フランス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 フランス 7 2 1 0 3 1 2 3

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.07.15
24:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
決勝
フランス 4 - 2 クロアチア
2018.07.10
27:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
準決勝
フランス 1 - 0 ベルギー
2018.07.06
23:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
準々決勝
ウルグアイ 0 - 2 フランス
2018.06.30
23:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
ラウンド16
フランス 4 - 3 アルゼンチン
2018.06.26
23:00
ロシア・ワールドカップ グループC
最終節
デンマーク 0 - 0 フランス

基本データ

正式名称:フランス代表(2018W杯)

原語表記:FRANCE

愛称:レ・ブルー

ホームタウン:パリ

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

マドリー、ユナイテッドのヴァラン獲得メガオファーを断っていた?!

▽レアル・マドリーが、フランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)に対するマンチェスター・ユナイテッドからの巨額オファーを拒否していたようだ。スペイン『アス』が、イギリス『エクスプレス』の情報を基に伝えた。 ▽ヴァランは、フランス代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)の全試合に出場し、ディフェンスリーダーとして優勝に大きく貢献。タイトル獲得数は、25歳にして既にチャンピオンズリーグ(CL)4回を含む16回となった。 ▽2011年夏の加入当初からマドリーの未来のリーダーと称され、現在では世界最高のディフェンダーの1人にまで成長を遂げたヴァラン。マドリーとの契約を2022年夏まで残しているが、今夏にはユナイテッドからの関心が報じられていた。 ▽守備の陣容に不満を覚えているジョゼ・モウリーニョ監督が、補強に第一候補に据えているとも、各紙は取り沙汰。しかし、結局移籍することはなく、今シーズンも既にマドリーでの公式戦3試合に出場し、勝利に貢献している。 ▽しかし、『エクスプレス』によると、ユナイテッドが今夏に1億2200万ユーロ(約159億円)のオファーを提示していたという。それに対して、マドリーは当初から否定的な反応を示し、交渉は始められなかったようだ。 ▽また、ヴァラン獲得に失敗したユナイテッドは、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンにも手を伸ばしたそうだが、そちらも同様の結果に終わったことが伝えられている。 2018.09.15 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

怪物ムバッペのゴール数が凄すぎる…19歳時点のメッシ&C・ロナウドを凌駕!?

▽スペイン『マルカ』が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)の驚くべき数字を紹介している。 ▽モナコ下部組織で育ち、2015年12月にプロデビューを飾ったムバッペは、2年目の2016-17シーズンに公式戦26ゴールを記録してブレイク。同シーズン中にフランス代表デビューも飾り、シーズン終了後に買取オプション付きのレンタル移籍でPSGへ加入した。2017-18シーズンでも21ゴールを記録すると、10代でのロシア・ワールドカップ出場も手に。それだけに留まらず、決勝戦含めて4ゴールを挙げてチームの5大会ぶり優勝にも導いた。 ▽近年のフットボール界において頂点に君臨するバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ユベントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに割って入る存在として名乗りを上げたムバッペ。今シーズンも公式戦4ゴールと好スタートを切っているが、フランスが誇る怪物のこれまでの成績は、メッシとC・ロナウドの19歳時の成績を超えるものだという。『マルカ』が3選手の19歳時までの成績を紹介し、比較している。 ◆クラブ通算ゴール数 ムバッペ 52ゴール メッシ 25ゴール C・ロナウド 17ゴール ◆チャンピオンズリーグ通算ゴール数 ムバッペ 10ゴール メッシ 2ゴール C・ロナウド 0ゴール ◆代表通算ゴール数 ムバッペ 9ゴール C・ロナウド 7ゴール メッシ 4ゴール ▽3項目全てにおいて、メッシとC・ロナウドを上回るムバッペ。両選手の当時の環境も違うため、一概に比較することはできないが、次世代のスーパースターとして十分すぎる数字を叩き出していることは明らか。ロシアW杯からの活躍で周囲からの警戒も増す今シーズン、どこまでの成績を残せるのか注目だ。 2018.09.13 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「スタジアムから帰りたくなかった」フランス国民から祝福されたマテュイディ

フランス代表MFブレーズ・マテュイディが、11日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、所属先であるユベントスの同僚FWクリスティアーノ・ロナウドやワールドカップの祝勝セレモニーについて語った。<br><br>9日に行われたUEFAネーションズリーグ、グループA第2節オランダ戦(2-1)終了後、会場のスタッド・ド・フランスでは、ロシアW杯の祝勝会が開催された。フランス優勝の立役者の1人であるマテュイディは感動のセレモニーを振り返った。<br><br>「スタジアムから帰りたくなかった。フランス国民から祝福され、一生に一度しか味わえない瞬間のように思えた。子供たちや孫の世代まで語り継ぎたい。これほど愛されていることは誇りだし、光栄に思う。20年後になっても、スタッド・ド・フランスでの僕らのお祭りのことが話題になるのかもしれない。ファンもチームも第2の家族のようだよ」<br><br>続いてマテュイディは、ユベントスの同僚であるC・ロナウドについて語った。ポルトガル代表FWが味方となったことを頼もしく思っている。<br><br>「ロナウドは何か違ったものを持っている選手だ。彼はバロンドールを5回受賞しているし、世界最高峰の選手とも言える。僕らと一緒にいてくれて嬉しい限りだよ。ここではきっと彼の経験を生かしてくれるだろう。これまで数多くのタイトルを勝ち取ってきた選手だし、特にチャンピオンズリーグで強かった。シーズンの重要な局面において助けとなってくれるだろう。今回、彼は僕らの味方だし、活躍が楽しみだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.12 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

みんな大好きカンテ! リュディガーも「彼の笑顔は伝染する」

▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテの人気が止まらない。 ▽2015-16シーズン、レスター・シティの奇跡のプレミア優勝の立役者の1人として、一気にその名を世界中に知らしめたカンテ。先のロシア・ワールドカップ(W杯)でも、フランス代表の中心選手として20年ぶりの優勝に大きく貢献。その優勝セレモニーでは、トロフィーに触りたくても触れない、シャイすぎるカンテが話題に。フットボールの才能だけでなく、あまりに奥手な性格にも注目が集まっている。 ▽そんな中、9日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のオランダ代表戦(2-1でフランス代表が勝利)は、W杯優勝後初のスタッド・ド・フランス凱旋ということで、試合後にW杯優勝セレモニーが改めて行われた。その際、チーム随一の功労者であるカンテを称えるチャントが、世界的な楽曲『オー・シャンゼリゼ』の替え歌で歌われた。代表選手一同だけでなくスタジアムに集まったサポーターやファンも巻き込んだ大合唱となり、いかにカンテが愛されているかがわかるシーンだった。 ▽縁の下の力持ちとして、どんなチームでも大きな影響を与えるカンテ。それにもかかわらず、驕るどころか極度のシャイとあれば、愛されて当然か。6日にフランス代表と対戦し、チェルシーでもチームメイトであるドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは自身のツイッターで「おそらく、フットボール界で最も感染力の高い笑顔だ」として2人がピッチ上で笑い合う写真を公開。このツイートに多くの「いいね!」が集まっている。 2018.09.11 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン「ドイツ代表は少し不安定だけど、それが人間」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、代表チームが不安定な状態だと認めている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽ドイツは、6日のUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表戦をゴールレスドローで終えたものの、9日の国際親善試合ペルー代表戦では2-1で勝利。ロシア・ワールドカップ(W杯)でグループステージ敗退という80年ぶりの憂き目に遭って以来、初の代表ウィークとなった。 ▽ギュンドアンは、リスタートを図るドイツのW杯王者フランス戦、ペルー戦を以下のように分析している。 「僕らはディフェンシブにやったと思う。相手に多くのチャンスを許さなかった。特にフランス代表のような相手に対しては、これも1つの成果だ」 「一方で、僕らにはもっと向上させなければならないことがいくつかある。(ペルー代表戦で)多くのチャンスを得たのに、2ゴールしか決められなかったりね。今日の前半はもっと多くの得点を生むべきだった」 「(W杯から)数か月、数週間しか経っていないし、僕らが少し不安定かもしれないというのは、明らかだと思う。でも、それが普通だし、それが人間だよ」 ▽トルコ系ドイツ人であるギュンドアンは、ロシアW杯直前にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会。ドイツ国民からブーイングを浴びせられ、W杯本大会でも低調なパフォーマンスに終始した。現在ではエジル程の批判は受けていないものの、チームに安定を与えて失った信頼を取り戻すことはできるのだろうか。 2018.09.11 13:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング