ニューカッスル

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ニューカッスル 14 4 2 6 11 14 -3 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-25
24:00
プレミアリーグ
第13節
ニューカッスル vs ワトフォード
2017-11-28
29:00
プレミアリーグ
第14節
WBA vs ニューカッスル
2017-12-02
21:30
プレミアリーグ
第15節
チェルシー vs ニューカッスル
2017-12-09
26:30
プレミアリーグ
第16節
ニューカッスル vs レスター・シティ
2017-12-13
28:45
プレミアリーグ
第17節
ニューカッスル vs エバートン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.18
26:30
プレミアリーグ
第12節
マンチェスター・ユナイテッド 4 - 1 ニューカッスル
2017.11.04
24:00
プレミアリーグ
第11節
ニューカッスル 0 - 1 ボーンマス
2017.10.30
29:00
プレミアリーグ
第10節
バーンリー 1 - 0 ニューカッスル
2017.10.21
23:00
プレミアリーグ
第9節
ニューカッスル 1 - 0 クリスタル・パレス
2017.10.15
24:00
プレミアリーグ
第8節
サウサンプトン 2 - 2 ニューカッスル

基本データ

正式名称:ニューカッスル・ユナイテッドFC

原語表記:Newcastle United Football Club

愛称:マグパイズ、トゥーン・アーミー、ダーティー・スカンク

創立:1881年

ホームタウン:ニューカッスル

チームカラー:白・黒

関連ニュース

thumb

ポグバの復活弾にイブラも復帰!! ユナイテッドがニューカッスルに逆転勝利《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナテッドは18日、プレミアリーグ第12節でニューカッスルをオールド・トラフォードに迎え、4-1でユナイテッドが勝利した。 ▽ここまで7勝2分け2敗で首位のマンチェスター・シティに勝ち点8差の2位につけるユナイテッド(勝ち点23)が、11位のニューカッスル(勝ち点14)をホームに迎えた。 ▽シティ追走のためにも負けられない一戦で、今年4月に右ヒザ前十字じん帯を負傷したイブラヒモビッチが復帰。さらに、同じく負傷離脱していたポグバがスタメン復帰を果たすなど万全のメンバーで試合に臨んだ。 ▽試合の立ち上がりこそ、ニューカッスルが前線からのプレス強度を高く保ったことで押し込まれる時間があったユナイテッドだったがその後はボールを持って攻め込んでいく。7分には右サイドの裏に抜け出したバレンシアのグラウンダーのクロスにルカクがニアで合わせたが枠を捉えきれなかった。 ▽しかし14分、右サイドを突破したイェドリンが深い位置からマイナスの折り返しを入れると、レンデロフがスリップ。後ろから走り込んだゲイルが押し込みにかかると、左ポストを叩いて右のサイドネットを揺らし、ニューカッスルが先制に成功する。 ▽リードを許したユナイテッドは相手陣内まで攻め込むもファイナルサードからの崩しが乏しくフィニッシュまで持ち込めない。さらにニューカッスルのカウンターに手を焼くなど不安定な戦いを見せる。 ▽しかし37分にはポグバが早速仕事をする。ボックス手前右でボールを持ったポグバは巧みなフェイントでボックス内に侵入し優しいクロスを配給。最後は逆サイドのマルシャルが頭で押し込みユナイテッドが試合を振り出しに戻した。さらに前半アディショナルタイムには左サイドのA・ヤングが入れたクロスボールを、攻め残っていたスモーリングが頭で押し込み、前半の内に逆転する。 ▽交代なしで迎えた後半、50分にはボックス右でボールを受けたルカクの折り返しにマルシャルが合わせるがミートできず、早々の決定機を逸してしまう。しかし54分、またも右から持ち上がったルカクのクロスを、逆サイドのラッシュフォードが折り返し、最後はポグバがプッシュ。ユナイテッドがきれいな崩しから3点目を奪った。 ▽ユナイテッドの勢いは衰えず70分には右サイドからパス交換を駆使してボックス内に侵入したルカクがそのままシュートを決め切り4点目。するとユナイテッドは77分、大歓声の中マルシャルに変わってイブラヒモビッチが投入される。ルカクとの強力2トップを形成した。 ▽その後は危なげない試合運びを見せたユナイテッドが、90分には後方からのクロスボールにイブラヒモビッチがダイレクトボレーで合わせるなど見せ場を作る。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、ユナイテッドがポグバ、イブラヒモビッチの復帰戦を白星で飾った。 2017.11.19 04:23 Sun
twitterfacebook
thumb

トーレス、来冬プレミア復帰?

▽アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(33)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽アトレティコ・マドリー下部組織出身のトーレスは、リバプール、チェルシー、ミランを経て、2015年冬に復帰。アトレティコ・マドリーのサポーターから“エル・ニーニョ”との愛称で長らく親しまれてきた。だが、今シーズンのここまで出場機会に恵まれておらず、来冬のアトレティコ・マドリー退団を決意したとの報道が取り沙汰されている。 ▽そのトーレスにはアメリカや中国行きの選択肢もあるようだが、もう一度プレミアリーグでプレーしたい気持ちがある様子。そのため、選手の代理人は来年1月のレンタル移籍を目指して、リバプール時代の恩師が率いるラファエル・ベニテス監督のニューカッスルと、マウリシオ・ペジェグリーノ監督のサウサンプトンに売り込みをかけたという。 ▽なお、アトレティコ・マドリー側はレンタル移籍を容認する前に、他クラブからのオファーを吟味する姿勢。レンタルを希望するクラブは、アトレティコ・マドリーで受け取っている年俸220万ポンド(約3億2000万円)の一部支払い義務が生じてくるとのことだ。 2017.11.13 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントでの苦境を振り返るニューカッスルMF「あそこでは監督からの信頼がなかった」

今夏ドルトムントからニューカッスルに加わったU-21スペイン代表MFミケル・メリーノは、イギリス『ガーディアン』でドルトムント時代を振り返りつつ、新天地で幸せを手にした様子をうかがわせている。<br><br>2016年夏にオサスナからドイツに渡ったメリーノは、当時ドルトムントを率いていたトーマス・トゥヘル前監督の下で公式戦9試合のみに出場。そのうち、2試合にしか先発出場できず、インパクトを残せなかった。最終的にはプレミアリーグに復帰したニューカッスルに移籍し、新天地では既にドルトムントでの1シーズンと同じ出場試合数を記録している。<br><br>ドイツでの苦境について「ドルトムントでは監督からの信頼がなかった」と振り返るメリーノだが、「僕は去年と同じ選手だけど、ここでは監督が自分の力を信じてくれている。それが一番の違いだね」とラファエル・ベニテス監督との良好な関係を強調。同胞の監督について、次のように続けた。<br><br>「ラファからたくさん学べている。自分はゲームを読むことが昔から得意だったけど、今はさらに良く理解できてきていると思うね。彼は戦略の細かいところまで見ていて、とても小さなことでも大事になり得ることを教えてくれる。練習ではとてもプロフェッショナルな姿勢を見せ、みんなに完全に集中して臨むことを求めるが、ピッチの外では本当にナイスガイだよ。いつも面倒を見てくれるんだ」<br><br>『ガーディアン』はメリーノを、同じくバスク出身である元スペイン代表MFのシャビ・アロンソのプレーを思わせると紹介。将来スペインのフル代表に呼ばれる可能性について同選手は「ニューカッスルでプレーを続ければ、その可能性もあるだろう」と自信を覗かせつつ、「スペインで育てば、ティキ・タカができることが求められ、僕もそういったサッカーは好きだ。でも、僕には他のこともできる。ボールを上手く扱うのもそうだが、背が高く、フィジカルにも強いので、完成型のMFを目指すよ」と意気込みを語っている。<br><br>ニューカッスルはプレミアリーグ第9節消化時点で7位に位置。そんな中、メリーノは21日のクリスタル・パレス戦で決勝弾を挙げ、プレミアリーグでの初ゴールをマークした。今夏にスペインに戻る選択肢もあったと見られる同選手だが、新たな挑戦を選んだことでついに幸せをつかむことができたのかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.10.28 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル会長、年内までにクラブ売却へ

▽ニューカッスルの会長を務めるマイク・アシュリー氏は16日、クラブを売却することを決断したようだ。『スカイ・スポーツ』や『BBC』などイギリス各メディアが報じている。 ▽イギリスでチェーン展開するスポーツ用品店スポーツ・ダイレクトを経営するアシュリー氏は2007年7月に1億3400万ポンドでニューカッスルを買収。しかし、クラブへの投資に消極的でこれまでファンとの確執から何度かクラブを売却する意思を示していた。 ▽ニューカッスルは会長の売却意向を受けて次のような声明を発表している。 「プレミアリーグで最も伝統があり、多くのファンにサポートされているニューカッスルは、明るい未来への確かな方向性を必要としている。クラブを次のレベルにステップアップさせるには、必要な投資を行える新たなオーナーを得ることが必要だ。今がその最善のタイミングだと判断した」 ▽なお、『スカイ・スポーツ』はアシュリー氏がクリスマスまでに売却先を決めると主張している。アシュリー氏が会長に就任して以降の10年でニューカッスルは2度の降格を経験していたが、今季はここまで8試合を戦って9位に位置している。 2017.10.17 05:13 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田がフル出場も3試合ぶりの白星を狙う両者の一戦は痛み分けのドロー…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のサウサンプトンvsニューカッスルが15日に行われ、2-2の引き分けに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たしている。 ▽前節ストーク・シティに惜敗した12位サウサンプトン(勝ち点8)が、9位ニューカッスル(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。サウサンプトンは、前節からデイビスに代えてガッビアディーニをスタメンで起用。吉田はファン・ダイクとのコンビで先発に名を連ねている。 ▽試合はボールポゼッションで優位に立つサウサンプトンのペースで進む。だが、先に決定機を作り出したのはニューカッスル。9分、右CKのこぼれ球をボックス内で拾ったアツがボックス左から左足を振り抜いたが、これはゴール左に逸れた。 ▽対するサウサンプトンのチャンスは16分、スルーパスで左サイドを突破したレドモンドのクロスをファーサイドのタディッチが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、20分にニューカッスルがスコアを動かす。リッチーの左クロスをボックス中央のアツがボレーシュート。これは吉田にブロックされたが、こぼれ球をペナルティアーク手前のヘイデンがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に決まった。 ▽迎えた後半、1点を追うサウサンプトンが早い時間に同点ゴールを奪う。49分、レドモンドのロングフィードをボックス内で受けたガッビアディーニが相手DFを背負いながらボールキープ。ガッビアディーニは上がってきた味方を囮に使うとカットインから左足でシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽同点とされたニューカッスルだが、直後のプレーで再び勝ち越しに成功する。51分、ヘイデンのパスを右サイドで受けたリッチーがワンタッチでボックス右のスペースへスルーパスを供給。これに反応したアヨセ・ペレスがボックス右からダイクレトシュート。一度はGKフォースターに弾かれるも、こぼれ球をアヨセ・ペレスが押し込みゴールネットを揺らした。 ▽まずい試合運びで再びリードを許したサウサンプトンは、58分レドモンドを下げてブファルを投入。さらに67分にもロメウを下げてデイビスをピッチに送り出した。すると74分、ブファルとのパス交換でボックス左に侵入したロングが、ルジューヌに倒されPKを獲得。このPKをガッビアディーニがゴール右隅に沈め、サウサンプトンが同点に追いついた。 ▽82分、両指揮官が3点目奪取に向け、最後の交代カードを切る。サウサンプトンのペジェグリーノ監督は、ロングを下げてオースティンを投入。対するニューカッスルのベニテス監督はホセルを下げてゲイルをピッチに送り出した。 ▽試合終盤、チャンスを迎えたのはニューカッスル。89分、リッチーの左CKをゴール前のルジューヌがヘディングシュート。これがゴール左隅を捉えるも、ボールはゴールライン手前でデイビスのクリアに阻まれた。 ▽結局、試合は2-2でタイムアップ。互いに3試合ぶりの白星を目指した一戦は、痛み分けのドローで終了した。 2017.10.16 02:12 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング