。 ▽惜しくもJ1通算2万ゴールを逃した形となったが、その後もG大阪が鋭い出足とプレスで大宮の攻撃を寸断。ショートカウンターや細かいパス交換で大宮ゴールに攻める。すると41分、右サイドでボールを持った藤本が中央へ運びながらボックス手前でパス。ボックス内でフリーでパスを受けた泉澤が右足を振り抜くと、これがネットを揺らし、古巣相手に移籍後初ゴールを決めてリードを2点とする。 ▽ほとんどチャンスを作れなかった大宮は45分に渡部のクロスからチャンスを作るが、GK東口が落ち着いて対応。G大阪が2点リードで前半を終える。 ▽後半に入ると、大宮は2選手を変更。初先発の黒川に代えて大山、茨田に代えて横谷をピッチに送り出し、流れを変えに行く。すると53分、左サイドからのパスを受けた岩上がするすると抜け出てボックス内に侵入。シュートを狙うも、身体を入れた三浦を倒してしまい決定機を逸する。 ▽すると直後の54分、ボックス手前でパスを受けた藤本が左足シュート。これがゴール右を突くもGK塩田がセーブ。しかし、倉田がしっかりと詰めて、G大阪が3点目を奪う。さらに62分には持ち上がった倉田が堂安へパス。堂安はボックス手前から左足で狙うと、河本の股間を抜けたシュートがゴール右隅へ。GK塩田は反応できず、G大阪がリードを4点に広げる。 ▽G大阪は攻撃の手を緩めることなく大宮を押し込むと、65分には左CKを獲得すると、クリアボールを拾った井手口が再びクロス。これをファーサイドで三浦が豪快にヘッドで合わせ、5点目を奪う。 ▽大宮は72分に渡部のクロスに江坂がヘッドで合わせるもゴールならず。75分には、清水のスルーパスに反応した大前がシュートも、力なくGK東口にセーブされる。すると77分、GK東口が前線にボールを送ると、和田のトラップミスを狙っていた堂安がボールを奪い、ボックス手前から左足一閃。これが決まり、G大阪が6点目を奪う。 ▽その後も大宮の攻撃はパスがズレるなどミスが目立ち効果を発揮せず。G大阪は前掛かりになった大宮守備陣の裏をつくカウンターで攻め込む展開が続き試合終了。G大阪が6得点を奪って大宮を圧倒し6-0で勝利。大宮はゴールが遠く、無得点で今シーズン7敗目を喫した。 2017.04.21 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が下部組織出身のDF高山和真とプロA契約締結

▽大宮アルディージャは19日、DF高山和真(20)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽ジュニアユース、ユースと大宮で育った高山は2015年にトップチーム昇格。1年目に天皇杯でデビューを果たすと、昨シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場していた。 ▽高山は12日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節の柏レイソル戦に先発フル出場。450分の出場時間を達成し、プロA契約締結条件を満たした。高山はクラブを通じてコメントしている。 「時間は掛かりましたが、プロA契約を結ぶことができました。より一層、気を引き締めて、自分の目標に向かってトレーニングしていきます。変わらぬご声援をよろしくお願いします」 ▽今年に入り高山は入籍、第一子誕生とめでたいニュースが続き、自身もプロA契約とまたしてもめでたいニュースとなった。 2017.04.19 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮FWネイツ・ペチュニクが右腸腰筋肉離れで全治4週間

▽大宮アルディージャは18日、FWネイツ・ペチュニクが右腸腰筋肉離れと診断されたことを発表した。全治は4週間だ。 ▽ネイツ・ペチュニクは、12日に行われたYBCルヴァンカップ2017・グループA第2節の柏レイソル戦(0-0でドロー)で先発するも、73分に足を痛めて交代を要求。75分に負傷交代していた。 ▽今シーズンにジェフユナイテッド千葉から大宮に加入したネイツ・ペチュニクは、明治安田生命J1リーグで第7節を終えて、4試合に出場していた。 2017.04.18 16:19 Tue
twitterfacebook
thumb

大前凱旋試合は、新10番・白崎のゴールで清水が大宮に追いつきドロー決着!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節の清水エスパルスvs大宮アルディージャがIAIスタジアム日本平で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、柏レイソルに2-0で勝利し連敗を2で止めた9位の清水(勝ち点9)が、開幕から6連敗中の最下位・大宮をホームに迎えた一戦となった。初勝利を目指す大宮はFW大前が4試合連続スタメン出場となり、古巣との一戦を迎えている。ホームの清水は[4-4-2]のフォーメーションを採用し、大宮も[4-4-2]を用いて大前はムルジャとの2トップを形成した。 ▽晴天の中で開始された一戦は、清水がポゼッションを握りサイドを使いながら大宮のブロックを揺さぶっていく。自陣でブロックを敷く大宮も、ボールを奪えば縦に早い展開へと持ち込む。すると3分、右サイドを突破した江坂がカットインしてシュートに持ち込むが、ここはGK六反がセーブして得点とはならなかった。しかし5分、右サイドの渡部がラインぎりぎりで上げたクロスを、ニアサイドの江坂が頭で合わせて大宮が先制に成功した。 ▽追いかける展開となった清水は11分、右CKのチャンスでアウトスイングのボールが入ると、ゴール前にこぼれるが誰も押し込めず。その後もサイドに起点を作りながら、前線の鄭大世を狙っていった。迎えた21分には左サイドからのアーリークロスに鄭大世が合わせてネットを揺らす。しかし鄭大世のポジションはオフサイドであり得点は認められなかった。 ▽なおも攻勢を続ける清水は、27分にボックス内の白崎がシュートチャンスを迎えるも、相手DFに当ててしまいGKが難なくキャッチ。31分には村田のクロスに白崎が頭で合わせにかかったが、ミートできず同点ゴールとはならない。一方の大宮は押し込まれる時間帯が続くも、39分に左サイドの清水が右足で入れたインスイングのボールを、相手DFが触る前に受けた江坂が直ぐさまシュートを放つ。しかしGK六反の好セーブでネットを揺らせず。前半は大宮の1点リードで終えた。 ▽両チーム共に交代なしで迎えた後半、前半同様に清水が押し込む展開と中で50分に左サイドの松原が入れた横パスを、中央の白崎がダイレクトで狙う。右足で放ったシュートだったが、曲がりきらずにファーポストを越えていってしまった。57分には左サイドからドリブルでボックス内に侵入した松原が、左足で狙うがここはポストを叩いてしまう。さらに64分にはボックス手前右で得たFKを、途中出場のチアゴ・アウベスが直接狙うがGK加藤がはじき出してここも決まらない。 ▽早く点が欲しい清水は72分に野津田を下げて枝村、81分に鎌田を下げてミチェル・デュークを投入し交代カードを切り終える。大宮も交代カードを使いながら逃げ切りに入る中、迎えた87分に清水はボックス内の白崎が右サイドから入ってきたインスイングの低いクロスにスライディングで合わせる。これがGK加藤の手を弾いてネットに収まり、清水が土壇場で同点に追いついた。 ▽追いついた事で勢いに乗る清水はアディショナルタイム2分に村田のクロスからミチェル・デュークが頭で合わせるが、ここはGK加藤がセーブ。こぼれ球を松原が押し込みにかかるがボールは枠外へ。結局試合はそのまま終了し、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.04.16 15:09 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング