長友佑都、平愛梨夫人の第二子妊娠を報告2019.03.15 21:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(32)が15日、タレントである平愛梨夫人(34)の第二子妊娠を報告した。長友は2017年1月に平夫人と入籍。2018年2月に第一子となる男児が誕生した。長友は自身のインスタグラム(yutonagatomo55)に長男を含む家族3人の写真を添えて、次のように綴っている。

「この度、私たちは第二子を授かりました。母子ともに元気で無事に出産できることを願い、夫としてしっかりサポートしていきます。是非見守って頂ければ幸いです。長友佑都、愛梨」

なお、長友は現在、ヒザを痛めてリハビリ中。今月、コロンビア代表(22日)&ボリビア代表(26日)とのキリンチャレンジカップ2試合に臨む日本代表メンバーから外れている。
コメント
関連ニュース
thumb

シント=トロイデンDF小池裕太が鹿島に期限付き移籍加入

鹿島アントラーズは26日、DF小池裕太(22)がシント=トロイデン(ベルギー)から期限付き移籍で加入することを発表した。 アルビレックス新潟ユース出身の小池は、流通経済大学に進学した後、2016年には特別指定選手として鹿島アントラーズでプレー。昨年夏にシント=トロイデンに移籍した。2017年のユニバーシアード日本代表にもメンバー入りした経歴を持つ。今シーズンは、リーグカップ1試合の出場に留まっている。 小池は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆DF小池裕太 「シント=トロイデンVVから加入することになりました小池裕太です。またこの素晴らしいクラブでプレーできることを、嬉しく思います。鹿島アントラーズの勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.03.26 10:16 Tue
twitterfacebook
thumb

「たくさんボールに触れられれば」FW宇佐美貴史、準備万端でボリビア戦へ《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 森保ジャパン初招集となったデュッセルドルフFW宇佐美貴史は、前回のコロンビア戦は出番は回ってこなかった。森保一監督が「総入れ替え」を公言した中で、チャンスが回ってくる可能性が高い宇佐美は、記者に向けて自分に何ができるのかを語ってくれた。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ――ボリビア戦に向けて 「良い状態で。良い準備ができたかなと。全体的は雰囲気は賑やかで和やかで。ゲームになるとしっかり締まってできたと思います」 ――森保監督が「総入れ替え」と発言したが、チャンスが来たときどの様なプレーをしたいか 「2列目の選手とかサイドバックの選手たちと上手く絡みながらいろんな攻撃パターンを自分のところから出せればなと思いますし、その中でしっかりフィニッシュにもかかわりながら。この間の試合はゼロに終わったので、しっかり得点というところを攻撃的な選手として生み出せればいいかなと思います」 ――無得点に終わった前回の試合から宇佐美選手なりに改善できるところは 「(攻撃を)制限されるわけではないので、ボールを多く触れる機会があればいい攻撃とかいいアイデア、連携を生み出せると思うので、幅とかバリエーションを作っていければなと」 2019.03.25 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士「ボリビア戦はサイド攻撃が有効になる」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 無得点に終わったコロンビア代表戦から4日後のボリビア戦。アラベスのMF乾貴士は冷静に日本代表を見つめている。明日のボリビアン戦に向けて、自身の様なサイド選手が攻撃のキーマンになると主張。その中で自分が出来ること、また、香川真司とのコンビネーションにも触れた。 ◆乾貴士(アラベス/スペイン) ――前回の無得点だった課題からどう修正していくか 「相手も違いますし、決め切るというところは日本の課題だと思うので。決まらない試合ももちろんありますし、全ての試合で点が取れるチームというのは世界中にどこも無いと思います」 「ただ、いかにそういう試合を少なくしていくかだと思いますし、そういうチームが強いので、そういうチームになれればいいなとは思ってます」 ――引いてくるであろうボリビアに対し、乾選手の突破力は大事になってくると思うが 「引いた相手にサイド攻撃は有効になってくると思いますし、真ん中ばかりだとアジアカップの予選みたいにきつくなってくるので、いかにサイドから崩せるかというところが大事になってくる」 「個人としては、サイドの突破はチームとしてサイドバックやFWとの関係を意識しながら。そこが出せるのが自分の良さだと思っているので、周りとのコンビネーションで崩していければなと思ってます」 ――香川選手とのコンビについて 「(香川)真司とはずっとやっているのでセレッソ大阪時代もそうですけど、代表でも一緒なので、感覚的には合う選手ですし、すごく楽しいので、それを明日も出していきたいと思います」 2019.03.25 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

先発見据える鎌田大地「時間も増えればチャンスはある。あとは自分次第」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 前回のコロンビア代表戦で日本代表デビューを果たしたシント=トロイデンFW鎌田大地は、練習を重ねていくことでチームで意思疎通ができるようになったとコメント。初の先発起用も見据えている。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ――練習を重ねてきた印象 「みんなのやりたいことだったり、チームのやりたいことが段々わかってきたことは良いことですし、あとは試合でどれだけ良いプレーができるかなので。クオリティはみんなあるので、良いサッカーができると思います」 ――先発起用で心掛けたいことは 「この間は短い時間の中でなにかチャンスを作らないといけない中で、先発で出られれば、時間は長いので我慢しながら。チャンスは来ると思うので、そのときにどれだけ自分ができるかです」 2019.03.25 21:44 Mon
twitterfacebook
thumb

アジア杯以降欠場続くFW大迫勇也、復帰間近に痛みが再発か 指揮官が言及

ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督が、日本代表FW大迫勇也の復帰時期について言及した。ドイツ『ビルト』が伝えている。 アジアカップ終了後、背中の痛みによりクラブで出られない日々が続いている大迫。そんな中、ここ最近では全体練習にも参加していたいことで、復帰は近づいているかに思われた。 しかし、コーフェルト監督によると、大迫は再び背中に痛みが再発した模様。30日に行われるブンデスリーガ大27節のマインツ戦への出場が厳しいと見解を示している。 「彼は先週末に再び問題が発生した。また、背中を痛めた。これは良くないことだ」 「復帰時期を予測するのには疲れた。8週間がすでに経過している。おそらく復帰は来週末になる。(30日の)マインツ戦に間に合ってほしいが、難しいだろう」 2019.03.25 09:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース