シカゴ・ファイアー、大連一方を退団したガイタンを獲得!2019.03.15 02:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーは14日、アルゼンチン代表FWニコラス・ガイタン(31)の獲得を発表した。契約期間は2020年までとなる。

ボカ・ジュニアーズの下部組織出身のガイタンは、2008年7月にトップチームへ昇格。2010年7月にベンフィカへと移籍した。 ベンフィカではポルトガル・プリメイラ・リーガで152試合に出場し25ゴール60アシストを記録。2016年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍すると29試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。

2018年2月に大連一方へと完全移籍すると、中国スーパーリーグでは28試合に出場し2ゴール9アシストをマークしたが、2月28日に同クラブからの退団を発表していた。

また、2009年にアルゼンチン代表デビューを飾ったガイタンは、これまで19試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。

なお、ガイタンが加入するシカゴ・ファイアーには、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーやセルビア代表FWアレクサンダル・カタイらが所属。しかし、昨シーズンはMLSイースタンリーグの10位に低迷していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドに満足感も…ポグバ「マドリーでのプレーは誰にとっても夢」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、レアル・マドリーについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マドリーは今月、今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったことで、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任。後任として前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成した同クラブのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン監督(46)が約9カ月ぶりに復帰した。 フランス代表として22日のユーロ2020予選グループH第1節のモルドバ代表戦を戦うポグバは、そのマドリーについて問われ、憧れを隠さず。ユナイテッドでの満足感を示しながらも、マドリーでのプレーが「夢」であることを明かした。 「常に言ってきたように、マドリーでプレーすることは誰にとっても夢だよ。世界最大クラブの一つだからね」 「監督にはジダンもいる。それはフットボールが好きな人間からすれば全員が夢見ることだ」 「今、僕はユナイテッドにいる。将来どんなことが待ち受けているかはわからないが、ユナイテッドにいて、幸せだよ」 2019.03.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSVのメキシコ代表FWロサーノ獲得に動く! 正指揮官就任間近のスールシャールが熱望

マンチェスター・ユナイテッドが、PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に強い関心を示しているようだ。イタリア『CalcioNapoli24』が伝えている。 2017年夏にパチューカからPSVに加入して以降、オランダの地で躍動を続ける逸材アタッカーは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)、今季のチャンピオンズリーグ(CL)といった大舞台でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を遺憾なく発揮。ヨーロッパの4大リーグのビッグクラブから関心を集めている。 そのロサーノに関してはナポリが強い関心を示していると言われているが、同クラブの地元メディア『CalcioNapoli24』はユナイテッド行きの可能性を伝えている。 同メディアによると、ユナイテッドの正指揮官就任が間近と言われているオーレ・グンナー・スールシャール監督が、クラブに対してロサーノの獲得を強く希望しているという。 そして、ユナイテッドがPSVの望む4000万ユーロ(約50億5000万円)の支払いに同意した場合、マンチェスター行きの可能性が非常に高くなると主張している。 2019.03.21 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

UAE代表、ザックの後任にファン・マルバイク氏を招へい! 露W杯ではオーストラリアを指揮

アラブ首長国連邦サッカー協会(UAEFA)は20日、UAE代表の新指揮官にベルト・ファン・マルバイク氏(66)を招へいしたことを発表した。 1月に行われたアジアカップ2019終了後に1年3カ月にわたり、チームを指揮していたアルベルト・ザッケローニ監督との契約が終了したUAE代表では、5人の新監督候補を選定。その中でも最有力候補となっていたファン・マルバイク氏を新指揮官に招へいした。 ドルトムントやフェイエノールト、オランダ代表監督を指揮した経験を持つ同氏は、2015年にサウジアラビア代表監督に就任し、同国をロシア・ワールドカップに導いた。しかしその後、契約を延長せず、ロシアW杯ではオーストラリア代表を率いていた。 2019.03.21 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、新指揮官に昨季の救世主トゥドール氏を招へい!

ウディネーゼは20日、イゴール・トゥドール氏(40)が新監督に就任したことを発表した。 昨夏に就任したフリオ・ベラスケス前監督の下、新シーズンを迎えたウディネーゼ。しかし、開幕から不振に陥ると昨年11月に同監督を解任。 その後任としてクラブは二コラ監督を招へいしたが、就任後は公式戦15試合でわずか4勝にとどまり、今月17日に行われたセリエA第28節のナポリ戦での敗戦を最後に解任となった。 新指揮官となったトゥドール氏は、現役引退後にハイドゥク・スプリトで監督業をスタート。その後、PAOKやガラタサライなどの指揮官を歴任すると、2018年4月にマッシモ・オッド前監督の後任としてウディネーゼの指揮官に就任。4試合で勝ち点7を獲得しクラブをセリエA残留に導くも、昨季限りで退任した。 2019.03.21 05:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトがスパーズ残留に心が傾く?

トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(30)がクラブ残留に前向きな姿勢を見せているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 アルデルヴァイレルトとトッテナムの現行契約は今季終了までとなっていたが、クラブ側は今年1月に1年間の契約延長オプションを行使。これによって2020年まで残留することが決まった。 ただ、サラリー面で不満を示すアルデルヴァイレルトは新契約には同意しておらず、選手自身が移籍を望んだ場合、今夏2500万ポンド(約36億円)での移籍が可能となっている。そして、マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、バルセロナといったクラブが獲得に興味を示している。 今後の去就に注目が集まるアルデルヴァイレルトだが、20日に自身のインスタグラム『tobyalderweireld』でベルギー代表でのトレーニングの様子を写した画像を投稿した際に、スパーズ残留に前向きな反応を示した。 この投稿に対してスパーズファンから、「もう少し長くスパーズに残留してくれないかな?」というメッセージを受けたアルデルヴァイレルトはこのメッセージに“いいね”を押し、残留に前向きな姿勢を示した。 また、直近のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでは、「今シーズンはまだまだやるべきことがたくさんある。そして、僕とスパーズにはあと1年の契約が残っているし、現時点で今シーズンよりも先のことを見るべきではないと思う。僕はスパーズにとても満足している。そして、未来がもたらすものを見守ろうじゃないか」と、今後について語っていた。 2019.03.21 03:01 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース