WBA

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 WBA 25 4 13 18 29 54 -25 35

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-28
23:00
プレミアリーグ
第36節
ニューカッスル vs WBA
2018-05-05
23:00
プレミアリーグ
第37節
WBA vs トッテナム
2018-05-05
23:00
プレミアリーグ
第37節
WBA vs マンチェスター・ユナイテッド
2018-05-13
23:00
プレミアリーグ
第38節
クリスタル・パレス vs WBA

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.21
20:30
プレミアリーグ
第35節
WBA 2 - 2 リバプール
2018.04.15
24:00
プレミアリーグ
第34節
マンチェスター・ユナイテッド 0 - 1 WBA
2018.04.07
23:00
プレミアリーグ
第33節
WBA 1 - 1 スウォンジー
2018.03.31
23:00
プレミアリーグ
第32節
WBA 1 - 2 バーンリー
2018.03.17
24:00
プレミアリーグ
第31節
ボーンマス 2 - 1 WBA

基本データ

正式名称:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC

原語表記:West Bromwich Albion Football Club

愛称:ツグミ、バギーズ

創立:1879年

ホームタウン:ウェスト・ブロムウィッチ

チームカラー:白、青

関連ニュース

thumb

リバプール、イングス2年半ぶり弾にサラー今季31点目も逃げ切り失敗でCLローマ戦へ…WBAは今節中の降格回避! 《プレミアリーグ》

▽リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でWBAとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽リーグ4戦負けのない3位リバプール(勝ち点70)が、ここ2試合勝ちがなく前節マンチェスター・ユナイテッドに1-0で勝利した最下位WBA(勝ち点24)のホームに乗り込んで行った一戦。また、WBAにとっては、敗北した場合17位スウォンジー(勝ち点33※1試合未消化)が残り勝ち点1以上を積み上げれば降格となる崖っぷちの状態での試合となった。 ▽リバプールは、3-0で勝利した前節のボーンマス戦からスタメンを5名変更。ロバートソン、アーノルド、ロブレン、チェンバレン、フィルミノに代えて、J・ゴメス、クラバン、A・モレーノ、ミルナー、イングスを起用。24日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ローマ戦を見据えたメンバー構成となった。 ▽試合は最序盤から動きをみせる。4分、リバプールが左CKを獲得すると、キッカーのミルナーがショートコーナーを選択。ボールを受けた左サイドのマネがグラウンダーのクロスを入れると、ボックス内のワイナルドゥムが落とし、イングスが蹴り込んで先制点とした。なお、この得点はイングスにとって2015年10月以来、2年半ぶりとなる公式戦のゴールとなった。 ▽さらに24分、サラーのパスを受けたミルナーが右サイドからアーリークロスを供給。しかし、ボックス内に走り込んだイングスがフリーの状態で放ったヘディングシュートは枠を捉えることができない。 ▽WBAは徐々にリバプールのプレスをかわして繋ぐことができるようになっていったが、危険なゾーンに侵攻することはできず。リバプールが優位に試合を運ぶ時間が続く。 ▽42分、ショートカウンターの場面でサラーがボックス内に侵攻。相手DFのスライディングに遭い、こぼれたボールがボックス中央のイングスに渡る。しかし、GKフォスターが一対一で好守をみせ、追加点とはならない。 ▽折り返しを迎えた試合、後半に入ってもWBAはチャンスを作り出すことができない。攻勢をリードを保っているリバプールは66分、イングス、マネに代えてフィルミノ、チェンバレンを投入し、さらに攻勢を強めていく。 ▽すると72分、その途中出場の2人が得点に絡む。前線でボールを受けたフィルミノが、チェンバレンに落とす。ボックス手前中央のチェンバレンがボックス左のサラーにパスを通し、サラーがネットを揺らして今季リーグ31点目とした。 ▽それでも79分、WBAが反撃に出る。右CKの場面で、ファーのジェイ・ロドリゲスが中央に折り返す。反応したドーソンのシュートはGKカリウスに阻まれたが、こぼれ球をリバモアが決め切った。 ▽84分、クロップ監督はサラーに代えてロブレンを投入。守備を強化しつつローマ戦を見据えた采配をしていく。 ▽しかし、試合終了間際の89分、WBAは左サイドからのFKを獲得。ブラントが速いクロスを入れると、ボックス内のロンドンがロブレンのマークを剥がし、ヘディングで同点弾を叩き込んだ。 ▽結局、2-2のスコアで試合が終了。この結果、ホームのWBAは3戦負けなしとして今節中の降格を回避することに成功。リバプールは、終盤の失点で勝ち点を取りこぼして嫌な流れの中でCL準決勝ローマ戦に臨むこととなった。 2018.04.21 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが最下位WBAに敗戦し、シティの4季ぶりリーグ優勝が決定!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第34節でWBAとホームで対戦し、0-1で敗れた。 ▽前節のマンチェスター・ダービーで鮮やかな3-2の逆転勝利を飾り、マンチェスター・シティの最速優勝を阻止したユナイテッド。そのシティが今節トッテナムに勝利したため、負ければシティの優勝が決まるWBAとの一戦に向けて、前節から2選手を変更。バイリーとリンガードを代えてリンデロフとマタが先発に名を連ねた。 ▽試合はリーグ5連勝中のユナイテッドが主導権を握る。ポグバのバイタリティのあるプレーや、サンチェスのアジリティ、マタのアイデアを生かしながら次々とWBAゴールに迫っていく。守ってはGKデ・ヘアが活躍。12分にリバモアに絶好の決定機を許すが、守護神がスーパーセーブを見せゴールを死守。 ▽攻め入るユナイテッドは18分、エレーラがボックス内で倒されるが笛は鳴らず。続く19分には、マタのパスからルカク、そのシュートのこぼれ球をサンチェスが押し込みにかかるもGKフォスターに阻まれる。 ▽35分には、ディフェンスラインからのパスにルカクが抜け出すが、GKフォスターのタイミング良い飛び出しにシュートが打てず。結局、ユナイテッドは攻め込みながらもなかなか得点が奪えず、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半頭にエレーラを下げてリンガードを投入したユナイテッド。支配率こそ高いもののほとんどチャンスを作ることができず時間を浪費していく。58分にはポグバに代えてマルシャルをピッチへ。より攻撃重視のメンバーに入れ替えた。 ▽後半ここまでシュートらしいシュートが無かったユナイテッドだが66分、マティッチのクロスにルカクが強烈なヘディングシュートを放つ。ゴール左隅を捉えたがGKフォスターがファインセーブ。なかなかゴールを許してもらえない。69分にはリンガードがボックス手前からミドルシュートでトライするも枠を外れる。 ▽優勢を保つユナイテッドだが、ゴールが奪えないツケがとうとう回ってくる。73分、WBAの右CKを相手と競り合っていたマティッチが中へ折り返してしまう。するとこのボールにいち早く反応したジェイ・ロドリゲスに頭で押し込まれて失点。試合を優位に進めていたユナイテッドが先制点を奪われる形となった。 ▽このままいくと、シティの優勝が決まってしまうユナイテッド。失点直後にA・ヤングを下げてラッシュフォードを投入するが、WBAの堅い守りを崩すことができない。 ▽このままユナイテッドはゴールを奪えず試合終了。本拠地オールドトラフォードで最下位相手に敗戦を喫し、この瞬間、シティの4シーズンぶりのリーグ優勝が決定した。 2018.04.16 02:02 Mon
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのエバンス、シティ移籍を希望か

▽WBAに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(30)にマンチェスター・シティ行きの可能性が高まっているのかもしれない。イギリス『Birmingham Live』が報じている。 ▽エバンスに対して本腰を入れているのは、アーセナルとシティの2クラブ。だが、本人はロンドンでの生活を嫌ってアーセナル行きに難色を示しており、慣れ親しんだマンチェスターに拠点を置くシティ移籍に惹かれているという。 ▽そのエバンスとWBAの契約は2019年まで。伝えられるところによれば、WBAから新たに週給10万ポンド(約1500万円)の好オファーを受けたようだが、それを拒否した模様だ。 ▽ユナイテッドでプロキャリアをスタートさせたエバンスは、2015年夏からWBAでプレー。今シーズンもここまで公式戦29試合2ゴール1アシストをマークするなど、下降線を辿った評価を再び高めるパフォーマンスを披露している。 2018.04.14 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア最下位のWBA、“鉄人”バリーがヒザ手術で今季絶望

▽WBAは6日、元イングランド代表MFガレス・バリーが来週にヒザの手術を受けることを発表した。この手術によって同選手は今シーズン中の復帰が絶望的となる。 ▽昨夏、エバートンからWBAに加入したバリーは、昨年9月に元ウェールズ代表FWライアン・ギグス氏が持っていたプレミアリーグの最多出場記録を「633」試合に更新するなど、ここまでのリーグ戦25試合に出場していた。 ▽しかし、今年2月24日に行われたハダースフィールド戦でヒザを痛めて以降、欠場が続いていた。 ▽現在、残留圏内の17位クリスタル・パレスと勝ち点10差の最下位に沈むWBAにとって百戦錬磨のベテランMFの離脱は大きな痛手となりそうだ。 2018.04.06 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

パーデュー解任の最下位WBA、元レスターの2人が新監督候補に

WBAの新監督として2人の指揮官が有力候補に挙がっているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>現在、勝ち点20でリーグ最下位に沈むWBAは2日、アラン・パーデュー監督を解任。リーグ戦も残り6試合の状態で残留圏の17位との勝ち点差は「10」と絶体絶命の状況で指揮官交代に踏み切っている。<br><br>シーズンも残りわずかの中、WBAの新監督候補に挙がっているのは、ナイジェル・ピアソン氏とクレイグ・シェイクスピア氏。ベルギーのルーヴェンで指揮を執るピアソン氏は、2004年に同クラブのアシスタントコーチに就任し、2006年9月からは暫定監督としてチームを率いる。<br><br>一方、現在エバートンでコーチを務めるシェイクスピア氏は、選手としてもWBAでプレー。その後、指導者としてクラブに戻り、2006年にはピアソン氏の後任として1試合のみチームを指揮。その後、両者はレスター・シティを率いた経験を持つ。<br><br>パーデュー監督解任後、アシスタントコーチのダレン・ムーア氏が暫定的監督としてチームを率いることが決定しており、クラブはその後も同氏に残留への望みを委ねる可能性も残されている。<br><br>提供:goal.com 2018.04.03 09:15 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング