超ワールドサッカー

フロジノーネ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 フロジノーネ 31 8 7 23 35 76 -41 38

基本データ

正式名称:フロジノーネ・カルチョ

原語表記:Frosinone Calcio

創立:1991年

ホームタウン:フロジノーネ

チームカラー:黄/青

関連ニュース

thumb

サンプドリア、昨季フロジノーネでプレーのスイス人DFを獲得

▽サンプドリアは19日、スイスリーグのグラスホッパー所属スイス人DFダニエル・パブロビッチ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年となっている。 ▽2015年夏にグラスホッパーからフロジノーネへレンタル移籍した左サイドバックのパブロビッチは2015-16シーズン、セリエAで22試合に先発。クラブを降格から救うことはできなかったものの、その活躍が認められてサンプドリアへの移籍を実現させた格好だ。 2016.07.20 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

FIGCが八百長疑惑のナポリvsフロジノーネの調査開始を発表! 開始13分にフロジノーネMFが不可解な一発退場

▽セリエAで再び八百長疑惑が浮上している。イタリアサッカー連盟(FIGC)は19日、2015-16シーズンのセリエA最終節、ナポリvsフロジノーネでのフロジノーネのイタリア人MFミルコ・ゴーリの退場に関して、調査に乗り出すことを発表した。 ▽今月14日に行われたセリエA最終節のナポリvsフロジノーネは、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートイン圏内の2位キープを狙うナポリと、19位で2部降格が決定していたフロジノーネが対峙した。 ▽開始13分にナポリMFロレンツォ・インシーニェに対するファウルを取られたゴーリは、激昂して主審に詰め寄ると、この行動が主審への侮辱行為と判断され、同選手のレッドカードが掲示された。そして、早い時間帯に数的優位を手にしたナポリは、エースのFWゴンサロ・イグアインのトリプレッタの活躍で4-0の快勝を収め、3位ローマを勝ち点2差で振り切り、来シーズンのCLストレートインを決定していた。 ▽FIGCの声明によると、このナポリvsフロジノーネでは大手ベッティング会社の『Eurobet』、『Intralot』、『GoldBet』やトトカルチョにおける不正を監視する『AGIMEG』の警報システムが異常な動きを検知し、通報を行ったという。 ▽そして、異常な賭け率が検知されたのが、フロジノーネにレッドカードが掲示されるかどうかを賭ける項目だったようだ。なお、ナポリvsフロジノーネの勝敗に関する項目では、異常は検知されなかったという。 ▽2006年5月にユベントスを中心とするカルチョ・ポリによって、多くの混乱に見舞われたイタリアサッカー界だが、不正根絶の道のりは長いようだ。 2016.05.20 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエB降格のフロジノーネ、ステッローネ監督の退任を発表

▽フロジノーネは15日、ロベルト・ステッローネ監督(38)が今季限りで退任することを発表した。 ▽ステッローネ監督は、2012年夏にU-19チームの指揮官からトップチームに昇格。当時レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ(イタリア3部)にいたチームを2年目でセリエB昇格へ導き、昨シーズンには2位でクラブ史上初のセリエA昇格へ導いていた。 ▽昨シーズンの働きが認められ、今年3月には2014-15シーズンのセリエB最優秀監督に送られる“パンキーナ・アルジェント”(銀のベンチ賞)を受賞。4年間で小クラブを高みに導いた38歳の指揮官は、クラブと話し合った末に退任する決断を下している。 2016.05.16 05:23 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアインが圧巻のトリプレッタで66年ぶりの大記録! 10人に圧勝のナポリが2位確保でCL本選へ《セリエA》

▽ナポリは14日、本拠地のサン・パオロでセリエA最終節のフロジノーネ戦に臨み、4-0で勝利した。この結果、ナポリが2位の座を確保している。 ▽前節のトリノ戦を制し、2位をキープするナポリは、すでに降格が決まったフロジノーネをきっちりと倒して2位フィニッシュを目指す。サッリ監督は、トリノ戦からスタメンを1人変更し、出場停止となったアルビオルに代わってキリケシュをセンターバックに入れた。 ▽大雨が降りしきる中で始まった一戦は、ホームのナポリがいつも通りに試合の主導権を掌握。敵陣でボールを動かし、相手の守備を打開しにかかる。5分には相手DFの処理ミスを突き、ボックス中央のイグアインがシュートに持ち込むが、枠の右に外してしまった。 ▽その後はフロジノーネにゴールを脅かされる時間もあった中、ナポリは早い段階で数的優位を得る。13分、ドリブルで運んだインシーニェを倒したゴリが主審に暴言を吐いたとして一発退場となった。1人多いナポリは、ここから猛攻を開始。19分にはインシーニェが際どいコントロールシュートを放つも、これはクロスバーに跳ね返される。 ▽猛攻を続けるナポリは32分、ボックス右に送られた浮き球ボールをカジェホンが右足のハーフボレーで狙うも、GKザッピーノの好守に遭う。さらに37分、波状攻撃からイグアインがネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下される。圧倒しながらも無得点でハーフタイムを迎えるかと思われたが、前半の終盤に何とか均衡を破った。 ▽44分、左サイドのグラムが入れたクロスはニアサイドのイグアインが触れ切れなかったものの、こぼれ球をハムシクが左足でゴールに押し込んだ。ナポリが待望の先制点を奪って前半を終える。 ▽後半も10人のフロジノーネを圧倒するナポリは52分、ボックス右の深い位置に侵攻したアランの折り返しをイグアインが右足で押し込んで追加点を奪う。ほぼ試合を決定的なものにしたナポリだが、年間最多得点記録の35ゴールまであと1点に迫ったイグアインの新記録樹立に注目が集まる。その中でナポリのエースはまず、記録に並んだ。 ▽63分、右サイドでアランのスルーパスに抜け出したヒサイのクロスをイグアインが右足で合わせてゴールに決めた。記録に並んだイグアインはここで終わらない。64分にカジェホンに代わってメルテンスが送り出されると、大記録が生まれた。 ▽71分、メルテンスのパスをボックス中央で受けたイグアインが胸コントロールから右足でバイシクル。これがGKザッピーノの頭上を越えてゴールに決まり、グンナー・ノルダール氏の記録を66年ぶりに更新する36ゴール目で新記録達成となった。 ▽結局、このまま試合は終了。イグアインの新記録更新とともに大勝を飾ったナポリは、2位の座を確保してCLストレートインを決めた。 2016.05.15 06:03 Sun
twitterfacebook
thumb

監督続投で降格も、悔いなしのフロジノーネ会長 「交代はクラブが間違えたということ」

セリエBへの降格が決まったフロジノーネのマウリツィオ・スティルペ会長は、ロベルト・ステッローネ監督を信頼し続けた結果、Aに残留できなかったことにも悔いはないと述べている。<br><br>8日のサッスオーロ戦で敗れたフロジノーネは、最終節を残してセリエB降格が決まった。クラブ史上初のセリエAを戦った同クラブだが、1年で1部から転落した。だが、サポーターは試合後、指揮官や選手たちを称賛し、鼓舞している。「結果がすべて」のイタリアでは珍しい光景に、地元メディアもフロジノーネサポーターに賛辞を寄せた。<br><br>そのフロジノーネを率いるスティルペ会長は9日、『Radio Anch&rsquo;io Sport』で次のように述べた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>「サポーターが拍手してくれたのは、これまでのクラブと幹部たちの仕事を評価してくれたということだ。私は心を痛めてなどいない。サポーターのことを称賛している。降格の悲しみに勝るほどの満足を得られることがあったんだ」<br><br>同じくセリエA初挑戦だったカルピは、シーズン途中にファブリツィオ・カストーリ監督を解任したが、その後呼び戻した。フロジノーネは苦しい時期でも、ステッローネ監督を続投させた。スティルペ会長は、指揮官への信頼について次のように述べている。<br><br>「彼はこの5年で私やフロジノーネの人たちを楽しませてくれた。下部組織とトップチームであわせて3回のリーグ優勝を飾ったんだ。彼には素晴らしい未来がある。若い監督だからね。とことん勝負するチャンスを与えなかったら、それは彼に対して恩知らずというものだ。うまくいかないときに監督を代えようという誘惑に負けなかったことを、私は後悔していない」<br><br>「カルピも、監督交代が非生産的になり得るということを示したじゃないか。監督を代えるときは、クラブが間違えたからなんだよ。責任は監督ではなく、選択をする人間のものなんだ。代える必要があるのは、監督じゃなくて会長の方なのさ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.10 14:48 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング