UAE代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 UAE 9 3 0 4 7 10 -3 7

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-13
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第8節
タイ vs UAE
2017-08-31
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第9節
UAE vs サウジアラビア
2017-09-05
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第10節
イラク vs UAE

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.28
18:00
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第7節
オーストラリア 2 - 0 UAE
2017.03.23
24:30
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第6節
UAE 0 - 2 日本
2016.11.15
24:20
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第5節
UAE 2 - 0 イラク
2016.10.11
26:45
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第4節
サウジアラビア 3 - 0 UAE
2016.10.06
25:00
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第3節
UAE 3 - 1 タイ

基本データ

正式名称:UAE代表

原語表記:UNITED ARAB EMIRATES

ホームタウン:アブダビ

チームカラー:白、赤

関連ニュース

thumb

UAE代表のマフディ・アリ監督が辞任を表明…オーストラリア戦後に明かす

▽UAE代表を率いるマフディ・アリ・ハッサン・レダ監督(51)が、オーストラリア代表戦後に辞任を表明したようだ。オーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』が報じた。 ▽UAEは28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節でオーストラリアとアウェイで対戦。2-0で敗れ、W杯出場が厳しい状況となっていた。 ▽試合終了後の記者会見で、マフディ・アリ監督が辞任を表明。23日にホームで日本代表相手に0-2で敗戦したことが、UAEサッカー協会の不満を買っていたようで、この日の敗戦で決断したとのことだ。 「私にとって、代表チームで13年間を過ごし、A代表では5年間を過ごした。我々はチームと多くの実績を積み、とても活躍した。今私は離れるべき時だと考える」 「我々はUAEであり、代表チームに多くの選手を抱えているわけではない。多く言っている訳ではなく、87名だろう」 「我々の今のリーグの状態で大きなチームと戦うことは難しい。私は我々の最善を尽くしたとカンた得ている。自分たちのベストを出すことにトライした。起こってしまったことについて、何も不平は言えない。ただ、今が離れるべき時だ」 「私にとってはとても良くない瞬間だ。私はより良い状態のままで代表チームを去ることができた」 「しかし、これは人生であり、我々はそれを受け入れなければならない。私にとってとても厳しいことだが、持っているものを使ってベストを尽くした。ただ、監督はチームの一部にしか過ぎないと思っている」 「私は自分のベストを尽くした。全てのファン、全てのUAE国民、全ての選手、全てのスタッフに謝罪する。そして、全てに感謝する。でも、私は離れる時だと考えている」 ▽2003年にU-16UAE代表監督に就任すると、U-19やU-20、U-23の代表チーム監督を歴任。2012年からA代表を率いていた。2015年のアジアカップでは、準々決勝で日本を破りベスト4に進出。ロシアW杯アジア最終予選では、初戦の日本代表戦で勝利を収めるなど幸先良いスタートを切ったかに思われたが、オーストラリア、サウジアラビアには敗戦。タイ、イラクには勝利したものの、今月の日本、オーストラリアと連敗を喫していた。 2017.03.28 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

オーストラリアがCKからヘッド2発でUAEを粉砕!《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第7節のオーストラリア代表vsUAE代表が28日に行われ、2-0でオーストラリアが勝利した。 ▽前節のイラク代表戦で1-1のドローに終わり、サウジアラビア代表、日本代表と勝ち点差3に広がったオーストラリアと、前節ホームの日本代表戦で0-2と敗戦したUAEの対戦。オーストラリアは、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクが先発出場した。 ▽オーストラリアは7分、左CKを得るとクロスをアーバインがヘッドで合わせ、幸先良く先制に成功する。UAEは22分、O・アブドゥルラフマンが直接FKを狙うも、GKライアンが横っ飛びでセーブ。オーストラリアは事なきを得る。 ▽1-0でオーストラリアがリードした後半も、オーストラリアが積極的に攻め込む。48分、右CKからのクロスをアーバインがヘッド。最後はジェディナクがファーサイドで合わせるも、これはゴールとはならない。 ▽UAEは56分、M・アブドゥルラフマンがボックス内左からシュートを放つも、再びGKライアンがセーブ。するとオーストラリアは再びCKから得点を奪う。78分、左CKからのクロスをニアサイドに飛び込んだレッキーが豪快ヘッド。これがネットを揺らし、追加点を奪う。 ▽結局そのまま試合は終了し、オーストラリアが2-0で勝利。勝ち点を13に伸ばし、この後試合を行うサウジアラビア、日本と勝ち点で並んだ。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">オーストラリア代表 2</span>-0 UAE代表 【オーストラリア】 アーバイン(前7) レッキー(後33) 2017.03.28 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

【試合後会見】ハリルホジッチ監督「美しい勝利だった」

▽日本代表は23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節のUAE代表戦に臨み、2-0で勝利した。試合後、記者会見に臨んだ日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督のコメント全文は以下の通り。 <B>◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督</B> 「日本代表の非常に美しい勝利だった。しっかりゲームをコントロールして、戦術のアドバイスをしっかりとリスペクトしてくれた。2、3回、危険な場面があったが、日本の方が高いレベルを見せることができた。選手のことを誇りに思うし、祝福したい。良いプレーをしたUAEも祝福したい。彼らにはブラボーと言いたい」 <B>──今野を中盤で使ったが評価は? それからシステムが違っているように見えたが</B> 「今野は素晴らしい試合をした。ここ3試合、ガンバ大阪でどんなプレーをしているか追跡して、そこでアイデアが浮かんだ。ほぼ完ぺきなプレーをして、ボールを奪いながら点も決めてくれた。皆さんにも伝えたが、経験のある選手を信頼したゲームだった。彼はその期待に応えてくれて素晴らしいクオリティーを見せてくれた。今野をボランチより少し前に置いたのはタクティクスだ」 <B>──川島の起用の狙いと評価は? それと試合に出ていない彼を起用するリスクは考えたか</B> 「確かにリスクはあったが、トレーニングをしながら確信が持てた。今日は少し経験が必要なゲームだった。メンタル的に落ち着いた選手が必要だった。今野と同じく、パーフェクトなプレーをしてくれた」 <B>──重要な勝利だったと思うが、5日後のタイ戦も重要になる。タイ戦をどう考えるか</B> 「タイに勝たないと、UAEに勝利した価値がなくなる。選手にもさっき、それを伝えた。ハードワークしながら準備をしなければならない。おろかなことはしてはいけない」 <B>──サウジアラビアと並んで勝ち点13だが、W杯出場の可能性は? またUAEのパフォーマンスについては予想通りだったか</B> 「今のところ1試合1試合に向けて準備をしているだけだ。毎回、勝つための準備をしている。これを続けていけば、W杯の門が開かれるだろうが、今は計算はしていない。試合ごとに勝利するための準備をするだけだ」 「UAEについては、すべてを把握して1カ月かけて準備してきた。そして、我々のチームがどのような戦術を使うのか、すべてを選手に伝えた。1、2回の危険はあったが、選手は我々のアドバイスを実行してくれた。アウェイでしっかりゲームコントロールできたのは、我々にとって重要なポイントだった。日本のパフォーマンスは素晴らしかった」 「ただ、忘れてはならないのは、UAEも素晴らしい選手を何人か抱えているということだ。ディテールはたくさんあった。どのゾーンで、どの瞬間で何をするか。各自、守備で攻撃で何をするか。われわれはトレーニングしてきた戦術すべてをやることができた。しかも、短い時間で完ぺきにこなしてくれた」 <B>──会見場に拍手で迎えられたことをどう感じたか</B> 「これは私だけでなくチーム全体の仕事への見返りだと思う。最終予選の初戦の後はすごく批判されたが(笑)。初めてではないが、皆さんの素晴らしい態度に感謝したい。私も感動した」 2017.03.24 04:38 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:UAE 0-2 日本《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節のUAE代表戦に臨み、2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170324_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 川島永嗣 6.5 最終予選初出場。所属クラブで出場機会がない中、20分の大ピンチを防ぐ DF 19 酒井宏樹 6.0 スルーパスで先制点演出。守備も集中切らさず 22 吉田麻也 6.5 果敢にインターセプトを狙って成功していた。対人で負けず 6 森重真人 5.5 ボールロストから1度ピンチを招くも、それ以外は安定 5 長友佑都 5.5 守備に専念し、自身のサイドをやられることはなかった MF 10 香川真司 5.5 ボールには絡んだが、決定的な仕事は果たせず 16 山口蛍 5.5 守備に気を配ったプレーぶり (→倉田秋 5.5) すんなりと試合に入った 17 今野泰幸 6.5 G大阪での好調を持続したパフォーマンス。追加点を奪った FW 14 久保裕也 7.0 クラブチームでの好調さをそのまま発揮。本田を押しのけてスタメン出場している証明を果たした (→本田圭佑 -) 15 大迫勇也 6.0 前線で身体を張り、可能性のあるシュートも浴びせた (→岡崎慎司 -) 8 原口元気 6.0 守備によく戻っていた 監督 ハリルホジッチ 6.5 采配大的中。川島と今野の起用が当たり、久保の2戦連続スタメン起用もズバリ的中した ▽UAE採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170324_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 カリード・イッサ 5.0 先制点はニアをやられての失点 DF 9 アブドゥラジズ・フッセイン 4.5 2失点目は完全に被った 8 アル・カマリ 5.5 大迫に厳しく当たっていた 6 M・サレム 5.5 大崩れせず耐えた 14 A・サンクール 5.5 後半序盤に2度、攻撃参加を見せた MF 21 O・アブドゥルラフマン 5.0 ポジションを入れ替えながらチャンスメークを図るも本調子ではなかった 13 K・イスマイール 5.0 今野との攻防で劣勢に (→モハメド・アルラキ 5.5) O・アブドゥルラフマンの兄。ボランチでプレーし、ボールを落ち着かせる 11 アハメド・バルマン 5.0 攻守に凡庸だった 15 I・アルハマディ 5.5 サイドから力強い突破を見せる FW 7 マブフート 5.5 スペースへの飛び出しでけん制。20分の決定機は決めたい 10 マタール 5.5 ボールスキルの高さを生かして前線で一定の起点に (→サレム・サレハ ) 監督 マフディ・アリ・ハッサン・レダ 5.0 アタッキングサードでの精度を欠いていた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 久保裕也(日本) ▽文句なしで久保を選出。代表初ゴール含む1ゴール1アシストの活躍でUAEリベンジの立役者となる。 UAE 0-2 日本 【日本】 久保裕也(前13) 今野泰幸(後6) 2017.03.24 02:31 Fri
twitterfacebook
thumb

久保の代表初ゴール含む1G1AでUAEにリベンジ、首位サウジを同勝ち点で追走《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は23日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節のUAE代表戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽約4カ月前に行われた前節サウジアラビア代表戦を2-1と競り勝った2位日本(勝ち点10)は、GKに西川周作ではなく所属クラブで出場機会がなく最終予選初出場となる川島永嗣を抜擢。また、負傷した長谷部誠の代役には2年ぶりの代表復帰となる今野泰幸を起用した。そして、本田圭佑がサウジアラビア戦に続いてベンチスタートとなった一方、香川真司が先発に復帰した。 ▽本予選の初戦で1-2と敗れた4位UAE(勝ち点9)がフラットな[4-4-2]の布陣で構えてきたのに対し、ボールを保持した日本は7分に大迫勇也が際どいミドルシュートを浴びせていく。すると13分、日本が先制する。酒井宏樹のスルーパスに抜け出した久保裕也がボックス右へ侵入。GKのニアサイドを破るシュートを蹴り込んだ。 ▽良いリズムで先制した日本は、20分に大ピンチ。森重真人のボールロストからI・アルハマディにスルーパスを通され、抜け出したマブフートにボックス内へ侵入される。しかし、川島が股間を狙われた一対一のピンチをビッグセーブで阻止した。 ▽ここからUAEの圧力が強まってきた中、28分に久保がボックス右からシュートを放ってけん制。流れを引き渡さずに試合を進めると、45分に原口がミドルシュートを浴びせるも枠を捉えきれず、1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始3分にI・アルハマディの決定的なボレーシュートが空振りに終わって救われた日本は、51分に追加点を奪う。右サイドから久保が送った左足クロスをフッセインが被り、ファーサイドのスペースに走り込んだ今野が胸トラップから確実にシュートを流し込んだ。 ▽このゴールでUAEの士気が落ちると、日本は60分に左サイドの長友の左足クロスに大迫がヘディングシュート。枠の右を捉えたが、GKの好守に阻まれた。その後も主導権を握る日本は香川に代えて倉田秋を投入すると、74分に大迫が枠内シュートを浴びせた。 ▽終盤に向けて、足をつった久保に代えて本田を投入した日本は、相手DFとの接触で左ヒザを痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入。88分にはその岡崎に決定機が訪れるも、ボックス右から放ったシュートは枠の左に外れ、2-0のままタイムアップ。UAEにリベンジを果たして、首位サウジアラビアを同勝ち点で追走している。日本は5日後、最下位のタイ代表とホームで対戦する。 2017.03.24 02:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング