キエーボ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 キエーボ 32 9 5 11 26 34 -8 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-02-26
23:00
セリエA
第26節
キエーボ vs ペスカーラ
2017-03-05
23:00
セリエA
第27節
ミラン vs キエーボ
2017-03-12
23:00
セリエA
第28節
キエーボ vs エンポリ
2017-03-19
23:00
セリエA
第29節
ボローニャ vs キエーボ
2017-04-02
セリエA
第30節
キエーボ vs クロトーネ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.02.19
23:00
セリエA
第25節
キエーボ 1 - 3 ナポリ
2017.02.12
23:00
セリエA
第24節
サッスオーロ 1 - 3 キエーボ
2017.02.05
23:00
セリエA
第23節
キエーボ 0 - 0 ウディネーゼ
2017.01.28
26:00
セリエA
第22節
ラツィオ 0 - 1 キエーボ
2017.01.21
26:00
セリエA
第21節
キエーボ 0 - 3 フィオレンティーナ

基本データ

正式名称:ACキエーボ・ベローナ

原語表記:Associazione Calcio ChievoVerona

愛称:ムッシボランティ(空飛ぶロバ)

創立:1929年

ホームタウン:ベローナ

チームカラー:黄、青

関連ニュース

thumb

敵地で3ゴールを奪ったナポリがリーグ戦3連勝で2強を追走!《セリエA》

▽ナポリは19日、セリエA第25節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ▽15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリー戦で1-3と敗れ、公式戦19試合ぶりに黒星を喫した3位ナポリ(勝ち点51)は、そのマドリー戦から先発メンバーを4人変更。アルビオルとA・ディアワラ、メルテンスらに代えて、マクシモビッチ、ジョルジーニョ、パヴォレッティらを起用した。 ▽連戦が続く中、11位キエーボ(勝ち点32)から勝ち点3を奪い、2強を追走したいナポリは、立ち上がりから細かいパス回しでサイド攻撃を展開し、キエーボ守備陣のスペースを探る。すると6分、ボックス手前で混戦の中からインシーニェがFKを獲得。これをインシーニェが直接狙うも、わずかにゴール右に外れる。 ▽その後も、狭いスペースで浮き球を織り交ぜながら攻めるナポリは、徐々に相手を崩し始めるも、ラストパスの精度に欠き、シュートチャンスを作ることができない。 ▽するとナポリは28分、不用意なミスからキエーボに決定機を与えてしまう。インシーニェのパスが自陣中央でビルサに奪われると、イングレーゼがスルーパスに抜け出し、ボックス右で一対一。しかし、ゴール左隅を捉えたシュートは、レイナがパンチングで防ぐ。 ▽難を逃れたナポリが31分、ついに均衡を破る。ヒサイのパスをボックス左で受けたインシーニェがカットインからシュート。右足で放ったボールは、ファーサイドへ吸い込まれるように突き刺さり、先制点を奪う。これで勢いに乗ったナポリは38分に追加点。細かいパス回しからアランがボックス内に抜け出すも、ここはGKソレンティーノのブロック。しかし、このこぼれ球をハムシクが右足で押し込んだ。 ▽3試合負けなしのキエーボから前半で2得点を奪い、順調に試合を進めるナポリだが、アクシデントが発生。40分、左サイドのカバーに行ったアランが足を痛めて、ジエリンスキを投入する事態に見舞われる。 ▽迎えた後半、ナポリはキエーボの奇襲攻撃に脅かされる。48分、カウンターから自陣左サイドを崩されると、最後はボックス内のフリーのイングレーゼがシュート。しかし、ここはクリバリが体を張ったブロックで防ぐ。 ▽その後も、キエーボの侵攻を立て続けに許してしまったナポリだったが58分、左サイドでダイレクトにつなぐと、グラムが左サイドを突破。中央にパスを送ると、インシーニェを経由し、パスを受けたジリンスキがボックス手前からシュート。これがブロックに入ったスポッリの足に当たり、コースが変わってゴールネットを揺らした。 ▽緊急投入にも落ち着いて対応したジリンスキの3点目で、勝利を大きく手繰り寄せたナポリだったが、キエーボに一瞬の隙を突かれてしまう。72分、キエーボの最終ラインからデ・グズマンのロングボール。反応したメッジェリーニにボックス内への侵攻を許すと、左足アウトサイドで流し込まれ、途中投入で入った2人に1点を返される。 ▽この失点で流れがキエーボに傾いてしまうと75分、クロスからのセカンドボールを相手に拾われ、立て続けにシュートを放たれるも、マクシモビッチが2度のブロックでこれを凌ぐ。 ▽その後も、不安定なディフェンスからキエーボに幾度となくゴール前に迫られるも追加点は許さず、試合終了。後半、キエーボの猛攻に苦しめられるも、主力を休ませながら3-1で勝利。リーグ3連勝を飾っている。 2017.02.20 02:07 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザのセリエA初ゴールなど3発のフィオレンティーナが快勝《セリエA》

▽フィオレンティーナは21日、セリエA第21節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節ユベントスを2-1で退けた暫定9位のフィオレンティーナ(勝ち点30)は、出場停止のカリニッチの代役にババカルを起用した。 ▽リーグ戦3連敗中の11位キエーボ(勝ち点)に対し、ユベントス戦同様に[3-4-2-1]の布陣を採用したフィオレンティーナが立ち上がりからボールを保持して仕掛けていった。そんな中9分にL・カストロに際どいミドルシュートを打たれたが、GKタタルサヌがファインセーブで阻止。続く13分にはメッジョリーニのボレーシュートでゴールに迫られるも、わずかに枠を捉えきれず助かった。 ▽すると18分、ダイネッリからボールを奪ったテージョがボックス左へ侵入。左足で確実にシュートを決めて、フィオレンティーナが先制した。その後もボールを保持したフィオレンティーナだったが、カウンターから31分にメッジョリーニに枠内シュートを浴びると、ペリッシエルにもクロスボールを合わせられてヒヤリとした。 ▽リードを保ったフィオレンティーナは41分、ベルナルデスキの直接FKでゴールに迫ったが、GKにセーブされ前半を1-0で終える。 ▽迎えた後半、48分にメッジョリーニのヘディングシュートでゴールを脅かされたフィオレンティーナは、直後にベルナルデスキのミドルシュートでGKソレンティーノを強襲。さらにルーズボールをババカルがシュートするもここもソレンティーノにセーブされた。しかし直後のCKの流れからキエーザがL・カストロにボックス内で倒されてPKを獲得。これをババカルが決めてリードを広げた。 ▽2点をリードして以降はフィオレンティーナが自陣に引いてキエーボにボールを持たせて時間を消化。66分にはベルナルデスキに代えてクリストーフォロを投入し、守備の強度を上げて逃げ切りを図ると、追加タイム4分にヴェシーノのラストパスを受けたキエーザのセリエA初ゴールも生まれてフィオレンティーナが快勝。2連勝としている。 2017.01.22 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

キエーボFWフローロ・フローレスがセリエBのバーリへレンタル移籍

▽セリエBのバーリは20日、キエーボのイタリア人FWフローロ・フローレス(33)をレンタルで獲得したと発表した。バーリがセリエAに昇格した場合、買取義務が付くオプションとなっている。 ▽ナポリユース出身のストライカーであるフローロ・フローレスは、ウディネーゼで頭角を現し、ジェノアやサッスオーロでも活躍した。セリエAでは通算52ゴールをマークしている。しかし、今季はリーグ戦6試合に先発してノーゴールと不発に終わっていた。 ▽バーリは現在、セリエBで9位に付けており、セリエA昇格プレーオフに回れる8位のエンテッラと同勝ち点で並んでいる。 2017.01.21 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ガリアルディーニ即デビューのインテル、攻め続けて逆転勝利! 連勝を5に伸ばす《セリエA》

▽インテルは14日、セリエA第20節で本拠地ジュゼッペ・メアッツァにキエーボを迎え、3-1で逆転勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ウディネーゼ戦を苦戦しながらも2-1と逆転勝利して4連勝とした7位インテル(勝ち点33)は、ブロゾビッチの出場停止を受けて、3日前に獲得したばかりの新戦力ガリアルディーニを早速スタメンで起用した。 ▽リーグ戦2連敗中の10位キエーボ(勝ち点25)に対し、インテルはガリアルディーニを2ボランチの一角に配し、2列目に右からカンドレーバ、ジョアン・マリオ、ペリシッチと並べる[4-2-3-1]を採用。 ▽積極的な入りを見せてキエーボにプレッシャーをかけると、12分に決定機を演出する。ガリアルディーニのパスを受けた左サイドゴールライン際のアンサルディのクロスにイカルディがヘッド。しかし、枠の左に外れた。その後も仕掛けるインテルは、18分にガリアルディーニのミドルシュートでGKソレンティーノを強襲。 ▽圧倒し続けるインテルは、29分にカンドレーバの強烈なミドルシュートが枠を捉えたものの、GKソレンティーノの好守に阻まれる。すると34分、ビルサの右CKからペリッシエルにボレーで叩き込まれ、先制を許してしまった。 ▽1チャンスを生かされたインテルだったが、ハーフタイムにかけても動揺することなく圧倒していく。鋭いサイド攻撃を仕掛け続けると、38分にガリアルディーニのヘディングシュートが左ポストを直撃した。さらに追加タイム1分、右CKからイカルディの放ったヘディングシュートはGKソレンティーノの守備範囲に飛び、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、キックオフ直後にペリッシエルに決定的なシュートを浴びたインテルだったが、GKハンダノビッチが好守で阻止。すると53分にダンブロージオの右クロスにペリシッチがヘディングシュート。ゴール至近距離からのシュートだったが、GKソレンティーノの正面を突いてしまった。 ▽ゴールが遠いインテルは60分、アンサルディに代えてエデルを投入し、3バックに変更。攻撃的な布陣として同点弾を目指し、直後にはエデルが直接FKでゴールに迫った。それでも69分、インテルが同点ゴールを奪う。右サイドからのカンドレーバのクロスにイカルディが左足を伸ばしてうまく合わせる難度の高いシュートをゴール左へ流し込んだ。 ▽同点に追いついて勢いに乗るインテルは終盤、ペリシッチやイカルディのカットインからのシュートで逆転ゴールに迫ると、86分に待望の得点を奪う。ペリシッチがドリブルを仕掛けてボックス左へ侵入。右足を振り抜いてGKソレンティーノを破った。さらに追加タイム3分にもエデルが続き、攻め続けたインテルが3-1で逆転勝利。連勝を5に伸ばしている。 2017.01.15 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィ躍動のローマが逆転勝利で2位死守! クラブ記録タイのホーム12連勝達成!《セリエA》

▽セリエA第18節のローマvsキエーボが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、ローマが3-1で逆転勝利した。 ▽前節、首位ユベントスとの頂上決戦に惜敗し、勝ち点差を7に広げられた2位のローマ。年内最終戦となる今節では、リーグ戦2連勝中で10位のキエーボをホームに迎えた。ユベントス戦からのメンバー変更は4点。負傷のマノラス、デ・ロッシに代えて、ヴェルメーレンとブルーノ・ペレスが起用され、ジェルソンとペロッティに代わって前節途中出場のサラーとエル・シャーラウィが先発に入った。 ▽前節の[4-2-3-1]からサラー、ゼコ、エル・シャーラウィを3トップに配した攻撃的な[3-4-3]の布陣を採用したローマは、戦前の予想通り相手を押し込んでいく。サイドを深くえぐってそこからマイナスの折り返しを入れて揺さぶりをかけるホームチームは、12分にセットプレーのこぼれ球をエル・シャーラウィがダイレクトボレーで合わすが、枠の左を捉えたシュートはGKソレンティーノに阻まれた。 ▽押し込みながらも自陣深くに守備ブロックを築いて粘り強く守る相手を崩し切れないローマは、21分にヴェルメーレンがビルサに簡単に抜かれて右クロスを許す。これがDFにディフレクトして浮いたボールをゴール前でフリーのデ・グズマンにシュートされるが、これは枠の右に外れた。 ▽前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。相手を崩し切れないローマは、24分にナインゴラン、35分にゼコが続けて強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、いずれもベテランGKの好守に遭う。すると37分、立ち上がりから緩さを見せていた守備陣が右サイドでイスコにフリーでクロスを許すと、ブルーノ・ペレスの緩慢な対応を突いたデ・グズマンにダイビングヘッドで決められた。 ▽ホームで先制を許したローマは、41分にエル・シャーラウィのフリックに反応したゼコがゴール前に抜け出すが、シュートをミートできない。だが、攻め続けるローマは前半アディショナルタイム1分、ボックス手前中央の好位置で得たFKの場面でエル・シャーラウィが見事な右足の直接FKをゴール左隅に突き刺し、追いついて前半を終えた。 ▽エル・シャーラウィのファインゴールによって良い形で後半に臨んだローマは、52分に勝ち越しゴールを奪う。左サイドで仕掛けたエル・シャーラウィの折り返しは一度DFにブロックされるが、ゴール前でエル・シャーラウィが競ったこぼれ球をドフリーのゼコが冷静に流し込んだ。 ▽ゼコの4試合ぶりのゴールで逆転に成功したローマは、前がかりとなった相手に対してサラーやエル・シャーラウィ、ブルーノ・ペレスの快速を生かした得意のロングカウンターでトドメを刺しに行く。 ▽58分にはブルーノ・ペレスが左ポストを掠める強烈なシュートを放つと、その後もエル・シャーラウィを起点に再三の決定機を作り出すが、サラーやゼコが決め切れない。試合を終わらせたいスパレッティ監督は、82分にサラーを下げて切り札のペロッティを投入。83分にはエル・シャーラウィの完璧なスルーパスに抜け出したゼコに絶好機も、ここは絶妙な飛び出しでシュートコースを消したGKソレンティーノのビッグセーブに阻まれた。 ▽ゲームをコントロールするものの、試合を殺し切れないローマだったが、後半アディショナルタイムにようやく決着を付ける。ボックス右で仕掛けたペロッティがDFコスタのファウルを誘い、PKを獲得。これを名手ペロッティが冷静に流し込み、勝負あり。苦しみながらも難敵キエーボに逆転勝利したローマが、2位死守に成功した。 2016.12.23 06:48 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング