超ワールドサッカー

ローマ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ローマ 87 28 3 7 90 38 52 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
25:00
セリエA
第38節
ローマ 3 - 2 ジェノア
2017.05.20
25:00
セリエA
第37節
キエーボ 3 - 5 ローマ
2017.05.14
27:45
セリエA
第36節
ローマ 3 - 1 ユベントス
2017.05.07
27:45
セリエA
第35節
ミラン 1 - 4 ローマ
2017.04.30
19:30
セリエA
第34節
ローマ 1 - 3 ラツィオ

基本データ

正式名称:ASローマ

原語表記:Associazione Sportiva Roma S.p.A.

愛称:ジャッロロッソ(黄色と赤)、ラ・マジカ(魔法)

創立:1927年

ホームタウン:ローマ

チームカラー:黄、赤

関連ニュース

thumb

マノラス、ゼニトのメディカルをすっぽかす…一転してチェルシー移籍の可能性

▽ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)の移籍先に関して、ゼニトから一転してチェルシーの名前が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽移籍金3000万ユーロ+5年契約でゼニト移籍入りが間近との見方が強まるマノラス。しかし、『スカイ・スポーツ』によれば、マノラスは予定されたゼニトのメディカルチェックに姿を見せなかったようで、ここにきて選手の代理人から時間が欲しいとの要請があったようだ。 ▽そこで、マノラスの移籍先として浮上したのが、今夏の移籍市場で守備陣の補強が見込まれるチェルシーだ。伝えられるところによれば、チェルシーは以前からマノラスの動向を注視。元イングランド代表DFジョン・テリーの後釜として、マノラスをリストアップしていたという。 ▽マノラスは、2014年夏にオリンピアコスからローマに加入。高い身体能力と読みを利かせた守備でセリエA屈指のセンターバックと評され、ローマ在籍3シーズンで公式戦131試合2ゴールを記録した。 2017.06.29 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、中盤2選手の加入が決定的に! ペッレグリーニ&ゴナロンの交渉が完結

▽ローマが中盤2選手の獲得を決定的なモノとしたようだ。 ▽今夏、[4-3-3]の攻撃的な布陣を志向するエウゼビオ・ディ・フランチェスコ新監督を迎えたローマだが、現時点で中盤のポジションをこなせるのは、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ、オランダ代表MFケビン・ストロートマン、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスの4選手のみ。さらに、パレデスにはゼニトやバイエルン行きの可能性が濃厚となっており、中盤の補強が急務となっている。 ▽その中でローマは、サッスオーロのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニ(21)の獲得に成功したようだ。 ▽『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、ローマは2015年に1000万ユーロ(約12億7000万円)の買い戻しオプション付きの契約でサッスオーロに放出したプリマヴェーラ出身MFの復帰を決定的なモノとしたという。 ▽U-21欧州選手権に出場していた同選手は、28日にフィウミチーノ空港で行われた囲み取材で「ローマに戻ってこれたことを嬉しく思っている。全ては金曜日(30日)に行われる。僕たちは契約を正式なものにし、会見に臨む予定だ」と、ローマ復帰を認めている。 ▽186cmの恵まれたサイズに加え、安定した足元の技術、積極果敢な攻撃参加を特長とするペッレグリーニは、今季の公式戦34試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。サッスオーロでの恩師であるディ・フランチェスコ監督と共に古巣での活躍が期待される。 ▽また、ローマはペッレグリーニと同様に、元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(28)の獲得に迫っている。 ▽イタリア『gianlucadimarzio.com』は28日、ローマが500万ユーロ(約6億4000万円)の金額でリヨンとクラブ間合意したと報道。ゴナロンとは年俸270万ユーロ(約3億4000万)の4年契約で合意に至っており、来週中にも移籍が正式発表されるようだ。 ▽リヨンの下部組織出身のゴナロンは、2009年にトップチームデビュー。187cmの長身を生かした対人プレーや卓越した戦術眼を生かしたゲームメークを特長とする守備的MFは、ここまで同クラブで公式戦300試合以上に出場。近年はキャプテンを務めており、リーダーシップという面でも申し分ない人材だ。 2017.06.29 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、フェイエノールトからオランダ代表DFカルスドルプ獲得! リーグ屈指の攻撃的右SB

▽ローマは28日、フェイエノールトからオランダ代表DFリック・カルスドルプ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は26。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。移籍金は1400万ユーロ(約17億8000万円)となり、パフォーマンス次第で最高500万ユーロ(約6億3000万円)の追加ボーナスが支払われることになる。 ▽ローマ加入が決定したカルスドルプは、クラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。 「ASローマに来ることは、僕のキャリアにおいて大きな前進だ。僕は強い欲求と熱意を持ってここに来たんだ。そして、ここでプレーして自分の多くの夢を実現していきたい」 「個人的に多くの改善点があると思うし、できればここでより優れたプレーヤーに成長したいと思っているよ」 ▽また、カルスドルプの獲得を決めたモンチSD(スポーツ・ディレクター)は、「リックはその若さに関わらず、自身の巨大な才能をすでに示してきた。我々は彼の獲得を非常に嬉しく思っている。そして、彼の特長がエウゼビオ・ディ・フランチェスコの志向するプレースタイルと非常にマッチすることを確信している」と、その才能を高く評価していると語った。 ▽フェイエノールトの下部組織出身のカルスドルプは、2014年にトップチームデビュー。ユース時代の攻撃的MFから右サイドバックにコンバートした同選手は、圧倒的な身体能力とテクニックを武器に、エールディビジ屈指の攻撃的サイドバックに成長を遂げた。今シーズンはリーグ戦30試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。同クラブの18年ぶりのリーグ制覇の立役者の1人となった。 ▽また、2016年10月のロシア・ワールドカップ欧州予選のベラルーシ代表戦で待望のフル代表デビューも飾り、ここまで2試合に出場している。 ▽フェイエノールトでの目覚ましい成長ぶりを受けて、今夏の移籍市場ではバルセロナやナポリなど、複数クラブが獲得に興味を示しているとの報道もあったが、新天地は代表のチームメートであるMFケビン・ストロートマンも在籍するローマとなった。 2017.06.29 01:24 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ2枚にロナウド、イブラ、トッティ…エル・シャーラウィが豪華コレクション披露

ローマに所属するFWステファン・エル・シャーラウィが26日、インスタグラムを更新し、自慢のコレクションを披露した。<br><br>24歳のエル・シャーラウィはこれまでの自身のキャリアにおいて、チャンピオンズリーグ(CL)の舞台やイタリア代表戦において、様々なトッププレーヤーと対戦もしくは競演してきた。自宅の寝室には、戦利品とばかりに豪華コレクションが並べられている。中でも目を引くのはFWリオネル・メッシのユニフォームだ。エル・シャーラウィはバルセロナとの対戦だけではなく、イタリア代表としてアルゼンチン代表とも戦っており、メッシのユニフォームは2種類ゲットしている。<br><br>このほかローマの同僚、FWフランチェスコ・トッティや、ミランで同僚だったFWズラタン・イブラヒモビッチとMFカカ、イタリア代表の先輩、GKジャンルイジ・ブッフォンのユニフォームも並べられている。また対戦相手としては、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドやブラジル代表のFWネイマールのユニフォームが飾られている。さらに、これらのユニフォームの後ろにも、無数のユニフォームがハンガーにかけられており、エル・シャーラウィのコレクションの豪華さが窺える。<br><br>なおエル・シャーラウィは2016-17シーズン、セリエAでは32試合に出場し8ゴールをマーク。ローマの2位フィニッシュに貢献した。来シーズンはCLに参戦することになるが、エル・シャーラウィのコレクションはさらに増えるのだろうか、注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

中田英寿氏、バティやモンテッラとともに名を連ねローマの高額移籍金選手トップ10に

1990年以降、ローマが獲得した高額移籍金の選手のトップ10に元日本代表の中田英寿氏が名を連ねた。ローマ情報サイト『ForzaRoma.info』が25日、特集を組んだ。<br><br>元アルゼンチン代表のレジェンド、ガブリエル・バティストゥータや現ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラ、悪童ながらも天才と称された FWアントニオ・カッサーノらとともに、中田氏は高額移籍金の選手第5位にランクインした。<br><br>中田氏は2000年1月、日本人として初めてローマに入団し、翌年、スクデットを獲得することにも成功した。ローマに加入した当時、中田氏は「才能あるトップ下として評判」の選手であった。だが同ポジションを務め、ローマの王子として親しまれていたフランチェスコ・トッティの脅威となるのではないかと心配され、獲得の際には好意的に見られなかった。だがトッティの壁は大きく、中田氏は在籍した1年半で出場は40試合、6ゴールにとどまった。<br><br>それでも中田氏のゴールは「スクデット争奪戦において決め手となるゴールだった」として称えられている。2000-01シーズンの5月、ローマは優勝争いの渦中にあるユヴェントスと対戦した。前半、ローマはFWアレッサンドロ・デル・ピエロとジネディーヌ・ジダンのゴールでユベントスに0-2とリードを許した。だが後半、トッティに代わってピッチに入った中田が豪快なミドルシュートを放ち1点差に迫った。続いて試合終盤、中田のシュートのこぼれ球をモンテッラが押し込み同点に追いつき、ローマのスクデットの獲得をほぼ確実なものとした。このため中田は「ローマサポーターの間で、伝説的な存在となった」と言われている。<br><br>なお高額移籍金の選手第1位はバティストゥータ、2位はモンテッラとカッサーノとなっている。<br><br>ローマの歴代高額移籍金の選手 トップ101位 ガブリエル・バティストゥータ 3620万ユーロ(約45億円)<br />2位 ヴィンチェンツォ・モンテッラ 2580万ユーロ(約32億円)<br />2位 アントニオ・カッサーノ 2580万ユーロ(約32億円)<br />4位 フアン・マヌエル・イトゥルベ 2450万ユーロ(約31億円)<br />5位 中田英寿 2200万ユーロ(約27億5000万円)<br />6位 モハメド・サラー 2160万ユーロ(約27億円)<br />7位 エメルソン・ダ・ローザ 2000万ユーロ(約25億円)<br />8位 ケビン・ストロートマン 1940万ユーロ(約24億2000万円)<br />9位 ジェルソン 1890万ユーロ(約23億6000万円)<br />10位 クリスティアン・キブ 1800万ユーロ(約22億円)<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 12:00 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング