超ワールドサッカー

キエーボ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 キエーボ 43 12 7 19 43 61 -18 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.27
25:00
セリエA
第38節
アタランタ 1 - 0 キエーボ
2017.05.20
25:00
セリエA
第37節
キエーボ 3 - 5 ローマ
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
サンプドリア 1 - 1 キエーボ
2017.05.07
22:00
セリエA
第35節
キエーボ 1 - 1 パレルモ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
ジェノア 1 - 2 キエーボ

基本データ

正式名称:ACキエーボ・ベローナ

原語表記:Associazione Calcio ChievoVerona

愛称:ムッシボランティ(空飛ぶロバ)

創立:1929年

ホームタウン:ベローナ

チームカラー:黄、青

関連ニュース

thumb

エル・シャーラウィ&サラーがダブルドッピエッタ、逆転勝利のローマが2位死守《セリエA》

▽ローマは20日、セリエA第37節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、5-3で勝利した。 ▽前節ユベントスに完勝して2位を死守したローマ(勝ち点81)は、3位ナポリが1ポイント差で追走してくる中、コンディション不良のナインゴランがベンチスタートとなった。 ▽残留が決まってモチベーションに欠ける13位キエーボ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから攻勢に出たローマは8分、サラーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKソレンティーノのファインセーブに阻まれる。 ▽しかし15分、一瞬の隙を突かれて失点する。右クロスの浮いたルーズボールをボックス中央のL・カストロにボレーで蹴り込まれた。 ▽続く18分にビルサのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、その後もボールを保持していくも、自陣に引くキエーボを崩せない状況が続いた。それでも28分、ファシオのヘディングでのクリアがルーズとなると、これに反応したエル・シャーラウィがディフェンスライン裏を独走。GKをかわしてシュートを流し込んだ。 ▽エル・シャーラウィの3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したローマだったが、37分に失点する。ビルサの左クロスからフリーとなっていたイングレーゼに頭で決められてしまった ▽再び追う展開とったローマは41分にゼコのヘッドでの落としに反応したサラーのゴール至近距離からのシュートはGKソレンティーノの正面を突いてしまう。それでも42分、ドリブルでボックス右に侵入したサラーの放ったシュートがDFに微かにディフレクトすると、これがゴール左に決まって2-2とし、前半を終えた。 ▽迎えた後半、引き続きローマが圧力をかけると、58分に勝ち越しに成功する。ストロートマンのスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス右へ進入。確実にGKとの一対一を制した。リプレーで見ると、エル・シャーラウィはオフサイド気味だったが、ゴールは認められた。 ▽その後、キエーボの圧力を受け始めたことで、エル・シャーラウィに代えてナインゴランを投入したローマは、77分に勝負を決定付ける。ゼコの縦パスを受けたサラーがペナルティアーク左から放ったコントロールシュートがゴール左隅に決まった。 ▽さらに83分、ゼコがミドルシュートを叩き込んだローマはトッティを投入。CKからイングレーゼにゴールを許したものの5-3と勝利し、2位を死守している。 2017.05.21 02:52 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェノア、次戦は“カズ・デー”…クラブも日本人サポーターの訪問を歓迎

横浜FCに所属するFW三浦知良の足跡をたどる企画で、30日のセリエA第34節ジェノアvsキエーボ戦には、日本から多くのファンが駆けつける。ジェノアが27日、公式ウェブサイトで発表している。<br><br>レジェンド、カズは50歳を迎えてなお現役生活を続け、3月にはJリーグで最年長ゴール記録を更新するなど偉業を成し遂げてきた。その快挙はかつてカズがプレーしたイタリアでも「限界を知らないミウラ」、「不死のミウラ」などと称えられた。<br><br>カズは日本人として初めてセリエAに加入したパイオニア的存在だ。1994年にジェノアに加入し、サンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでは得点をマーク。これは日本人選手が初めてセリエAで挙げた得点となった。<br><br>ジェノアもカズについて、「沈むことのないカズは故郷の地で現役を続行し、ゴールを挙げ続けている。フットボール侍はあらゆる記録を更新し、引退など考えていない」と紹介している。<br><br>キエーボ戦には、ジェノヴァ在住の日本人の企画で、カズの足跡をたどろうと日本からファンの一団が訪れる。かつてカズがプレーしたマラッシでスタジアムの雰囲気を肌で感じることだろう。ジェノヴァにはヨーロッパの交換留学生なども多い。このためマラッシやジェノア・ミュージアムやストアでは「外国人ファンの存在は珍しいことではない」として、イタリアの古豪は日本からの来客を歓迎している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスのイグアインがキエーボ戦で謎のゴールパフォーマンス…その意味とは?

ユベントスに所属するアルゼンチン代表のFWゴンサロ・イグアインのゴールパフォーマンスが「謎」だと憶測を呼んだ。<br><br>イグアインは8日に行われたセリエA第31節キエーボ戦に先発し、ドッピエッタ(1試合2得点)を決めてユベントスに勝利をもたらした。ところがこの試合のイグアインのゴールパフォーマンスが「謎」であるとネットで話題になった。<br><br>イグアインはゴール後、観客席へ向けて右手で数字の「2」、左手で「1」を表す仕草を見せた。このため、アルゼンチン代表でも同僚のFWパウロ・ディバラの背番号「21」を指しているのではないかとの声が上がった一方で、両手の人差し指の先端をくっつけていることから「N」を表しているとの意見もみられた。<br><br>イグアインの長兄で代理人を務めるニコラス・イグアイン氏のイニシャルではないか考えるファンが多かったほか、昨シーズンまで在籍していたナポリの「N」の可能性もあり、ナポリに対する挑発ではないかと主張する者もあらわれた。<br><br>最終的にイグアイン本人が憶測を呼んでいた「謎」の正体を明らかにしている。ジェスチャーは「N」を意味するものだが、兄ニコラスやナポリではなく、イグアインの母ナンシー・イグアインさんのイニシャルを指していた。この日のキエーボ戦にはナンシーさんが観戦に訪れており、イグアインは観客席の母にゴールを捧げたようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.10 19:22 Mon
twitterfacebook
thumb

CLバルセロナ戦控えるユベントス、イグアインのドッピエッタでホーム戦32連勝《セリエA》

▽ユベントスは8日、セリエA第31節でキエーボをホームに迎え、2-0で勝利した。 ▽前節ナポリ戦を1-1と引き分けた首位ユベントス(勝ち点74)は、2位ローマとの勝ち点差を6に縮められた。そして、ナポリとの連戦となった3日前のコッパ・イタリア準決勝では一部主力を温存した中、イグアインのドッピエッタで危なげなく決勝へ進出。3日後にチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を控える中、直近のナポリ戦のスタメンから5選手を変更。GKブッフォンが先発に戻った一方、ボヌッチやキエッリーニ、ピャニッチがベンチスタートとなった。 ▽31連勝中のホームに11位キエーボ(勝ち点38)を迎えたユベントスは、ナポリ戦に続き、ストゥラーロを左MFで起用する[4-2-3-1]を採用。ゆったりと試合に入ったユベントスは17分、ケディラがペナルティアーク中央から強烈なシュートを放ち、初の枠内シュートをマーク。 ▽その後、ディバラの立て続けの枠内シュートでゴールに迫ったユベントスは、23分に先制する。ディバラがボックス右ゴールライン深くまで切り込んでマイナスに折り返したクロスをイグアインが合わせた。 ▽イグアインのリーグ戦6試合ぶりとなる今季20ゴール目で先手を取ったユベントスは、その後もキエーボに付け入る隙を与えずに時間を進め、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、ペリッシエルにGKブッフォンを強襲されたユベントスは、53分にもメッジョリーニのヘディングシュートでゴールを脅かされる。前がかるキエーボの前に後手を踏んでいたユベントスだったが、61分にイグアインが強烈なシュートを浴びせて牽制。 ▽72分にはストゥラーロに代えてボヌッチを投入し、5バックとして守備を固めたユベントスは直後、イングレーゼに決定的なヘディングシュートを許すも枠の上に外れて助かると、77分にディバラのパスを受けたボックス中央のイグアインが鋭い反転から左足シュート。これはわずかに枠の左に外れてしまうが、84分に勝負を決定付ける。 ▽ディバラのパスをボックス右で受けたリヒトシュタイナーの折り返しを、イグアインが冷静なトラップからゴール右にシュートを流し込んだ。このまま2-0と勝利したユベントスがホーム戦連勝記録を32に伸ばし、バルセロナ戦に弾みを付けている。 2017.04.09 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バッカのドッピエッタ含む3発でキエーボ撃破のミランがリーグ3連勝!《セリエA》

▽ミランは4日、セリエA第27節でキエーボをホームに迎え、3-1で勝利した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りするも、出場機会はなかった。 ▽前節、サッスオーロに辛勝し、4戦3勝1分けと粘り強く勝ち点を積み重ねている7位ミラン(勝ち点47)は、前節のペスカーラ戦で2-0と勝利し、リーグ戦連勝を狙う10位キエーボをホームに迎えた。しっかりと勝ちを収めて、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに食らいつきたいミランは、前節から先発メンバーを3人変更。アバーテとパレッタ、クツカに代えてデ・シリオとロマニョーリ、ロカテッリを起用。本田はベンチスタートとなった。 ▽早い時間帯に試合を掌握したいミランは、序盤から積極的に縦パスを入れて、キエーボの間延びを誘う。しかし、相手のコンパクトなディフェンスに苦しみ、シュートチャンスを作ることができない。すると19分、キエーボにゴールを脅かされる。ボックス右手前でパスを受けたビルサに左足でゴール右隅を捉えられるも、これはGKドンナルンマが好セーブを見せ、失点を防いだ。 ▽前半半ばに差し掛かると、攻めあぐねていたミランが均衡を破る。24分、敵陣中央でボールを収めたデウロフェウが左サイドにスルーパスを送る。これを受けたバッカがボックス左に侵攻すると、カットインから右足を振り抜く。相手DFの股を抜いたシュートは、GKソレンティーノの逆を突く形となり、ゴールに突き刺さった。 ▽先制ゴールで勢いづくミランだったが、34分にアクシデントが起こる。スソが負傷により交代を余儀なくされると、オカンポスをスクランブル投入する事態に見舞われた。しかし、この交代劇にも動じないミランは37分、デウロフェウのラストパスからボックス左のバッカがシュート。GKソレンティーノに弾かれたボールがそのままゴールに転がるも、ラインギリギリのところでラドバノビッチにかき出された。 ▽流れを引き寄せたミランだったが前半終了間際、キエーボにビックチャンスを与えてしまう。41分、右サイドからクロスを入れられると、デ・シリオがギャクペを倒したという判定で、PKを与えてしまう。この厳しい判定に抗議するも、判定は覆らず。このPKをデ・グズマンにきっちりと決められ、振り出しに戻される。 ▽このまま前半終了かと思われたが、今度はミランがPKを獲得する。前半アディショナルタイム3分、こぼれ球に反応したロマニョーリがボックス手前からシュートを放つと、ボックス内でチェサルのハンドを誘発し、PKを獲得。しかし、バッカのPKはゴール右上に外れ、試合は1-1のまま折り返す。 ▽後半に入ると、PKを失敗したバッカが積極的に仕掛ける。58分、ボックス手前でパスを受けたバッカがキックフェイントから2人かわすと、カットインからシュート。これは枠を外したが70分、右サイドからのCKにロマニョーリがニアサイドでコースを変えると、詰めていたバッカが倒れながら右足で押し込み、ゴールネットを揺らす。 ▽勝ち越しに成功したミランは81分、ボックス左を侵攻したオカンポスがカットインからシュートを放とうとすると、M・イスコに倒されてPKを獲得。これを途中投入のラパドゥーラが右隅に突き刺し、キエーボを引き離す。その後、キエーボに押し込まれる場面があったものの、最後まで2点差を守り抜いたミランが3-1で勝利。バッカの汚名返上の勝ち越し弾を含める2得点もあり、ミランがリーグ3連勝を飾った。 2017.03.05 06:43 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング