ミドルズブラ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ミドルズブラ 22 4 10 14 20 33 -13 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
21:30
プレミアリーグ
第30節
スウォンジー vs ミドルズブラ
2017-04-04
27:45
プレミアリーグ
第31節
ハル・シティ vs ミドルズブラ
2017-04-08
23:00
プレミアリーグ
第32節
ミドルズブラ vs バーンリー
2017-04-17
28:00
プレミアリーグ
第33節
ミドルズブラ vs アーセナル
2017-04-22
23:00
プレミアリーグ
第34節
ボーンマス vs ミドルズブラ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.19
21:00
プレミアリーグ
第29節
ミドルズブラ 1 - 3 マンチェスター・ユナイテッド
2017.03.11
21:15
FA杯
準々決勝
ミドルズブラ 0 - 2 マンチェスター・シティ
2017.03.04
24:00
プレミアリーグ
第27節
ストーク・シティ 2 - 0 ミドルズブラ
2017.02.25
24:00
プレミアリーグ
第26節
クリスタル・パレス 1 - 0 ミドルズブラ
2017.02.18
24:00
FA杯
5回戦
ミドルズブラ 3 - 2 オックスフォード

基本データ

正式名称:ミドルズブラFC

原語表記:Middlesbrough Football Club

愛称:ボロ

創立:1876年

ホームタウン:ミドルズブラ

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

守備陣に欠場者続出のイングランド、ミドルズブラDFギブソンを追加招集

▽イングランドサッカー協会(FA)は24日、ミドルズブラのDFベン・ギブソンをイングランド代表に追加招集したことを発表した。24歳のギブソンは代表初招集となる。 ▽26日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でリトアニア代表と対戦するイングランドは、出場停止でDFギャリー・ケイヒル(チェルシー)を欠く他、負傷でクリス・スモーリングとDFフィル・ジョーンズ(共にマンチェスター・ユナイテッド)を欠く緊急事態となっている。 ▽ギブソンは19位に沈むミドルズブラの中で、今季ここまでのリーグ戦全29試合にフル出場している。 2017.03.24 22:49 Fri
twitterfacebook
thumb

主力不在のユナイテッドがカランカ解任の19位ボロに辛勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節、ミドルズブラvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にリバーサイド・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが3-1で勝利した。 ▽前節、10人のボーンマス相手に痛恨のドローとなった6位ユナイテッドは、FAカップ準々決勝でもチェルシーに敗れ、公式戦3戦未勝利と調子を落とす。それでも、直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16でロストフに勝ち切り、ELベスト8進出を果たした。その試合から中2日で行われる19位のミドルズブラ戦に向けては、ロストフ戦から先発7人を変更。 ▽イブラヒモビッチとエレーラが共に出場停止、ポグバとブリントが負傷でメンバー外となった。そのため、最終ラインにバイリー、スモーリング、フィル・ジョーンズ、中盤はバレンシア、キャリック、フェライーニ、ヤングが並び。3トップにはリンガード、ラッシュフォード、マタが入った。 ▽カランカ監督解任でアグニュー暫定指揮官の初陣となったミドルズブラは、立ち上がりから積極的な入りを見せる。対して直近2戦と同じ[3-4-3]の布陣を採用したユナイテッドは、開始7分に最初の決定機を作り出す。リンガードのスルーパスに抜け出したラッシュフォードがGKバルデスと一対一になるが、ここは元ユナイテッドのベテランGKの好守に阻まれる。 ▽すると直後の12分にはミドルズブラに決定機。左サイドからカットインしたガストン・ラミレスが右足を振り抜くが、枠の右隅を捉えたシュートはGKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、23分にユナイテッドが続けて決定機を掴む。リンガードのスルーパスに抜け出したマタがボックス左でグラウンダーのクロス。これをゴール前に走り込んだラッシュフォードがワンタッチで合わすが、GKバルデスが見事な反応で弾き出す。このこぼれ球をファーで拾ったバレンシアが、すかさずシュートもニアを突いたシュートは再びバルデスに防がれた。 ▽かつての同僚の牙城を破れないユナイテッドだったが、前半半ばを過ぎてようやくゴールをこじ開ける。30分、左サイド深くに侵攻したヤングが右足に持ち替えてクロスを上げる。これをファーサイドで待ち構えていたフェライーニが冷静に頭で流し込んだ。 ▽フェライーニのゴールで幸先良く先制に成功したユナイテッドは、その後もラッシュフォードのスピードを生かしたロングカウンターで追加点に迫る。その一方で、攻撃的なウイングバックの裏のスペースを突かれて幾度か際どいクロスを許したものの、リーグワーストの19得点という相手の拙攻にも助けられ、敵地での前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半もビハインドを追うミドルズブラがボールを保持し、ユナイテッドがロングカウンターで応戦する形が続く。前半同様に長い距離をスプリントするラッシュフォードとリンガードを起点に、高速カウンターを繰り出すユナイテッドは、幾度も数的優位か、同数のカウンターを仕掛けていくが、ラッシュフォードの判断が悪く、なかなか2点目に繫がらない。 ▽それでも、攻勢を続けるアウェイチームは62分、カウンターで中央を持ち上がったリンガードが並走するマタとラッシュフォードをおとりにボックス手前中央から右足を一閃。このミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 ▽リンガードの豪快弾で貴重な2点目を奪ったユナイテッドは、69分にマタを下げてロホを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更し、最終ラインをセンターバック4人で構成する超守備的な陣形で逃げ切りを図る。対するミドルズブラは、アダマ・トラオレ、ジェステデとフィジカル系アタッカーを同時投入し、ゴールを目指す。 ▽その後はジェステデ、ネグレドの長身FWにシンプルなクロスとロングボールを蹴り込むミドルズブラがユナイテッドを押し込む展開に。すると77分、この形からゴール前で味方が競ったこぼれ球に反応したゴール前のジェステデが泥臭く流し込み、ホームチームが1点を返す。 ▽この失点でバタ付き始めたユナイテッドは、試合終盤にかけてネグレドとジェステデのコンビにセンターバック4人の最終ラインが苦戦を強いられ、あわや同点というピンチを幾度も招く。88分と90分にはそのネグレドに続けてゴール前でシュートを許すが、何とか失点を免れる。 ▽すると、後半アディショナルタイム3分、ユナイテッドのカウンターの流れからバックパスを受けたGKバルデスがボックス内で痛恨のスリップでボールロスト。これをかっさらったバレンシアが無人のゴールへ流し込み、試合を決定付ける3点目が入った。主力不在で格下ミドルズブラに大苦戦も何とか勝ち切ったユナイテッドが、リーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。 2017.03.19 23:09 Sun
twitterfacebook
thumb

降格圏の19位に低迷するミドルズブラがカランカ監督を解任! 3年半の在任で昨季はプレミア昇格に導く

▽ミドルズブラは16日、アイトール・カランカ監督(43)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ▽成績不振を理由にミドルズブラを去ることになったカランカ監督は、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「私に素晴らしいチャンスを与えてくれたミドルズブラと、プレーヤーたちに感謝したい。同時に素晴らしいサポートを見せてくれたファンたちにも感謝を示したい」 「このクラブは今後も私にとって特別な場所であり続ける。また、ミドルズブラの将来が素晴らしいものであることを願っている」 ▽現役時代にDFとしてビルバオやレアル・マドリーで活躍したカランカ監督は、2010年から古巣レアル・マドリーでジョゼ・モウリーニョ監督のアシスタントコーチを務め、指導者としてのキャリアを本格的にスタート。その後、2013年11月から当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたミドルズブラの監督に就任。就任3年目となった2015-16シーズンのリーグ戦を2位で終え、同クラブをプレミアリーグ昇格に導いた。 ▽だが、プレミア復帰1年目となった今季は、恩師モウリーニョ仕込みの組織的な守備を武器に、27節終了時点で30失点と堅守を誇った一方、リーグ最少の19得点と深刻な得点力不足に苦しみ、直近のリーグ戦10試合は6敗4分けと大不振に陥っていた。そして、降格圏の19位に転落した状況を受け、クラブは11日に行われたFAカップ準々決勝のマンチェスター・シティ戦(0-2で敗戦)後にカランカ監督の更迭を決断した。 ▽また、ミドルズブラはカランカ監督の退任を受け、アシスタントコーチのスティーブ・アグニュー氏(51)が暫定指揮官を務めることを併せて伝えている。 ▽なお、アグニュー新体制で残留を目指すミドルズブラの初陣は、18日にホームで行われるプレミアリーグ第29節のマンチェスター・ユナイテッド戦となる。 2017.03.16 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

シルバ&アグエロ弾のシティがボロを下してベスト4進出《FAカップ》

▽マンチェスター・シティは11日、FAカップ準々決勝でミドルズブラとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を控える中、3日前に0-0で引き分けたストーク・シティ戦のスタメンから5選手を変更。シルバやスターリング、ストーンズら主力がスタメンに戻った。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽1トップにアグエロ、2列目に右からスターリング、デ・ブライネ、シルバ、L・ザネと並べる[4-1-4-1]で臨んだシティが、3分にあっさり先制する。ヤヤ・トゥーレのフィードをボックス右でフリーとなっていたサバレタがダイレクトで折り返すと、スターリングのシュートはミートできなかったものの、ルーズボールをシルバがボレーで押し込んだ。 ▽先制後もネグレドとGKバルデスを除いてほぼベストメンバーで挑んできたミドルズブラ相手にシティが試合をコントロール。しかし22分、左CKからジェステデのヘディングシュートが枠を捉えるピンチを迎える。だがGKブラーボが弾き、ゴールライン前のサバレタがクリアして難を逃れた。 ▽その後、ジェステデの負傷を受けてネグレドを投入してきたミドルズブラ相手に、33分に追加点のチャンス。スターリングの右クロスをL・ザネが右足で合わせたが、ミートしきれずGKグザンにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけて、37分にストゥアーニのヘディングシュートがGKブラーボを強襲したものの、シティが主導権を渡さずに1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽シティがギアを上げて臨んだ後半開始4分、先制点と同じ形から追加点に迫る。ヤヤ・トゥーレの浮き球フィードをボックス右のデ・ブライネがダイレクトで折り返すと、スターリングはシュートをミートしきれなかったものの、ルーズボールを拾ったシルバが右足でシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽続く51分にはロングカウンターに転じてスターリングの右クロスをアグエロが合わせたシュートが左ポストを直撃。その後も攻勢を続けるシティは、シルバやL・ザネがミドルシュートでゴールに迫ると、67分に追加点を奪いきる。左サイドのスペースを突いたL・ザネのクロスからアグエロが押し込んだ。 ▽勝負を決めたシティはL・ザネをモナコ戦に向けて温存。そんな中、73分にシルバが枠内シュートを浴びせたシティは、77分にファビオのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、ゴールライン前のストーンズがカットした。 ▽2点のリードを保ったシティはそのまま勝利しベスト4進出。モナコ戦に向けて弾みを付けている。 2017.03.11 23:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインのPK弾で堅守ボロ撃破のスパーズが3戦ぶり白星で首位チェルシー追走《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、トッテナムvsミドルズブラが4日にホワイト・ハート・レーンで行われ、トッテナムが1-0で勝利した。 ▽前節、最下位サンダーランド相手にゴールレスドローとなり、リーグ戦2戦連続ドローで足踏みが続く2位トッテナム。リーグ戦3試合ぶりの白星を目指す今節は、リーグ戦5戦未勝利の15位ミドルズブラをホームに迎えた。前節からのメンバー変更は2点。体調不良から回復した守護神ロリスが先発に復帰した一方、サンダーランド戦でヒザを負傷したローズがベンチを外れ、ベン・デイビスが代役に入った。 ▽開始5分にデレ・アリのラストパスに抜け出したソン・フンミンにいきなり決定機が訪れるが、左足で放ったシュートはGKビクトル・バルデスのセーブに阻まれる。その後も圧倒的なボール支配率で相手を押し込むホームチームは、デレ・アリやソン・フンミンが積極的にフィニッシュに絡むが、先制点とはならず。 ▽前半半ばを過ぎても攻勢を続けるトッテナムは、25分にエリクセンの左CKをニアに飛び込んだアルデルヴァイレルトが頭で合わすが、これは左ポストを叩く。焦れずにサイドを広げながらチャンスを窺うトッテナムは、34分にも左サイドからソン・フンミンが入れた絶妙なクロスをケインが頭で合わすが、今度は枠を捉えることができない。 ▽さらに前半終了間際の41分には再びソン・フンミンとケインのコンビでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。終始、相手陣内でワンサイドゲームを展開したトッテナムだが、ゴールレスで前半を終えた。 ▽後半に入っても50分にソン・フンミンのタメからボックス手前でエリクセンが強烈なシュートでGKバルデスを脅かすなど、攻勢を続けるトッテナムは、58分にようやくゴールをこじ開ける。ボックス左で切り返したソン・フンミンがDFエスピノーサに足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのケインが冷静に右隅へ蹴り込んだ。 ▽待望の先制点で重圧から解き放たれたトッテナムは、先制直後の59分にもボックス内でのケインの落としからエリクセンが右足を振り抜くが、ここはGKバルデスのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後、今冬に獲得したグエディウラやバンフォードを投入して前がかりになるミドルズブラ相手に対して、ボールを動かしながらきっちりゲームをコントロールするトッテナム。相手の背後をシンプルに突くカウンターで追加点を狙うホームチームは、エリクセンやケインに幾度かチャンスが訪れるものの、やや攻撃に手数がかかり、試合を決定付ける2点目を奪えない。それでも、リーグ最少失点の守備陣が相手の攻撃を枠内シュート0で抑え込み、1-0で勝利。堅守ボロに苦しめられながらも勝ち切ったトッテナムが、リーグ3試合ぶりの勝利で首位チェルシーとの勝ち点9をキープした。 2017.02.05 04:26 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング