キエーボ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 キエーボ 40 10 10 18 36 59 -23 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.20
25:00
セリエA
第38節
キエーボ 1 - 0 ベネヴェント
2018.05.13
22:00
セリエA
第37節
ボローニャ 1 - 2 キエーボ
2018.05.06
22:00
セリエA
第36節
キエーボ 2 - 1 クロトーネ
2018.04.28
25:00
セリエA
第35節
ローマ 4 - 1 キエーボ
2018.04.22
22:00
セリエA
第34節
キエーボ 1 - 2 インテル

基本データ

正式名称:ACキエーボ・ベローナ

原語表記:Associazione Calcio ChievoVerona

愛称:ムッシボランティ(空飛ぶロバ)

創立:1929年

ホームタウン:ベローナ

チームカラー:黄、青

関連ニュース

thumb

降格危機のキエーボがマラン監督を解任!

▽キエーボは29日、ロランド・マラン監督(54)を解任したことを発表した。また、今季終了までプリマヴェーラを率いるロレンツォ・ダンナ監督(46)が暫定指揮官を務めることを伝えている。 ▽現役時代にキエーボで活躍したマラン監督はヴィチェンツァやカターニャの監督を経て2014年にキエーボの新指揮官に就任。就任以降は常に安定した成績でチームを残留に導いてきたが、今季は昨年12月以降から急激に調子を落とすと、後半戦の16試合では2勝10敗4分けと大不振に。 ▽28日に行われた第35節のローマ戦では後半序盤に10人となった相手に1-4の大敗を喫し、今節の結果次第ではSPALに代わって降格圏の18位に転落する可能性が出てきている。 2018.04.29 20:16 Sun
twitterfacebook
thumb

シックの2戦連発弾&ゼコのドッピエッタなど4発のローマが10人で3連勝! 3位を死守しリバプール戦へ《セリエA》

▽ローマは28日、セリエA第35節でキエーボをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節SPAL戦を3発快勝したローマ((勝ち点67)は、3位を死守。しかし、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦では2-5と大敗した。決勝進出が厳しくなったローマはリバプール戦のスタメンから4選手を変更。シックやペッレグリーニ、ブルーノ・ペレスといった控え選手がスタメンとなった。 ▽前節インテルに善戦した16位キエーボ(勝ち点31)に対し、[4-3-3]で臨んだローマは3トップに右からシック、ゼコ、エル・シャーラウィと並べた。そのローマが9分にあっさり先制する。左サイドをナンゴランが突破してクロスを送ると、シックが左足ボレーで流し込んだ。 ▽さらに11分、FKからファシオのヘディングシュートが右ポストを直撃したローマがゴールに迫り続けると、15分にはエル・シャーラウィがヒールシュートでネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれる。 ▽攻勢を続けるローマはその後もシックのボレーシュートがGKを強襲すれば、28分にはエル・シャーラウィのコントロールシュートが右ポストを直撃した。 ▽ハーフタイムにかけても一方的な展開としたローマは40分、左サイドからのコラロフのクロスをゼコが左足でうまく合わせてリードを2点に広げ、前半を終えた。 ▽しかし後半開始10分、ファン・ジェズスがボックス内で入れ替わられたイングレーゼを倒して一発退場となってしまう。それでも、イングレーゼのPKをGKアリソンが見事に読み切ってセーブし、2点のリードを保った。 ▽10人となったローマはシックに代えてマノラスを投入。すると65分、ハーフライン付近でボールを持ったエル・シャーラウィがドリブルでボックス左まで進入。DFをかわしてゴール右へシュートを流し込み、3-0とした。 ▽勝負を決定付けたローマは2分後、ゼコの左足ミドルも決まって4-0とすると、終盤にイングレーゼに逸し報いられるも4-1で快勝。リーグ戦3連勝とし、3位を死守してリバプール戦に弾みを付けている。 2018.04.29 02:56 Sun
twitterfacebook
thumb

キエーボに辛勝のインテル、ローマ勢を1ポイント差で追走《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第34節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節カリアリに4発快勝し、4試合ぶりに勝利を飾った5位インテル(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ラツィオを1ポイント差で追走。次節ユベントスとのイタリア・ダービーを控える中、負傷したガリアルディーニが欠場となり、ボルハ・バレロを代役に起用した。 ▽残留争いに巻き込まれている16位キエーボ(勝ち点31)に対し、やや押し込まれる入りとなったインテルは12分にN・リゴーニに右ポスト直撃のボレーシュートを浴びてしまう。 ▽ひやりとしたインテルは1分後、ブロゾビッチの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったペリシッチがループシュートでゴールを狙うも、枠の上に外れた。主導権を握りきれないインテルは16分にジャッケリーニのミドルシュートでゴールを脅かされた中、22分にカラモーのミドルシュートでけん制。 ▽前半半ば以降はインテルがポゼッションを高める展開となったが、キエーボの守備を崩しきれずにいると、39分にはカッチャトーレの枠内シュートでGKハンダノビッチを強襲される。さらに45分、プッチャレッリにも枠内シュートを打たれたが、ここもGKハンダノビッチがセーブし、前半を何とかゴールレスで終えた。 ▽守護神ハンダノビッチの奮闘で前半を耐えたインテルは、後半開始5分に先制する。ブロゾビッチのミドルシュートがGKソレンティーノを強襲すると、ルーズボールを拾ったボックス右のダンブロージオが折り返し、イカルディが押し込んだ。初見ではダンブロージオのポジションがオフサイドと判定されたが、VARの末にゴールが認められた。 ▽イカルディの今季26ゴール目で先制した後、攻勢を強めたインテルは61分、カラモーの右クロスをラフィーニャがダイレクトで落とし、ボックス中央のペリシッチがシュートを流し込んで追加点を奪いきった。 ▽2点をリードしたインテルはカラモーを下げてサントンを投入。5バックとし、守備を固めにかかった。78分にはラフィーニャがGKを強襲するシュートを浴びせてけん制し、逃げ切り体勢を整えていく。 ▽しかし終盤の90分、ステピンスキにゴールを許すと、5分の追加タイムではキエーボの攻勢に晒されてしまう。それでも耐えたインテルが逃げ切り勝利。3位ローマ、4位ラツィオとの1ポイント差を維持している。 2018.04.23 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリが終盤の2ゴールで劇的逆転勝利! ユーベとの4ポイント差をキープ《セリエA》

▽ナポリは8日、セリエA第31節でキエーボをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節サッスオーロ戦を1-1と引き分けて、首位ユベントスとのポイント差が再び4に広がってしまった2位ナポリ(勝ち点74)は、アルビオルとジョルジーニョを出場停止で欠く中、A・ディアワラとトネッリがスタメンとなった。 ▽14位キエーボ(勝ち点29)に対し、グラウンダーのパスを駆使して攻め込むナポリが流れを引き寄せると、16分に決定機。左サイドからのインシーニェのクロスにファーサイドのカジェホンがボレー。しかし、枠の上に外れた。 ▽その後もインシーニェとハムシクの左サイドを起点に攻め立てたナポリだったが、水際で身体を張るキエーボを崩しきることができない状況が続く。 ▽そんな中、34分にボックス左からハムシクがシュートに持ち込めば、37分にはボックス左で仕掛けたインシーニェが際どいシュートを浴びせていったが、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽後半開始2分、インシーニェが決定的なシュートを浴びせたナポリは、49分にPKを獲得する。メルテンスがカジェホンとのワンツーでボックス内に進入したところでデパオリに倒された。しかし、キッカーのメルテンスがゴール左を狙ったシュートはGKソレンティーノに完璧に読まれて止められてしまった。 ▽絶好の先制機を逸したナポリは、引き続き堅守キエーボを攻めあぐねると、64分にハムシクに代えてミリクを2トップの一角に投入。すると70分、インシーニェのフィードに抜け出したミリクがボックス内からシュート。しかし、GKソレンティーノの好守に阻まれてしまった。 ▽好機をモノにできないナポリは74分、ワンチャンスを生かされて失点する。クリバリの自陣でのミスパスから最後はステピンスキにシュートを決められてしまった。 ▽まさかの失点を喫したナポリはCKからトネッリの強烈なヘディングシュートでゴールに迫るも、ここもGKソレンティーノのファインセーブに阻止されてしまう。 ▽終盤にかけて猛攻を仕掛けるナポリは89分、インシーニェのフィードに反応したミリクがゴールエリア右に走り込んでヘディング。シュートが枠の左に決まって土壇場で同点に追いついた。 ▽引き分けでも逆転スクデットに向けて厳しい状況のナポリだったが、試合終了間際の追加タイム3分にドラマが待っていた。右CKの流れからボックス中央のA・ディアワラのもとにルーズボールがこぼれると、A・ディアワラは正確なコントロールシュートをゴール右に流し込んでナポリが劇的逆転勝利。ユベントスとのポイント差4を辛くもキープした。 2018.04.09 00:19 Mon
twitterfacebook
thumb

2度のVARなど激闘シーソーゲームを制したミランがキエーボに競り勝ちリーグ戦5連勝!《セリエA》

▽ミランは18日、セリエA第29節でキエーボをホームに迎え、3-2で勝利した。 ▽現在6位に位置しているミラン(勝ち点47)は、リーグ戦ここ8試合で7勝1分と好調。しかしヨーロッパリーグではアーセナルに歯が立たずベスト16で敗れ去ってしまった。 ▽代表ウィーク前最後の試合となる16位のキエーボ(勝ち点25)戦では、直近のアーセナル戦から先発を3人変更。ロマニョーリ、モントリーボ、アンドレ・シウバに代えて、サパタ、ボナヴェントゥーラ、ビリアを起用した。 ▽立ち上がりからボールを支配し攻め込んでいくミランはスソやボリーニの右サイドを中心にキエーボに襲い掛かる。左のチャルハノールからも前線のクトローネに配球されるが惜しくも合わない。それでも攻め続けるミランが先制するのは時間の問題だった。 ▽10分、ボックス手前のスソの溜めから右サイドを上がってきたケシエにボールが渡される。ケシエのクロスはGKソレンティーノに弾かれるが、こぼれ球をフリーのチャルハノールが冷静に押し込んでミランが先制点を挙げた。 ▽一方的な展開を見せるミランだが、キエーボも19分にイングレーゼがボックス中央からこの日最初のシュートを浴びせる。しかしシュートはサパタがしっかりブロック。さらに21分には、右サイドのカッチャトーレのクロスを受けたデパオリがオーバーヘッドで狙うがミランGKドンナルンマが阻む。 ▽迎えた33分、徐々に傾いてきた流れをキエーボは見逃さなかった。ジャッケリーニの左からのクロスがサパタに当たって後方に流れると、詰めていたステピンスキが沈めて同点に。 ▽さらにその直後の34分、今度は右サイドからのクロスをニアでステピンスキが潰れると、こぼれ球をイングレーゼがボックス左からゴール右上隅に突き刺し、瞬く間にキエーボが逆転に成功した。 ▽まさかの展開となったミランは36分、チャルハノールがボックスの外からトライ。さらに42分には、ボックス右からスソが左足でファーを狙うが惜しくもボールひとつ分左に外れる。また、44分にはケシエがボックス内で倒れるがシミュレーションを取られイエローカードを受けてしまう。 ▽ミランが1点リードされた状態で迎えた後半、前半と同様にミランが主導権を握る展開に。すると54分、ボリーニのクロスの跳ね返りをビリアが鋭いミドルシュートでGKを強襲。こぼれ球をクトローネが押し込んでネットを揺らすが審判はオフサイドと判定。これに不満を示したミランサイドはVARを要求。すると判定は覆されミランの同点ゴールが認められた。 ▽以降も攻勢を続けるミランは57分に、スソのクロスにクトローネが頭で合わせてゴールに迫る。60分にはボリーニを下げてアンドレ・シウバを投入する。そのアンドレ・シウバは68分、スソのクロスからヘディングでファーストシュートを放つ。 ▽攻めあぐねるミランだったが82分、ついに勝ち越しに成功する。左CKの場面。相手DFのヤロジンスキに当たってゴール前にこぼれたボールをアンドレ・シウバが押し込んでミランに3点目をもたらした。 ▽ガットゥーゾ監督の期待に応えたアンドレ・シウバのリーグ戦2得点目で再び逆転したミランは後半アディショナルタイムの93分、チャルハノールのシュートが相手の手に当たっていたとして2度目のVARを要求。これがPK判定となりキッカーポジションにはケシエが立ったが、GKソレンティーノがビッグセーブ。試合を決める4点目を挙げることができなかった。 ▽それでも、後半は相手に反撃の隙を与えなかったミランが3-2で勝利。シーソーゲームを制しリーグ戦5連勝を収めた。 2018.03.19 00:56 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング