WBA

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 WBA 43 12 7 10 39 38 1 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
23:00
プレミアリーグ
第30節
マンチェスター・ユナイテッド vs WBA
2017-04-04
27:45
プレミアリーグ
第31節
ワトフォード vs WBA
2017-04-08
23:00
プレミアリーグ
第32節
WBA vs サウサンプトン
2017-04-16
21:30
プレミアリーグ
第33節
WBA vs リバプール
2017-04-29
23:00
プレミアリーグ
第35節
WBA vs レスター・シティ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
21:30
プレミアリーグ
第29節
WBA 3 - 1 アーセナル
2017.03.11
24:00
プレミアリーグ
第28節
エバートン 3 - 0 WBA
2017.03.04
24:00
プレミアリーグ
第27節
WBA 0 - 2 クリスタル・パレス
2017.02.25
24:00
プレミアリーグ
第26節
WBA 2 - 1 ボーンマス
2017.02.11
24:00
プレミアリーグ
第25節
ウェストハム 2 - 2 WBA

基本データ

正式名称:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC

原語表記:West Bromwich Albion Football Club

愛称:ツグミ、バギーズ

創立:1879年

ホームタウン:ウェスト・ブロムウィッチ

チームカラー:白、青

関連ニュース

thumb

スウェーデン代表DFオルソン、9年間過ごしたWBAを退団! 母国ユールゴーデンに加入

▽WBAは23日、スウェーデン代表DFヨナス・オルソン(34)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。また、同選手は母国のユールゴーデンと今季終了までの契約を交わした。 ▽2008年にオランダのNECからWBAに加入したオルソンは、持ち味の空中戦の強さを武器に以降、8シーズンに渡ってレギュラーセンターバックとして活躍。だが、今季はポジション争いに敗れ、リーグ戦の出場は7試合にとどまっていた。 ▽9年間を過ごしたWBAを去ることになったオルソンは、クラブ公式サイトで別れのメッセージを残している。 「それは思いがけない早さで全てのことが起きた。多くの人たちにサヨナラを告げる時間もなかったよ」 「僕は最初のチャンスを逃さずに、母国に戻ることを決めた。ただ、今回の移籍成立に向けて助けとなってくれたクラブ関係者に感謝を示したい」 「個人的にはあと数年、良いプレーができると思っている。だけど、アルビオンでのポジション争いを勝ち抜くのが、難しいと感じていたことも事実なんだ」 「アルビオンはいつも僕の人生の大部分を占めているんだ。そして、そのような強い気持ちを残して去ることを素晴らしく感じているよ」 ▽なお、オルソンはWBAで公式戦253試合に出場し、14ゴールを記録していた。 2017.03.24 04:54 Fri
twitterfacebook
thumb

低調アーセナルがWBAに3失点で完敗…チェフ負傷も重なり厳しいリーグ連敗に《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節、WBAvsアーセナルが18日にザ・ホーソンズで行われ、ホームのWBAが3-1で勝利した。 ▽2試合未消化ながらリーグ戦でトップ4圏外の5位に位置するアーセナルは、直近のFAカップ準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティ相手に5-0で大勝し、公式戦の連敗をストップ。巻き返しを図る今節は、リーグ戦2連敗と調子を落とす8位WBAとのアウェイゲームに臨んだ。リンカーン戦からのメンバー変更は2点。ギブスに代わってモンレアルが左サイドバックに入り、ジルーに代わってウェルベックが1トップに入った。なお、エジルはハムストリングのケガでベンチ外となった。 ▽戦前の予想通り、1トップのロンドンを最前線に残して[4-5]のコンパクトな2ラインで自陣深くにこもるホームチームに対して、ボールを保持するアーセナルが押し込む入りとなる。開始6分にはボックス左でサンチェスのスルーパスに抜け出したモンレアルがグラウンダーのクロスを狙うが、これは中央で待ち構えるウォルコットの前でGKフォスターが弾き出す。 ▽一方、カウンターからゴールを目指すWBAは11分、相手陣内の左サイドを持ち上がったマクレーンが右足のミドルシュートを放つが、これはGKチェフの好守に遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのシャドリの絶妙なボールに反応したゴール前のドーソンが頭で薄く触ったボールがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽難所でいきなり先制点を奪われたアーセナルだったが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。15分、ボックス手前中央でウォルコットが落としたボールを、ジャカが左足ダイレクトでボックス左フリーのサンチェスにパスを通す。これを胸トラップしたチリ代表FWは、冷静にシュートコースを見極めて右足のシュート。クロスバーの下側を叩いたボールがそのままゴールネットを揺らした。 ▽スコアがタイに戻ってからもアーセナルのポゼッション、WBAのカウンターと互いに持ち味を発揮する流れで拮抗した状況が続く。31分には得意の攻撃参加でボックス左に抜け出したラムジーが角度のないところからシュートを狙うが、これは相手GKに阻まれる。続く34分にはボックス右でリバモアの縦パスを引き出したフレッチャーに決定機も、枠の左隅を捉えたシュートはGKチェフのビッグセーブに防がれた。 ▽前半終盤にかけてはアーセナルにアクシデント。38分、ふくらはぎを痛めたチェフがプレー続行不可能となり、控えGKオスピナが緊急投入される。守護神の負傷交代でリズムを失ったアーセナルは、前半のうちに勝ち越しゴールを奪えないまま、1-1のイーブンで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、50分に左サイドのブラントのクロスに反応したロンドンが際どいヘディングシュートを放つなど、ホームのWBAが良い入りを見せる。この流れの中で54分にロンドンを下げてロブソン=カヌを投入すると、この交代策が勝ち越しゴールをもたらす。 ▽55分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFベジェリンの交錯を誘う。そして、オスピナのクリアボールをボックス中央で拾ったロブソン=カヌが左足で無人のゴールへ流し込んだ。 ▽再びビハインドを背負ったアーセナルは、65分にウォルコットを下げてジルーを投入。長身のフランス代表FWを最前線に据え、攻め方を変える。同選手の投入直後のセットプレーではウェルベックが決定的なヘディングシュートも、このシュートはクロスバーを叩いた。 ▽この選手交代で一気に攻勢をかけたいアーセナルだが、徹底的に中央を固めるWBAの堅守をこじ開けられない。すると75分、WBAに与えた右CKの場面でマクレーンのクロスを先制点と似たような形からドーソンに豪快なヘッドで叩き込まれ、痛恨の3失点目を喫した。 ▽格下相手に負けられないアーセナルは、失点直後の78分にエースのサンチェスを下げて、最後の交代カードとしてイウォビを投入。だが、ジルーに続きイウォビの投入も全く機能せず、前半以上に決定機を作れないアーセナルは、このまま1-3で敗戦。低調なパフォーマンスでリーグ2連敗のチームは、厳しい状態でインターナショナルウィークに突入することになった。 2017.03.18 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ベラヒノ完全復活へ…ストーク指揮官ヒューズは「立ち直れる」と太鼓判を押す

ストーク・シティの指揮官、マーク・ヒューズは、FWサイード・ベラヒノがWBAで経験した苦境から復活する準備が整ったと話している。<br><br>ベラヒノはバギーズの愛称を持つウェスト・ブロムから今冬、ヒューズ監督率いるストークへ移籍を果たした。1200万ポンド(約17億円)でポッターズにやってきたベラヒノは、すでに新天地で2試合に出場している。<br><br>弱冠20歳にしてホーソーンズ(WBAの本拠地)で攻撃の核を担う存在となったベラヒノ。しかし、ステップアップを狙って他クラブへの移籍を志願したことでクラブとの関係は悪化の一途をたどった。<br><br>さらに最近では、薬物検査で陽性反応が出てしまい、8週間の出場停止処分を科せられていたとの情報もある。しかし、新天地の指揮官は、彼が困難から復活を遂げる準備が整ったと話している。<br><br>「不運だった」と地元紙『Stoke Sentinel』に話したヒューズは、追い打ちをかけるように薬物検査の悪い結果が出てしまったことに関して、「我々はみな結果に落胆した。悪いタイミングだった。でもそういう結果になってしまったんだ。次に目を向けるしかない」と続けた。<br><br>「(薬物検査については)誰もが気にしている。みな次へ進むことができる。もう終わったことだ。困難な時期を過ごしてからの彼はとてもうまくやっている」<br><br>「今は笑顔を浮かべながらプレーしている。彼の肩から重荷は下りたし、これからは自身のキャリアに集中するだけだ」<br><br>ヒューズは2週間後に行われるプレミアリーグのトッテナム戦で、ベラヒノをメンバーに含めること示唆した。<br><br>「彼は明らかに試合勘が不足している。でもアウェーに旅立つまでには2週間あって、その時間は彼にとって貴重な時間となるに違いないはずだ。おそらく彼はスパーズとの試合に関わることになるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.14 04:35 Tue
twitterfacebook
thumb

WBAが北アイルランド代表MFブラントと契約延長

▽WBAは9日、北アイルランド代表MFクリス・ブラント(32)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2018年6月30日までとなる。なお、1年間の契約延長オプションもついているとのこと。 ▽2002年にミドルズブラでプロキャリアをスタートさせたブラントは、2007年にシェフィールド・ウェンズデイからWBAに加入。ここまでWBAでは公式戦通算331試合に出場し、46ゴールをマーク。今シーズンもここまで公式戦17試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽また、2004年からデビューした北アイルランド代表では、56試合に出場し1ゴールを記録している。 2017.02.10 03:16 Fri
twitterfacebook
thumb

アイルランド代表DFウィルソンがWBAにレンタルで加入

WBAはボーンマスからアイルランド代表DFのマーク・ウィルソンをレンタルで獲得したと発表した。<br><br>代表キャップ数25を誇るウィルソンは昨夏、ストーク・シティから完全移籍でボーンマスに加入していた。しかし、満足な出場機会を得られていなかったため、移籍を選択する運びとなった。<br><br>ウィルソンは主にセンターバック、サイドバック、セントラルMFとして、これまでプレミアリーグで177試合に出場している。また、ストークに在籍していた2011年には、主力としてチームのFAカップ決勝戦進出に貢献した経験を持つ。<br><br>守備的なポジションならどこでもこなせるユーティリティー性や豊富な経験を生かし、シーズン終了までWBAで出場機会をうかがう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.02 09:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング