代表生き残りを誓う鹿島DF安西幸輝「次につなげられるよう、全力で頑張る」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.14 20:31 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。鹿島アントラーズのDF安西幸輝は、22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表に招集。常勝軍団のなかでもユーティリティープレイヤーとして存在感が増していく初招集の安西が、代表生き残りを誓った。

◆安西幸輝
「日本代表に初めて選ばれ、とてもうれしく思います。正直、全く予想していなかったので、びっくりしています」

「選出されたからには鹿島アントラーズの代表として、攻守に渡ってアグレッシブに戦うという自分の持ち味を出せるよう、今回代表に入ったチャンスと次につなげられるよう、全力で頑張ります!」
コメント
関連ニュース
thumb

ベシクタシュ、次は清武弘嗣に白羽の矢!?

セレッソ大阪に所属する元日本代表MF清武弘嗣(29)に対して、ベシクタシュの関心が急浮上した。トルコ『Sabah』が報じた。 今冬にドルトムントから日本代表MF香川真司をレンタルしたベシクタシュのフィクレット・オルマン会長は、日本のファン拡充を目指して先週に来日。日本の有力幹部との会談にて、香川を買い取る必要性と新たな日本人選手獲得のアドバイスを受けた模様だ。 そこで名前が挙がったのが清武だ。香川の完全移籍と共に、ブンデスリーガやリーガエスパニューラといった欧州でのプレー経験と人気を誇る清武の獲得を実現させることができれば、日本市場におけるベシクタシュのユニフォーム売り上げ増加も期待できるという。 その清武は2017年夏、セビージャから古巣C大阪に復帰。相次ぐケガに苦しむシーズンが続くが、今年は明治安田生命J1リーグ開幕から全4試合に先発している。今オフに日本代表FW杉本健勇ら同代表MF山口蛍らを失ったC大阪としては耳が痛い話だが、果たして…。 2019.03.24 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F、馬渡和彰が捻挫で全治3週間

川崎フロンターレは23日、DF馬渡和彰が負傷したことを発表した。 クラブによると、馬渡は21日のトレーニング中に負傷。翌日に検査を行ったところ、右足関節捻挫で全治3週間を要する見込みだという。 今季からサンフレッチェ広島から完全移籍で川崎Fに加入した馬渡。ここまでJ1リーグ3試合、AFCチャンピオンズリーグ1試合に出場していた。 2019.03.23 20:31 Sat
twitterfacebook
thumb

A代表デビューの鈴木武蔵「悔しい」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)不在の1トップとして先発A代表デビューを果たしたFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)。不発に終わったコロンビア代表戦を振り返り、次を見据えた。 ◆鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌) ──代表デビュー戦を振り返って 「前半、良い試合ができていただけに悔しいですね。PKで失点して負けたので」 ──自身のプレーを振り返って 「相手を外す場面があって、特に前半はクロスも来ていたので、ああいうのにうまく合わせて決め切りたかったです」 ──中島翔哉のクロスから良い場面があったが 「クロスは『チャンスがあるな』と思っていました。相手サイドバックの身長が低かったので、そこは意識してプレーしました」 ──相手最終ラインとの駆け引きも印象的だったが 「試合が始まってから相手が食いついてくるし、ラインも高かったので、奪った後に『チャンスあるな』と思っていました」 ──もう少し後ろから自身を狙ったボールが欲しかったか 「欲しかったですね。相手も僕らのビルドアップのところでハメにくる守備をしてきていたし、そこでひとつ外せればチャンスに繋がるけど、奪われてしまう場面があったので、そういうところを改善していければ、前線の動きも生きてくると思います」 「苦し紛れのパスだけじゃなく、ビルドアップでちょっと剥がしたところで駆け引きしていければ、もっとチャンスになってくると思うので、改善していきたい」 2019.03.23 01:51 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、下部組織4選手を2種登録

FC東京は22日、U-18チームに所属するU-15日本代表GK彼島優(15)、U-17日本代表DF大森理生(16)、DF岡哲平(17)、U-17日本代表MF角昂志郎(16)の4選手がトップチーム登録(2種)となったことを発表した。 足立区出身の彼島と世田谷区出身の岡はFC東京U-15深川で、武蔵村山市出身の大森はFC東京U-15むさしで成長。練馬区出身の角は東京武蔵野シティFCU-15からFC東京の下部組織に移った。 今回登録された4選手は、日本サッカー協会第2種チームに所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することが認められる。 2019.03.22 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、筑波大MF高嶺朋樹の来季加入内定を発表! 展開力、ボール奪取能力のあるボランチ

北海道コンサドーレ札幌は22日、同日に筑波大学蹴球部所属のMF高嶺朋樹(21)との仮契約を結び、2020年シーズンからの新加入が内定したことを発表した。 高嶺はU-12からU-18年代まで札幌の下部組織に所属した後、筑波大に進学。札幌は、177cm、74kgという体格の同選手の特徴を「ボランチからの展開力と、精度の高い多彩なキック。1対1での守備が強く、ボール奪取能力が高い」と評している。 高嶺は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF高嶺朋樹(21) 「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました筑波大学の高嶺朋樹です」 「北海道コンサドーレ札幌という、歴史があり、私自身、下部組織に9年間所属し成長させて頂いた思い入れのある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを歩めることを嬉しく思います」 「これまで応援、支援を頂いた家族をはじめ、指導者の方々、友人、関わってくださった全ての人に感謝しています。この感謝を胸にプロサッカー選手として夢や希望を与えられるようピッチ内外で日々精進していきます。1日でも早く北海道コンサドーレ札幌の力になり、『北海道とともに世界へ』を体現できる選手になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 「最後になりますが、筑波大学蹴球部の方も応援していただけると幸いです」 2019.03.22 16:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース