ミラン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ミラン 26 7 5 3 24 18 6 15

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-18
28:30
セリエA
第16節
ボローニャ vs ミラン
2018-12-22
23:00
セリエA
第17節
ミラン vs フィオレンティーナ
2018-12-26
20:30
セリエA
第18節
フロジノーネ vs ミラン
2018-12-29
28:30
セリエA
第19節
ミラン vs SPAL
2019-01-20
セリエA
第20節
ジェノア vs ミラン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.13
29:00
ELグループF
最終節
オリンピアコス 3 - 1 ミラン
2018.12.09
28:30
セリエA
第15節
ミラン 0 - 0 トリノ
2018.12.02
20:30
セリエA
第14節
ミラン 2 - 1 パルマ
2018.11.29
26:55
ELグループF
第5節
ミラン 5 - 2 デュドランジュ
2018.11.25
26:00
セリエA
第13節
ラツィオ 1 - 1 ミラン

基本データ

正式名称:ACミラン

原語表記:Associazione Calcio Milan s.p.a

愛称:ロッソネロ(赤と黒)、イル・ディアボロ(悪魔)

創立:1899年

ホームタウン:ミラノ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース

thumb

ミラン幹部レオナルド氏、EL主審に不満「判定ミスが多すぎ。ミスで敗退が決まった」

ミランのテクニカルスポーツ部門ゼネラルディレクターを務めるレオナルド氏が13日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ヨーロッパリーグ(EL)オリンピアコス戦の判定に不満を示した。<br><br>ミランは13日、ELグループF最終節においてオリンピアコスと敵地で対戦したが1-3で敗れた。この結果、オリンピアコスが逆転でグループリーグ突破を決め、ミランは敗退が決定した。レオナルド氏は、この一戦における主審の判定に納得できない様子だ。<br><br>「我々のEL敗退が決まった。試合についてはプレーを含めてすべての評価を下すつもりだ。だがまず、判定に関するいくつかのエピソードを見直したいと思う。向こうの先制点につながったコーナーキックのシーンにおいて、オリンピアコスの選手は、その前に笛を吹かれた(サム)カスティジェホと同じことをしても笛を吹かれなかった。それにPKはなかった。さらに我々が攻撃に転じるたびに物凄い音がした。クラクションか何か分からないが、規定で認められていないものだ。主審は試合を止めて、あの騒音を止めるように指示しなければならなかった。これらのミスがグループ突破の行方を決めた」<br><br>「このような状況に満足できるはずがない。ミスが多すぎた。UEFAは模範となるべきであり、多くの場所で使用されているVARを採用するべきだ。我々もチームの状況は理解している。まだ作り上げている段階のチームであり、これからまだ改善する余地は大きい。だが3ポイントリードしてこの試合に臨んでいたし、今回の敗退は相応しくないと言える」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.14 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、オリンピアコスとの2位通過を懸けた直接対決に敗れ敗退…《EL》

▽ミランは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループF最終節でオリンピアコスと対戦し、1-3で敗れた。 ▽グループステージではここまで3勝1分け1敗で2位に位置しているミランと、それを勝ち点差3で追うオリンピアコスの一戦。前回対戦では3-1で勝利しているため、大きなアドバンテージを持ってこの一戦に臨むミランは、先発にイグアインやクトローネ、バカヨコ、チャルハノールを起用した。 ▽まずはミランは5分、チャルハノールがボックス手前からあいさつ代わりのミドルシュートでゴールに迫る。17分には、右サイドのカラブリアの横パスをボックス右で受けたクトローネからイグアインにスルーパスが送られGKと一対一に。しかし、距離が近すぎてシュートは阻まれてしまった。 ▽一方、突破には最低でも2点は必要なオリンピアコスは25分に、左サイドを攻めあがったコウトリスからパスを貰ったポデンセがボックス左からシュートを放つ。相手に当たって得たCKでは、こぼれ球をギジェルメが狙いにいくが相手のブロックに防がれた。 ▽その後はやや押し気味にすすめるオリンピアコスが44分のFKのチャンスでフォルトゥニスがゴール右を突いたシュートを放つも、ゴール手前でワンバウンドしたボールをGKヴァグネルに上手く弾き出された。 ▽前半に続いて、後半も攻勢に出るオリンピアコスは60分、左CKをショートコーナーでスタートすると、ポデンセが上げたクロスにヴコビッチが合わせたシュートはゴール前に立っていたイグアインにブロックされるも、さらにそれをシセが押し込んで先制点を挙げた。 ▽この1点で怪しくなってきたミランは、クトローネとチャルハノールが立て続けにシュートを放っていく。一方、俄然勢いがついてきたオリンピアコスもフォルトゥニスやギジェルメがゴールに迫る。 ▽69分、オリンピアコスが左サイドから高く上げたクロスは一度跳ね返されるものの、拾ったギジェルメがボックス手前右から右足を振り抜く。するとこれがサパタの足に当たっ手コースが変わり、GKの頭上を抜く形でオウンゴールとなった。 ▽不利な状況から一転、このままいけば勝ち上がりが決まるオリンピアコスだったが、ミランも黙ってはいなかった。失点から2分、今度はミランのCKの場面、左から上がったクロスをオウンゴール献上のサパタが身体で押し込んで1点を返す。 ▽二転三転する白熱した試合はこのままでは終わらない。81分、オリンピアコスのCKの場面で、アバーテがトロシディスを抱え倒したとして、PKの判定に。これをフォルトゥニスが冷静に逆を突いてゴール。値千金の3点目を奪った。 ▽その後、試合終了に近づくにつれて熱を増していく試合は互いにチャンスが訪れる一歩も譲らない展開に。最後のセットプレーでGKレイナまでもがゴール前に上がったミランだったが、追加点を奪えず試合終了。1-3で敗れたミランは、逆転でオリンピアコスにグループステージ突破を許してしまった。この結果、グループFはベティスが首位通過、オリンピアコスが2位通過となった。 2018.12.14 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カード! 前回王者ユベントスはボローニャと対戦

▽イタリアサッカー協会(FIGC)は11日、コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブがが登場するラウンド16では、セリエA同士の対戦が5カード実現。前回王者のユベントスは、敵地でボローニャと対戦。 ▽また、前回準優勝のミランは敵地でサンプドリアと対戦。その他のセリエA同士の対戦は、ナポリvsサッスオーロ、トリノvsフィオレンティーナ、カリアリvsアタランタが決定した。 ▽また、インテル、ローマ、ラツィオは下位リーグ所属クラブとの対戦が決まった。なお、コッパ・イタリア・ラウンド16は2019年1月12~14日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16 ボローニャ vs ユベントス ラツィオ vs ノヴァーラ サンプドリア vs ミラン インテル vs ベネヴェント ナポリ vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ カリアリ vs アタランタ ローマ vs ヴィルトゥス 2018.12.12 01:05 Wed
twitterfacebook
thumb

セードルフ「監督は中身が必要。選手として偉大でもアドバンテージは1週間だけ」

カメルーン代表指揮官のクラレンス・セードルフが9日、イタリア『メディアセット』のテレビ番組『プレッシング』にゲスト出演し、自身のキャリアを振り返った。<br><br>セードルフは現役時代、アヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍。ブラジルのボタフォゴでプレーしていた2014年1月、古巣ミランから監督としてのオファーを受けると電撃引退を決断し、解任されたマッシミリアーノ・アッレグリの後任を務めた。オランダ人指揮官は、ミラン加入直後だったMF本田圭佑を半年間、指導したことでも知られる。<br><br>「自分のキャリアには、非常に満足していた。だからこそ、急なことだったが、すべてを手放してミランの指揮を執りに向かったんだ。24年間のキャリアを経て、新たな挑戦へ準備はできていた」<br><br>元オランダ代表MFは監督としてそれなりの成績を残していたかに見えたが、シーズン終了後には解任処分を受けた。<br><br>「偉大な選手であったことによるアドバンテージは、監督を始めてわずか1週間でなくなってしまう。それからは中身が必要になる。ミランは当時、苦境に陥っていたので、私は助けに行ったつもりだった。あの頃、私は非常に孤独だったが、それでもチームをまとめてまずまずのパフォーマンスを見せ、19試合で35ポイントを獲得した。新シーズンへ向けて準備も万端だったが、クラブは別の決断を下した。(当時の後任で現ボローニャ指揮官のフィリッポ)インザーギのように負けても監督の座に留まれるような幸運に恵まれたかったよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、ミラン移籍報道への応対に難色「手元にいる選手たちへ敬意を欠く」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは、9日のトリノ戦(0-0)終了後にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じたが、移籍関連のコメントへ難色を示した。<br><br>先日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのミラン復帰の可能性が報じられ、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏や元ミランCEOのアドリアーノ・ガリアーニ氏らも獲得に関して発言をするなどクラブの内外で論争が巻き起こった。ミラン幹部のレオナルド氏はその後、イブラヒモヴィッチの獲得を否定しているが、他に名前が挙がっているチェルシーのMFセスク・ファブレガスについては関心を認めており、ミランの動向は引き続き注目されている。しかしガットゥーゾは、報道が過熱して自身までもがコメントを求められたことに難色を示している。<br><br>「私はコメントするつもりはない。(幹部の)レオナルドや(パオロ)マルディーニ、(イヴァン)ガジディスがいる。彼らと話して欲しい。私は手元にいる選手を指導している立場だ。負傷者が何人もいる中、チームは全力を尽くしてくれている。他のことについては彼ら(幹部)に聞いてくれ。ここにいない選手について話をするなんて無駄だ」<br><br>「現在、それぞれに役割がある。ここへやって来て、これから加入するかもしれない選手について話すのはフェアではない。他の選手たちへの敬意を欠く。私も選手だったから、監督が自分のことを良く言ってくれないとき、どんな気持ちになるのか理解できる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 08:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング