ストーク・シティ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 ストーク・シティ 36 9 9 11 33 42 -9 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
23:00
プレミアリーグ
第30節
レスター・シティ vs ストーク・シティ
2017-04-04
27:45
プレミアリーグ
第31節
バーンリー vs ストーク・シティ
2017-04-08
23:00
プレミアリーグ
第32節
ストーク・シティ vs リバプール
2017-04-15
23:00
プレミアリーグ
第33節
ストーク・シティ vs ハル・シティ
2017-04-22
23:00
プレミアリーグ
第34節
スウォンジー vs ストーク・シティ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
24:00
プレミアリーグ
第29節
ストーク・シティ 1 - 2 チェルシー
2017.03.08
29:00
プレミアリーグ
第28節
マンチェスター・シティ 0 - 0 ストーク・シティ
2017.03.04
24:00
プレミアリーグ
第27節
ストーク・シティ 2 - 0 ミドルズブラ
2017.02.26
22:30
プレミアリーグ
第26節
トッテナム 4 - 0 ストーク・シティ
2017.02.11
24:00
プレミアリーグ
第25節
ストーク・シティ 1 - 0 クリスタル・パレス

基本データ

正式名称:ストーク・シティFC

原語表記:Stoke City Football Club

愛称:ポッターズ

創立:1863年

ホームタウン:ストーク・オン・トレント

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

ストーク戦を振り返るコンテ監督「大きな勝利だ」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、18日のストーク・シティ戦での勝利を「非常に大きな勝利」と振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽現在、プレミアリーグで首位を快走するチェルシー。18日にはプレミアリーグ第29節で9位のストークとのアウェイ戦に臨んだ。試合は13分にMFウィリアンの直接FKでチェルシーが先制するも、前半37分にDFギャリー・ケイヒルがPKを与えてしまい、同点に追いつかれてしまう。それでも、82分にDFダビド・ルイスのヘディングシュートのこぼれ球をケイヒルが押し込み、勝ち越しに成功。2-1で勝利したチェルシーが、リーグ3連勝を飾った。 ▽試合後、コンテ監督はこの時期にアウェイ戦を制したことに満足感を示した。以下のようにコメントしている。 「確かにこれは大きな勝利だ」 「ストークのような高いクオリティを持ち、組織的にも優れているチームに対して、この時期に勝利することは簡単ではない。我々は、試合開始から終了まで勝利を目指す姿勢を見せることができたと思っている。選手たちがそれも見せてくれたので、非常に嬉しいね。でも、彼らがこの試合に勝つための準備はしっかりとできていた」 「我々はリーグ戦2試合をアウェイで戦った。そして、シーズンのこの時期に両方の試合を勝利できたことは、非常に重要なことだ。それは簡単なことではない」 「(今節のストーク戦を含めて)残り10試合、リーグ優勝のために我々は、勝ち点21を確実に取る必要がある。けど、この勝利は非常に大きい」 2017.03.19 13:26 Sun
twitterfacebook
thumb

PK献上のケイヒルが土壇場で意地の決勝弾! 首位チェルシーがストーク撃破で3連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節、ストーク・シティvsチェルシーが18日にBet365スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽ジエゴ・コスタの2試合連続ゴールなどで2連勝の首位チェルシー(勝ち点66)は、2位トッテナム(勝ち点56)、3位マンチェスター・シティ(勝ち点56)と10ポイント差を付けて首位を快走中。また、13日に行われたFAカップ準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ベスト4進出を果たしている。 ▽そして、絶好調の首位チームは、直近のリーグ戦でシティと引き分けている9位ストークとのアウェイゲームに臨んだ。コンテ監督はこの一戦に向けてユナイテッド戦から先発1人を変更。負傷のアザールに代わって、ペドロを先発に復帰させ、3トップはペドロ、ジエゴ・コスタ、ウィリアンの並びとなった。 ▽互いにやや慎重な入りを見せた中、攻め切れない時間が続くチェルシーだったが、13分にセットプレーから先制点を奪う。マルコス・アロンソの仕掛けで得た相手陣内左サイド深くの位置で得たFK。この場面でキッカーのウィリアンは、完全にクロスを予想した相手GKリー・グラントの隙を突き、空いていたニアポストに低くて速いシュート。GKグラントの手を弾いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽この試合最初のチャンスをゴールに結び付けたチェルシーは、その後も危なげなく試合をコントロール。20分過ぎにはカウンターからモーゼス、カンテと続けてシュートを浴びせる。さらに30分には左CKのサインプレーの流れからモーゼスの浮き球スルーパスに抜け出したマルコス・アロンソがゴール前でGKと一対一になるが、ここはGKグラントのビッグセーブに阻まれ、追加点には至らなかった。 ▽ここまで相手にシュートを一本も打たせない余裕の展開が続くチェルシーが、アンソニー・テイラー主審の続け様の不可解な判定から同点に追いつかれる。 ▽まずは33分、ストークのCKの流れから完全にオンサイドのマルティンス・インディがゴールネットを揺らすが、副審がオフサイドの判定。この場面ではオフサイドポジションに居たベラヒノがDFアスピリクエタをプッシングした場面もあり、うやむやな判定でゴールが取り消しに。だが、直後の37分、ストークのFKの場面でウォルタースを後方から軽く押したDFケイヒルがファウルを取られ、ストークに帳尻合わせのようなPKが与えられる。これをキッカーのウォルタースが冷静に蹴り込んだ。結局、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽迎えた後半もボールを保持するチェルシーが押し込む展開が続くが、粘り強く守るストークを崩し切れない。アザール不在で遅攻の精度を欠く中、背後を狙うジエゴ・コスタに縦パスを狙う、やや単調な攻撃に終始。66分にはボックス手前で得たFKの場面で、意表を突いてマルコス・アロンソが直接左足を振り抜くが、このシュートはクロスバーを叩く。 ▽何とか勝ち切りたいチェルシーは70分、モーゼスを下げてセスクを投入。この交代でシステムを[4-3-3]に変更し、攻勢を強める。76分にはショートカウンターからウィリアンのラストパスを受けたペドロがボックス左からシュートを放つが、GKグラントの好守に阻まれる。 ▽試合終盤にかけて相手の反撃に晒されるなど、苦しい状況が続くチェルシーは、82分にマティッチを下げてロフタス=チークを投入。すると、土壇場の87分に勝ち越しゴールが生まれる。CKの場面でダビド・ルイスがヘディングシュート。これをゴール前のDFピータースがクリアし損ねてゴール前にこぼれると、ケイヒルが冷静に蹴り込んだ。 ▽その後、ウィリアンに代えてズマを投入し、再び[3-4-3]に戻して逃げ切りを図るチェルシーが、相手の反撃をきっちり凌ぎ切って2-1の勝利。アザール不在で苦しみながらも勝ち切ったチェルシーがリーグ戦3連勝でまた一歩プレミア制覇に近づいた。 2017.03.19 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

決定力に欠いたマン・Cが格下ストークに手痛いゴールレスドロー《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは8日、プレミアリーグ第28節でストーク・シティとのホーム戦に臨み、0-0の引き分けに終わった。 ▽5日に行われた第27節のサンダーランド戦に勝利し、リーグ4連勝を飾った3位シティ(勝ち点55)が、9位ストークを本拠地エティハド・スタジアムに迎えた一戦。シティはサンダーランド戦から先発メンバーを3人変更。ストーンズとスターリング、シルバに代えてオタメンディとヘスス・ナバス、デ・ブライネを起用した。 ▽過密日程真っ只中のシティが、立ち上がりから積極的に敵陣へと攻め入るもなかなかペースを掴めない。すると6分、アウェイのストークにチャンスを与えてしまう。スローインのリターンを受けたピータースがボックス左外からクロスを供給。これを走りこんだM・ディウフに合わせられるも、ここはGKカバジェロが対処する。 ▽その後もストークのサイド攻撃に苦しめられるシティは25分、ボックス左手前でFKを獲得。コラロフの直接FKがゴール左隅を捉えるも、これはGKリー・グラントの好守に阻まれる。 ▽前半終盤に差し掛かると、シティはL・ザネとヘスス・ナバスの両サイドからゴール前まで迫る。しかし、フィニッシュ直前のプレーに精度を欠き、シュートチャンスを作ることができず、スコアレスのまま試合を折り返す。 ▽後半に入って攻撃を加速させるシティは55分、敵陣中央左でパスを受けたL・ザネが裏街道で左サイドを突破。ボックス手前にパスを送ると、これを受けたアグエロが右足でミドルシュートを放つも、ピータースに頭でクリアされ、ゴールを奪うことができない。 ▽ホームでのポイントロスを避けたいシティは57分、ヘスス・ナバスを下げて、シルバを投入し、攻撃のクオリティを高める。すると72分、ボックス左でパスを受けたシルバがフェルナンジーニョとのワンツーで中央に切れ込み、左足を振り抜く。しかし、これはゴール右をわずかに外れる。さらに77分、シルバの左CKからオタメンディが頭で合わせるも、これもバーの上に外れる。 ▽猛攻を仕掛けるシティは後半アディショナルタイム1分、敵陣中央右からデ・ブライネがゴール前にクロスを供給。これにフリーで飛び込んだ途中出場のイヘアナチョが左足で合わせるも、ゴール右に外しまう。 ▽後半は終始ストークを圧倒したシティだったが、最後までゴールを奪うことはなく試合は終了。格下ストークを相手に痛恨のゴールレスドローで勝ち点1を分け合う形となった 2017.03.09 07:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ストークMFアフェライが2019年夏まで契約延長! 「このクラブは家族のようだ」

▽ストーク・シティは2日、オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ(30)との契約を2019年の夏まで延長したことを発表した。 ▽2004年2月にPSVでトップチームデビューを果たしたアフェライは、2006-07シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞した。2011年12月にはバルセロナに完全移籍を果たすも、十分な出場機会を得ることができず、シャルケ(2012-13)、オリンピアコス(2014-15)に期限付き移籍。その後、2015年7月にストークへと加入した。 ▽加入1年目となった2015-16シーズンこそ、リーグ戦31試合に出場し、2得点3アシストを記録。今シーズン序盤は、ひざのケガに悩まされ、ここまで9試合の出場となっている。 ▽契約延長を終えたアフェライは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕はとても幸せだよ」 「はじめてこのクラブに来た時から自分の家のように感じていた。このクラブでの将来やこれから起こることが楽しみだよ。僕たちが進化と成長をし続けられることを望んでいる」 「ストーク・シティは偉大なクラブだ。そしてそのクラブを支えてくれるファンやサポーターは特別だ。彼らはアウェイゲームでも常に僕らの応援に来てくれて、家族のような存在だよ」 「ケガはもう終わったことだ。それをピッチで証明していきたい。これからが楽しみだ。日々努力して、全てのことに全力で取り組んでいくよ」 2017.03.02 22:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ケインが今季3度目のハット含む4ゴールに絡む活躍! ストークに圧勝のスパーズがEL敗退ショックを払拭《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節、トッテナムvsストーク・シティが26日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが4-0で勝利した。 ▽先週末のFAカップ5回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアム相手に快勝し、公式戦の連敗をストップしたリーグ3位のトッテナム。だが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のヘント戦では、デレ・アリの一発退場が響き2-2のドローに終わり、0-1で敗れた1stレグから挽回できず、まさかのラウンド32敗退となった。その一戦から中2日で迎えた10位ストークとのホームゲームでは若きチームのバウンスバックが期待された。ポチェッティーノ監督はこの一戦に向けて、ヘント戦と全く同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むトッテナムは、エリクセンやデレ・アリがボックス付近で細かく繋いでゴールチャンスを窺う。すると14分、エリック・ダイアーの斜めのクサビを受けたデレ・アリがボックス内のエリクセンに流す。エリクセンが突っかけたこぼれ球をボックス右で拾ったケインがゴール左隅に流し込んだ。 ▽その後も勢い付いて押し込むトッテナムだったが、24分には相手のカウンターからピンチを招く。左サイドを攻め上がったピータースのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に飛び込んだ古巣対戦のクラウチにスライディングシュートされるが、これはGKロリスが圧巻の反応で弾き出した。 ▽前半のうちに追加点を奪いたいトッテナムは、27分にエリクセンの右CKをニアでアルデルヴァイレルトが頭でフリック。ファーでワントラップしたヴェルトンゲンが利き足とは逆の右足でボレーシュートもクロスバーを叩く。直後の28分には左サイドからカットインしたケインが右足のブレ球シュートを放つが、このシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽前半終盤にかけても猛攻を続けるトッテナムは、32分にエリクセンの右CKのサインプレーからボックス手前のケインが難易度の高いボレーシュートをゴール左隅に流し込み、追加点を奪取。さらに37分にはボックス手前で得たFKの場面でエリクセンが横にズラしたボールをケインが狙うと、壁にディフレクトしてコースが変わったボールがゴール右隅に吸い込まれ、ケインは前半だけで今季の公式戦3度目のハットトリックを達成。なお、昨季得点王は今季のゴール数を17ゴールに伸ばし、得点ランキングトップタイに浮上した。 ▽勢い付くトッテナムは前半終了間際にも右サイドを突破したケインのラストパスからデレ・アリがスライディングシュートを流し込み、試合を決定付ける4点目を奪って試合を折り返した。 ▽迎えた後半、立ち上がりに左足の内転筋あたりを気にして倒れ込んだアルデルヴァイレルトが負傷交代するアクシデントに見舞われたトッテナムは、49分にヴィマーを緊急投入。それでも、前半同様にきっちり試合をコントロールしていく。 ▽一方、前回対戦と同様に全く良いところがないストークは、60分にアダム、クラウチを下げてアフェライ、ベラヒノを同時投入。だが、リーグ屈指の堅守を誇るトッテナムの守備を前になかなか決定機を作れない。 ▽後半半ばから終盤にかけてはトッテナムに中2日の疲労が出始めたことで、試合はややこう着状態が続く。66分にはヴェルトンゲンを下げてウィンクスを投入し、システムを[4-2-3-1]に変更。73分にはエリクセンのお膳立てからケインに4点目のチャンスが訪れるが、ここはGKリー・グラントの好守に阻まれた。それでも、安定した守備で相手の反撃を無失点で凌いだトッテナムが、4-0で完勝。エースの4ゴールに絡む活躍でEL敗退のショックを払拭したスパーズが、リーグ戦2試合ぶりの勝利で暫定2位に浮上した。 2017.02.27 00:33 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング