スコールズがわずか1カ月で英4部の監督辞任! 7試合で1勝と苦戦… 2019.03.15 02:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFポール・スコールズ氏(44)が14日、フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に属するオールダム・アスレティックの監督を辞任した。スコールズ氏は2月11日に1年半の契約でオールダムの監督に就任。監督初挑戦の初陣を勝利で飾ったものの、その後の試合で勝ち星を挙げられず、1勝3分け3敗と苦戦していた。

スコールズ氏は公式サイトにて「とても後悔している。残念ながら思っていたような仕事ができなかった。少なくとも1年半、このクラブに身を捧げる思いでいたし、周りの人は私がこの仕事を受けたことに、どれだけ興奮していたかを知っている。私はオールダムが今季残りのシーズン、最高のものとなることを願い、ファンとして見守りたいと思っている」とコメントした。

現役時代に得点力が魅力のMFとしてユナイテッドの黄金期に関わり、イングランド代表としても長らく主軸に君臨したスコールズ氏。2013年に2度目の現役引退を決断した後はフットボール解説者に転身。以降は古巣ユナイテッドで短期間のコーチを務めていた。

今季フットボールリーグ2に降格したオールダムは、ここまで12勝13敗12分けの14位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

代表辞退のリンデロフがパパに! 男児誕生

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフの夫婦に男児が誕生した。 今シーズンを通じてユナイテッドのレギュラーセンターバックに君臨するリンデロフ。今月のスウェーデン代表メンバー入りを果たしたが、個人的な理由とだけ明らかにされ、招集を辞退した状況だった。 そのリンデロフは25日、自身のインスタグラム(victorlindelof)を更新。誕生して間もない子供を大事に抱きかかえる自身の写真をアップして、パパになったことを明かした。 また、夫人のマーヤ・ニルソンさんも同日にインスタグラム(majanilssonlindelof)で出産を報告。「息子の誕生になんて言葉を書けば良いのかわからないわ」と心境を記した。 父になり、より一層の活躍に期待が集まるリンデロフ。そのリンデロフを擁するユナイテッドは代表ウィーク明けの30日、プレミアリーグ第32節でワトフォードをホームに迎え撃つ。 2019.03.26 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティが今夏の中国ツアー実施を発表! 来日前にプレミアアジアトロフィーに参加

マンチェスター・シティは26日、今年7月に中国へのプレシーズンツアーを行うことを発表した。 先月に『Asia Tour 2019 presented by Visit Abu Dhabi』と冠されたアジアツアーの実施を発表していたシティ。すでに7月27日には日産スタジアムで同じ『シティ・グループ』傘下の横浜F・マリノスとのフレンドリーマッチを行うことが決定していた。 今回の中国ツアーではFW武藤嘉紀を擁するニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンと共に『プレミアリーグ・アジア・トロフィー』に参戦する。 現時点で対戦相手は決定していないものの、7月17日に南京にある南京オリンピックスポーツセンターで準決勝を戦い、7月20日には上海にある上海虹口足球場で3位決定戦、あるいは決勝戦を戦うことになる。 今回の中国ツアー実施発表に伴い、シティのオマル・ベラダCOO(最高執行責任者)は、以下のようなコメントを残している。 「プレミアリーグ・アジア・トロフィーへの参加を通じて中国を再訪できることを嬉しく思っている。中国はシティにとって特別な場所だ。ペップ・グアルディオラがシティでの初めての仕事を開始した場所だからね。同時にこの国には多くの熱狂的なフォロワーがいる。我々は中国でのエキサイティングなイベントの開催、地元ファンの試合観戦を心から楽しみにしている」 2019.03.26 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、アジア人家族に人種差別行為のサポーターに生涯入場禁止処分

リバプールは23日に行われたリバプールvsミランのレジェンドたちによるチャリティーマッチでアジア人家族に対して人種差別行為を働いた30代の男性サポーターに対して生涯のスタジアム入場禁止処分を科すことを決めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、前述のチャリティーマッチで北アイルランドのバリーメナ出身の37歳男性サポーターは、同試合を観戦に訪れていた国籍は不明もアジア人の家族に対して、再三に渡る人種差別行為を働いたという。 その後、周囲からの通報を受けた同サポーターは、裁判所への出廷を求められて有罪判決を受けた。 今回の判決を受けてリバプールは以下のような声明を発表すると共に、同サポーターに対して生涯のスタジアム入場禁止処分を科すことを伝えた。 「土曜日に行われたレジェンズマッチのミラン・グローリー戦の試合中、ある家族に対して行われた人種差別行為に関してクラブとして強く非難する」 「当該の人物はすでに刑事罰を科されたが、クラブとしても制裁措置を講じる。こういった違反行為に対しては、試合の種類に限らず生涯のスタジアム入場を禁止する」 また、リバプールは被害者家族に対してサポートを申し出るためにすでに連絡を取っており、今後何らかの形で支援が行われる模様だ。 2019.03.26 13:58 Tue
twitterfacebook
thumb

マネが真面目過ぎる! パーティーは行かず、プレステは「時間の無駄」

リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネの謹直な人柄が伝えられている。スペイン『マルカ』が報じた。 メス、ザルツブルク、サウサンプトンとステップアップし、2016年夏からリバプールに活躍の場を移したマネ。FWサラー、FWフィルミノと共に強力な3トップを形成する背番号10は、現在ではクラブに欠かせない存在となっている。 そして、今シーズンも公式戦38試合20ゴール4アシストの数字を記録しているその活躍は、慎ましく真面目な性格に裏付けられたもののようだ。以下のように語っている。 「自らパーティーに行ったことは一度もない。それに関して考えたこともないよ。もし良いサッカーをするために全てを賭すのでなければ、僕は決して何かを達成出来ないだろう」 「(プレイステーションは)好きじゃなかったんだ。一度もプレーしたことがない。時間の無駄だと思う。何の見返りもないのに自分を浪費したいとは思わない」 2019.03.26 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マタ、フットボール業引退のファン・ハールへ感謝の言葉を綴る「彼は素晴らしい指導者だった」

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタが、フットボール業引退を決断したオランダ人指揮官のルイス・ファン・ハール氏(67)に感謝を伝えた。 1991年にアヤックスで監督キャリアをスタートさせたファン・ハール氏は、バルセロナとオランダの指揮官を2度ずつ務め、バイエルンやAZ、マンチェスター・ユナイテッドで指揮。マタと共闘したユナイテッドでは、2016年にFAカップ優勝を成し遂げた。 そんなファン・ハール氏は12日、オランダTV番組『VTBL』でフットボール業引退を発表。同氏とわずかな期間ながら師弟関係を築いたマタは、クラブの公式サイトにある自身のブログで感謝の言葉を綴った。 「彼の新しい人生にたくさんの幸運があることを願っている。そして、共に過ごした間のことについて心から感謝を述べたい。彼は素晴らしい指導者だった。外見は強面だけれど、細やかでとても実直な人なんだ。そして自分自身にしっかりとした理念がある。偉大な人物だよ。ルイス、どうもありがとう。これからの幸運を祈ります」 2019.03.26 02:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース