シカゴ・ファイアー、大連一方を退団したガイタンを獲得!2019.03.15 02:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーは14日、アルゼンチン代表FWニコラス・ガイタン(31)の獲得を発表した。契約期間は2020年までとなる。

ボカ・ジュニアーズの下部組織出身のガイタンは、2008年7月にトップチームへ昇格。2010年7月にベンフィカへと移籍した。 ベンフィカではポルトガル・プリメイラ・リーガで152試合に出場し25ゴール60アシストを記録。2016年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍すると29試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。

2018年2月に大連一方へと完全移籍すると、中国スーパーリーグでは28試合に出場し2ゴール9アシストをマークしたが、2月28日に同クラブからの退団を発表していた。

また、2009年にアルゼンチン代表デビューを飾ったガイタンは、これまで19試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。

なお、ガイタンが加入するシカゴ・ファイアーには、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーやセルビア代表FWアレクサンダル・カタイらが所属。しかし、昨シーズンはMLSイースタンリーグの10位に低迷していた。
コメント
関連ニュース
thumb

マインツ、オーストリア代表FWオニシウォと2020年まで契約延長

マインツは26日、オーストリア代表FWカリム・オニシウォ(27)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ウインガー兼ストライカーのオニシウォは、2016年1月にマッタースブルクからマインツに移籍。マインツではこれまで公式戦60試合に出場して6ゴール1アシストを記録。今季はブンデスリーガで19試合に出場して4ゴールを決めていた。 2016年にデビューしたオーストリア代表ではこれまで4試合に出場している。 2019.03.26 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケがブルクシュタラーと2022年まで契約延長

シャルケは26日、オーストリア代表FWグイド・ブルクシュタラー(29)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ストライカーのブルクシュタラーは、2017年1月にニュルンベルクからシャルケに移籍。シャルケではこれまで公式戦88試合に出場して28ゴール11アシストを記録。今季はブンデスリーガで18試合に出場して2ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグでは6試合に出場して1ゴール1アシストと、思うような結果を残せずにいた。 そのブルクシュタラーは公式サイトで契約延長について次のように話している。 「これからもシャルケの一員であり続けられることは意義深いことだ。これまで受けてきたサポートに心から感謝している。ただ、今のクラブにとって重要なことは全力で苦境からの脱却を図ることだ」 2019.03.26 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「バルサはヨビッチ獲得を後悔しない」、かつてリーガで活躍したFWミロシェビッチが同胞に太鼓判

かつてオサスナやセルタ、エスパニョールで活躍した元セルビア代表FWのサボ・ミロシェビッチ氏が、バルセロナ移籍が噂されるフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)について言及した。同氏がスペイン『COPE』で語った。 ヨビッチはベンフィカからのレンタル移籍で在籍2年目となった今季のフランクフルトで公式戦22ゴール7アシストと大ブレイク。バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・シティなど多くのビッグクラブの関心を集めている。 とりわけ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜を探すバルセロナに関しては個人間での合意が伝えられるなど、有力な新天地候補となっている。 そのヨビッチについて同じボスニア・ヘルツェゴビナ出身でセルビア代表の先輩でもあり、現役時代にリーガエスパニョーラで活躍したミロシェビッチ氏は、バルセロナでも十分に活躍できるポテンシャルの持ち主であると語っている。 「彼の最も優れた特長はフィニッシュの能力だ。彼は右足でも左足でも、そして頭でもボックス付近のいかなる場所からもゴールを決めることができる」 「そういったタイプのプレーヤーは私自身見たことがないよ。さらに、彼はほとんどのチャレンジの中でゴールを決め切っている。両足を高いレベルで使いこなしており、生まれながらのゴールスコアラーといった感じだね」 「とにかく、今後のサッカー界を担うプレーヤーの1人だ」 「ヨビッチはバルセロナにとって完璧にフィットしたプレーヤーだ。彼らは多くのチャンスを作り出し、彼はゴールのために1度や2度のチャンスしか必要としていない(チャンスを無駄にしない)」 「仮に彼らがヨビッチと契約を交わしたとして、そのことを後悔することはないはずだ」 「私が彼とその家族をよく知っているから言っているわけでは決してないよ。ただ、彼にはとてつもない才能と能力があると思っているんだ」 2019.03.26 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ルーマニアの万能型MFマリン獲得決定的に! F・デ・ヨングらの後釜に

アヤックスがスタンダール・リエージュに所属するルーマニア代表MFラズバン・マリン(22)の獲得を決定的なモノにしたようだ。オランダ『De Telegraaf』などオランダ、ベルギーの複数メディアが伝えている。 今シーズン終了後にオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングのバルセロナ移籍が内定しているアヤックスでは、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークにも移籍の可能性があり、セントラルMFの補強が急務となっている。 その中でアヤックスは今季のベルギーリーグで印象的なパフォーマンスを見せているルーマニアの万能型MFの獲得に漕ぎ着けたようだ。 『De Telegraaf』の伝えるところによれば、アヤックスはマリン獲得に向けて1200万ユーロ(約15億円)の移籍金にく加え、ボーナス200万ユーロ(約2億5000万円)と今後の売却時の移籍金の数パーセントという条件でスタンダール・リエージュと合意に至ったという。また、選手自身とは2024年までの契約で合意を取り付けているようだ。 2013年に母国のヴィトルル・コンスタンツァでプロデビューを飾ったマリンは、2017年にスタンダール・リエージュに完全移籍。今シーズンここまではリーグ戦28試合に出場し、5ゴール5アシストを記録している。 また、2016年にデビューを果たしたルーマニア代表ではここまで15試合に出場し1ゴールを記録している。 リベロやアンカーを主戦場とするデ・ヨングとは異なり、セントラルMFや攻撃的MFを主戦場とするマリンは、オランダ式で言えば“8番”タイプのプレーヤーだ。しかし、卓越したテクニックと突破力、パスセンス、強烈なミドルシュートを兼備しており、ルーマニア国内では今後を嘱望される逸材だ。 2019.03.26 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミリトン加入でアルゼンチン期待の若手パラシオスの獲得見送りへ

レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得を見送るようだ。スペイン『アス』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番が回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦16試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと評されている。 スペイン『Telemadrid』によれば、パラシオスは移籍金2000万ユーロ(約25億円)でのマドリー移籍に近づいていた模様。だが、同選手が負傷したことに加え、マドリーがポルトからブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)を獲得し、EU外選手枠が埋まったことで今夏での獲得は見送るようだ。 ちなみに、マドリーではミリトンの他、ブラジル代表FWヴィニシウス(18)、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがEU外選手。バルベルデが、EUパスポートを取得する予定だが、サントスのU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)の今夏での加入が内定していることから埋まっている。 なお、パラシオスに関しては、インテルが継続して関心を示しており、オファーを準備しているとのことだ。 2019.03.26 18:12 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース