バーゼル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 バーゼル 2 0 2 4 3 12 -9 6

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.05
28:45
CLグループA
最終節
ベンフィカ 0 - 2 バーゼル
2017.11.22
28:45
CLグループA
第5節
バーゼル 1 - 0 マンチェスター・ユナイテッド
2017.10.31
28:45
CLグループA
第4節
バーゼル 1 - 2 CSKAモスクワ
2017.10.18
27:45
CLグループA
第3節
CSKAモスクワ 0 - 2 バーゼル
2017.09.27
27:45
CLグループA
第2節
バーゼル 5 - 0 ベンフィカ

基本データ

正式名称:バーゼル

原語表記:Fussball club Basel 1893

ホームタウン:バーゼル

チームカラー:青、赤

関連ニュース

thumb

ドルトムントが22歳スイス代表DFアカンジを獲得、推定移籍金は約29億円

▽ドルトムントは15日、バーゼルからスイス代表DFマヌエル・アカンジ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日まで。背番号は「16」になるようだ。 ▽母国スイスのヴィンタートゥール出身のアカンジは2015年夏にバーゼルに移籍。強靭なフィジカルと鋭い反応を生かした守備が持ち味のセンターバックで、ディフェンスだけでなく得点力にも目を見張るものがある。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、リーグ戦15試合で4ゴール。今季もここまでのリーグ戦19試合で1ゴール1アシストを記録している。 ▽アカンジはクラブの公式サイトで「ドルトムントの監督と話をしていい感覚を掴むことができた。それが移籍の決断になったね」と移籍の経緯を説明。さらに「僕はドルトムントのフットボールが好きなんだ。ここでの生活を楽しみにしている。ベストを尽くすよ」と意気込みを語った。 ▽なお、移籍金は公表されてないがドイツ『キッカー』によれば、移籍金は推定2150万ユーロ(約29億円)の模様。マンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せていたようだ。 2018.01.16 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バーゼルから22歳のDF獲得へ…約30億円でクラブ間合意との報道

ドルトムントは、DFマヌエル・アカンジの獲得でバーゼルと合意に至ったようだ。スイス『ブリック』、ドイツ『キッカー』『ビルト』が報じた。<br><br>報道によれば、アカンジは13日、バーゼルがスペインで行っているトレーニングキャンプから離れ、ドルトムントへ向かったという。22歳のセンターバックは、ドルトムント行きが最終段階に入ったと伝えられている。<br><br>『ブリック』や『ビルト』によると、ドルトムントはこれまで4キャップを記録したスイス代表DFの獲得に向けて、バーゼルとボーナス込みの移籍金2150万ユーロ(約29億円)で合意。また選手本人とも合意に至ったとされる。<br><br>また『キッカー』では、マンチェスター・ユナイテッドも同選手に興味を抱いており、オールド・トラッフォードが新天地となる可能性も残っていると指摘。だが、それでもアカンジのドルトムント移籍が成立に向かっていると見ているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.14 14:08 Sun
twitterfacebook
thumb

【CLグループA総括】ユナイテッド貫禄突破、バーゼルが躍進

▽昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に、ポルトガル王者のベンフィカ、スイス王者のバーゼル、そして予選から勝ち上がってきたロシアリーグ2位のCSKAモスクワが同居したグループAでは、ユナイテッドが貫録の首位通過。そして、注目の2位争いはバーゼルが制した。 ■グループA順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.マンチェスター・ユナイテッド[15/5/0/1/9] 2.バーゼル[12/4/0/2/6] 3.CSKAモスクワ[9/3/0/3/-2] 4.ベンフィカ[0/0/0/6/-13] ◆貫禄の首位通過~マンチェスター・ユナイテッド~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽EL王者のユナイテッドは開幕から4連勝を達成し、4試合を終えた時点でほぼ首位通過を決定づけた。ただ、第5節でバーゼルに敗れたことで実際に突破を“確定”させたのは最終節だったため、ラスト2試合でローテーションしきれなかった点は誤算だった。それでも、5勝を記録したあたりは、欧州での勝ち方を熟知しているモウリーニョ監督らしい安定感だ。CL決勝トーナメント進出は実に4シーズンぶりとなるレッド・デビルズ。セビージャとの対戦が決まっている中、名門復活をアピールするためにはリーグ戦だけでなくCLでもきっちりと8強入りすることが必要だ。 ◆スイスの雄が快挙~バーゼル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スイスの雄が快挙を成し遂げた。初戦でユナイテッドに0-3で敗戦したことを引きずることなく、第2節ではホームでベンフィカを5-0と一蹴。これで自信をつけたチームは、第3節にCSKAモスクワとのアウェイ戦を2-0で制した。また、第5節でもホームでユナイテッドに試合終盤、DFミヒャエル・ラングのゴールで1-0の勝利。これには、テニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーも「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と母国クラブの快挙を称えた。ユナイテッド戦をのぞけば失点数はわずかに「2」。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・シティと戦うことが決まったが、組織的な守備とインテンシティの高さを武器に、ジャイアントキリングを再現したい。 ◆好スタートも一歩及ばず~CSKAモスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽勝ち点9を獲得したCSKAモスクワだが、一歩及ばず3位フィニッシュ。初戦、ベンフィカとのアウェイ戦を2-1でモノにし、このグループの2位争いを面白くした。ただ、アウェイで2勝した一方、ホームで手にした勝ち点が3と、本来は大きなアドバンテージとなるホーム戦で勝ち点を積み重ねることができなかった点は痛く、ヴァシリ&アレクセイのベレズツキ兄弟やイグナシェビッチらベテラン勢も国内リーグならまだしも、この舞台ではスピードとアジリティ不足となっており、欧州で躍進するためには世代交代が必要な時期だろう。 ◆今大会最大のネガティブ・サプライズ~ベンフィカ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベンフィカは6戦全敗の最下位で、今大会最大のネガティブなサプライズとも言える結果に終わった。初戦のホーム戦を落とし、2戦目のバーゼル戦では0-5の大敗。そこからユナイテッドとの2連戦だっただけに、モチベーションを維持することも難しかっただろう。GKエデルソン、DFリンデロフ、DFセメドら主力の流出はやはり痛かったが、それでもネームバリューではCSKAモスクワとバーゼルを上回っていた。ルイゾンやサルビオ、サマリス、セフェロビッチら本来チームを牽引すべき選手たちの低調なパフォーマンスが結果に響いた。 2017.12.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカク&ラッシュフォード弾で逆転勝利のユナイテッドがGS首位通過!! ベンフィカに完勝のバーゼルが3季ぶりのGS突破!《CL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節でCSKAモスクワと対戦し、2-1で勝利した。この結果、ユナイテッドはグループA首位でグループステージ突破を決めた。 ▽11月22日に行われたバーゼル戦でグループステージ初黒星を喫したものの、最終節を大敗しなければグループ首位通過が決まるユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたプレミアリーグ第15節のアーセナル戦からスタメンを6人変更。GKデ・ヘアやマルシャル、マティッチらに代えてGKロメロやラッシュフォード、マタらを起用。アーセナル戦で退場し、リーグ戦3試合の出場停止処分が決定したポグバもスタメンに名を連ねた。 ▽一方、逆転でのグループステージ突破を目指す3位のCSKAモスクワは、ジャゴエフやゴロビン、ヴィチーニョら主力を起用した[3-5-2]の布陣で試合に臨んだ。 ▽2トップにルカクとラッシュフォード、トップ下にマタを配置した[3-4-1-2]で試合に臨んだユナイテッドは、4分に最初の決定機を迎える。ルカクの縦パスでボックス中央から侵入したラッシュフォードがゴール左まで持ち込みシュート。対角線のゴール右下を狙ったシュートは、わずかに逸れて右ポストを直撃した。 ▽先制のチャンスを逃すも主導権を握ったユナイテッドは15分、自陣からのロングフィードを左サイドで収めたマタの落としをボックス左で受けたラッシュフォードがシュート。さらに20分には、バレンシアの右クロスをファーサイドのルーク・ショーがボレーシュートで合わせたが、共にGKアキンフェエフの好セーブに阻まれた。 ▽前半終盤にかけては一進一退の攻防が続く中、均衡を破ったのはCSKAモスクワ。45分、クチャイェフのスルーパスをボックス右深くで受けたマリオ・フェルナンデスがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス中央に走り込んだヴィチーニョがダイレクトシュート。これがゴール前のジャゴエフに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半も先にチャンスを作ったのはユナイテッド。47分、ボックス右から仕掛けたラッシュフォードが右足で強烈なシュートを放ったが、これもGKアキンフェエフがセーブ。さらに58分には、ペナルティアーク手前でポグバが倒されて獲得したFKをラッシュフォードが直接狙ったが、これは壁に当たり枠を外れた。 ▽その後も主導権を握るユナイテッドが攻勢を続けると、64分に待望の瞬間が訪れる。バイタルエリア左でボールを受けたポグバがゴール前に浮き球のパスを供給。これをゴール前に走り込んだルカクが相手DFに引っ張られながらも左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽5試合ぶりのルカク弾で同点としたユナイテッドは、直後の66分に勝ち越す。自陣からのロングフィードを前線のルカクが頭で繋ぐと、抜け出したラッシュフォードがボックス手前まで侵攻。一度は相手DFに当ててしまいボールロストしたが、こぼれ球を拾ったマタがワンタッチでボックス左へ送ると、これに反応したラッシュフォードがボックス左からシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽試合終盤にかけて同点ゴールを狙うCSKAモスクワの猛攻を受けると84分、クチャイェフのパスでゴール前に抜け出したジャゴエフに決定機を許したが、これはGKロメロがファインセーブでゴールを死守。 ▽結局、試合は2-1のまま終了。逆転勝利を飾ったユナイテッドが、グループ首位で4シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日に行われたグループAもう1試合のベンフィカvsバーゼルは、0-2でバーゼルが勝利した。試合が動いたのは5分、ラングの右クロスをゴール前に走り込んだモハメド・エルヨナッシが頭で流し込み、バーゼルが先制に成功した。 ▽先制したバーゼルは、65分にもツフィの左FKをボックス中央のアカンジが頭で落とすと、最後はオベルリンがゴールに押し込み、追加点を挙げた。結局、試合はそのまま0-2で終了。 ▽この結果、2位をキープしたバーゼルの3シーズンぶりの決勝トーナメント進出が決定。3位に終わったCSKAモスクワは、ヨーロッパリーグへ回ることとなった。 ■グループA順位表■ [勝ち点/ /得失点] 1.マンチェスター・ユナイテッド[15/9] 2.バーゼル[12/6] 3.CSKAモスクワ[9/-2] 4.ベンフィカ [0/-13] 2017.12.06 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

予想外の敗戦を喫したマンチェスター・U…モウリーニョはポグバの交代が敗因と認める

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ポール・ポグバを下げたことがバーゼル戦の敗因だったと認めている。<br><br>22日のチャンピオンズリーグでマンチェスター・ユナイテッドは敵地でバーゼルと対戦。グループ首位のユナイテッドは、終盤に失点を喫して0-1で敗れた。この結果、決勝トーナメント進出決定は最終戦への持ち越しが決まった。<br><br>9月のバーゼル戦でハムストリングを痛め、先日のニューカッスル戦で2カ月ぶりの復帰を果たしたポグバは、この試合に先発出場。そして、66分にネマニャ・マティッチと途中交代するまでプレーした。しかし、その後バーゼルに得点を許したことで、モウリーニョ監督はこの交代が予期せぬ敗戦につながったと感じているようだ。<br><br>モウリーニョ監督は試合後、記者にポグバ交代の判断が結果に影響したかと問われ「何かしらの影響はあったと思う。ポールが交代した後、我々は良いチームではなくなった。65分を過ぎた辺りから疲労度が増していたから仕方のない判断だった。代わりにマティッチのような経験のある選手をピッチに送ったが、ゲームにインパクトを残せなかった」と認めた。<br><br>同指揮官は一方で「マーカス(ラッシュフォード)の投入はチームにスピードを与え、ズラタン(イブラヒモビッチ)を入れたことで前線でボールをキープできた。このアプローチは良かったと思う」と得点を奪うことはできなかったものの、収穫もあったと話している。<br><br>後続に勝ち点3差で首位をキープするマンチェスター・ユナイテッドは、12月5日にグループステージ最終節でCSKAモスクワをホームに迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.24 09:59 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング