超ワールドサッカー

パレルモ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 パレルモ 26 6 8 24 33 77 -44 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
27:45
セリエA
第38節
パレルモ 2 - 1 エンポリ
2017.05.22
27:45
セリエA
第37節
ペスカーラ 2 - 0 パレルモ
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
パレルモ 1 - 0 ジェノア
2017.05.07
22:00
セリエA
第35節
キエーボ 1 - 1 パレルモ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
パレルモ 2 - 0 フィオレンティーナ

基本データ

正式名称:USチッタ・ディ・パレルモ

愛称:ロサネーロ(ピンクと黒)

ホームタウン:パレルモ

チームカラー:ピンク・黒

関連ニュース

thumb

ボローニャ、パレルモからコスタリカ代表DFゴンサレスを獲得

▽ボローニャは22日、パレルモのコスタリカ代表DFジャンカルロ・ゴンサレス(29)を獲得したことを発表した。移籍金や契約期間は明かされていない。 ▽ブラジル・ワールドカップでベスト8進出に大きく貢献したセンターバックのG・ゴンサレスは、2014年夏にメジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーからパレルモへ移籍。パレルモでは準主力として活躍し、在籍3シーズンで公式戦71試合に出場して3ゴールをマークしていた。 ▽2016-17シーズンはセリエAで21試合に出場したが、チームを降格から救うことはできなかった。 2017.06.22 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームで完勝のクロトーネが奇跡のセリエA残留! 19位パレルモに敗れたエンポリが4季ぶりのセリエB降格…《セリエA》

▽セリエA最終節のクロトーネvsラツィオが28日に行われ、3-1でクロトーネが勝利した。この結果、クロトーネのセリエA残留が決定。同時刻に行われた17位エンポリがパレルモに1-2で敗れたため、セリエB降格となった。 ▽奇跡の逆転残留を目指す18位クロトーネ(勝ち点31)が、ホームに5位ラツィオを迎えた一戦。試合は早い時間に動きを見せる。14分、右サイドのスペースでボールを受けたローデンの折り返しをナリーニが右足で流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくクロトーネは、22分に追加点。バイタルエリア左でFKを獲得すると、バルベリスのFKをゴール前に走り込んだファルシネッリが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽対するラツィオは、26分にインモービレがPKを決めて1点を返すも、42分にバストスが2枚目のイエローカードで退場処分となる。 ▽後半、数的有利を得たクロトーネは60分に決定機を迎える。バルベリスの右CKをファーサイドのフェッラーリが折り返すと、ゴール前のナリーニが頭で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽結局、このまま逃げ切ったクロトーネが残留圏内の17位に浮上。リーグ終盤に怒涛の追い上げを見せたクロトーネが、開幕節以来の残留圏内浮上で奇跡のセリエA残留を果たした。 2017.05.29 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

低迷パレルモ、今季4度目の指揮官交代とスポーツディレクター辞任を発表

▽パレルモは11日、ディエゴ・ロペス監督(42)の解任と、ニコラ・サレルノSD(スポーツディレクター)の辞任を発表した。 ▽今季4度目となる監督交代となるパレルモは、昨年末に辞任したエウジェニオ・コリーニ氏の後任としてディエゴ・ロペス監督を招へい。しかし、一度崩壊したチームを立て直すことはできず、就任後10試合でわずか1勝と低迷から脱することができなかった。 ▽なお、パレルモは 2月に “監督喰い”として知られたマウリツィオ・ザンパリーニ氏が会長を辞任。3月に新会長に就任したイタリア人投資家のポール・バッカグリーニ氏の就任後初の監督交代となった。 ▽また、後任監督には今季からアカデミーの監督を務めていたディエゴ・ボルトルッツィ氏が昇格する。 2017.04.12 00:19 Wed
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰のスソの1G1Aなどで4発快勝のミランが5位に浮上!《セリエA》

▽ミランは9日、セリエA第31節でパレルモとのホーム戦に臨み、4-0で勝利した。ミランのFW本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、守護神ドンナルンマの痛恨ミスで最下位ペスカーラと引き分けた7位ミラン(勝ち点54)が、本拠地サン・シーロに19位パレルモ(勝ち点15)を迎えた一戦。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場へこれ以上のポイントロスを避けたいミランは、前節からスタメンを4人変更。3トップに右からスソ、バッカ、デウロフェウと並べ、中盤アンカーにホセ・ソサ、右インサイドにパシャリッチ、左インサイドにクツカを配置する[4-3-3]で臨んだ。 ▽立ち上がりからアグレッシブな入りを見せるミランは、早い時間にスコアを動かす。5分、カウンターから敵陣に攻め込むとバッカのスルーパスに抜け出したデウロフェウが、ボックス右角手前でゴルダニーガに倒されてFKを獲得。このFKをケガから4試合ぶりにスタメン復帰したスソが直接ゴール右に突き刺した。 ▽幸先良い先制点で主導権を握ったミランは、19分にも決定機。右サイドからボックス右手前までカットインしたスソがクロスを供給すると、ゴールエリア左に走り込んだパシャリッチが押し込み、追加点を奪取。さらに37分には、スソのパスをボックス右手前までオーバーラップしたカラブリアが折り返すと、ゴール前のバッカが頭で叩き込み、3点目を奪った。 ▽前半のうちに試合を決めたミランだが、後半も攻撃の手を緩めない。55分、クツカのアーリークロスに反応したバッカがボックス中央から左足を振り抜いたが、シュートはゴール右に逸れる。さらに68分にも、相手陣内でアンデルコビッチからボールを奪取したパシャリッチが決定機を迎えたが、GKフリニャーティのファインセーブに阻まれた。 ▽しかし、ミランは直後に自陣からのロングカウンターで追加点を奪う。70分、デ・シリオのパスをハーフライン付近で受けたデウロフェウが左サイドからドリブルで持ち上がると、カットインからのコントロールシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽試合を決定づけたミランはその後、アントネッリやラパドゥーラを投入。83分には、パレルモのG・ゴンサレスが2枚目のイエローカードで退場処分となり、数的優位を得たミランが、そのまま試合をクローズ。ケガから復帰したスソの1ゴール1アシストなど4ゴールを奪ったミランが、リーグ戦3試合負けなしで5位に浮上した。 2017.04.10 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ラニエリに古巣からオファーか…降格圏に沈むセリエAクラブは奇跡を望む

パレルモがクラウディオ・ラニエリにオファーを送っているようだ。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>ラニエリは2月、レスターの監督を解任された。2015-16シーズンにプレミアリーグで奇跡の優勝を成し遂げてから9カ月、下位に沈み浮上のきっかけをつかめないチームを去ることとなった。そして、現在フリーとなっているラニエリに、パレルモのポール・バカグリーニ会長がオファーを出す意向を示しているという。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』によると、6日にパレルモの会長に就任したばかりであるバカグリーニが、ラニエリの指揮官就任を望んでいるようだ。パレルモは2016-17シーズン、第29節を終えた時点で3勝5分け21敗と18位に沈み降格の危機に瀕している。<br><br>ラニエリは現役時代に2シーズンのみパレルモでプレーし現役を引退している。古巣で再び奇跡を起こすラニエリを見ることはできるのだろうか。注目が集まるところだ。<br>提供:goal.com 2017.03.25 18:25 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング