ユベントス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ユベントス 22 7 1 1 27 9 18 9

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-25
27:45
セリエA
第10節
ユベントス vs SPAL
2017-10-28
25:00
セリエA
第11節
ミラン vs ユベントス
2017-10-31
28:45
CLグループD
第4節
スポルティング・リスボン vs ユベントス
2017-11-05
23:00
セリエA
第12節
ユベントス vs ベネヴェント
2017-11-19
23:00
セリエA
第13節
サンプドリア vs ユベントス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.22
25:00
セリエA
第9節
ウディネーゼ 2 - 6 ユベントス
2017.10.18
27:45
CLグループD
第3節
ユベントス 2 - 1 スポルティング・リスボン
2017.10.14
25:00
セリエA
第8節
ユベントス 1 - 2 ラツィオ
2017.10.01
27:45
セリエA
第7節
アタランタ 2 - 2 ユベントス
2017.09.27
27:45
CLグループD
第2節
ユベントス 2 - 0 オリンピアコス

基本データ

正式名称:ユベントスFC

原語表記:Juventus Football Club s.p.a

愛称:ビアンコネロ(白と黒)、ラ・ベッキア・シニョーラ

創立:1897年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:白、黒

関連ニュース

thumb

ジェノア戦で愚行のボヌッチ、古巣ユベントス戦を含む2試合の出場停止処分が決定!

▽セリエAを管轄するレガ・セリエAは23日、ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに対し、セリエA2試合の出場停止処分を科した。レガ・セリエAの公式サイトで発表している。 ▽ボヌッチは、22日に行われたセリエA第9節のジェノア戦に先発出場したが25分、攻撃時のセットプレーで相手MFロージに対してヒジ打ちを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に一発退場となった。 ▽レガ・セリエAは、今回の行為が反スポーツマン的行動として、同選手にリーグ戦2試合の出場停止処分を科した。 ▽今夏、4200万ユーロ(約56億円)の高額な移籍金でユベントスからミランへ電撃移籍を果たしたボヌッチは、選手登録が認められて以降の公式戦14試合全てに出場してきた。だが、ここまでは新主将に相応しくないイージーミスを連発するなど、その移籍金に見合った働きを見せられていない。 ▽また、今回の出場停止処分により、25日のキエーボ戦、28日にホームで行われる古巣ユベントスとの重要な2試合を欠場することになった。 2017.10.24 01:23 Tue
twitterfacebook
thumb

「特別なことだけど…」ケディラ、キャリア初のハットトリックよりもチームの勝利

▽ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが、自身のハットトリックよりもチームの勝利が重要であると主張した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユベントスは22日に行われたセリエA第9節で、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨んだ。3試合ぶりの白星を目指すユベントスだったが8分に失点。しかし、直後にオウンゴールで同点に追いつくと、20分に右サイドからのクロスをケディラが頭で合わせて逆転に成功する。その後、1点ずつを取り合うと、ケディラが59分、87分に追加点を奪ってハットトリックを達成。90分にもピャニッチがゴールを奪い、ユベントスが6-2で3試合ぶりの白星を飾った。 ▽試合後、ケディラはキャリア初のハットトリックに「特別なこと」と喜びをあらわにしながらも、チームの結果を重要視している。 「自分自身のことだけに喜ぶことはできないよ。もちろん、キャリア初めてのハットトリックは特別なことだけどね。ただ、それよりもチームのことの方が大事だよ。特に今日はマリオ(・マンジュキッチ)が退場してしまって、(数的不利の状況に対して)対応していくことの方が重要だったからね」 「僕らの目標は試合に勝つことだった。そして、成功した。今日の勝利は、きっと今後に向けて勢いづかせてくれるよ。今シーズンはチームとしてもこの調子を維持していきたいね。僕らは一新するよ。そして、長い道のりであることは分かっているけど、シーズン目標に向かって集中するよ」 2017.10.23 12:22 Mon
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ退場のユベントス、ケディラのトリプレッタ含む6Gでリーグ戦3試合ぶり勝利《セリエA》

▽ユベントスは22日、セリエA第9節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、6-2で逆転勝利した。 ▽前節ラツィオに1-2と逆転負けし、今季初黒星を喫した3位ユベントス(勝ち点19)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦を2-1と薄氷の逆転勝利。そのスポルティング戦のスタメンからストゥラーロと負傷したベナティアに代えてリヒトシュタイナーとルガーニを起用した。 ▽13位ウディネーゼ(勝ち点6)に対し、[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりから押し込んでいくも、8分に失点する。ルガーニのミスパスからショートカウンターを受けると、ペリカにボックス左へ侵入され、左足でシュートを流し込まれた。 ▽失点後、マンジュキッチのダイビングヘッドでゴールに迫ったユベントスは、14分に試合を振り出しに戻す。ピャニッチの左CKがサミルのヘディングでのクリアミスを誘い、オウンゴールとなった。 ▽続く18分にはピャニッチの右CKからキエッリーニが決定的なヘディングシュートを浴びせるも枠を外してしまう。それでも20分、ボックス手前右からのクアドラードのアーリークロスをファーサイドのケディラがヘディングで叩き込んで逆転に成功する。 ▽その後、イグアインが左ポスト直撃のシュートを浴びせたユベントスだったが、26分にアクシデント。アリ・アドナンとの交錯でひと悶着したマンジュキッチが主審への抗議も含めて立て続けに2枚のイエローカードを受け、退場となってしまった。 ▽すると、10人となったユベントスは34分にピンチ。ボックス左に侵入したヤンクトに強烈なシュートを浴びるもブッフォンが好守で凌いだ。ハーフタイムにかけて自陣に引いて守勢に回ったユベントスは、45分にもピンチ。クロスボールをボックス左のヤンクトにボレーで合わせられ、シュートは枠を捉えていたが、ここもブッフォンが立ちはだかる。 ▽さらに追加タイムにもマキシ・ロペスのワンタッチシュートでゴールを脅かされたユベントスは、ブッフォンが三度ファインセーブを見せて、辛くも1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半もメンバーを変更せず、ディバラを左サイドハーフに配置する[4-4-1]で臨んだユベントスは、48分に失点する。右サイドからのデ・パウルのFKをダニーロがヘディングシュートで叩き込んだ。 ▽しかし52分、ユベントスがすかさず勝ち越しに成功する。ディバラの右サイドからのFKをルガーニがヘディングで流し込んだ。さらに59分、ディバラの左サイド低い位置からのFKをルガーニが頭で折り返すと、最後はケディラが蹴り込んで4-2と突き放した。 ▽その後、ディバラをお役御免としたユベントスは自陣に引いて応対。79分にはクアドラードに代えてバルザーリを右サイドバックに投入し、リヒトシュタイナーを右サイドハーフに移した。 ▽逃げ切り体制十分のユベントスは87分にケディラがトリプレッタを達成すると、ピャニッチのミドルシュートも決まって6-2で勝利。マンジュキッチの退場を跳ね除け、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.10.23 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ピャニッチの直接FK弾と終盤のマンジュキッチ弾でユベントスがスポルティングに薄氷の逆転勝利《CL》

▽ユベントスは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でスポルティング・リスボンをホームに迎え、2-1で辛勝した。 ▽前節オリンピアコス戦を途中出場イグアインの活躍で2-0と制したユベントスは、1勝1敗スタートとした中、1-2と敗れてセリエA初黒星を喫した直近のラツィオ戦のスタメンから6選手を変更。マテュイディやドグラス・コスタ、バルザーリらがベンチスタートとなり、負傷明けのピャニッチの他、ラツィオ戦でPKを失敗したディバラらがスタメンに戻った。 ▽ユベントス同様に1勝1敗スタートとなったスポルティングに対し、[4-2-3-1]で臨んだユベトスは立ち上がり、スポルティングのポゼッションを許すやや緩い入りを見せる。すると、12分に失点する。 ▽ブルーノ・フェルナンデスのスルーパスをアレックス・サンドロがカットできずジェウソン・マルティンスの抜け出しを許すと、GKブッフォンが一対一を止めるも、ルーズボールがアレックス・サンドロの足に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽まずい入りを見せたユベントスは切り替えてギアを上げていくと、ケディラのボレーシュートやマンジュキッチのワンタッチシュートでゴールに迫っていく。すると29分、ボックス手前左で得たFKをピャニッチがゴール左に沈めて試合を振り出しに戻した。 ▽続く30分にはボックス右深くまでえぐったディバラの折り返しをマンジュキッチが合わせるもわずかに枠の左に外れる。ハーフタイムにかけても攻勢に出るユベントスは43分、左CKをキエッリーニが落としてボックス右のイグアインがシュートに持ち込んだがGKルイ・パトリシオのセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半から負傷したベナティアに代えてバルザーリを投入したユベントスは、引き続き敵陣でのプレーを増やしにかかるも、ブルーノ・フェルナンデスのキープ力に苦戦し、流れを引き寄せきれない。 ▽そのまま時間が進み、70分にようやくディバラの左CKからマンジュキッチがヘディングシュートを浴びせるも、威力を欠いてGKにセーブされてしまう。 ▽終盤にかけてもギアの上がらなかったユベントスは、84分にストゥラーロに代えてドグラス・コスタを投入。するとこの交代がピタリと当たる。交代直後のドグラス・コスタが左サイドから仕掛けてクロスを上げると、ファーサイドのマンジュキッチがDFのマークをものともせずヘッド。これがゴールに突き刺さり、ユベントスが逆転に成功した。 ▽少ないチャンスを活かしてリードしたユベントスは自陣に引いてスポルティングの攻撃を凌ぎ、2-1で逃げ切り。薄氷の逆転勝利で2連勝とし、2位に浮上した。 2017.10.19 05:48 Thu
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが12年前のデビュー時を回想「交代相手はバロンドール受賞者だった」

ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニは15日でデビュー12周年を飾った。ユベントスの公式チャンネル『ユベントスTV』のインタビューに応じている。<br><br>キエッリーニはピサ出身で、リヴォルノの下部組織で育った。2004年夏にユベントスに移籍すると、1年間はレンタルでフィオレンティーナへ武者修行。翌シーズン、ファビオ・カペッロ率いるユベントスに復帰したキエッリーニにデビューの瞬間が訪れた。2005年10月15日、スタディオ・デレ・アルピでのメッシーナ戦(1-0でユベントスが勝利)のことだ。当時のユベントスには、アレッサンドロ・デル・ピエロやズラタン・イブラヒモビッチ、ファビオ・カンナヴァーロ、リリアン・テュラムといったそうそうたるメンバーが名を連ねていた。<br><br>「感動が入り混じっていた。加入してから2カ月が経っていたけど、ユベントスの若手なら全員が経験することだ。偉大な選手が集まるクラブの一員になるには少し時間がかかったよ。考えてみて欲しい。あの試合で僕が交代した相手はバロンドール受賞者のパベル・ネドベドだったんだ」<br><br>当時21歳だったキエッリーニに代わり、ピッチを後にしたのは、2003年にバロンドールを受賞し、現在はユベントスの副会長を務めるレジェンド、ネドベド氏だったことを回想した。<br><br>「ここへ来ると、まるで別世界に押しつぶされそうになる。最初は少し苦労するけど、少しずつ自分の居場所を勝ち取っていくことができた」<br><br>その後、キエッリーニは徐々に実力を発揮し、DFアンドレア・バルザーリや今夏ミランへ移籍したDFレオナルド・ボヌッチと堅守のBBCトリオを組み、ユベントスの6連覇を支えて貢献し、現在の地位を築いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:52 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング