ポルト

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ポルト 10 3 1 2 15 10 5 6

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.06
28:45
CLグループG
最終節
ポルト 5 - 2 モナコ
2017.11.21
26:00
CLグループG
第5節
ベシクタシュ 1 - 1 ポルト
2017.11.01
28:45
CLグループG
第4節
ポルト 3 - 1 ライプツィヒ
2017.10.17
27:45
CLグループG
第3節
ライプツィヒ 3 - 2 ポルト
2017.09.26
27:45
CLグループG
第2節
モナコ 0 - 3 ポルト

基本データ

正式名称:FCポルト

原語表記:FC Porto

ホームタウン:ポルト

チームカラー:青 白

関連ニュース

thumb

中島翔哉の移籍に向けてポルトと交渉開始か…ポルティモネンセは契約解除金満額を希望

ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉は、ポルト行きの可能性が高まっているようだ。地元紙『A BOLA』が報じた。<br><br>かねてより中島にはポルトガルの強豪クラブであるベンフィカ、ポルトからの興味が伝えられていた。加えてドイツ方面でフランクフルトやヴォルフスブルクが獲得を狙うといった報道が伝えられていたが、今回はポルトとポルティモネンセが中島とFWパウリーニョ移籍に向けて交渉が開始されたと報じられている。<br><br>ポルティモネンセはそれぞれの契約解除金に設定されている2000万ユーロ(約26億8000万円)、1000万ユーロ(約13億円)が支払われることを望んでおり、それほど多くの資金を費やしたくないポルトとしては、交渉に選手の譲渡を含める可能性もあるようだ。<br><br>中島は今シーズン、18試合で7ゴールをマーク。その中にはポルトからマークした得点もあり、注目を集めるきっかけとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

強豪・ポルトがMF中島翔哉の獲得に本腰か

▽ポルティモネンセに所属するFW中島翔哉(23)に対し、ポルトガルの強豪・ポルトが獲得に熱心な姿勢を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 ▽中島は、2017年8月にFC東京からの期限付き移籍でポルティモネンセへと加入。ここまでリーグ戦で13試合に出場し7ゴール2アシストを記録するなど、チームの攻撃を牽引する活躍を見せている。 ▽リオ・デ・ジャネイロ五輪では日本代表として10番を背負ってプレーした中島。今シーズンは9月に行われたアウェイでのポルト戦でもゴールを記録。その活躍にポルトだけでなく、ベンフィカも獲得に興味を持った他、フランクフルトやヴォルフスブルクなどドイツクラブも興味を見せている。 ▽ポルティモネンセとしては、1月31日までに中島が売却できない場合は、契約解除金を1000万ユーロ(約13億4400万円)から2000万ユーロ(約26億8800万円)へと倍増する意向。しかし、ポルトはポルティモネンセへとレンタル移籍している左サイドバックのDFイナシオの契約と絡め、中島の契約解除金を引き下げたい考えがあるようだ。果たして、中島のステップアップは今冬起こるのだろうか。 2018.01.12 10:07 Fri
twitterfacebook
thumb

マラガがレアル・マドリー出身FWブエノをレンタルで獲得

▽マラガは9日、ポルトのスペイン人FWアルベルト・ブエノ(29)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は今季終了までとなっている。 ▽レアル・マドリーのカンテラ出身であるストライカーのブエノは、バジャドリーやラージョ、グラナダにレガネスといったクラブでプレー。アンダー世代ではU-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた経歴を持つ。リーガエスパニョーラではこれまで153試合に出場して36ゴール17アシストを記録している。しかし、今季はポルトで出場機会がない状況だった。 ▽移籍先のマラガは降格圏の19位に沈み、残留圏内の17位デポルティボとは5ポイント差がある。 2018.01.10 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“仲良し”モウとコンテが再バトル? ポルトFWマレガ争奪戦開始か

▽マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが、ポルトのマリ代表FWムサ・マレガ(26)の獲得レースをスタートしたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽先日にユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が「試合中に狂った男のようになる」とチェルシーのアントニオ・コンテ監督を揶揄した発言をキッカケに、「痴呆症」、「小さな男」と刺激的なワードで舌戦を繰り返す両指揮官。 ▽移籍市場においても昨夏はベルギー代表FWロメル・ルカク、スペイン代表FWアルバロ・モラタ、今冬はユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロを巡る争奪戦を繰り広げるなど、話題に事欠かない2人の指揮官は、今回新たにポルトの主力FWを巡って再び激突するようだ。 ▽『メトロ』が伝えるところによれば、今冬の移籍市場で前線のオプションを確保したいユナイテッドとチェルシーがマレガ獲得に向けて現地にスカウトを派遣し、接触を行っているという。 ▽これまでアミアンやマリティモといったクラブを渡り歩いてきたマレガは、2016年にポルトに完全移籍。加入当初は適応に苦戦したものの、レンタルで加入したヴィトーリア・ギマランエスでシーズン14ゴールの活躍を披露。そして、ポルトに復帰した今季はここまで公式戦24試合に出場し15ゴール6アシストの活躍をみせ、ビッグクラブの関心を集めている。 ▽なお、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの離脱でルカクのバックアッパー不在のユナイテッドはその穴埋めとして、チェルシーはベルギー代表FWミッチー・バチュアイに代わるモラタのバックアッパーとしてマレガを獲得したい考えのようだ。 2018.01.09 06:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループG総括】完成度際立ったベシクタシュが首位で初突破! 昨季4強モナコが未勝利で敗退…

▽メガクラブ不在も昨季ベスト4のモナコを筆頭に、ベシクタシュ、ポルト、RBライプツィヒと弱小クラブ不在のグループGでは、混戦が予想された中で頭一つ抜け出したトルコ王者が初の決勝トーナメント進出を首位通過で決めた。また、ライプツィヒとの接戦を制したポルトが2位での突破を決めている。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ベシクタシュ[14/4/2/0/6] 2.ポルト[10/3/1/2/5] 3.RBライプツィヒ[7/2/1/3/-1] 4.モナコ[2/0/2/4/-10] ◆史上初の決勝T進出~ベシクタシュ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季のグループステージでの経験を礎に、智将ギュネシュ監督の下で攻守に完成度の高さを見せたベシクタシュが本命不在となった実力拮抗のグループを見事に首位通過した。トルコ代表の主力を軸に、百戦錬磨のDFペペ、DFアドリアーノ、FWクアレスマ、FWバベルと実力者を揃えるトルコ王者は、4勝2分けの無敗とグループステージを通じて安定感が光った。これまでトルコ勢は熱狂的なサポーターの後押しを武器にホームでの戦いを得意とする一方、アウェイでの脆さが目立った。しかし、今大会ではペペら百戦錬磨のベテランを中心にアウェイでの巧みな試合運びが目立ち、難敵相手のアウェイゲームを全勝したことが首位通過に繋がった。なお、クラブ史上初の決勝トーナメントでは、2位通過組で最も当たりたくなかったチームの1つであるバイエルンと対戦する。 ◆混戦制して2位通過~ポルト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最終節までもつれ込むライプツィヒとの接戦を制して見事に2位通過を果たした。開幕から国内リーグで驚異的な堅守を誇ったチームだが、ホームでのベシクタシュとの初戦では1-3の大敗を喫する厳しいスタートとなった。しかし、2003-04シーズンのCLファイナルの再現カードとなったモナコとの2試合をいずれも大勝し、ライプツィヒとの直接対決を当該得失点差で優位に立ったことが決め手となり、2年連続の決勝トーナメント行きを決めた。決勝トーナメント1回戦ではリバプールとの対戦となるだけに、シーズン序盤の堅守を取り戻せるかが重要となる。 ◆初出場で善戦も及ばず~RBライプツィヒ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽クラブ創設時以来の悲願となっていた初のCLの舞台は、惜しくも3位フィニッシュに終わった。若手主体のメンバー構成という影響もあり、指揮官、選手を含め初のCLで硬さが見えた序盤2試合を1敗1分けの未勝利で終えたチームは、第3節でポルトとの打ち合いを制して待望のCL初勝利。だが、以降の3試合では相手の自滅に助けられたモナコ戦での大勝を除き、2試合で競り負けるなど、グループステージ全体を通して経験不足が目に付いた。それでも、エースFWヴェルナー、MFフォルスベリ、DFウパメカーノなど若手逸材タレントは要所でそのポテンシャルを発揮しており、今後に繋がる戦いとなったはずだ。なお、同じく初舞台となるELのラウンド32では、CL3位敗退組の強豪ナポリ戦との対戦が決定しており、ここでも難しい試合が待っていそうだ。 ◆昨季ベスト4が未勝利で敗退…~モナコ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、躍動感溢れる若きスカッドが痛快な戦いぶりでベスト4進出を果たしたモナコだが、今季はグループステージ未勝利での敗退という屈辱を味わうことになった。昨季の快進撃を支えたDFメンディ、MFバカヨコ、MFベルナルド・シウバ、FWムバッペという若手4人が引き抜かれたモナコは、その後釜にDFコンゴロ、MFティーレマンス、FWヨベティッチ、FWケイタらを獲得したものの、いずれもフィットに時間がかかっており、国内リーグと共にCLの舞台でも苦戦が続いた。また、コンディションに問題を抱える主砲FWファルカオの存在感が希薄だったこともあり、グループステージを通じて精神的に締まらないゲームが目立った。 2017.12.13 18:06 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング