ロシア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ロシア 6 2 0 1 8 4 4 3

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.07.07
27:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
準々決勝
ロシア 2 - 2 クロアチア
2018.07.01
23:00
ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント
ラウンド16
スペイン 1 - 1 ロシア
2018.06.25
23:00
ロシア・ワールドカップ グループA
最終節
ウルグアイ 3 - 0 ロシア
2018.06.19
27:00
ロシア・ワールドカップ グループA
第2節
ロシア 3 - 1 エジプト
2018.06.14
24:00
ロシア・ワールドカップ グループA
第1節
ロシア 5 - 0 サウジアラビア

基本データ

正式名称:ロシア代表(2018W杯)

原語表記:RUSSIA

愛称:スボルナヤ

ホームタウン:モスクワ

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

チェリシェフにドーピング違反疑惑! 処分なら4年間の出場停止も

▽ビジャレアルからバレンシアにレンタル移籍中のロシア代表MFデニス・チェリシェフ(27)がドーピング違反疑惑をかけられているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽『テレグラフ』が伝えるところによれば、チェリチェフの父親は先日にロシアメディアに対して、「ワールドカップに向けて成長ホルモン入りの注射を渡された」と、自身の息子がケガの早期回復に向けてドーピング違反の観点で禁止されている成長ホルモン入りの注射を受けていたことを明かした。 ▽そして、一連の報道を受けて、スペインアンチドーピング機構(AEPSAD)は同選手に対する調査を開始したようだ。なお、『テレグラフ』は今回の調査で違反が確認された場合、最大4年間の出場停止処分が科される可能性を伝えている。 ▽一方、ロシアサッカー連合(RFU)は『テレグラフ』の成長ホルモン入り注射が間違ったものであり、実際は使用が認められている多血小板血しょう(PRP)による治療だったと主張。PRP療法はヨーロッパやアメリカでは頻繁に行われている治療法で、自分の血液から血小板が多く含まれる部分のみを抽出し患部に注射することで自己治癒力を高める効果がある。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 2018.09.09 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ジューバの勝ち越し弾でロシアが白星スタート!《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグBグループ2のトルコ代表vsロシア代表が7日に行われ、1-2でロシアが勝利した。 ▽欧州で新設された同大会。ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場を逃したトルコは、チャルハノールやユンデル、トスンといった主軸がスタメンとなった。 ▽一方、母国開催となったロシアW杯では快進撃を見せ、過去最高のベスト8進出を果たしたロシアは、多くのW杯出場メンバーがスタメンで起用。また、W杯の最終候補に挙がっていたノイシュテッターとジキヤも先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ロシアが先手を取る。13分、サイドチェンジを右サイドで受けたマリオ・フェルナンデスが素早くクロスを供給。ニアサイドでクジャイェフのフリックしたボールを相手DFがクリアミスすると、ファーサイドに走り込んだチェリシェフが左足のボレーシュートでゴールに叩き込んだ。 ▽先制を許したトルコの反撃は41分、右サイドでFKを獲得すると素早くリスタート。このパスで右サイドを抜け出したチャルハノールのクロスは相手DFにクリアされるも、こぼれ球に反応したアジズがボックス中央から豪快にシュートをゴールに突き刺した。 ▽1-1で迎えた後半、トルコはアジズを下げてアイハンを投入。しかし、先にスコアを動かしたのはロシアだった。49分、バイタルエリア中央のガジンスキーがループパスを供給すると、このパスで相手DFの裏に抜け出したジューバが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽勝ち越しを許したトルコは、56分にヤズジュを下げてオズヤクプ、71分にメフメト・トパルを下げてマリを投入。すると79分、ジェンギズ・ユンデルがドリブルでボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKルニョフの好守に防がれた。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。ジューバの勝ち越し弾で逃げ切ったロシアが、UEFAネイションズリーグ初戦を白星で飾った。 2018.09.08 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ロシア代表メンバー発表、守護神アキンフェエフや負傷のゴロビンは選外《UEFAネイションズリーグ》

▽ロシアサッカー連合(RFS)は27日、来月のUEFAネイションズリーグ2018-19に臨む同国代表メンバー25名を発表した。 ▽自国開催のロシア・ワールドカップでベスト8進出に導いたスタニスラフ・チェルチェソフ監督は、守護神のGKイゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)やMFアラン・ジャゴエフ(CSKAモスクワ)らを休養のため選外とした他、負傷のMFアレクサンドル・ゴロビン(モナコ)も選外となっている。一方、MFデニス・チェリシェフ(バレンシア)やFWアルチョム・ジューバ(ゼニト)といった主力が選出されている。 ▽UEFAネイションズリーグ2018-19・リーグB・グループ2に属するロシアは、来月7日にトルコ代表とのアウェイ戦を、同10日にチェコ代表との親善試合を行う。ロシア代表メンバー25名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ロシア代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アンドレイ・ルニョフ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">ギリェルメ</span>(ロコモティフ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アントン・シュニン</span>(ディナモ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ゲオルギ・ジキヤ</span>(スパルタク・モスクワ) <span style="font-weight:700;">イルヤ・クテポフ</span>(スパルタク・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・セミョノフ</span>(テレク) <span style="font-weight:700;">コンスタンティン・ラウシュ</span>(ディナモ・モスクワ) <span style="font-weight:700;">ヒョードル・クドリャショフ</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">マリオ・フェルナンデス</span>(CSKAモスクワ) <span style="font-weight:700;">エルミル・ナビウリン</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">イゴール・スモルニコフ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">ロマン・ノイシュテッター</span>(フェネルバフチェ/トルコ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ドミトリー・ストツキー</span>(FCクラスノダール) <span style="font-weight:700;">ユーリ・ガジンスキー</span>(FCクラスノダール) <span style="font-weight:700;">ダレル・クジャイェフ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">アレクサンドル・エロヒン</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">アレクセイ・イオノフ</span>(ロストフ) <span style="font-weight:700;">ロマン・ゾブニン</span>(スパルタク・モスクワ) <span style="font-weight:700;">アントン・シュベッツ</span>>(テレク) <span style="font-weight:700;">パベル・モギレベツ</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">ルスラン・カムボロフ</span>(ルビン・カザン) <span style="font-weight:700;">デニス・チェリシェフ</span>(バレンシア/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アルチョム・ジューバ</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">アントン・ザボロトニー</span>(ゼニト) <span style="font-weight:700;">ドミトリー・ポロズ</span>(ルビン・カザン) 2018.08.28 00:28 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯ベスト8に導いたロシアのチェルチェソフ監督が2020年まで契約延長

▽ロシアサッカー連盟(RFU)は27日、スタニスラフ・チェルチェソフ監督(54)と2020年まで契約を延長したことを発表した。年俸は250万ユーロ(約3億2000万円)とのことだ。 ▽スパルタク・モスクワやディナモ・モスクワなど、母国ロシアで監督キャリアを積んだチェルチェソフ監督は、2016年にロシア代表監督に就任。親善試合では結果を残せず、史上最弱の代表と言われた中、ロシア・ワールドカップでは戦前の予想に反してスペイン代表をPK戦の末に撃破するなどベスト8まで導いていた。 2018.07.28 00:01 Sat
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワのベレズツキ双子兄弟が一緒に現役引退

▽CSKAモスクワは21日、ロシア代表DFヴァシリ・ベレズツキ(36)と同代表DFアレクセイ・ベレズツキ(36)の現役引退を発表した。 ▽ヴァシリとアレクセイは双子兄弟で、共にDFとして活躍。それぞれトルペド=ジルでプロキャリアをスタートさせ、弟のアレクセイが2001年に、兄のヴァシリは翌年にCSKAモスクワ入りした。代表キャリアにおいては、2003年に兄弟一緒にロシア代表デビュー。2016年に揃って代表を引退した。 ▽CSKAモスクワは、今夏にロシア代表として自国開催のワールドカップを戦ったDFセルゲイ・イグナシェビッチ(39)が大会終了後、現役引退を表明。新シーズンより、そのイグナシェビッチを含めた3人のベテランがCSKAモスクワ守備陣からいなくなる形になる。 2018.07.22 08:15 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング