ストーク・シティ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ストーク・シティ 33 7 12 19 35 68 -33 38

基本データ

正式名称:ストーク・シティFC

原語表記:Stoke City Football Club

愛称:ポッターズ

創立:1863年

ホームタウン:ストーク・オン・トレント

チームカラー:赤、白

関連ニュース

thumb

チャンピオンシップで“噛み付き”発生! …主審の裁定は?

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)の試合中に、愚行が行われた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽その出来事があった試合は、11月28日に行われたチャンピオンシップ第19節ストーク・シティvsダービ・カウンティ。前半33分にストークのMFエテボが1発退場になり、両選手がヒートアップする事態に。そして、ウェールズ代表MFでも活躍するストークMFジョー・アレンがダービーMFブラッドリー・ジョンソンと接触したところ、ブラッドリーがジョー・アレンの首筋をガブリ。主審の眼前で噛み付き行為をはたらいた。 ▽しかし、かなり明確だったこの悪質なファールに対して、審判の裁定はイエローカード留まり。また、噛み付かれた側のジョー・アレンにも同じタイミングでイエローカードが提示されている。 ▽“噛み付き”と言えば、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが有名だが、同選手が初めてその行為に及んだアヤックス時代には、7試合の出場停止に。また、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)でも同じ愚行を犯した際には、4か月間のサッカー活動禁止という重い処分が下されていた。 2018.11.30 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

シャキリ、リバプールにリスペクト求める「僕はバイエルンでプレーしていた」

▽リバプールに所属するスイス代表FWジェルダン・シャキリが、バイエルン時代に受けていた愛情をリバプールにも要求している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨シーズンまで所属していたストーク・シティがチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したシャキリは、今シーズンからリバプールに加入。しかし、ここまでの公式戦でのプレー時間は388分間(約4試合相当)と、ポジション確保には至っていない。 ▽インタビューに応じたシャキリは、リバプールでも自身がリスペクトされるべきだと語った。 「ストークが降格したことは、クラブや自分自身にとって非常に悪い経験になった。彼らが(プレミアリーグに)早く戻ってくることを願うよ。でも、あそこであんな目に遭ったとしても、僕はチャンピオンズリーグウィナーだ。リスペクトされるに相応しいと思う」 「僕は、ミュンヘンにある世界最大級のクラブの1つでプレーしていた。そして今、またしてもビッグクラブでプレーしている」 「だから、リバプールのシャツには何らプレッシャーを感じないよ」 「ミュンヘンに戻った時には、あそこのファンからは愛情を感じる。ここ(リバプール)でも同じものが欲しい」 ▽シャキリは、2012年から2015年まで所属していたバイエルンでは、公式戦通算81試合17ゴール19アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2012-13シーズンには、公式戦39試合8ゴール13アシストの活躍を披露していた。 2018.11.04 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

元アイルランド代表アイルランドがボルトンに移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のボルトン・ワンダラーズは9日、元アイルランド代表MFスティーブン・アイルランド(32)の加入を発表した。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のアイルランドは2005年のトップチーム昇格以降、在籍5年間で公式戦176試合に出場。2010年にクラブが大型補強を敢行したことでポジションがなくなり、アストン・ビラへと移籍した。 ▽アストン・ビラ移籍後は2011-12シーズンにファンによる年間最優秀選手に選ばれる活躍を残したものの、負傷や問題行動などにより鳴かず飛ばずの成績に。 ▽その後、レンタル移籍を経て2014年冬にストークに完全移籍。4年半過ごしたあと今夏に退団しフリーとなっていた。 ▽また、アイルランド代表としては、公式戦6試合で4ゴールの記録を残していた。 2018.10.10 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ボージャン、バルセロナデビュー当時を回想「間違えるのが怖かった」

▽ストーク・シティに所属する元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが、バルセロナでのデビュー時を回想した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今年で28歳になったボージャン。幼少時にバルセロナ入りして以来、育成年代の数々の得点記録を塗り替えたかつての逸材は“リオネル・メッシ以上のスコアラー”とも称され、下部組織での7年間では通算で900得点以上を記録した。 ▽そして、2007-08シーズンに16歳にしてトップチームに昇格。17歳と18日を数える2007年9月16日のリーガエスパニョーラ第3節オサスナ戦で、念願のデビューを果たしている。 ▽しかし、その後は期待されていたような得点力を発揮することはなく、2011年にローマに移籍。ミランやアヤックス、マインツ、アラベスなどを経てストークでプレーしている今シーズンは、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)9試合1ゴールを決めている。 ▽インタビューに応じたボージャンが、バルセロナでのデビュー当時を振り返った。 「バルセロナのボージャンは本物のフットボールプレーヤーだったけど、世界的なインパクトに備えた準備はしていなかった」 「17歳の時にバルセロナのようなクラブでプレーしていたんだ。大きな衝撃だったよ。エトーやプジョル、マクスウェル、イニエスタたちと一緒にロッカールームに居たんだ。けど(衝撃と)同時に、毎日が夢だったよ」 「最初の日を覚えている。ウォーターボトルの保管されている場所から5メートルのところに座っていた。喉が渇いていたんだけど、何か間違った行動をするのが怖くて絶対にボトルを取りに行けなかったよ」 ▽ボージャンは、デビューシーズンにリーガ31試合10ゴールをマーク。しかし、それ以来リーグ戦で二桁を記録することはできておらず。多くのサッカーファンから失われた才能として認識されているが、見返すことはできるのだろうか。 2018.10.06 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

クラウチ、妻とのやり取りがほっこり「彼女はフットボールが好きじゃなくて…」

▽ストーク・シティに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチが、妻との日常のやり取りを明かした。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽その明るい人柄からイングランドのTV番組などに出演している姿も度々みられるクラウチ。この度、『How To Be A Footballer』と題された著書を出版することとなった37歳は、『ガーディアン』のインタビューの中で日常生活について語った。 「僕は長男を学校に迎えに行くために家に帰ってるよ。イングランド代表やリバプールと頻繁に出かけていた頃よりも多く関わりを持っている」 「(妻の)アッベイはフットボールが好きじゃなくて、そのおかげで簡単にオフに切り替えられるよ」 「彼女は僕が獲得してきたものを誇りに思っているけど、キックオフの10分前に“あなた今どこ? ”なんて電話で尋ねてきたりするんだ」 ▽2メートル越えの長身を誇るクラウチはこれまでトッテナムやポーツマス、リバプールで活躍。イングランド代表としても42試合22ゴールを記録している。 2018.09.30 18:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング