ストーク・シティ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ストーク・シティ 33 7 12 19 35 68 -33 38

基本データ

正式名称:ストーク・シティFC

原語表記:Stoke City Football Club

愛称:ポッターズ

創立:1863年

ホームタウン:ストーク・オン・トレント

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

元アイルランド代表アイルランドがボルトンに移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のボルトン・ワンダラーズは9日、元アイルランド代表MFスティーブン・アイルランド(32)の加入を発表した。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のアイルランドは2005年のトップチーム昇格以降、在籍5年間で公式戦176試合に出場。2010年にクラブが大型補強を敢行したことでポジションがなくなり、アストン・ビラへと移籍した。 ▽アストン・ビラ移籍後は2011-12シーズンにファンによる年間最優秀選手に選ばれる活躍を残したものの、負傷や問題行動などにより鳴かず飛ばずの成績に。 ▽その後、レンタル移籍を経て2014年冬にストークに完全移籍。4年半過ごしたあと今夏に退団しフリーとなっていた。 ▽また、アイルランド代表としては、公式戦6試合で4ゴールの記録を残していた。 2018.10.10 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ボージャン、バルセロナデビュー当時を回想「間違えるのが怖かった」

▽ストーク・シティに所属する元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが、バルセロナでのデビュー時を回想した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今年で28歳になったボージャン。幼少時にバルセロナ入りして以来、育成年代の数々の得点記録を塗り替えたかつての逸材は“リオネル・メッシ以上のスコアラー”とも称され、下部組織での7年間では通算で900得点以上を記録した。 ▽そして、2007-08シーズンに16歳にしてトップチームに昇格。17歳と18日を数える2007年9月16日のリーガエスパニョーラ第3節オサスナ戦で、念願のデビューを果たしている。 ▽しかし、その後は期待されていたような得点力を発揮することはなく、2011年にローマに移籍。ミランやアヤックス、マインツ、アラベスなどを経てストークでプレーしている今シーズンは、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)9試合1ゴールを決めている。 ▽インタビューに応じたボージャンが、バルセロナでのデビュー当時を振り返った。 「バルセロナのボージャンは本物のフットボールプレーヤーだったけど、世界的なインパクトに備えた準備はしていなかった」 「17歳の時にバルセロナのようなクラブでプレーしていたんだ。大きな衝撃だったよ。エトーやプジョル、マクスウェル、イニエスタたちと一緒にロッカールームに居たんだ。けど(衝撃と)同時に、毎日が夢だったよ」 「最初の日を覚えている。ウォーターボトルの保管されている場所から5メートルのところに座っていた。喉が渇いていたんだけど、何か間違った行動をするのが怖くて絶対にボトルを取りに行けなかったよ」 ▽ボージャンは、デビューシーズンにリーガ31試合10ゴールをマーク。しかし、それ以来リーグ戦で二桁を記録することはできておらず。多くのサッカーファンから失われた才能として認識されているが、見返すことはできるのだろうか。 2018.10.06 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

クラウチ、妻とのやり取りがほっこり「彼女はフットボールが好きじゃなくて…」

▽ストーク・シティに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチが、妻との日常のやり取りを明かした。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽その明るい人柄からイングランドのTV番組などに出演している姿も度々みられるクラウチ。この度、『How To Be A Footballer』と題された著書を出版することとなった37歳は、『ガーディアン』のインタビューの中で日常生活について語った。 「僕は長男を学校に迎えに行くために家に帰ってるよ。イングランド代表やリバプールと頻繁に出かけていた頃よりも多く関わりを持っている」 「(妻の)アッベイはフットボールが好きじゃなくて、そのおかげで簡単にオフに切り替えられるよ」 「彼女は僕が獲得してきたものを誇りに思っているけど、キックオフの10分前に“あなた今どこ? ”なんて電話で尋ねてきたりするんだ」 ▽2メートル越えの長身を誇るクラウチはこれまでトッテナムやポーツマス、リバプールで活躍。イングランド代表としても42試合22ゴールを記録している。 2018.09.30 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ベラヒノにわずか6週間で3人の子供が! ただ、母親は全て別々…

▽ストーク・シティに所属するFWサイード・ベラヒノ(25)にとんでもない“暴れ馬”スキャンダルが浮上した。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽イングランド代表の各世代別代表歴を持ち、今月9月にルーツのブルンジ共和国代表デビューを果たしたベラヒノ。約6週間のうちに、過去に自身と関係を持った3人の女性との間にそれぞれ3人の子供が誕生したという。 ▽まず1人目の女性は、元妻のステファニア・クリストフォロウさんで、5月30日に子供を出産。2人目は、ベラヒノの幼馴染で28歳のアフリカ人女性で、7月15日に子供が誕生した模様だ。 ▽そして、最後の3人目は、ベラヒノの現在の嫁であるアメリカ人モデルのチェルシー・ラヴレスさん。2人目の女性が出産して、わずか2日後の7月17日に子供が産まれたとのことだ。 ▽ただ、気になるのは籍を入れた仲でもない2人目の女性。現時点で違う父親の可能性も取り沙汰されているが、渦中のアフリカ人女性はフットボール選手が相手だと証言しているようだ。 ▽なお、今後、法的な問題にも発展する恐れがあるとみられる。渦中のベラヒーノは昨年1月にWBAからストークに加入したが、プレミアリーグ15試合出場で無得点。寝室での優れたパフォーマンスを本職でも披露してもらいたいところだ。 2018.09.24 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カメルーン代表MFチュポ=モティング、PSGに完全移籍

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は1日、ストーク・シティからカメルーン代表MFエリック・マキシム・チュポ=モティング(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間。 ▽ドイツ国内クラブを渡り歩いてきたチュポ=モティングは、2017年8月にシャルケからストークに加入。昨シーズンはプレミアリーグで30試合5ゴール5アシストを記録した。 ▽PSGへの完全移籍が決定したチュポ=モティングは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「欧州のトップクラブであるPSGと契約できたことをとても嬉しく思う。僕への信頼にも感謝したい。それに応えるため、毎日ピッチでベストを尽くしていく。パルク・デ・プランスの雰囲気を感じられるのを楽しみにしているよ」 2018.09.01 10:45 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング