共にCLベスト8進出のマンチェスター勢、同日開催の場合ユナイテッドのホーム&アウェイが逆に2019.03.15 01:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は、15日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝組み合わせ抽選会に先駆けてマンチェスター・ユナイテッドのホーム&アウェイが入れ替わる可能性について言及した。13日にCLラウンド16の全日程が終了し、今季のCLベスト8進出チームが出揃った。その中で躍進が目立ったイングランド勢はシティとユナイテッド、リバプール、トッテナムの4チームが2008-09シーズン以来の全チーム勝ち上がりを成し遂げた。

しかし、マンチェスターの2チームが同時に勝ち上がったことでひとつの問題が浮上しているようだ。

前ラウンドの組み合わせ抽選ではグループステージで同居したチーム同士、同じサッカー協会に属するチーム同士の対戦を避けること、テレビ放映権の都合など予め組み合わせ抽選に制限がかけられていたが、今回の準々決勝組み合わせ抽選ではそういった制限がなくなり、同国勢同士の対戦を含めすべての可能性が考慮される。

それによって問題となるのが、マンチェスターという同じ都市に本拠地を置くシティとユナイテッドの運営面の問題だ。

今回の準々決勝の日程は1stレグが4月9日・10日、2ndレグが4月16日・17日に開催される予定となっており、1日に2試合ずつが行われる。その中でシティとユナイテッドがそれぞれ別の対戦相手と組まれ、ホームゲームの日程も重なってしまった場合、マンチェスターの町全体に人が溢れかえり都市機能の麻痺およびセキュリティー上の問題が発生してしまう。

そのため、UEFAは以前から同じ都市を本拠地とするチーム同士がUEFAのコンペティションで日程が重なった場合、日程変更を取り入れてきた。今季のヨーロッパリーグ(EL)のラウンド32でもホーム開催が重なったセビージャとベティス、フェネルバフチェとガラタサライの日程をずらす対応が取られていた。

しかし、テレビ放映権などの問題で日程変更が難しい今回のケースでは同様の対応をとることが難しい。

したがって、UEFAは今回のケースに関してシティとユナイテッドがホーム同日開催となった場合、UEFAクラブランキングで順位が低いユナイテッドの対戦カードのホーム&アウェイを逆にする措置を行うことを発表した。

例を挙げると、組み合わせ抽選の結果でシティとユナイテッドが4月9日に1stレグをホームで戦うことになった場合、ユナイテッドは2ndレグをホーム開催に入れ替えることになる。なお、このルールは両者が共に準決勝に勝ち上がった場合にも適用されるとのことだ。

基本的には2ndレグをホームで戦う方が有利と言われており、仮に前述のケースでユナイテッドの対戦相手が当初、2ndレグをホームで戦う予定で後に入れ替わることになれば、不満の声が上がるかもしれない。

そのため、UEFAとしてはマンチェスター勢の直接対決あるいは試合開催日が別になることを願うことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

代表辞退のリンデロフがパパに! 男児誕生

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフの夫婦に男児が誕生した。 今シーズンを通じてユナイテッドのレギュラーセンターバックに君臨するリンデロフ。今月のスウェーデン代表メンバー入りを果たしたが、個人的な理由とだけ明らかにされ、招集を辞退した状況だった。 そのリンデロフは25日、自身のインスタグラム(victorlindelof)を更新。誕生して間もない子供を大事に抱きかかえる自身の写真をアップして、パパになったことを明かした。 また、夫人のマーヤ・ニルソンさんも同日にインスタグラム(majanilssonlindelof)で出産を報告。「息子の誕生になんて言葉を書けば良いのかわからないわ」と心境を記した。 父になり、より一層の活躍に期待が集まるリンデロフ。そのリンデロフを擁するユナイテッドは代表ウィーク明けの30日、プレミアリーグ第32節でワトフォードをホームに迎え撃つ。 2019.03.26 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、デ・リフト獲得に向けてユムティティ売却を検討か

バルセロナがアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得のため、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)の売却を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 バルセロナは現在、アヤックスでキャプテンを務めるデ・リフトに関心。身体能力や足元の技術にも優れた万能型のセンターバックを、元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期的な後継者として見据えている。 しかし、アヤックス側はすでにバルセロナへの加入が決定しているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと同等の移籍金8500万ユーロ(約105億円)を要求。そのため、バルセロナは資金の調達に向けて現在、マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられているユムティティの売却を考えているという。 ユムティティは2016年にリヨンから加入して以降、バルセロナの主力としてプレー。しかし今シーズンはケガの影響もあり、ここまで公式戦10試合の出場にとどまっている。 最近、フランス『テレフット』でのインタビューでバルセロナ残留やアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の加入を希望するコメントを残していたユムティティ。果たして、バルセロナを離れることになってしまうのだろうか。 2019.03.26 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド? PSG? メキシコ代表FWロサーノ、今夏こそビッグクラブへ飛躍の時!

メキシコ代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が、PSVに所属する同国代表FWイルビング・ロサーノ(23)のビッグクラブ行きに太鼓判を押している。大手『ESPN』が伝えた。 2017年夏にパチューカからPSVに加入して以降、オランダの地で躍動を続ける逸材アタッカーは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)といった大舞台でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を遺憾なく発揮。クラブでは、ここまで公式戦34試合19ゴール9アシストの成績を残している。 そして、ビッグクラブ行きが囁かれるロサーノの去就について、直近の報道ではマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリからの関心が伝えられた。 そういった規模のクラブでのプレーに関して、ロサーノの輝きを引き出してきたマルティーノ監督は以下のように太鼓判を押している。 「ラテン系の選手がオランダやポルトガルで中間ステップを踏むことは伝統的だ。イルビングはオランダでかなりの時間を過ごしたし、欧州で最も大きい場所にジャンプ出来る貴重な選手だと示してきたと思う」 「私は(移籍に)賛成するだろうが、それは選手が決めることだ。分析として、あの選手が準備出来ているかって? 完全にイエスだ」 2019.03.26 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

アンデル・エレーラ「わからない」 去就未定を強調

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)が去就に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズン限りで契約満了のエレーラ。フランス代表MFポール・ポグバ、セルビア代表MFネマニャ・マティッチと中盤3枚の一角として主力を務めており、クラブも慰留に動いているが、依然として延長合意に至っていない。 そうした状況もあり、エレーラを巡っては現在、パリ・サンジェルマン(PSG)やアーセナルの関心報道が…。そして、渦中のエレーラはスペイン『El Periodico』のインタビューで、様々な憶測が飛び交う去就について話した。 「(騒がしくなるのは)当然のことだね。契約が3カ月しか残っていない状況で代表ウィークに入ったのだから」 「何かしら噂が立つことは承知済みさ。でも、僕は残るシーズンに集中している」 「だから、代理人に任せるよ。ユナイテッドとの契約延長に向けた話や移籍に向けた他クラブとの交渉もね」 「今後の数カ月に気を取られるつもりはない。ここでのキャリアが終わったかどうかなんてわからないしね」 「イングランド最大のクラブで楽しませてもらっているよ。ファンは僕を愛し、驚くぐらい良くしてくれる」 「でも、正直なところ、僕自身もこの先がどうなるのかわからない」 エレーラは2014年夏、ビルバオからユナイテッドに移籍すると、2016-17シーズンにファンが選ぶ年間最優秀選手賞を獲得。公式戦通算186試合20得点27アシストを誇り、ヨーロッパリーグなど計4つのタイトルに貢献している。 2019.03.26 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ新天地、独or仏or蘭?

行き先に注目を集めるジョゼ・モウリーニョ氏(56)が未開の地で新たな挑戦を示唆した。 モウリーニョ氏は過去、ベンフィカやウニオン・レイリア、ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで監督を歴任。行く先々でタイトルを手にしてきたが、昨年末にユナイテッド監督を辞して以来、無所属の状態が続いている。 その“スペシャル・ワン”は先日、今夏の監督業再開を口に。そして、新たに受けたフランス『Canal +』のインタビューで新天地について次のように語った。 「5つ目のリーグと3度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇が私の頭の中にある。日々、トレーニングが恋しくなっているよ。隠しようがないぐらいにね」 既にポルトガルやイングランド、イタリア、スペインのリーグを制覇した経験を持つモウリーニョ氏は以前に欧州の第一線で監督を続ける意向を示している。それを鑑みると、ドイツ、フランス、オランダが残る新天地として考え得るが、果たして…。 2019.03.26 13:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース