デュッセルドルフ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 デュッセルドルフ 25 7 4 11 25 41 -16 22
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-02-23
26:30
ブンデスリーガ
第23節
デュッセルドルフ vs ニュルンベルク
2019-03-02
23:30
ブンデスリーガ
第24節
シャルケ vs デュッセルドルフ
2019-03-11
28:30
ブンデスリーガ
第25節
デュッセルドルフ vs フランクフルト
2019-03-16
23:30
ブンデスリーガ
第26節
ヴォルフスブルク vs デュッセルドルフ
2019-03-30
23:30
ブンデスリーガ
第27節
デュッセルドルフ vs ボルシアMG
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.02.17
26:00
ブンデスリーガ
第22節
レバークーゼン 2 - 0 デュッセルドルフ
2019.02.10
26:00
ブンデスリーガ
第21節
デュッセルドルフ 3 - 0 シュツットガルト
2019.02.06
28:45
DFBポカール
3回戦
シャルケ 4 - 1 デュッセルドルフ
2019.02.02
23:30
ブンデスリーガ
第20節
ホッフェンハイム 1 - 1 デュッセルドルフ
2019.01.27
26:00
ブンデスリーガ
第19節
デュッセルドルフ 0 - 4 ライプツィヒ
基本データ

正式名称:フォルトゥナ・デュッセルドルフ

原語表記:Dusseldorfer Turn- und Sportverein

創立:1908年

ホームタウン:デュッセルドルフ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、レバークーゼンに完敗で連勝ならず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、レバークーゼンvsデュッセルドルフが17日に行われ、2-0でレバークーゼンが勝利した。 8位レバークーゼン(勝ち点33)と、12位デュッセルドルフ(勝ち点29)が激突した一戦。デュセルドルフの宇佐美貴史は公式戦2試合連続で招集外となった。 デュッセルドルフが3分にカラマンがCKからヘディングシュートを放ち良い入りを見せた一方で、レバークーゼンはアクシデントに見舞われる。ベララビが15分にアラリオと負傷交代。今季ここまで5ゴール5アシストのキーマンを序盤に欠いてしまう。 しかし、そんな心配をよそにレバークーゼンは18分、右サイドに流れたフォラントの左足のクロスをハフェルツがタイミング良く守備ラインの裏を取り、フリーで押し込んであっさり先制点を奪った。 このゴールで完全にレバークーゼンに主導権を渡してしまったデュッセルドルフは、27分にツィーマーが負傷しバルコクとの後退を余儀なくされるなど、不運にも見舞われてしまう。序盤のチャンス以外全く良いところがなく、攻撃に転じようとしても、相手の素早い切り替えに絡み取られてしまう。 41分には、右サイドでボールを奪われ、クロスからフォラントのシュートを許すが、ズットナーが決死のブロックで追加点を許さない。前半は何とか最少失点に抑えたが、後半も予想通り押し込まれる展開に。 56分にはボックス左からアラリオにシュートを許したが、GKドロブニーがセーブ。粘り強くここまで1点に抑えていたが、66分に引き離される。 再三攻撃の起点となっていた右サイドから仕掛けたレバークーゼンは、一度跳ね返されたクロスをヴァイザーが拾うと、ボックスの右外からシュートを選択。、難しい角度ながらゴール左に飛んだシュートはGKドロブニーが横っ飛びで弾枯れるも、こぼれ球をベイリーが押し込んで追加点を挙げた。 こうなるとデュッセルドルフに試合をひっくり返す力は残されておらず、試合は2-0で終了。勝利したレバークーゼンはリーグ戦4連勝。一方、デュッセルドルフは前節から連勝することはできなかった。 2019.02.18 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司の獲得が「夢」だったデュッセルドルフ幹部、ドルトムントとの意見交換で断念

日本代表MF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは1月の移籍市場で、一時MF香川真司の獲得を検討していたようだ。クラブのルッツ・ファネンシュティール取締役が地元紙『ライニシェ・ポスト』のインタビューで明かした。<br><br>モナコからの興味が伝えられ、ハノーファーがドルトムントとレンタル獲得で合意に至るなどで騒がしい移籍市場を過ごした香川。結局最終日にトルコのベシクタシュへの加入が決まり、今シーズン終了までのレンタル移籍が実現した。<br><br>一方で、昇格組のデュッセルドルフも香川獲得の可能性を調査していたようだ。クラブの補強を担当するファネンシュティール氏は、次のように話している。<br><br>「何人ものファンに話しかけられたんだ。『お前たちは何でボーっとばかりしてカガワの獲得に動かないんだ?彼はデュッセルドルフに住んでいるのに』と。私は彼らにこう答えた。『私だってカガワ(の獲得)は夢だった。でもドルトムントの責任者たちと数字について意見交換したら悪夢にうなされたよ。経済面において、ドルトムントは我々とは別のリーグに所属する。カガワのような選手は我々にとっては絶対に無理。単純にそういうこと』とね」<br><br>『ビルト』によれば、ドルトムントでの香川の年俸は600万ユーロ(約7億5000万円)。現在のブンデスリーガ1部で最も予算が少ないと見られるデュッセルドルフは、主力選手数人分のサラリーを1人に支払うわけにいかないようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.02.09 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームで快勝のシャルケ、宇佐美先発のデュッセルドルフを撃破し準々決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦のシャルケvsデュッセルドルフがヴェルティンス・アレーナで6日に行われ、4-1でシャルケが勝利した。デュッセルドルフのMF宇佐美貴史は56分までプレーした。 2回戦でケルン(2部)を2-1で下したシャルケと、ウルム(4部)に5-1で快勝したデュッセルドルフの一戦。2日のホッフェンハイム戦を欠場したデュッセルドルフの宇佐美は、公式戦2試合ぶりのスタメンとなった。 試合は立ち上がりから攻勢に出るシャルケが29分に試合を動かす。右サイドからのスローインをボックス右横で受けたマッキーニーが落とすと、ウートがワンタッチでつなぐ。このボールをボックス右で受けたクツクがカットインから豪快なシュートをゴール左に突き刺した。 迎えた後半、リードするシャルケはマトンドを下げてルディを投入。すると48分、オチプカの左CKをマッキーニーがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれたがこぼれ球をサリフ・サネが押し込んだ。 後半開始早々に追加点を奪ったシャルケは、53分にも中盤でボールを奪ったルディがドリブルで持ち上がると、ボックス右へラストパス。これに反応したクツクがすべり込みながら右足で合わせると、相手GKの弾いたボールを最後はウートが押し込み、3点目を奪った。 リードを広げられたデュッセルドルフは、56分に宇佐美とドゥクシュを下げてルケバキオとコフナツキを投入。さらに65分にはバルコクを下げてフィンクをピッチに送り出し、交代カードを使い切った。すると71分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コフナツキのパスでボックス左に抜け出したヘニングスがゴールネットを揺らした。 1点を返されたシャルケだが87分、左サイドで獲得FKからファーサイドのS・サネがヘディングシュートを叩き込み、勝負あり。ホームで4ゴールを奪ったシャルケがデュッセルドルフを下して準々決勝進出を決めた。 2019.02.07 07:07 Thu
twitterfacebook
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、サンプからポーランド代表FWコフナツキを買い取りOP付きレンタルで獲得

FW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは1月31日、サンプドリアのポーランド代表FWダヴィド・コフナツキ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ドイツ『キッカー』によれば買い取る際にかかる移籍金は500万ユーロ(約6億2000万円)とのことだ。 2017年7月にレフ・ポズナンからサンプドリアに400万ユーロで加入したストライカーのコフナツキは、昨季はセリエAで22試合に出場して5ゴールを挙げたが、今季は13試合の出場で1ゴールと苦戦していた。 2018年3月にデビューしたポーランド代表では4試合に出場して1ゴールをマークしている。 2019.02.01 01:28 Fri
twitterfacebook
thumb

宇佐美フル出場のデュッセルドルフ、ライプツィヒに4失点惨敗《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは27日、ブンデスリーガ第19節でライプツィヒをホームに迎え、0-4で惨敗した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はフル出場している。 後半戦スタートとなった前節アウグスブルク戦を2-1で勝利した4連勝中の14位デュッセルドルフ(勝ち点21)は、宇佐美が[4-3-3]の右ウイングで6試合連続スタメンとなった。 4位ライプツィヒ(勝ち点31)に対し、デュッセルドルフは開始2分に失点する。CKのクロスボールをGKがファンブルしてルーズとなったボールをボックス中央のY・ポウルセンにボレーシュートで蹴り込まれた。 さらに9分、流れの中で上がっていたセンターバックのコナテがバイタルエリア左で鋭い反転を見せてゴールへ突進。対応した宇佐美を振り切ってボックス左へ侵入し、シュートを流し込んだ。 ライプツィヒの勢いを止められないデュッセルドルフは、16分に3失点目を喫する。ヴェルナーのラストパスを受けたボックス左のY・ポウルセンにシュートを蹴り込まれた。 序盤の段階で3失点を喫したデュッセルドルフは前半、目立ったチャンスを作れないまま0-3でハーフタイムに入った。 後半から宇佐美を[4-4-2]の左サイドにポジションを変えたデュッセルドルフが押し込む流れとするも、シュートシーンを生み出すには至らない。 すると68分、サビツァーのミドルシュートのルーズボールをボックス左に詰めたライマーに押し込まれ、4失点目を喫してしまう。 結局、終盤にかけてもチャンスを生み出せなかったデュッセルドルフは惨敗。連勝が4で止まった。 2019.01.28 04:08 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング