シャルケがテデスコ監督を解任…リーグ戦6勝で14位と低迷2019.03.15 03:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは14日、ドメニコ・テデスコ監督(33)の解任を発表した。

2017年の夏にシャルケの指揮官に就任したテデスコ監督は、就任初年度にブンデスリーガでシャルケを2位に導き、4季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得に貢献。

しかし、今季は25試合を消化したリーグ戦で6勝5分け14敗の14位と低迷。また、2014-15シーズン以来の決勝トーナメント進出を果たしたCLでも、ラウンド16のマンチェスター・シティ戦で2戦合計スコア10-2と歴史的大敗を喫していた。

なお、シャルケは後任監督は発表しておらず、16日に行われるブンデスリーガ第26節のライプツィヒ戦は、コーチを務めているフーブ・ステーフェンス氏とマイク・ビュスケンス氏が暫定で指揮を執ると発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

シャルケ戦1G3Aのサネ「ここからはさらに厳しくなる」古巣に敬意を払うも8強へ気概

現地時間12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、ラウンド16第2戦マンチェスター・シティvsシャルケは7-0でホームのマンチェスター・Cが圧勝し、2戦合計10-2で勝ち上がりを決めた。<br><br>この試合で3アシストを記録したドイツ代表MFレロイ・サネが、試合後UEFAの公式メディアを通してコメントを発している。<br><br>「僕たちは力のあるチームであることを証明できたと思う。ただ、ここからはさらに厳しい戦いが待ち受けていることは間違いない。この後もエキサイティングな展開になるだろうけど、どのような試合になるか、落ち着いて臨みたいと思う」<br><br>また、データサイト『Opta』によると、チャンピオンズリーグのノックアウトラウンドで1試合3アシストを決めたのは、2011-12シーズンのラウンド16第2戦バイエルンvsバーゼル(7-0)で記録した、フランク・リベリ以来とのこと。<br><br>第1戦のアウェー、第2戦のホームと2試合連続でネットを揺らしたサネだったが、シャルケは同選手にとって古巣であり、サネはいずれもゴールを喜ぶことなく、前所属チームへの敬意を払った。2戦合計10-2という大差で決着したが、サネにとってシャルケ戦は心中複雑なものがあったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.13 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「心情を察する」グアルディオラ、完敗を喫して肩を落とすシャルケ指揮官に同情

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、シャルケのドメニコ・テデスコ監督へ同情の言葉を送った。<br><br>12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでマンチェスター・Cはホームにシャルケを迎える。初戦で逆転勝利を収めたマンチェスター・Cは、勢いそのままにセルヒオ・アグエロが2ゴールを挙げると、その後も得点を重ねて、7-0でこの試合を制する。この結果、2試合合計10-2でベスト8進出を決めた。<br><br>試合後、ホームでシャルケ相手に完勝を収めたマンチェスター・Cのグアルディオラ監督は、敵将テデスコ監督に向けて言葉を送った。「もちろん、ドメニコの気持ちを察している。彼の現状に対してナイスとは言えない」<br><br>また、グアルディオラ監督は試合後の会見で「後半、我々は驚くべきほどに良かった。速いプレーにダイナミックさ、トランジション、それに7ゴールを奪った」と完璧なパフォーマンスを演じた選手たちに賛辞を送った。<br><br>古巣であるシャルケ相手に1ゴール3アシストを記録したリロイ・サネについて、グアルディオラ監督は改善すべき点があると明かしたものの、この活躍を称えた。「先制点の後は良かったが、その前は良くなかった。最初の20分はアグレッシブさに欠けていた。私はアグレッシブな姿勢を見せているときの彼を気に入っている」<br><br>そして、この勝利で一段と期待が膨らんだCL制覇へのコメントを求められた同指揮官は「私はこれまでに2度勝ったが、7度負けている。私はレアル・マドリーではない。ただ、そうできるように努力したい。私が言えることはこれだけだ」と話すにとどめた。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.13 09:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「できる限り早くこの場から…」シャルケ指揮官がマンチェスター・C戦の完敗に落胆

シャルケのドメニコ・テデスコ監督は、マンチェスター・シティ戦の完敗を嘆いた。<br><br>12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでシャルケは敵地でマンチェスター・Cと対戦。ホームでの初戦を2-3で落としたシャルケは、この試合でもマンチェスター・Cに圧倒され、終わってみれば0-7と大敗を喫する。2試合合計2-10でCLからの敗退が決まった。<br><br>エティハド・スタジアムでプレミアリーグ王者相手に70%近くもボールを支配され、シュートも1本に終わるなど徹底的に打ちのめされたシャルケのテデスコ監督は、試合後に心境を吐露した。<br><br>「私の気持ちを理解できるだろう。酷い。我々は30分間良いプレーができた。しかし、0-1になった後、パフォーマンスは急降下して行った。言い訳はない。0-2などもっと差の小さな負けであれば我々のパフォーマンスについて分析できただろう。しかし、このような負け方では、できる限り早くにこの場を立ち去ることが賢明だ」<br><br>そして、最後にテデスコ監督は「我々にとって、これからの2週間はとても難しいものになるだろう」と選手が自信を失いかねない敗戦であったと認めた。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.13 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 7-0(AGG:10-2) シャルケ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・シティvsシャルケが12日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが7-0で圧勝。この結果、2戦合計10-2としたシティの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190313_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 5.5 難しい枠内シュートは皆無。圧倒的に押し込んだことでプレー機会は少なかった DF 2 ウォーカー 6.5 急造センターバックのダニーロのケアを意識しつつ攻守両面で安定したプレーを見せた。終盤はそのダニーロとセンターバックでコンビも組んだ 3 ダニーロ 6.5 スクランブル起用も危なげない守備対応を見せた。積極的な持ち出しなど攻撃面では自身の特長もうまく出した 14 ラポルテ 6.5 ブルクシュタラーやエンボロとの対人勝負でほぼ完璧に対応。ビルドアップの貢献も大きかった (→デルフ 5.5) 右サイドバックでのプレーも問題なくこなした 35 ジンチェンコ 6.5 ザネの3点目をアシスト。立ち上がりこそエンボロのスピードに苦慮も徐々に対応した MF 20 ベルナルド・シウバ 7.0 先制点に繋がるPKを奪取し、チーム5点目も記録。質の高いダイレクトプレーと抜け目ないフリーランで中盤を制圧 8 ギュンドアン 7.0 かつての宿敵相手に2ゴールの起点に。的確なポジショニング、タイミングでボールを引き出して気の利いた縦パスを幾度も通した 21 シルバ 6.0 ミスの少ない繋ぎでポゼッションの安定に寄与。相手のプレスをいなすボール捌きも見事 (→フォーデン 6.0) 冷静なフィニッシュでゴールを記録 FW 7 スターリング 7.0 アグエロの2点目をアシストし4点目を奪取。オチプカとのマッチアップに完勝し、攻撃の起点となり続けた 10 アグエロ 6.5 自身出場のCLで4戦連続ゴールを含む2ゴールとエースの仕事を果たす。得点以外の場面では組み立てへの絡みも秀逸 (→ガブリエウ・ジェズス 6.0) ゴールショーを締めくくる7点目を記録 19 ザネ 8.0 見事な3アシストに古巣相手に2戦連続となる恩返しゴールを記録。スターリング同様にサイドで違いを生んだ 監督 グアルディオラ 6.5 前回対戦の反省を生かして危なげない試合運びで文字通りの完勝。順当にベスト8進出を達成した ▽シャルケ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190313_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フェールマン 4.5 自身に大きな責任はないが、1stレグに続く大量失点… DF 2 マッキーニー 4.0 ザネとのマッチアップで完敗。求められた縦への推進力も出せず (→メンディル 5.0) 大敗ムードの中でできることはなかった 17 スタンブリ 5.5 フェイスガード着用でのプレーとなった中、最終ラインでは最も安定したプレーを見せた 26 S・サネ 4.5 ボールウォッチャーになる場面が多く相手のスピーディーな攻撃に対応し切れず 27 ブルマ 4.5 勝敗を決定づけるPKを献上。オチプカと共にスターリングに翻弄された 24 オチプカ 4.0 前回対戦と同様にスターリングに完敗。再三裏を取られてピンチを招いた MF 36 エンボロ 5.0 立ち上がりこそ縦への仕掛けを見せたが、時間の経過と共にトーンダウン (→スクルツィブスキ 5.0) 攻撃を期待された投入も守備をこなしただけだった 8 セルダー 4.5 中盤でハードワークを見せたが、全体的に質を欠く 10 ベンタレブ 4.5 守備ではなかなかフィルターをかけられず、攻撃では相手の出足の鋭さに対応し切れず 11 コノプリャンカ 4.5 エンボロ同様に前半は深い位置までボールを運ぶ場面があったが、後半は守備に忙殺される FW 19 ブルクシュタラー 5.0 前線で完全に孤立。チーム全体の問題もあって競り合うところまでも行かなかった (→トイヒャート -) 監督 テデスコ 4.0 前回対戦以上に力の差を見せつけられて無残に敗退。これがシャルケでのラスト采配か… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ザネ(マンチェスター・シティ) 古巣相手に容赦のない圧巻のパフォーマンスで大勝の立役者に。スピード、テクニック、プレー精度、判断力と文句なしの躍動ぶりだった。 マンチェスター・シティ 7-0(AGG:10-2) シャルケ 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前35[PK]) アグエロ(前38) ザネ(前42) スターリング(後12) ベルナルド・シウバ(後26) フォーデン(後33) ガブリエウ・ジェズス(後39) 2019.03.13 07:01 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが圧巻7発でシャルケを完膚なきまでに粉砕! 圧勝でベスト8進出!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・シティvsシャルケが12日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが7-0で圧勝。この結果、2戦合計10-2としたシティの準々決勝進出が決定した。 先月20日に行われたシャルケホームでの1stレグではシーソーゲームとなった中、後半に退場者を出しながらも試合終盤の2ゴールによってアウェイのシティが3-2で先勝した。 よもやの苦戦を強いられながらも3つのアウェイゴールを奪って先勝したシティは、その1stレグ直後に行われたチェルシーとのEFLカップ決勝をPK戦の末に制して今季初タイトルを手にすると、リーグ戦でも3連勝を飾り、久々の首位に返り咲いた。グアルディオラ監督は1stレグから先発3人を変更。出場停止のオタメンディ、フェルナンジーニョの2選手に代えてジンチェンコ、ダニーロ、負傷のデ・ブライネに代えてザネを起用した。なお、ダニーロはラポルテと共にセンターバックに入った。 一方、ホームで敗れたものの優勝候補相手に善戦したシャルケだが、国内リーグでは格下相手に3連敗。前節ブレーメン戦での敗戦を受けて、テデスコ監督の解任不可避と思われたが、今回の一戦までは引き続き指揮を執ることに。シャルケでのラスト采配とも報じられる中、若き指揮官は1stレグから先発4人を変更。負傷のカリジウリに代わってスタンブリを起用したほか、メンディル、ナスタシッチ、ウートに代えてコノプリャンカ、ブルクシュタラー、エンボロとより攻撃的なメンバーを起用した。 初戦と同様に[5-4-1]の布陣で臨んだシャルケに対して、いつも通りの[4-3-3]でボールの主導権を握るシティ。立ち上がりこそ相手陣内でのボールロストからエンボロの推進力を生かしたロングカウンターを受けるが、時間の経過と共に相手を押し込んでいく。 すると、14分にはウォーカーのスルーパスに反応したスターリングがボックス右ゴールライン際まで運んでグラウンダーのクロスを供給。これをニアに走り込んだアグエロが右足ワンタッチで合わすが、これは惜しくも右ポストの外側を叩いた。 その後はシャルケのカウンターが機能し始めたことで一進一退の攻防が続くが、一瞬の隙を突いたシティが先制点を奪う。35分、ギュンドアンからのミドルレンジの縦パスに反応したベルナルド・シウバがボックス内でDFブルマに後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーのアグエロがパネンカで決め切って自身のCL出場試合で4戦連続ゴールとした。 この先制点でプレッシャーから完全に解き放たれたホームチームに対して、アウェイチームは気持ちが切れてしまい、ここから試合は一方的な展開に。38分にはギュンドアンの縦パスに抜け出したスターリングがボックス右まで運びタメを作ってからグラウンダーで折り返すと、ニアでボールを受けたアグエロがややトラップにもたついたものの、うまく歩幅を合わせてGKフェールマンの股間を抜くシュートを決める。 続く42分にはジンチェンコからのスルーパスに反応した左サイドのザネがバランスを崩したDFを振り切ってボックス内まで運んで冷静に左足のシュートを流し込んで1stレグに続く恩返しゴールを決め、攻守に圧倒したシティが前半を3点リードで終えた。 前半のうちに試合を決めたシティだったが、手負いの相手に一歩も手を抜かない。立ち上がりから相手を完全に押し込んでいくと、56分には左サイドに抜け出したザネからの丁寧な折り返しをボックス右に走り込んだスターリングが冷静に流し込む。一度はオフサイドの判定もビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められる。 この4点目を受けてグアルディオラ監督は64分、アグエロとシルバを下げてガブリエウ・ジェズス、フォーデンを同時投入。さらに72分にはラポルテを下げてデルフを投入。この交代でデルフが右サイドバック、ウォーカーがダニーロと共にセンターバックを組む布陣に。 その後、71分と78分にはいずれもザネのアシストからベルナルド・シウバ、フォーデンにも立て続けにゴールが生まれると、84分にはここ最近得点力不足に喘いでいたジェズスにもゴールが生まれ、終わってみれば7-0の圧勝。前回対戦の苦戦が嘘のような圧倒ぶりでシャルケを完膚なきまでに粉砕したシティが2戦合計10-2のスコアでベスト8進出を決めた。 2019.03.13 07:00 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース