ポルト

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ポルト 10 3 1 2 15 10 5 6

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.03.06
28:45
CL決勝トーナメント
ベスト16 2ndレグ
リバプール 0 - 0 ポルト
2018.02.14
28:45
CL決勝トーナメント
ベスト16 1stレグ
ポルト 0 - 5 リバプール
2017.12.06
28:45
CLグループG
最終節
ポルト 5 - 2 モナコ
2017.11.21
26:00
CLグループG
第5節
ベシクタシュ 1 - 1 ポルト
2017.11.01
28:45
CLグループG
第4節
ポルト 3 - 1 ライプツィヒ

基本データ

正式名称:FCポルト

原語表記:FC Porto

ホームタウン:ポルト

チームカラー:青 白

関連ニュース

thumb

フランクフルトがポルトガル代表FWパシエンシアを獲得! 父親はポルトのレジェンドFW

▽フランクフルトは12日、ポルトからポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシア(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽ポルトのレジェンドFWで指揮官としてはブラガやスポルティング・リスボン、デポルティボなどを率いた経験を持つドミンゴス・パシエンシア氏を父親に持つパシエンシアは、ポルトのアカデミー出身のストライカー。 ▽ポルトガルの年代別代表で常に主力を担い、U-23ポルトガル代表としてリオデジャネイロオリンピックにも参加した経歴を持つエリートだが、タレント揃いのポルトのトップチームでは思うようにチャンスを得られず、アカデミカやリオ・アヴェ、ヴィトーリア・セツバルといった国内クラブ、オリンピアコスなどへのレンタル移籍を繰り返していた。昨季はヴィトーリアで公式戦24試合に出場し10ゴール6アシストを記録していた。 ▽フランクフルトへの加入が決定したパシエンシアは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「ここに来ることができて良い気分だよ。今は興奮しているし、フランクフルトファミリーの一員になれたことを光栄に思っている。それにブンデスリーガでプレーすることは僕の夢だった」 「僕はチームの助けになれるように全力を尽くしたい。同時にストライカーとして多くのゴールを決めたいと思っているよ」 「(ポルト時代の対戦経験から)ここのファンは本当に信じられないほど素晴らしい。このクラブでプレーする機会を与えられると知ったとき、初めて対戦したときのことを思い出したよ」 2018.07.12 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがメキシコ代表DFラユンを獲得! 近日中に公式発表へ

▽ビジャレアルがポルトからメキシコ代表DFミゲル・ラユン(30)を完全移籍で獲得したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽これまでアタランタやクラブ・アメリカ、グラナダ、ワトフォードを渡り歩いてきたラユンは、2015年にポルトへ加入。右利きながら左足もそん色なく扱う両利きの同選手は、両サイドの複数ポジションでプレー可能な攻撃的な左サイドバックとして、公式戦79試合に出場し11ゴール23アシストを記録。 ▽今年1月にはセビージャに買い取りオプション付きのレンタルで加入し、公式戦18試合2ゴールという記録を残していた。 ▽また、2013年にデビューを飾ったメキシコ代表では通算67試合に出場し6ゴールを記録し、ロシア・ワールドカップでは全試合に出場していた。 ▽なお、『レキップ』が伝えるところによれば、2019年までポルトと契約を残すラユンの獲得に向けてビジャレアルは400万ユーロ(約5億2000万円)の移籍金を支払い、選手とは3年契約を結ぶ予定だ。 ▽また、ビジャレアルの公式ツイッターは10日、具体名こそ出していないものの、ラユンを匂わせる新戦力の加入が間近であることを伝えている。 2018.07.11 14:07 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサも52億円のエクトル・エレーラに関心か

▽バルセロナがポルトに所属するメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(28)に興味を示しているようだ。ポルトガル『O Jogo』が伝えた。 ▽エクトル・エレーラは、2013年にパチューカからポルトに加入。豊富な運動量で攻守に貢献でき、足下の技術とキックの多彩さも魅力のダイナモタイプのプレーヤーだ。2017-18シーズンは公式戦42試合で5ゴール7アシストを記録。ベスト16敗退に終わったロシア・ワールドカップでもメキシコ代表として全4試合で先発を飾った。 ▽そのエクトル・エレーラに対しては、レアル・マドリーやナポリ、リヨン、マルセイユが関心を示しているとみられるが、新たにバルセロナも争奪戦に加わる可能性がある模様。なお、獲得に動くとなれば、バイアウト条項金4000万ユーロ(約52億円)の支払いが生じてくるという。 2018.07.09 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ロペテギ新監督がポルト時代の教え子獲得希望もペレス会長に聞く耳なし…

▽レアル・マドリーの新指揮官に就任したフレン・ロペテギ監督がポルト時代の教え子であるメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(28)の獲得を希望しているようだ。『Pasion Futbol』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕直前にジネディーヌ・ジダン監督の後任としてエル・ブランコの新指揮官に電撃就任したロペテギ監督。一連の交渉過程の不備からスペイン代表監督を解任された経緯があるだけに、マドリーとしては新指揮官を全力でバックアップしたいところだが、フロレンティーノ・ペレス会長にそういった意思はないようだ。 ▽『Pasion Futbol』が伝えるところによれば、今夏の移籍市場でクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの退団が濃厚な状況を受けて、ロペテギ監督は同選手の後釜にポルト時代の教え子であるエレーラの獲得をクラブにリクエストしたという。 ▽2013年にパチューカからポルトに加入し、以降絶対的な主力として活躍するエレーラは昨季の公式戦42試合で5ゴール7アシストを記録。豊富な運動量と球際の強さテクニックを武器に攻守両面で貢献できる万能型MFだ。ロシア・ワールドカップでもメキシコ代表の主力として印象的な活躍を見せた。 ▽しかし、世界的には無名でありその風貌を見ても商業的な価値が決して高くない同選手に関して、ペレス会長は獲得する価値がないと判断しており、新指揮官からのリクエストを突っぱねたようだ。 ▽なお、マドリーが獲得を見送るエレーラに関してはライバルのバルセロナが関心を示しており、スペイン『ムンド・デポルティボ』は4000万ユーロ(約52億円)前後のオファーを準備していると主張している。 2018.07.07 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【前日会見】西野朗監督ポーランド戦に向けて「非常にデリケートな3戦目になる」《ロシアW杯》

▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH最終節のポーランド代表戦に臨む。その一戦を翌日に控える中、日本代表を率いる西野朗監督がGK川島永嗣(メス/フランス)と共に前日会見に出席した。 <span style="font-weight:700;">◆西野朗監督</span>(日本代表) ──ヴォルゴグラードは非常に気象条件が厳しいが、中3日でのメンバー選びに重視することは何か? 「昨日(飛行機の)タラップを降りて、気温というより湿度が予想以上だったのですが、今日選手たちの体調はそれによって(変わった)というのは感じていません。とてもいい形で3戦目を迎えられるというところで、疲れも半減というのはあります。実際、1人1人が疲弊している中で戦わなければいけない。そしてこのコンディションなので、明日のメンバーに関しても、今日の5時半からのトレーニングで最終的な確認ができます。それによって最終的に判断したいと思います」 ──試合を重ねるごとに現地のサポーターが増えていますが、監督自身はサポーターの声援を感じているか? 「非常にありがたいです。第1戦はかなりコロンビアのサポーターが多い中、数で負けない大きな声援をいただきました。エカテリンブルク(のセネガル戦)でも、さらにたくさんのサポーターに来ていただいたので心強く、ありがたく思っています。 大会にいますと、日本の状況はまったく分からない。なので、想像するに、かつて(アトランタ)五輪での状態も想像以上だったみたいですし、日本国内でW杯や日本代表が注目されているということ。さらに、われわれが国民に感動や希望を与えられるようなゲームをしたいという思いでいます。ますます、いいゲームをと思いますし、明日も強い声援、応援をいただけると思っています。今はチームで、まだまだ力が残っているので、いいゲームをしたいと思います」 ──ポーランドはグループリーグ敗退が決まっているが、気をつけること、ここを攻めたいというところあるか? 「W杯に消化試合はあり得ない。敗退は決まっているポーランドですが、何とか日本に一矢(報いる)ということで、世界屈指のストライカーにとっても、何としてもゴールをという気持ちだと思います。強いポーランドが明日いると思うので、それ以上のスピリットを持って戦わないといけない」 「ヨーロッパ予選を勝ち抜いてきたポーランドですし、ただ我々もこの2戦、非常にタフなゲームで毎試合ポイントを取れているという強い自信があります。コンディションの問題がありますけれど、しっかりボールを味方につけて、日本らしいサッカーを、さらにクオリティーの高いゲームをやりたいと思います。決して崩せない相手ではないと思うので、人もボールも動く、日本らしいクイックネスをもってゴールに向かっていきたいと思います」 ──1戦目も2戦目も走行距離で相手より勝っているが、明日はこの気候で走るのは難しいか? 「これからのトレーニングで、最終的な選手の状態を確認した上で判断するということになります。走行距離は100(キロ)そこそこで、国内の試合だと110から120くらいが普通です。押し込んだ第1戦も、第2戦も、クオリティーの問題でスプリントの回数も、同時にスプリントを使ったりとか、動く質というものが同時性や連動性が合ったりする中で、無駄に動いていない感じがします」 「明日はさらにコンディションがこういう状況なので、ボールをしっかり有効に使う、走らせる。疲れを知らないボールですので、有効に使いたいと思いますし、今は選手が攻守に切り替えが早かったり、勝負と見た時に全体が同じ形で走っていったり、共通した戦術で動きが取れているということで無駄がない。明日はさらにそういう形で進めないと、後半から疲弊してくるじゃないかと思うし、 持久戦は日本の選手が高い能力を持っているので、粘り強くというか、戦況を見ながら試合を進めていかないといけない」 「あまり他会場を気にしたくないし、選手にも伝えるつもりはないのですが、いろいろな情報が選手にも伝わるかもしれない。それによって、動きが変わらないようにコントロールしたいと思います。非常にデリケートな3戦目になると思います」 ──ここ2試合で乾貴士の存在感が大きくなっているが、彼に期待しているものは? 「正直、想像以上のパフォーマンスを彼は今大会、実際に出していると思います。彼は、他の選手にはないドリブルで数的優位を作り、それがアクセントにもなっています。スタートでどうかというのはあって、彼はずっとケガをしていたので、途中からアクセントをもたらしてほしいという見方をしていました。 コロンビア戦でのああいう時間でプレーできて、本来持っているチャンスメイクとかアクセントをもたらすだけでなく、決定的な得点をアシストという形で表現した。あのゲームから非常にスタートの中で、しかもディフェンスの面でも貢献ができる。小柄な身体ですが、非常にクレバーなポジショニングから攻守にいいパフォーマンスを残しているし、決定的な仕事もできる。まさに今大会に照準を合わせて、いい状態で今もいます」 2018.06.28 03:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング