キエーボ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 キエーボ 21 5 6 5 17 26 -9 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-17
23:00
セリエA
第17節
クロトーネ vs キエーボ
2017-12-22
26:00
セリエA
第18節
キエーボ vs ボローニャ
2017-12-30
23:00
セリエA
第19節
ベネヴェント vs キエーボ
2018-01-05
26:00
セリエA
第20節
キエーボ vs ウディネーゼ
2018-01-21
23:00
セリエA
第21節
ラツィオ vs キエーボ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.10
20:30
セリエA
第16節
キエーボ 0 - 0 ローマ
2017.12.03
23:00
セリエA
第15節
インテル 5 - 0 キエーボ
2017.11.25
26:00
セリエA
第14節
キエーボ 2 - 1 SPAL
2017.11.19
23:00
セリエA
第13節
トリノ 1 - 1 キエーボ
2017.11.05
23:00
セリエA
第12節
キエーボ 0 - 0 ナポリ

基本データ

正式名称:ACキエーボ・ベローナ

原語表記:Associazione Calcio ChievoVerona

愛称:ムッシボランティ(空飛ぶロバ)

創立:1929年

ホームタウン:ベローナ

チームカラー:黄、青

関連ニュース

thumb

ビッグセーブ連発のGKソレンティーノの牙城を崩せなかったローマがキエーボとゴールレスドロー《セリエA》

▽ローマは10日、セリエA第16節でキエーボとアウェイで対戦し、0-0で引き分けた。 ▽5日に行われたチャンピオンズリーグ最終節のカラバフ戦で勝利し、グループ首位通過を決めた4位のローマ(勝ち点34)はその試合から5選手を変更。フロレンツィ、デ・ロッシ、マノラス、ゼコ、ペロッティに代わってファン・ジェズス、ゴナロン、ブルーノ・ペレス、ジェルソン、シックを起用した。負傷により出遅れていたシックはこれが今季初先発となった。 ▽サイド攻撃を中心にキエーボゴールに迫るローマは10分、右サイドに流れたナインゴランのクロスをゴナロンが頭で合わせるが、GKソレンティーノに横っ飛びでキャッチされる。その直後、キエーボにFKを与えると、イングレーゼにクロスバー直撃のシュートを浴びせられる。続けてボックス右からのビルサのシュートがサイドネットを捉えるなど、ヒヤリとする場面が続いた。 ▽危険なシーンを凌いだローマは24分、コラロフが敵陣中央左で強烈なミドルシュートを放つと、このシュートにゴール前のシックが反応。ヒールでわずかにコースを変えるというアイデアでゴールに迫ったが、GKソレンティーノの素早いファインセーブに遭いゴールとはならなかった。 ▽前半半ば以降はローマがボールを保持する時間帯が続く。35分には味方の浮き球スルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがゴールに迫るも、トモビッチの見事なスライディングタックルに阻まれてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、まずは50分にカウンターから最後はコラロフのシュートでローマがチャンスを作る。続く60分にはゴナロンがシックとのワンツーでボックス左に抜け出しGKとの一対一を迎えたが、この試合鋭い反応を見せるGKソレンティーノにまたしても阻まれる。 ▽見かねたディ・フランチェスコ監督は64分にジェルソンを下げてゼコを投入。直後にコラロフのミドルシュート、CKからエル・シャーラウィがゴールに迫るがGKソレンティーノがまたしても立ちはだかる。ローマは続けざまにコラロフのグラウンダーのクロスにゼコが飛び込むが数センチ届かず、ビッグチャンスを逃してしまう。 ▽少しずつ活性化してきた前線に更なる勢いを与えるため、72分にペロッティがエル・シャーラウィに代わってピッチに送られる。78分にストロートマンのクロスをゼコが合わせるが枠を捉えられず頭を抱えた。 ▽終盤にかけて攻め立てるローマ。84分にナインゴランが強烈なシュートを枠に飛ばすが、神がかり的なセーブを見せるGKソレンティーノが逆を突かれながらも右足1本で弾き返すという驚愕のセーブを見せた。 ▽結局GKソレンティーノの牙城を崩すことができなかったローマは0-0で試合を終え、勝ち点1を得るに留まった。 2017.12.10 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペリシッチのトリプレッタなど攻撃陣爆発のインテルがキエーボ一蹴! 開幕15戦無敗でナポリを抜き首位に浮上!《セリエA》

▽セリエA第15節、インテルvsキエーボが3日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが5-0で圧勝した。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、カリアリを一蹴し2連勝と共に開幕からの無敗記録を14試合に伸ばした暫定3位のインテル(勝ち点36)。今節では先に試合を行った首位のナポリ(勝ち点38)が暫定2位のユベントス(勝ち点37)相手に今季初黒星を喫したことで、首位浮上のチャンスとなった。前節からのメンバー変更は3人。いずれも累積警告で出場停止のミランダとガリアルディーニに代わって、ラノッキアとブロゾビッチ。また、ヴェシーノに代わってジョアン・マリオが起用された。長友は3試合連続でベンチスタートとなった。 ▽9位のキエーボ(勝ち点20)をホームに迎えたインテルは、立ち上がりから猛攻を見せる。開始2分には右CKの場面でラノッキアが豪快なヘディングシュートを放つが、わずかに枠の上に外れる。続く6分には左サイドからのクロスがファーに流れたところを回収したカンドレーバが右足でニアを狙うが、これは相手GKの好守に阻まれた。 ▽その後は14分にメッジョリーニのミドルシュートでキエーボが最初の決定機を作るなど、やや試合は拮抗した展開に。それでも、安定した守備で失点を許さないホームチームは23分に先制点を奪う。左サイドからドリブルでボックス内に持ち込んだサントンが強烈なシュート。これをGKが何とか弾くと、こぼれ球を拾ったペリシッチがすかさず放ったシュートがGKソレンティーノの手を弾いてゴールネットを揺らした。 ▽幸先良く先制したインテルはややペースを落としつつ、前がかりな相手に対して得意の高速カウンターで追加点を目指す。38分にはブロゾビッチのスルーパスに抜け出したイカルディが相手陣内右サイドを独走し、最後は相手DFにシュートコースを消されながらもゴール左隅へ右足のシュートを流し込み、3試合連続となる今季16点目を奪った。その後もJ・マリオらに3点目のチャンスが訪れたものの、前半は2-0で終了した。 ▽互いに攻め合う立ち上がりとなった後半だが、先にゴールをこじ開けたのはまたしてもインテル。57分、相手陣内左サイドでDFのビルドアップのミスパスをカットしたペリシッチが味方の攻め上がりをオトリにそのままボックス左まで持ち込み、最後は左足のシュートをファーポストに流し込み、ドッピエッタ達成。 ▽さらに、60分には自陣中央でのボール奪取から高速カウンターを発動。右サイド深くに走り込むカンドレーバにロングフィードが通ると、カンドレーバはニアに走り込んだイカルディを使わず、後方にフリーで走り込んだシュクリニアルに絶妙なクロスを供給。これをシュクリニアルがダイビングヘッドで流し込み、試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽その後、勝利を確信したスパレッティ監督は75分過ぎにイカルディ、ダンブロージオ、カンドレーバの主力3人を下げて、エデル、ダウベルト・エンリケ、カラモーをピッチに送り出す。試合終盤にかけても攻撃の手を緩めないホームチームは、後半アディショナルタイムにもゴール前の混戦からペリシッチが左足のシュートを流し込み、見事なトリプレッタを達成。攻守にキエーボを圧倒したインテルがナポリを抜き首位に浮上した。 2017.12.04 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリが無敗キープもゴールレスで2位インテルとの勝ち点差を広げられず…《セリエA》

▽ナポリは5日、セリエA第11節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、0-0の引き分けに終わった。 ▽リーグ開幕から無敗で首位に立つナポリが、10位キエーボの本拠地マルカントニオ・ベンテゴーティに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦を戦ったナポリは、その一戦からスタメンを3人変更。GKレイナ、ナポリ戦で負傷したグラム、アランに代えてGKセペ、マリオ・ルイ、ジエリンスキをスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりから地力に勝るナポリが主導権を握ると5分、カジェホンの左CKをファーサイドのアルビオルが頭で折り返したが、これはGKソレンティーノが好反応を見せ弾き出す。 ▽ナポリは15分、バイタルエリア中央で受けたジエリンスキがミドルシュート。さらに18分には、インシーニェがボックス左手前からゴールを脅かしたが、ともにGKソレンティーノのセーブに阻まれた。 ▽優勢に試合を運ぶナポリは、23分にも決定機。ボックス左手前まで持ち上がったメルテンスの横パスを、ペナルティアーク内のハムシクがワンタッチで捌くと、ボックス右に走り込んだカジェホンが右足で合わせたが、このシュートは枠の左に外れた。 ▽その後も、左サイドを中心に攻撃を組み立てるナポリだったが、キエーボ守護神の牙城を崩すには至らず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはキエーボ。60分、自陣センターサークル付近でボールを奪ったラドバノビッチが相手GKの位置を確認しロングシュート。これはゴールラインに戻ったGKセペがギリギリではじき出した。 ▽こう着状態が続く中、キエーボは61分にビルサを下げてメッジョリーニを投入。対するナポリは、65分にマリオ・ルイに代えてマッジョをピッチに送り出した。すると、直後にナポリに決定機。 ▽67分、ジョルジーニョがゴール前にロングパスを供給すると、走り込んだハムシクがダイビングヘッドであわせたが、これもGKソレンティーノの好セーブに防がれる。先制点の遠いナポリは、72分にジエリンスキを下げてアランを投入。さらに69分には、カジェホンを下げてウナスをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけて猛攻を見せるナポリは90分、左サイドからドリブルで仕掛けたインシーニェがボックス左からコントロールショットでゴールを脅かしたが、再びGKソレンティーノのセーブに防がれる。 ▽結局、試合はそのままゴールレスで終了。無敗をキープしたナポリだがリーグ3試合ぶりのドローで、同日開催の試合で引き分けた2位インテルとの勝ち点差を広げるチャンスを逃がした。 2017.11.06 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

スソ躍動&チャルハノールのセリエA初弾のミランが4発快勝で5試合ぶり勝利《セリエA》

▽ミランは25日、セリエA第10節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。 ▽前節ジェノア戦をボヌッチの退場もあって0-0に終わり、リーグ戦4試合勝利のない9位ミラン(勝ち点13)は、ジェノア戦のスタメンから3選手を変更。出場停止のボヌッチ、負傷したボナヴェントゥーラ、サパタに代えてムサッキオ、ロマニョーリ、カラブリアを起用した。 ▽ここ6試合3勝3分けと好調の7位キエーボ(勝ち点15)に対して、ミランは[3-4-2-1]の布陣を採用。ボヌッチを欠く3バックには中央にロマニョーリ、左にR・ロドリゲスを配し、中盤右にカラブリア、左にボリーニ、2シャドーにスソとチャルハノールを据えた。 ▽そのミランが立ち上がりから押し込む展開とすると、19分にスソがミドルシュートを浴びせる。その後、23分にCKからトモビッチに際どいヘディングシュートを浴びたミランだったが、36分に均衡を破る。ボックス手前右でボールを持ったスソが狙い済ましたミドルシュートでゴール左上に決めきった。 ▽失点を受けて前がかるキエーボに対し、ミランは42分に右サイドからスソが左足で上げたクロスがチェサルのオウンゴールを誘い、2点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、55分にミランが3点目を奪う。ケシエのパスを受けたボックス左のチャルハノールが左足でシュートを流し込んだ。 ▽チャルハノールのセリエA初ゴールで3-0としたミランは61分にビルサにシュートを決められて1点を返されるも、64分にスソのスルーパスからカリニッチが冷静にGKとの一対一を制して4-1で快勝。 ▽終了間際にカラブリアが脳震とうによって担架に運ばれたのは気がかりだが、次節ユベントス戦を前に5試合ぶりの勝利を飾り、モンテッラ監督の首がつながっている。 2017.10.26 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ディバラの3戦連発弾やイグアイン弾などでユベントスがキエーボに勝利、開幕3連勝《セリエA》

▽ユベントスは9日、セリエA第3節でキエーボをホームに迎え、3-0で勝利した。 ▽前節サンプドリア戦をディバラのセリエA初ハットトリックで4-2と逆転勝利して2連勝スタートを切ったユベントスは、火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)・バルセロナ戦を控える中、代表戦を戦ってきたディバラやGKブッフォンがベンチスタートとなって、新戦力のマテュイディやドグラス・コスタ、GKシュチェスニーが先発となった。 ▽1勝1敗スタートを切ったキエーボに対し、ピャニッチを中盤のアンカーに、ドグラス・コスタを右ウイングに、マテュイディを左インサイドに据える[4-3-3]で臨んだユベントスが立ち上がりからキエーボを押し込んでいく。 ▽すると17分、最初のチャンスを活かして先制する。右サイドからのピャニッチのFKがヘディングでクリアにかかったヘテマイのオウンゴールを誘った。 ▽その後は前がかるキエーボに26分、FKの流れからラドバノビッチの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKシュチェスニーがセーブ。直後、ピャニッチのミドルシュートがバーを掠めたユベントスは、キエーボに押し込まれながらも1点をリードして前半を終えた。 ▽後半も主導権を握りきれないユベントスは、54分にドグラス・コスタに代えてディバラを投入。すると58分、追加点を奪う。ディバラ、ピャニッチとつないで最後はボックス右のイグアインがGKとの一対一を確実に制した。 ▽その後もディバラが攻撃を牽引するユベントスが主導権を握るも3点目を決められないユベントスは、ペリッシエルの決定的なヘディングシュートやビルサの直接FKでゴールを脅かされるも、いずれもわずかに枠の右に外れて助かった。 ▽終盤、左足ふくらはぎを痛めたマンジュキッチがプレー続行不可能となったユベントスだったが、83分に勝負を決定付ける。ボックス右から中へ切れ込んだディバラがDFを引き連れながら左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。 ▽ディバラの3試合連続ゴールが生まれたユベントスが開幕3連勝としている。 2017.09.10 02:58 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング