カルピ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 カルピ 38 9 11 18 37 57 -20 38

基本データ

正式名称:カルピFC

原語表記:Carpi Football Club 1909 S.r.l.

創立:1909年

ホームタウン:カルピ

チームカラー:白/赤

関連ニュース

thumb

プシュカシュ弾で逃げ切ったベネヴェントがクラブ史上初のセリエA昇格を決める!《セリエA昇格プレーオフ》

▽セリエA昇格プレーオフ決勝2ndレグのベネヴェントvsカルピが8日に行われ、1-0でベネヴェントが勝利した。この結果、ベネヴェントがクラブ史上初となるセリエA昇格を決めた。 ▽4日に行われた1stレグは、互いに譲らずゴールレスドローで終えた両チームのセリエA昇格を懸けた2ndレグ。試合は開始5分にカルピに決定機。味方のパスでゴール左まで侵攻したムバコグがシュート。さらに18分にも、ボックス左でパスを受けたムバコグが反転から右足を振り抜いたが、ボールはゴール右に逸れた。 ▽対するベネヴェントは32分、エラモのスルーパスから右サイドをオーバーラップしたヴェヌッティがカットイン。ボックス右深くまで切り込み中央へ折り返すと、ニアのプシュカシュがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはベネヴェント。ドリブルで持ち上がったビオラが左足の強烈なロングシュートでカルピゴールを脅かすが、これは左ポストを直撃した。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、カルピは後半アディショナルタイム2分に味方のパスをボックス左で受けたフェダトが左足を振り抜いたが、これは左サイドネットに外れた。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、1-0で終了。ホームで勝利したベネヴェントがクラブ史上初のセリエA昇格を果たした。 2017.06.09 05:35 Fri
twitterfacebook
thumb

カルピvsベネヴェントの1stレグは0-0《セリエA昇格プレーオフ》

▽セリエA昇格プレーオフ決勝1stレグのカルピvsベネヴェントが4日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽セリエBで7位に終わりながらも3位フロジノーネを下して決勝に進出したカルピと、4位ペルージャを下した5位ベネヴェントによるセリエA昇格を懸けたプレーオフ決勝。 ▽ラザーニャやビアンコら昨季のセリエA経験者を擁するカルピと、チブサーやカンポレーゼらセリエAでのプレー経験を有するベネヴェントの一戦は、ほぼ互角の展開で推移していく。 ▽しかし、互いに決め手に欠け、決定的なシュートに持ち込むことはできず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、アウェイチームのベネヴェントがポゼッションを高める展開となるも、やはりスコアを動かすには至らず時間だけが経過していく。そのまま0-0で終え、8日に行われる2ndレグに決着は委ねられることとなった。 2017.06.05 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがカルピのレフティーFWラザーニャを獲得

▽ウディネーゼは14日、カルピのイタリア人FWケビン・ラザーニャ(24)を完全移籍で獲得したと発表した。今季終了まで期限付き移籍の形でカルピに残留することとなっている。『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は450万ユーロ(約5億5000万円)+ボーナスとのことだ。 ▽カルピの下部組織で育ったレフティーのストライカーであるラザーニャは昨季、クラブ史上初めてセリエAに昇格したチームの中で5ゴール3アシストを記録。今季はセリエBに降格したチームで9ゴールを奪う活躍を見せていた。 2017.01.14 22:53 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエB降格カルピがカストーリ監督と契約延長

▽カルピは11日、ファブリツィオ・カストーリ監督(61)と2016-17シーズン終了まで契約を延長したことを発表した。オプションでさらに1年契約が延びる条項となっていることも併せて発表されている。 ▽2014年6月にカルピの監督に就任したカストーリ監督は就任初年度にセリエB優勝に導き、クラブ史上初のセリエA昇格を果たしていた。迎えた2015-16シーズンは開幕から躓いて9月に解任されていたが、11月に復帰していた。その後は第36節までに残留圏内の17位に浮上したが、最終的には18位に終わって1年でセリエBへの降格が決まっていた。 2016.06.12 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

5連覇達成のユーベ、エルナネス&ザザ弾で残留争い中のカルピに完勝《セリエA》

▽セリエA第36節が1日にユベントス・スタジアムで行われ、ユベントスvsカルピは、2-0でユベントスが勝利した。 ▽ユベントスは前節、フィオレンティーナに競り勝ち、ナポリがローマに敗れたことでリーグ5連覇を達成した。優勝決定後初のホーム凱旋となる一戦に向け、アッレグリ監督はフィオレンティーナ戦からスタメンを5人変更。ディバラやバルザーリをベンチスタートにし、エルナネス、クアドラード、アレックス・サンドロ、アサモア、モラタを先発させた。 ▽エブラを3バックの左に置く[3-5-2]でスタートしたユベントスは、奇跡の残留へ邁進中のカルピを立ち上がりから圧倒。6分には縦へのフィードに反応したポグバが右足でシュートに持ち込むが、ここはGKベレツに防がれる。さらに14分、ボックス手前左付近のアレックス・サンドロが入れたクロスにモラタが頭で合わせるが、枠の左に逸れた。 ▽敵陣でプレーし続けるユベントスだが、自陣で守備を固め、我慢強く対応するカルピのゴールをこじ開けられない。すると、20分にはカルピにチャンスが到来。クリミのスルーパスからボックス右に抜け出したヴェルディがシュートを放つも、ここはGKブッフォンに右足で阻まれた。 ▽その後はこう着した状況が続いたが、ユベントスが前半の終盤にようやく均衡を破る。42分、アサモアの落としをボックス手前で受けたエルナネスが右足を振り抜くと、これがスアゲルに当たりながらゴール右隅に決まった。ユベントスの1点リードで前半を終了する。 ▽迎えた後半、モラタを下げてザザを投入したユベントスは、試合をコントロールしながら時間を進めていく。一方、カウンターを狙うカルピは66分、マルティーニョを下げてラザーニャを投入。前節のエンポリ戦で決勝点を記録するなど、今季の5ゴール全てを途中出場で挙げているレフティーを送り出して同点を目指した。 ▽しかし、74分にクアドラードを下げてリヒトシュタイナーを送り出したユベントスが、試合を決定付ける追加点を奪う。80分、右サイドのポグバが入れたクロスをザザが頭で合わせると、これがゴール左にうまく決まった。 ▽ポグバの今季12アシスト目でリードを広げたユベントスは、このまま試合を終わらせて2-0の完勝。5連覇達成後も勝利を重ね、最後に敗れたサッスオーロ戦以降、26試合で25勝1分けと圧巻の成績とした。一方、敵地で勝ち点を持ち帰られなかったカルピは次節、ラツィオとのホームゲームが控えている。 2016.05.01 21:28 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング