ストラスブール

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ストラスブール 38 9 11 18 44 67 -23 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.19
28:00
リーグ・アン
第38節
ナント 1 - 0 ストラスブール
2018.05.12
28:00
リーグ・アン
第37節
ストラスブール 3 - 2 リヨン
2018.05.06
24:00
リーグ・アン
第36節
レンヌ 2 - 1 ストラスブール
2018.04.28
27:00
リーグ・アン
第35節
ストラスブール 1 - 1 ニース
2018.04.21
27:00
リーグ・アン
第34節
アミアン 3 - 1 ストラスブール

基本データ

正式名称:RCストラスブール

原語表記:Racing Club de Strasbourg

創立:1906年

ホームタウン:ストラスブール

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

攻撃陣そろい踏みで5発大勝のPSGがCLショックを払拭!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第26節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsストラスブールが17日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが5-2で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦で痛恨の1-3の逆転負けを喫した首位のPSG。その敗戦からのバウンスバックが求められる今節は、前回対戦で今季公式戦初黒星を喫した13位のストラスブールと対戦した。マドリー戦からは先発5人を変更。ムバッペやヴェッラッティがベンチ外となったほか、マルキーニョスとラビオが先発を外れ、チアゴ・シウバやディ・マリア、クルザワが先発に復帰した。 ▽開始直後に高い位置でのボール奪取からネイマールにいきなり決定機が生まれるなど、押し込む立ち上がりとなったPSG。しかし、開始6分に相手に与えた最初の決定機をゴールに結びつけられる。左サイドで相手DFに囲まれたネイマールが中央に出した横パスを奪われカウンターを許すと、右サイドでララが入れた折り返しをゴール前に走り込んだアフルにダイレクトボレーで決められた。 ▽マドリー戦の敗戦に続き格下相手に先制を許す厳しい入りとなったが、スター軍団はこの苦境にも全く動じない。10分にはネイマールの縦パスが相手に引っかかるも、ボックス内でこぼれ球を回収したドラクスラーが左足のシュートをゴール右隅に流し込み、早くも同点に追いつく。 ▽さらに21分にはボックス左に抜け出したネイマールが一度は相手GKにシュートを防がれるが、こぼれ球を回収するとゴール前で冷静にGKとDFを外して2試合連続となる逆転ゴールを挙げた。さらに直後には相手のキックオフで最終ラインまでボールが下がると、もたついたDFからボールを奪ったディ・マリアが電光石火の3点目を決めた。 ▽その後、ややペースを落としながらもネイマールを起点に攻勢を続けるPSGはカバーニに幾度か決定機が訪れるなど、きっちり試合をコントロールして前半を終えた。 ▽後半も主導権を握るPSGは58分、ラサナ・ディアラとロ・セルソを下げてモッタとパストーレを投入する2枚替えを敢行。だが、再三の決定機を逸するホームチームは67分、バオケンのミドルシュートであっさりと失点し、点差を1点に縮められる。 ▽それでも、この失点で目を覚ましたPSGは73分、パストーレからの絶妙なスルーパスに抜け出したカバーニが飛び出したGKをあざ笑うかのようなチップキックでゴールネットを揺らす。続く79分にはネイマールの浮き球に抜け出したカバーニが今度はミドルループで流し込み、一気に点差を3点に広げた。 ▽そして、試合運びに課題を見せたものの、攻撃陣そろい踏みの活躍でストラスブールにリベンジを果たしたPSGが一先ずマドリー戦のショックを払拭した。 2018.02.18 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨン、今季ストラスブールで躍動する“ワンダーキッド”を獲得!

▽リヨンは26日、リールからストラスブールにレンタル移籍中のU-21フランス代表FWマルタン・テリエ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年半となるが、今季終了まではレンタルという形でストラスブールに残留する。 ▽リールの下部組織出身のテリエは2016年にトップチームデビュー。今季は昇格組ストラスブールにレンタル移籍で加入すると、ここまでリーグ戦16試合に出場し3ゴール3アシストを記録。昨年12月に行われたボルドー戦では自陣から70メートル近くをドリブルで独走し、2人のDFを翻弄した圧巻のゴールが大きな話題になっていた。 ▽自慢の快足に加え、優れた足元を活かしたドリブルや正確なラストパスにも定評があるテリエは、昨年行われたFIFA U-20ワールドカップにも出場するなど、フランス国内期待の若手セカンドストライカーの1人だ。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、テリエの移籍金は総額1100万ユーロ(約15億円)ほどになったようだ。 2018.01.27 01:38 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場のエンジエ&パイエ弾でマルセイユが3連勝!《リーグ・アン》

▽マルセイユは16日、リーグ・アン第21節でストラスブールと対戦し、2-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽中2日での過密日程となるマルセイユは、3-0と完勝した前節のレンヌ戦から先発を2人変更。パイエとロランドに代えてアンギッサとアブデヌールを先発で起用。酒井宏は前節同様に左サイドバックで先発出場した。 ▽試合は地力に勝るマルセイユが立ち上がりからボールを支配する。しかし、ストラスブール守備陣の集中した守りで枠内にシュートを飛ばすことができない。前半最大のチャンスはアディショナルタイム1分、左サイドを突破したトヴァンがボックス左深くまで切り込み、クロスを供給。これをゴール前のオカンポスが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半に入っても一進一退の攻防が続く。そこでマルセイユは56分、オカンポスを下げてパイエを投入。しかし67分、サンソンがプレー中に右ヒザを痛めるアクシデントが発生。プレー続行不可能となったサンソンはメディカルスタッフに肩を借り、そのままピッチを後にした。 ▽嫌な雰囲気流れる中、マルセイユは直後の69分に決定機を迎える。B・サールのパスをボックス右で受けたトヴァンが縦に切り込みクロス。これをジェルマンが右足で流し込むも、GKウキジャのファインセーブに阻まれた。さらに71分には、ボックス右から仕掛けたパイエがダ・コスタに倒されてPKを獲得。しかし、ジェルマンのPKはGKウキジャの完璧なPKストップに阻まれた。 ▽絶好の先制機を逃がしたマルセイユだが79分、遂にスコアを動かす。アンギッサのパスで右サイドを抜け出したトヴァンがボックス右深くまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前で受けたジェルマンがシュート。これは相手DFのブロックに阻まれるも、セカンドボールを途中出場のエンジエが押し込んだ。 ▽待望の先制点で勢いづいたマルセイユは、87分にもエンジエのパスで相手DFの裏に抜け出したパイエが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにボールを流し込んだ。結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦3連勝を飾ったマルセイユは、暫定ながら2位に浮上した。 2018.01.17 05:10 Wed
twitterfacebook
thumb

首位快走のPSGが昇格組相手に今季初黒星で無敗優勝を逃す…《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は2日、リーグ・アン第16節でストラスブールと対戦し、1-2で敗戦した。 ▽3日前に行われた前節のトロワ戦を2-0で勝利したPSGは、その試合からスタメンを7人変更。GKトラップやカバーニ、ヴェラッティらをベンチスタートとし、GKアレオラやヌバッペ、ラビオ、ドラクスラーらを先発で起用した。 ▽試合は立ち上がりから地力に勝るPSGがポゼッションで圧倒するも、13分にセットプレーから先制を許す。左サイドで獲得したFKからライナールがクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したダ・コスタが頭で叩き込んだ。 ▽先制を許したPSGだが、すぐに反撃。17分、ボックス右付近でパスを受けたパストーレの折り返しをゴール右に抜け出したムバッペがヒールシュートで合わせるも、これはGKカマラがセーブ。さらに18分には、敵陣でボールを奪ったドラクスラーがドリブルでボックス左まで持ち上がりシュートを放ったが、わずかにゴール右に逸れた。 ▽試合の主導権を掴みながらもゴールが遠いPSGだったが、42分に待望のゴールが生まれる。ネイマールのパスをボックス左深くで受けたラビオが折り返すと、ニアサイドに走り込んだムバッペがゴール流し込んだ。 ▽同点に追いついたPSGは、前半終了間際の45分にも右サイド突破したムバッペのクロスからパストーレが決定機を迎えたが、シュートは左ポストに弾かれた。 ▽後半に入っても主導権を握るPSGだが、先に試合を動かしたのはストラスブール。65分、GKカマラのパントキックを右サイドのダ・コスタが頭で繋ぐと、このパスで相手DFの裏に抜け出したバオケンがボックス右からシュートを突き刺した。 ▽勝ち越しを許したPSGは、75分にディ・マリアを下げてカバーニを投入。81分にはドラクスラーとパストーレに代えてヴェラッティとロ・セルソをピッチに送り出した。その後、PSGはカバーニ、ネイマール、ムバッペを起点に幾度となく相手ゴールへ迫る。 ▽すると、後半アディショナルタイム9分にこの試合最後の決定機が訪れる。右サイドを持ち上がったダニエウ・アウベスのクロスからラビオがボレーシュートを叩きつけるが、これは相手GKのファインセーブに防がれた。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。無敗で首位を快走していたPSGだが、昇格組のストラスブールに今季初黒星を喫した。 2017.12.03 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組ストラスブール、ベティスからMFマルタンを獲得!

▽ストラスブールは25日、ベティスからフランス人MFジョナス・マルタン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。 ▽モンペリエの下部組織出身のマルタンは、2010年にトップチームデビュー。高水準のテクニックと戦術眼、ダイナミズムを兼ね備えた万能型MFは、アミアンからのレンタル移籍から戻って来た2012-13シーズンより同クラブの主力に定着。その後、昨夏にベティスへ完全移籍で加入していた。 ▽だが、初挑戦のリーガエスパニョーラでは度重なる負傷の影響もあり、リーグ戦20試合出場で2ゴールの成績にとどまり、わずか1年で母国に戻ることになった。 2017.07.26 02:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング