WBA

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 WBA 44 12 8 13 39 42 -3 33

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
23:00
プレミアリーグ
第35節
WBA vs レスター・シティ
2017-05-06
23:00
プレミアリーグ
第36節
バーンリー vs WBA
2017-05-12
28:00
プレミアリーグ
第37節
WBA vs チェルシー
2017-05-16
28:00
プレミアリーグ
第34節
マンチェスター・シティ vs WBA
2017-05-21
23:00
プレミアリーグ
第38節
スウォンジー vs WBA

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.16
21:30
プレミアリーグ
第33節
WBA 0 - 1 リバプール
2017.04.08
23:00
プレミアリーグ
第32節
WBA 0 - 1 サウサンプトン
2017.04.04
27:45
プレミアリーグ
第31節
ワトフォード 2 - 0 WBA
2017.04.01
23:00
プレミアリーグ
第30節
マンチェスター・ユナイテッド 0 - 0 WBA
2017.03.18
21:30
プレミアリーグ
第29節
WBA 3 - 1 アーセナル

基本データ

正式名称:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC

原語表記:West Bromwich Albion Football Club

愛称:ツグミ、バギーズ

創立:1879年

ホームタウン:ウェスト・ブロムウィッチ

チームカラー:白、青

関連ニュース

thumb

チェルシー退団のテリーにWBAが再オファーか?

▽WBAが、17日にチェルシー退団を発表した元イングランド代表DFジョン・テリー(36)に再オファーを提示する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽14歳の時にチェルシーのアカデミーへ加入したテリーは、1998年10月に行われたリーグカップのアストン・ビラ戦でトップチームデビュー。その後、1999-2000シーズンにはノッティンガム・フォレストへの短期レンタルを経験したものの、その後チェルシー一筋で主力としてプレーし、4度のプレミアリーグ優勝やクラブ史上初のチャンピオンズリーグ制覇など数多くのタイトル獲得に貢献してきた。しかし、今シーズンはアントニオ・コンテ監督のもと、リーグ戦での出場が5試合にとどまっている。同選手は今シーズン限りでの現役引退で指導者やフロント入りの可能性も指摘されていたが、愛するクラブを去るという決断をした。 ▽今回の報道によると、そんなテリーの決断に今冬の移籍市場でも獲得に動いていたWBAの指揮官であるトニー・ピュリス監督が目を付けたとのことだ。すでに、同監督はクラブと今夏の移籍市場での獲得を画策しており、現在、プレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている同クラブの北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(29)の退団を見越しての獲得を目指しているようだ。 ▽今冬の移籍市場でジョン・テリーは、ボーンマスやレスター・シティなどのプレミアリーグの複数クラブの他、中国スーパーリーグの広州恒大や上海申花といった、これまで“爆買い”で多くの選手を獲得しているクラブからも関心が寄せられていた。退団を発表したばかりである同選手の今後の去就に注目だ。 2017.04.18 15:54 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールがフィルミノ2戦連発で枠内シュート2本ずつの膠着試合制して連勝! 4戦連続無得点のWBAは今季初の3連敗…《プレミアリーグ》

▽リバプールは16日、ザ・ホーソンズで行われたプレミアリーグ第33節でWBAと対戦し、1-0で勝利した。 ▽消化試合が多いながらもチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に位置するリバプール(勝ち点63)は、前節のストーク・シティ戦をコウチーニョの2戦連続ゴールなどで逆転勝利。連勝を目指す今節は、連敗中の8位WBA(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。ストーク戦からは先発3人を変更し、フィルミノ、コウチーニョ、ルーカス・レイバが先発に復帰。前節、採用の3バックから本来の[4-1-4-1]に戻した。 ▽難所ホーソンズでのアウェイゲームでやや慎重な入りとなったリバプールに対して、4試合ぶりの白星を目指すホームチームが積極的な入りを見せる。開始2分にはマット・フィリップスのシュートのこぼれ球にゴール前のロブソン=カヌが反応も、ここは押し込み切れない。12分には再びフィリップスが右サイドからのカットインから左足ミドルを狙うが、これも枠を捉え切れない。 ▽一方、なかなか攻撃の形を見い出せないリバプールは、15分に相手MFヤコブの不用意な横パスをカットしたコウチーニョのスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス左からシュートを狙うが、これは枠の右に外れる。すると、この数分後には自陣で与えたFKからフィリップスのクロスをファーサイドでフリーのシャドリに反応されるが、ここは相手の空振りに助けられた。 ▽前半半ばから終盤にかけても自陣に引いてスペースを消すWBAの堅守に苦戦が続くリバプールは、流れの中でほとんど決定的なシーンを作り出せない。それでも、このままゴールレスでハーフタイム突入と思われたアディショナルタイム1分、セットプレーから試合を動かす。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのミルナーがインスウィングのボールを入れると、ニアでルーカス・レイバが頭でフリックしたボールをファーに飛び出したフィルミノが頭で流し込んだ。 ▽フィルミノの2試合連続ゴールによってリバプールの1点リードで迎えた後半は、ビハインドを追うWBAが攻勢に出るが、3試合連続無得点と得点力が課題のチームは最後の場面で精度を欠く。対するリバプールは57分、ワイナルドゥムの絶妙なワンタッチスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス右で折り返すと、これをファーサイドでドフリーのミルナーが右足ダイレクトボレーで狙うが、飛び出してきたGKが目に入ったのか、このシュートをふかしてしまった。 ▽流れを変えたいWBAは、60分過ぎから65分までの5分間にモリソン、マクレーン、ロンドンと3枚の交代カードを切って同点ゴールを目指すが、この選手交代も効果を発揮せず。一方、早く2点目を取って試合を決めたいリバプールもエンジンがかかり切らず、試合は完全にこう着状態に陥る。 ▽試合終盤に入って攻勢を強めるWBAは、80分にこの試合最大の決定機。前線でロングボールを収めたロンドンの絶妙なポストプレーからボックス左でスルーパスを受けたフィリップスがGKミニョレと一対一になるが、股間を狙ったシュートはGKミニョレのビッグセーブに遭った。 ▽その後、後半アディショナルタイムにかけて決死のパワープレーを見せるWBAは、GKフォスターも積極的にゴール前に上がって11人での攻撃でゴールをこじ開けにかかる。一方、逃げ切りを図るリバプールは、相手セットプレーのロングカウンターから途中出場のアルベルト・モレーノが無人のゴールに向けてロングシュートを狙うが、これは枠を捉えることができず。それでも、枠内シュート2本ずつというクローズな試合を何とか勝ち切ったリバプールが、苦しみながらもリーグ2連勝で飾り、3位キープに成功した。一方、敗れたWBAは残留こそ決定的なものの、4試合連続無得点で今季初の3連敗となった。 2017.04.16 23:36 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサウサンプトンがWBAに勝利し2連勝!!《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは8日、プレミアリーグ第32節でWBAとのアウェイゲームに臨み、1-0で勝利した。日本代表DF吉田麻也はフル出場を果たしている。 ▽前節のクリスタル・パレス戦で決勝ゴールを奪った吉田は、WBA戦でもスタメンに名を連ねて12試合連続の先発となった。試合は25分、GKのロングフィードに抜け出したロングがボックス左に侵入。折り返しのパスをタディッチがボックス中央で受けて後方に落とすと、最後はクラーシが蹴り込んでサウサンプトンが先制する。 ▽直後にはカウンターからWBAがチャンスを作り出すが、フィリップスのシュートはGKフォースターがパンチングではじき出した。試合はそのまま後半に入ると、71分には相手のパスを奪ったタディッチがボックス右から狙うが決めきれず。 ▽結局試合はそのまま終了を迎え、サウサンプトンが勝利し2連勝を飾った。 2017.04.09 05:16 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、格下にスコアレスでフィニッシュの精度を欠いた攻撃陣に苦言

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、WBA戦での守備陣の働きには満足したものの、攻撃陣には苦言を呈している。<br><br>ズラタン・イブラヒモビッチやポール・ポグバ、フアン・マタなど多くのキープレーヤの欠場を余儀なくされたマンチェスター・ユナイテッドは、1日にオールド・トラッフォードで行われた一戦をスコアレスドローで終えている。これで今シーズン、ホームで引き分けたのは8試合目となり、15試合で20得点のみとホームゲームでは思うようにゴールが奪えていない。<br><br>リーグ戦の連続無敗記録を「19」に伸ばしたものの、モウリーニョ監督は得点が奪えなかったアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォード、ヘンリク・ムヒタリャンとジェシー・リンガードの前線4選手に対して不満を口にしている。<br><br>「(アントニオ・)バレンシア、(マルコス・)ロホ、(エリック・)バイリー、(アシュリー・)ヤング、(マイケル・)キャリック、そして(マルアン・)フェライーニの6人は期待以上のプレーをした。しかし他の4人はどうだ? 彼らは得点を奪わなければならなかった。ディフェンスの6選手には良いパフォーマンスを見せ、組織的に守れていた。だが、フィニッシュの場面には不満しかない。我々にはゴールが必要だった」<br><br>実際にユナイテッドは18本のシュートを放ったが、枠内シュートは3本のみとベン・フォスターの牙城を崩すには至らなかった。さらにハル・シティやバーンリー戦に続き、またしてもホームでスコアレスドローを演じたチームにポルトガル人指揮官は苦言を呈した。<br><br>「ゴールキーパーが素晴らしいセーブをしていたが、キーパーと1対1の場面でゴールを奪えなかったのは今シーズン何度目だ? 今季は何度も勝利をしたが、ゲームを支配し、多くのチャンスを作っても勝利を逃した試合がある。そのときはいつも相手のゴールキーパーは絶好調だ。簡単に得点を奪うチャンスを何度も逃し、良い結果を得られなかった。今シーズンはこんなことばかりだ」<br><br>提供:goal.com 2017.04.02 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

主導権を握るも試合を決めきれず…ユナイテッドがWBAとドロー《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは4月1日、プレミアリーグ第30節でWBAとオールド・トラフォードで対戦し、ゴールレスドローに終わった。 ▽リーグ戦18試合無敗と安定感のある試合を見せている5位のユナイテッド(勝ち点52)が、8位のWBA(勝ち点43)をホームに迎えた。そのユナイテッドは、代表ウィークでスモーリングとフィル・ジョーンズが負傷。ポグバも引き続きケガが治っておらず、イブラヒモビッチとエレーラを出場停止で欠く苦しい台所事情となっている。 ▽モウリーニョ監督はバックラインにバレンシア、バイリー、ロホ、A・ヤングを起用。中盤の底にはキャリックとフェライーニが並び、2列目はリンガード、ムヒタリャン、マルシャルが配され、最前線はラッシュフォードが務めた。試合は、WBAがやや低い重心で試合に入ったことでユナイテッドがボールを持つ展開となる。しかしスペースを埋められており、なかなか前線に効果的なボールを出せない。 ▽それでも10分、左サイドのマルシャルが仕掛けると、ボールは相手にクリアされる。しかしこぼれたボールを右サイドで拾ったリンガードがボックス内へと侵入して右足で狙うが、このチャンスは決めきれない。対するWBAは、ボールを持てば前線のシャドリに早めに当ててカウンターを狙うが、周りのサポートが遅くなかなか効果的な攻撃を見せられない。 ▽するとユナイテッドは18分、リンガードが縦に出したボールを受けたマルシャルがドリブルを開始。ボックス手前から右足を振り抜くが、ボールは惜しくも右ポストを掠めていった。29分にも左サイドから崩しにかかったユナイテッドは、マルシャルのスルーパスからラッシュフォードがボックス左から右足でコントロールシュートを狙うが、ここも枠を捉えきれない。30分には右サイドのリンガードが入れたクロスに、逆サイドのマルシャルが頭で合わせたが、シュートは枠に飛ばなかった。 ▽結局前半にスコアは動かず、後半もユナイテッドがポゼッションを握り、WBAは自陣でブロックを敷いて球際に激しい守備から手数をかけずに前線へとボールを放り込んでいく。するとユナイテッドは53分、ムヒタリャンがリンガードからのパスを受けてボックス中央でシュート。これは相手にブロックされると、こぼれ球を拾ったフェライーニも狙うが、枠を外してしまう。 ▽その後も左サイドから攻撃を仕掛けていくユナイテッドは、67分にボックス内にこぼれたボールをムヒタリャンが拾ってシュートを狙うが、GKフォスターに止められてしまった。一方のWBAは74分に裏へ抜け出した途中出場のロンドンが、ロホに一対一を仕掛ける。ボックス内で抜きにかかるも、ここはロホに軍配が上がりチャンスを作れない。 ▽ゴールが欲しいユナイテッドは、74分にムヒタリャンを下げてルーニーを送り込む。しかしなかなか突破口を見つけられずに時間が刻一刻と過ぎていく。88分にはゴール正面からやや左の位置で得たFKをラッシュフォードが直接狙ったが、GKの好セーブに阻まれた。試合終盤にはパワープレーに出たユナイテッドだったが、最後までゴールが遠く、結局ゴールレスで終了。ユナイテッドは19試合無敗とするも、上位進出に向けては痛い勝ち点1となった。 2017.04.02 01:10 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング