超ワールドサッカー

フランス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 フランス 7 2 1 0 3 1 2 3

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.07.15
24:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
決勝
フランス 4 - 2 クロアチア
2018.07.10
27:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
準決勝
フランス 1 - 0 ベルギー
2018.07.06
23:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
準々決勝
ウルグアイ 0 - 2 フランス
2018.06.30
23:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
ラウンド16
フランス 4 - 3 アルゼンチン
2018.06.26
23:00
ロシア・ワールドカップ グループC
最終節
デンマーク 0 - 0 フランス

基本データ

正式名称:フランス代表(2018W杯)

原語表記:FRANCE

愛称:レ・ブルー

ホームタウン:パリ

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

ジルー、ロリス飲酒運転逮捕に関して自身も逮捕の可能性があったと認める

▽チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが今年8月に起きたトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスの飲酒運転での逮捕に関して、自身も逮捕される可能性があったことを認めた。フランス『Telefoot』で明かした。 トッテナムでキャプテンを務めるフランス代表GKウーゴ・ロリス(31)が24日の未明に飲酒運転の容疑で逮捕された。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽トッテナムとフランス代表でキャプテンを務めるロリスは今年8月24日にロンドン市内のグロスタープレイスでパトロール中の警察に停止を求められた際、基準値を上回るアルコールが検知され、その場で飲酒運転の容疑で逮捕された。 ▽その後、9月11日にウェストミンスターの裁判所に出廷し、5万ポンド(約720万円)の罰金と、20カ月の運転禁止処分を受け入れた。 ▽実は、ロリスが飲酒運転で逮捕された夜、ジルーはアーセナルの元フランス代表DFローラン・コシエルニーと共に同選手と会食を行っていた。そのため、両選手も飲酒した状況で車を運転していた可能性が噂されていた。 ▽そして、『Telefoot』の番組内でイエスかノーで質問に答えることになったジルーは、「ウーゴ・ロリスのようにあの夜に呼気検査を受けた場合、陽性(基準値を上回るアルコールが検知)が出た?」と問われると、「ウイ(はい)」と返答。自身も帰路で警察に出会っていた場合、ロリスと同様に飲酒運転で逮捕された可能性があったことを認めた。 2018.11.18 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

世界王者フランスに快勝のオランダが逆転での準決勝進出に望み! ドイツはリーグB降格…《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ1、オランダ代表vsフランス代表が16日に行われ、2-0でオランダが快勝した。 ▽先月行われたUNL2戦目のドイツ代表戦を3-0と快勝して1勝1敗とした2位オランダ(勝ち点3)は、勝利すれば準決勝進出の望みがつながる中、ファン・ダイクやワイナルドゥム、デパイといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、先月のUNL3戦目のドイツ代表戦を2-1で勝利した首位フランス(勝ち点7)は、引き分け以上で首位が確定する。そのフランスはポグバやユムティティ、メンディにマルシャルといった主力が負傷で招集できなかった中、ムバッペやグリーズマン、カンテにヴァランらがスタメンとなった。 ▽共に[4-3-3]を採用した一戦。オランダはGKにシレッセン、4バックは右からダムフリース、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント、中盤アンカーにF・デ・ヨング、インサイドにワイナルドゥムとデ・ルーン、3トップは右からベルグヴィン、デパイ、バベルと並べた。 ▽対するフランスはGKにロリス、4バックは右からパヴァール、ヴァラン、キンペンベ、ディーニュ、中盤アンカーにエンゾンジ、インサイドにカンテとマテュイディ、3トップは右からグリーズマン、ジルー、ムバッペと並べた。 ▽まずは開始2分、オランダがチャンスを迎える。デパイがボックス右に抜け出した流れからワイナルドゥムが決定的なシュートを浴びせたが、GKロリスの守備範囲に飛んだ。 ▽その後も敵陣でボールを保持するオランダは13分、デパイがGKロリスを強襲するシュートを浴びせ、フランスを押し込んでいく。 ▽一方、守勢に回るフランスは28分、FKの流れからボックス手前右のパヴァールが強烈なミドルシュートを浴びせ、オランダを牽制。 ▽ここからフランスがポゼッションを高める流れとなったが、前半終盤の44分に先制したのはオランダ。エンゾンジのヘディングでのクリアが後方に逸れてボックス右のバベルがGKロリスを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをワイナルドゥムが押し込んだ。 ▽1点をリードして迎えた後半、オランダが攻勢に出る流れとなると、60分にCKからファン・ダイクが際どいヘディングシュートを浴びせた。さらに62分、ダンフリースのヘディングシュートでGKロリスを強襲。 ▽流れの悪いフランスは65分に2枚代えを敢行する。ジルーとマテュイディに代えてデンベレとムサ・シソコを投入した。 ▽しかし、前がかるフランスに対してオランダは73分にデパイが直接FKでGKロリスを強襲すれば、続く74分にもデパイがボックス左からドリブルシュートを放ち、フランスを圧倒していく。そして試合終了間際の追加タイム5分、ボックス内のF・デ・ヨングがムサ・シソコに倒されてPKを獲得。これをデパイが決めて世界王者フランスに快勝し、逆転での準決勝進出に望みを繋いだ。 ▽オランダは19日にリーグBへの降格が決まったドイツとアウェイで対戦する。 2018.11.17 07:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ジルー、同性愛カミングアウトの難しさに理解「多くの課題が残っている」

▽チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、サッカー界で同性愛をカミングアウトすることの難しさを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の一員としてトロフィーを掲げたジルー。サッカー選手として最高峰のタイトルを得た同選手だが、現在はさらに達成が困難な仕事に頭を悩ませているようだ。 ▽サッカー界は近年、プレミアリーグがLGBTの人々への支援を表明するなど、あらゆる差別に対する取り組みを実施。2014年に元ドイツ代表MFトーマス・ヒッツルスペルガー氏が同性愛者であることをカミングアウトしたこともあり、多少は風向きも変わってきている。 ▽しかし、ジルーは選手目線からこの問題に取り組む難しさを述べた。 「(ヒッツルスペルガーの例は)とても感動的だったよ。フットボール界でホモセクシャルだと公表することは不可能なんだ、と呟いていた時のことだった」 「部屋が変わると、沢山のテストステロン(男性ホルモン)があって、集団生活で、シャワーは共同。やりにくいけどそうなんだ」 「僕には、その痛みや男たち(サッカー選手)がカミングアウトすることの難しさが分かる。1人で何年も取り組んでいたことの、本当の結果が出るんだ」 「ゲイコミュニティ支援のためにアーセナルが“レインボウ・レース”の着用を頼んできた時も、僕はやったよ。この問題に関して、サッカー界にはまだ多くの課題が残っている」 2018.11.16 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、FFP制裁危機PSGに選択迫る! ムバッペorネイマール獲得へ

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)からスーパースターを奪う準備を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の疑いで、欧州サッカー連盟(UEFA)からの継続的な調査を受けているPSG。2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナから獲得したブラジル代表FWネイマール(26)、モナコから1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)で買い取ったフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)のオペレーションに関連した違反の可能性が追及されており、『アス』によれば厳密な取り調べが行われている段階のようだ。 ▽また、もし違反していた場合には、PSGへの罰としてチャンピオンズリーグ(CL)の参加停止処分が検討される模様。そういった状況を回避するため、ネイマールかムバッペどちらか1人の売却を強いられることになるかもしれない。 ▽この一連の流れに目を光らせているのが、マドリーだ。同クラブは今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したが、代わりとなるアタッカーは獲得しておらず。以前から獲得を目指していたPSGのアタッカーのどちらかを、確保しようとしているようだ。 ▽記事は、ネイマールがより有力な候補になると主張。PSGは以前は同選手を最優先でキープしようとしていたが、現在ではロシア・ワールドカップ(W杯)で王者となったムバッペにプライオリティーが移ったという。また、ムバッペはPSGがFFPによりCLから排除された場合の補償を契約に盛り込もうとしており、最悪の場合でもクラブを離れようとはしていないようだ。 2018.11.14 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング