UAE代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 UAE 13 4 1 5 10 13 -3 10

基本データ

正式名称:UAE代表

原語表記:UNITED ARAB EMIRATES

ホームタウン:アブダビ

チームカラー:白、赤

関連ニュース

thumb

東京五輪世代U-21日本代表メンバー発表! MF久保建英、MF三好康児らが招集《ドバイカップU-23》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバー23名を発表した。 ▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピックに参加する世代だ。 ▽今回のメンバーには、17歳のMF久保建英(横浜F・マリノス)やMF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF三好康児(北海道コンサドーレ札幌)らが招集。海外からは、GK山口瑠伊(エストレマドゥーラUD)やMF伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)が招集された。 ▽U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆U-21日本代表メンバー GK 小島亨介(早稲田大) 滝本晴彦(柏レイソル) 山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン) DF 板倉滉(ベガルタ仙台) 大南拓磨(ジュビロ磐田) 立田悠悟(清水エスパルス) 橋岡大樹(浦和レッズ) 小林友希(ヴィッセル神戸U-18) MF 中山雄太(柏レイソル) 三好康児(北海道コンサドーレ札幌) 長沼洋一(FC岐阜) 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ) 藤谷壮(ヴィッセル神戸) 岩崎悠人(京都サンガF.C.) 松本泰志(サンフレッチェ広島) 杉岡大暉(湘南ベルマーレ) 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌) 齊藤未月(湘南ベルマーレ) 伊藤洋輝(ジュビロ磐田) 久保建英(横浜F・マリノス) FW 小川航基(ジュビロ磐田) 上田綺世(法政大) 田川亨介(サガン鳥栖) 2018.11.07 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ザックピンチ! UAE代表の絶対的司令塔オマール・アブドゥルラフマン、重傷でアジア杯欠場へ

▽アル・ヒラルに所属するUAE代表MFオマール・アブドゥルラフマンが重いケガを負ったようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽UAE代表の絶対的司令塔であるO・アブドゥルラフマン。今シーズンからはアル・アインからサウジアラビアのアル・ヒラルにレンタル移籍で加入していた。 ▽今回伝えられるところによると、O・アブドゥルラフマンは21日に行われたアル・シャバブ戦でヒザを重傷。同選手はバルセロナで手術を受ける予定とのこと。また、来年1月に自国で開催されるアジアカップも欠場するようだ。 ▽現在UAE代表はかつて日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ監督が指揮。8月以降の5試合でわずか1勝と苦しい状況が続いている中、O・アブドゥルラフマンの負傷は大打撃となりそうだ。 2018.10.25 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

チャルハノールやジェンギズが選出、トルコ代表発表《UEFAネイションズリーグ》

▽トルコサッカー連盟(TFF)は8月31日、UEFAネイションズリーグに向けたトルコ代表メンバー29名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップでは予選で敗退し、4大会連続でW杯出場を逃しているトルコのミルチェア・ルチェスク監督は、MFハカン・チャルハノール(ミラン)やMFジェンギズ・ユンデル(ローマ)、FWシェンク・トスン(エバートン)といった主力を選出している。 ▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ2に属するトルコは9月7日にロシア代表とホームで、同10日にスウェーデン代表とアウェイで対戦する。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆トルコ代表メンバー 29名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">シナン・ボラト</span>(アントワープ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">セルカン・クルントゥル</span>(コンヤスポル) <span style="font-weight:700;">ギョクハン・アクカン</span>(チャイクル・リゼスポル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ギョクハン・ギョニュル</span>(ベシクタシュ) <span style="font-weight:700;">エルトゥールル・エルソイ</span>(ブルサスポル) <span style="font-weight:700;">セルダル・アジズ</span>(ガラタサライ) <span style="font-weight:700;">オメル・バイラム</span>(アクヒサル・ベレディイェスポル) <span style="font-weight:700;">シェネル・オズバイラクリ</span>(フェネルバフチェ) <span style="font-weight:700;">ハサン・アリ・カルディリム</span>(フェネルバフチェ) <span style="font-weight:700;">メーメト・ミュルドゥル</span>(ラピド・ウィーン/オーストリア) <span style="font-weight:700;">メーメト・ゼキ・チェリク</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">カーン・アイハン</span>(デュッセルドルフ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">チャグラル・ソユンク</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">メフメト・トパル</span>(フェネルバフチェ) <span style="font-weight:700;">マームト・テクデミル</span>(イスタンブールBB) <span style="font-weight:700;">アブデュルカディル・オミュル</span>(トラブゾンシュポル) <span style="font-weight:700;">ユスフ・ヤズジュ</span>(トラブゾンシュポル) <span style="font-weight:700;">エムレ・アクババ</span>(ガラタサライ) <span style="font-weight:700;">オグジャン・オズヤクプ</span>(ベシクタシュ) <span style="font-weight:700;">タルカン・セルベスト</span>(カスムパシャ) <span style="font-weight:700;">セルダル・ギュレル</span>(ウエスカ/スペイン) <span style="font-weight:700;">オカイ・ヨクシュル</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ベルカイ・オズジャン</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ユヌス・マリ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジェンギズ・ユンデル</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ハカン・チャルハノール</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">シェンク・トスン</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">エネス・ウナル</span>(ビジャレアル/スペイン) 2018.09.01 01:55 Sat
twitterfacebook
thumb

上田の決勝弾で逃げ切った日本がUAEを撃破! 大会史上初となる決勝での日韓対決が実現!!《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は29日、アジア競技大会サッカー競技の準決勝でU-23UAE代表と対戦し、1-0で勝利。この結果、日本が2大会ぶりの決勝進出を決めた。 ▽27日に行われた準々決勝でU-21サウジアラビア代表を退け、ベスト4に駒を進めたU-21日本代表。引き続き中1日の過密日程で迎える準決勝は、U-23北朝鮮代表を破ったUAEとの対戦となった。 ▽森保監督は今回の一戦に向けてサウジアラビア戦から先発4人を変更。累積警告で出場停止の板倉や大南、長沼、松本に代えて、原、初瀬、神谷、遠藤が起用された。 ▽立ち上がりから相手の攻撃を受ける入りとなった日本だが、開始6分には最初の決定機。左サイドに張った遠藤がグラウンダーの速い斜めのパスをゴール左の前田に入れる。これを前田がうまく落とすと、岩崎がすかさずシュート。しかし、シュートは枠の左に外れた。続く10分には中盤でプレスをいなした渡辺からパスを受けた旗手がうまく相手DFと入れ替わって中央を持ち上がりミドルシュートを狙うが、これも枠の右に外れる。 ▽その後はロングボールを主体に攻めるUAEと、細かくボールを動かしながら比較的プレッシャーの緩いサイドを遠藤と初瀬の両ウイングバックを起点に攻める日本という構図の下で拮抗した展開が続く。 ▽24分には岩崎が左サイド深くまで運んで正確なクロスを入れるが、これは中央でフリーの旗手がヘディングシュートを枠に飛ばせない。その後、37分と43分には前半を通して縦への推進力を出していた遠藤が左サイドから2度の決定機を作り出すが、前田のダイビングヘッド、岩崎のダイレクトボレーはいずれも相手GKに阻まれて前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのは日本。47分、岩崎のパスを受けた左サイドの遠藤がカットインでボックス左まで切り込みシュート。しかし、これは左サイドネットに逸れる。さらに59分には、渡辺のチャンスメイクから旗手にチャンスが訪れるもシュートは枠の右上に外れた。 ▽ギアの上がらない日本は、64分に旗手を下げて上田を投入。すると78分、相手陣内でボール奪取に成功した渡辺が素早く前線にボールを供給。これを受けた上田のシュートはクロスバーに当たるもそのままゴールに吸い込まれ、日本が先制に成功した。 ▽試合終盤はUAEの猛攻を受けた日本だったが、上田の決勝ゴールを守り切り1-0で勝利。この結果、日本が韓国の待つ決勝に駒を進めた。決勝は9月1日に行われる。 2018.08.29 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マラドーナ監督がアル・フジャイラーとの再契約交渉で4倍の給料を要求! クラブは拒否し交渉決裂

▽アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ監督(57)が、UAEのディビジョン1(2部)のアル・フジャイラーとの再契約のチャンスを逃したようだ。UAE『The National』が伝えている。 ▽マラドーナ監督は、2017年にUAEのディビジョン1(2部)のアル・フジャイラーの指揮官に就任。アラビアン・ガルフ・リーグ(UAE1部)昇格を目指していたが、今シーズンを3位で終えると、1部昇格を逃した責任を取る形で解任されたと、イギリス『BBC』などが報じていた。 ▽しかし、『The National』によるとアル・フジャイラーは2日にマラドーナ監督との再契約に向けた交渉を実施。だが、その話し合いの席でマラドーナ監督の代理人は、クラブに対して4倍の給料を要求したという。 ▽結局、アル・フジャイラーはこの条件を拒否し、交渉は決裂。来季に向け新たな監督を探すことにしたという。 2018.05.05 00:10 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング