大迫頼み解消へ! 森保ジャパン、ベースアップ睨む《日本代表メンバー発表会見》2019.03.14 16:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は14日、JFAハウスで会見を開き、3月のキリンチャレンジカップに臨む同国代表メンバー23名および、AFC U-23選手権予選のU-22同国代表メンバー23名を発表した。

会見に出席した日本代表を率いる森保一監督はA代表メンバーとして、香川真司(ベシクタシュ)や昌子源(トゥールーズ)のロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のほか、鎌田大地(シント=トロイデン)や鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、安西幸輝(鹿島アントラーズ)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の新顔を招集。コロンビア代表(22日)、ボリビア代表(26日)といった南米勢との連戦に向け、次のようにテーマや意気込みを語り、質疑応答にも応じた。

◆森保一監督(日本代表)
「代表活動において、今年1月のアジアカップは残念ながら準優勝に終わってしまいました。みなさんの応援に応えられず、残念な思いでいっぱいです。そして、長期間にわたり、応援していただきありがとうございました。アジアカップで準優勝に終わった件について、もう結果を変えることはできないので、あの悔しさを今後の糧にしていき、より代表を強くしてくこと、より発展させていくことを考えながらやっていきたい」

「A代表においてはコロンビア戦、ボリビア戦に向けて、アジアカップから13名を入れ替えて臨むことになります。先ほどもお話をさせていただいたとおり、さらにチーム力を発展させられるように、より強くなっていけるように、また新たに選手を加えて、日本代表のベースアップを図るということ、これからの戦いでより結果を出せるメンバー編成を最終的にできるようにしていきたいです」

「U-23選手権においても2020年の4月に本大会があります。その大会に向け、しっかりと本大会行きの権利を勝ち取り、2020年の東京オリンピックに向けて少しでも良い準備ができるように、今回のミャンマーでのアジア選手権予選を戦っていきたいです」

──今回のA代表2試合に向けたテーマとは。新顔、外れた面々の招集理由、求めるものとは
「今回、コロンビア、ボリビアという南米でも力のある国々と対戦できます。彼らとの対戦を通じて、自分たちの立ち位置、できること、足りないことを感じることができると思っています。もちろん、勝利を目指して戦いにいきますが、アジアカップから入れ替えて3月の親善試合に臨むということで、チームとしてのベースをより広く、強固にしていきたいです」

「これから我々が臨む戦いのなかで、一部のコアな選手がいないとチームが回らないということがないように、より多くの選手に厳しい戦いを経験してもらい、コンセプトをわかってもらうことで、将来の戦いに繋げたいです。南米勢2カ国との対戦で、日本人のサッカー選手としても、チームとしても学ぶべきところはまだまだたくさんあると思っています」

「南米国の非常に高い技術、うまい身体の使い方、個人の駆け引きといった部分はまだまだ我々が身につけていかなければならないところ。彼らが持つ試合の流れを読み取る力だったりもより身につけていかなければならないところなので、この2試合で感じていきたいです。この2試合は我々、日本代表の活動だけでなく、日本サッカーの発展のためでもあるので、サッカーファミリーとして感じていきたいと思っています」

──香川真司、昌子源といった前回W杯主力組の招集理由とは
「香川と昌子の招集に関しては、W杯に出場した選手なので力があると思っています。『いずれは招集したい』という思いは監督になって以降も抱いていました。これまで招集できていなかったのは色々なタイミングだったり、ケガが理由。そして、日本代表を強化を進めていく過程において、タイミングが合わなかったというところがありました」

「ただし、先ほども言いましたとおり、彼らに力があることは承知済みでしたので、またこうやって一緒のチームで仕事ができることを嬉しく思いますし、彼らも日本代表の一員としてまた改めて考えてもらえるような活動にしていきたいです。ただ、彼ら2人だけでなく、まだまだ力のある選手はいます。呼べていない選手だとしても、候補としてテーブルに上がってきている選手はまだまだいますので、ここで日本代表の勝利のため、発展のためにスタッフ一同で様々な選手をスカウティングしながら活動していきたいです」

「逆に、アジアカップ組から外れた選手について、長期間にわたる活動で彼らの力を把握できた部分があり、ケガやチーム内における立場を踏まえて、この先も代表の戦力として追っていき、次の活動に目を向けてもらえたらなと思っています」

──鈴木武蔵と鎌田大地が初招集。2人に期待する部分とは。コパ・アメリカに向けての狙いとは。
「鎌田と鈴木の招集について、『大迫頼みの攻撃』という話は私自身も質問を受けたり、色々なところで見聞きしています。彼が日本代表にとって重要な選手であることは過去の活動で示しているとおりです。ですが、大迫に関わらず、誰が抜けても、出ているメンバー、選手のなかで常にベストな戦いをするということを考えています」

「彼が今、ケガでプレーできず、回復に向けてコンディションが上がってきていることは知っていますが、そのときのメンバーと出場している選手のなかでベストな戦いができるように、選手の良さを少しでも生かしていけるように、私も監督としてトライしていきたいです。コパ・アメリカに向けても、今回の親善試合が何%ぐらい繋がっていくのかわからないが、全ての活動は次の活動に繋がっていくと思っています。次の活動により良い形で繋げていきたいです」

──鎌田と鈴木、安西幸輝と畠中槙之輔の新顔に期待する部分は
「まず期待する部分は得点です。得点に絡むプレーをしてもらいたいです。2人ともそれぞれ良いところがありますし、鎌田の招集にあたってはベルギーのレギュラーシーズン終盤で得点という結果を残してきています。視察の際にも、鎌田が攻撃の起点として、核として、チームのなかで機能している姿も見ました。今回の代表活動で生かしてもらいたいです」

「鈴木に関してもJリーグで結果を残していて、札幌のなかでも攻撃の部分で裏に抜け出すスピードだったり、前線で起点になる動きだったり、彼の良さを生かしながらプレーできていると思っているので、代表でもほかの選手と同様、自分の良さを最大限に発揮してもらいたいです。出場できるかわかりませんが、良さを出せるように働きかけていきたいです」

「守備陣においても変わりません。まずはチームのなかで存在感を発揮してもらいたいです。日本代表のコンセプトのなかで彼らの良さを出してほしいと思っています」

──新顔招集でベースアップを図るなかでチームとして伸ばしたい部分は
「また新しいメンバーが入ってくるので、基本的なベースを抑えていきたいです。そして、チームとしてこれからレベルアップしていかなければならない部分においても、アジアカップで出た『成果と課題』の『課題』というところをレベルアップに繋げていきたいです。具体的に、局面を突破するための個の部分や連携連動の部分、全てを上げていかなければならないと思ってします」

「試合ごとにフィードバックのミーティングで『成果と課題』を選手に話しています。守備から攻撃に切り替わったとき、相手からプレッシャーをかけられているときにボールを保持して攻撃に移る部分はこれからさらにのばしていかなければならないと思っています。アジアカップでカウンターに持ち込む部分はできていましたが、最後のシュートで終わる、得点を決めるという部分に関してもまだまだクオリティを上げていく必要があります。そういう部分を伝えていきたいです」

「守備面においても、個の力で勝つというところは局面で必ず必要になってきます。攻守において、やはり個の力を強くすることはやっていかなければいけないと思っています。チームとして『ボールを失ったとき、相手にボールを保持されたとき、どうするのか』という基本的な考えと、『押し込まれたとき、どうするか』という部分に関しても内々でさらに共通理解を深めていきたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

「善戦」との決別へ…柴崎岳が見せた対応力と残り続ける課題/日本代表コラム

アジアカップ決勝での敗戦後、2019年最初のホームゲームとなったコロンビア代表戦は、0-1で敗戦に終わった。 今回のメンバーには、初招集となる選手が5名、さらにはMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)、DF昌子源(トゥールーズ/フランス)など、ロシア・ワールドカップ以来の招集となった選手がおり、アジアカップからメンバー変更を行って臨んだ。 森保一監督は「チームの底上げ」をテーマに、どの選手が今の代表チームにフィットするのか、また初めて見る選手の能力を見極めることを目的としていながらも、「勝つことにこだわって戦ってほしい」とも語っていた。しかし、結果は敗戦。6万3000人を超える観客が見守る中で見せたサッカーには、多くの課題と、少しの収穫があった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆アジアカップ決勝と同じ課題</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>森保監督は前日の「アジアカップと新戦力をミックスして戦う」というコメント通りのスターティングメンバーで試合に臨んだ。 1トップに初招集の鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、ボランチに山口蛍(ヴィッセル神戸)、センターバックに昌子源(トゥールーズ/フランス)と3名を新たに起用。既存の戦力との噛み合わせを考えてのメンバー選考となった。 森保体制になってから攻撃の中心となっている、2列目の中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)がこの試合でも攻撃陣を牽引。それぞれの特徴を生かしてコロンビアゴールに迫った。 アジアカップを欠場した中島は、左サイドで攻撃の起点となり、縦へのドリブル突破や中央に切れ込んでのシュートなど持ち味を発揮。右サイドの堂安も、アジアカップでは結果を残せなかったが、中島が逆サイドに入ったことで一対一の仕掛けや積極的にシュートを放つなど良さを出した。 前半だけで決定機を少なくとも3度は作った日本だったが、得点を奪い切ることができず。前半をゴールレスで終えたが、この展開は失点こそしなかったものの、アジアカップ決勝のカタール代表選と同じだった。 アタッキングサードまでの展開は高いレベルを見せているものの、フィニッシュの精度は低く、シュートが枠に飛ばないことが多い。さらに、積極的にミドルシュートを打つ姿勢は良かったものの、それを生かしたライン裏を突く攻撃があまり見られず、攻撃の手詰まり感が否めなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>また、特に右サイドで堂安とサイドバックの室屋成(FC東京)が良い関係を築き、オーバーラップを促していたが、クロスの精度を欠いた。この辺りは以前にも指摘したが、攻撃参加だけでなく、中の状況を考えたクロスの精度が室屋の課題だろう。もちろん、2列目の選手も、サイドバックも、トップに初めて入った鈴木と合わせなくてはいけないということもあったが、チャンスを作っているだけにゴールが欲しい前半だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆守備は及第点も…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 一方の守備面は、前半は完璧に近い出来だったと言える。前線からのプレスもハマり、サイドでの勝負も負けず、中盤で奪い切ってからのショートカウンターという攻撃も見られていた。 立ち上がりに左右に振られてあわやというシーンがあったが、それ以外はコロンビアの攻撃を封殺。それだけに、前半のうちにゴールが欲しかったというのもある。 しかし、後半はハーフタイムで修正したコロンビア相手に、守備がハマらない時間帯が続いた。ボールの回し方、選手の立ち位置をコロンビアが変更したことに対し、日本は前半同様の守備を見せ、結果主導権を渡すことに。失点はハンドによるPKからだったとはいえ、やはり流れの中で変化に対応できないというもろさを見せた。 アジアカップの決勝でも同様の事態はみられ、カタールの攻撃に対応しないまま2失点。これが大きく響いての準優勝となった。さらに遡れば、ロシア・ワールドカップのベルギー代表戦も同様。相手の変化に対応できず、2失点を喫している。 日本代表にとって、この部分が最も欠けている部分であることは、これまでも何度も主張してきたが、今回の一戦でも同じ課題を露呈。早急に改善できることではないものの、2022年のカタール・ワールドカップ、それ以前の予選でも、同じ課題を残したままでは痛い目に遭う可能性はあるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆対応力を見せた柴崎岳の戦術眼</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そんな中でも、1つ気になったポイントは、ゲームキャプテンを務めた柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)のプレーだ。 この日は山口とボランチコンビを形成した柴崎だったが、攻守のリンクマンとしてプレー。慣れ親しんだ関係性もあり、互いに相手のカバーを意識してプレーしていた。特に柴崎は、ボールを奪った後のポジショニングに優れ、味方から自分へのパスコース、自分から味方へのパスコースを確保した位置どりを見せていた。クラブでの出場機会が限られている中で、改めて柴崎の能力の高さを見せた形となった。 また、後半のビハインド時、山口に代えて小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)が入り、同点を目指して攻勢を掛ける状況となると、自らセンターバックの間に下りて、3バックの陣形に変更した。さらに、これに呼応するように小林はダイヤモンド型の中盤の底に入り、全体のバランスをとっていた。 この3バックの陣形は一時的なものであり、定かではないがベンチからの指示ではないように思う。となると、コロンビアの陣形に対してズレを生ませるための策であり、香川真司(ベシクタシュ/トルコ)や乾貴士(アラベス/スペイン)らを生かす形を作ろうとし手の行動だろう。ピッチ内での判断ができている状況であったと言える。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆「再現性」を重視し「パターン」を作れるか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>以前からも指摘している通り、日本代表に足りないことは攻守における「再現性」だ。ピッチ内で、いかに同じ形を作り出して攻撃、守備を再現するか。ここがこの先の戦いにおいては、最も重要になると考えられる。 しかし、招集する期間も短く、準備する時間も少ないことは承知の上。監督が意図することを体現するだけでも難しい中で、再現性を身につけることは簡単ではない。しかし、それは代表チームだからこそ、重要であると指摘したい。 短い時間の中でも一定の「パターン」を作ることで、選手はオートマチックに動くことが可能となる。決して能力が低いわけではない代表選手なのだから、監督やコーチングスタッフが局面ごとの「パターン」を用意することが大事になるだろう。 当然相手がいるスポーツであり、その「パターン」があれば勝てるわけではない。その時こそ、ピッチ内での判断力、個人の感覚が求められる訳であり、全てが個人の感覚と判断で動いていては、準備期間が短いからこそ個に頼らざるを得なくなってしまう悪循環に陥るだろう。その点は、監督以下、コーチングスタッフも同様だ。 強豪国を相手にした試合での「善戦した」、「チャンスは多く作っていた」、「良い形はあった」という類のフレーズとはそろそろお別れにしたい。その為にも、強豪国こそ持ち合わせる「再現性」、そして「パターン」を見つけるべきではないだろうか。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.03.25 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

森保ジャパン特集!! 『週刊 超ワールドサッカー!』第12号は最新の日本代表に迫る!

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第12号が発売されました。 今号はキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表&ボリビア代表戦に臨む『日本代表』特集! 最新の森保ジャパンに迫ります! 最新の招集メンバーへの取材を通して得たコメントから、日本代表初招集となった5選手の能力値を分析! 独断と偏見で作成したチャートでご紹介します! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2CsHPgj" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第12号<br />日本代表特集はこちらから</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190322_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2CsHPgj" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第12号<br />日本代表特集はこちらから</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190322_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.03.25 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表、齊藤未月が負傷離脱《AFC U-23選手権》

日本サッカー協会(JFA)は24日、湘南ベルマーレに所属するMF齊藤未月のU-22同国代表離脱を発表した。離脱理由は負傷のため。齊藤に代わる追加招集はないという。 U-22日本代表は現在、AFC U-23選手権タイ2020予選に参戦中。24日に行われた第2戦のU-22東ティモール代表戦を6-0の勝利で飾り、2連勝を果たした。 初戦に続く快勝劇で連勝のU-22日本代表は26日に行われる次戦、U-22ミャンマー代表と対戦する。 2019.03.24 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英美技2発! U-22日本代表が初戦に続く快勝劇で連勝《AFC U-23選手権》

U-22日本代表は24日、AFC U-23選手権タイ2020予選第2戦のU-22東ティモール代表戦に臨み、6-0で勝利した。 先のU-22マカオ代表戦を終わってみれば8-0の大勝で飾ったU-22日本代表。その一戦から中1日のU-22東ティモール代表戦に向けた先発は板倉以外の10名が入れ替わり、久保もメンバー入りした。 U-22日本代表は12分、左サイドからの低いクロスに反応した田川が相手最終ラインのスペースからボックス右に飛び出すと、相手GKと接触してPKのチャンスを獲得。だが、キッカーを名乗りを上げた田川が左足シュートをクロスバーの上に飛ばしてしまい、先制機を逸する。 だが、その田川が汚名返上の一発を決める。24分、右CKのこぼれ玉を拾ったバイタルエリア右の久保が左足でクロスを供給すると、ボックス左の板倉が頭で折り返して、ゴール前の田川がダイビングヘッド。田川自らがPK失敗の嫌なムードを断ち、U-22日本代表が均衡を破る。 1点リードのU-22日本代表は後半の立ち上がりから相手に攻め込まれるシーンが目立つなか、54分にバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げた久保が左足で直接狙うと、壁の上を越えてゴール左下に決まり、U-22東ティモール代表を突き放す。 攻撃の手を緩めないU-22日本代表は、続く60分に獲得した左CKのチャンスからキッカーの伊藤が右足でクロスを供給。ボックス中央のスペースを突いた立田がうまく相手DFの前に潜り込み、右足アウトサイドで合わせる。これが吸い込まれ、U-22日本代表が3点目を手にする。 格の違いを見せつけるU-22日本代表は69分に田川を下げて上田を投入したなか、71分にこの試合でボランチの一角としてプレーする板倉がバイタルエリア中央から右足を一閃。続く74分にボックス右の久保がワントラップでマークを剥がして強烈な左足シュートを決め、5点差に広げる。 止まらないU-22日本代表は75分に中山を下げて松本を起用した77分、杉岡の左足クロスにゴール前の上田が右足ワンタッチで合わせて6点目を奪うと、83分に久保に代えて岩崎をピッチへ。初戦に続く快勝劇で連勝のU-22日本代表は26日に行われる次戦、U-22ミャンマー代表と対戦する。 U-22東ティモール代表戦 0-6 U-22日本代表 【U-22日本代表】 田川亨介(前24) 久保建英(後9) 立田悠悟(後15) 板倉滉(後26) 久保建英(後29) 上田綺世(後32) 2019.03.24 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司、代表リスタート! 「刺激を受けた」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表入りとなり、森保ジャパン初招集のMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)。復帰戦を次のように振り返った。 ◆香川真司(ベシクタシュ/トルコ) ──代表復帰戦。途中出場だったが 「これは良いチャンスというか、『こういう状況のなかでどれだけ見せられるか』という意気込みで入りましたけど、最終的に負けたので非常に悔しいです」 「ただ、僕自身は初めての試合だったということもあり、色々なことを感じながら、90分を通じて見て、プレーできたことは次に繋がると思います」 「チームとして分析して次の試合に生かして、やっていかなければならないが、それ以上に良いところもあったので、これから改善していければ良いと感じています」 ──過去と今の代表における変化とは 「チームとしてアグレッシブに早い攻撃ができていたし、個人個人としても全員が自信を持ってプレーしていたので、僕自身、前半45分を見て刺激を受けた部分があった。だからこそ、今後もっとやっていければ良いサッカーができるようになると思いました」 「ただ、僕自身も毎日、代表でプレーするわけじゃないので、短い期間のなかで『どれだけ結果を残していけるか』というところを次の試合を含め、明日からみんなと話し合いながらやっていきたいです」 ──南野拓実との縦関係における新たな発見はあったか 「みんながみんな、短い時間しかないですし、初めての選手もいるので。本当にこれからだと思います。チームとして、前半と後半のなかで課題が出て、修正をしなくちゃいけない部分はあると思いますので、個人というより、チームに目を向けたい。そして、0点に終わった攻撃陣の課題を次に生かしていきたいです」 ──無得点の攻撃陣について 「前半は本当にあと一歩のところまでいっていて、あと決め切るだけだった。ただ、みんなの姿勢やアグレッシブさにすごく良いものがあると感じました。新しい体制でアジアカップを含めて半年間やっているので、前半ひチームとしての形、ストロングポイントが見えたと思います」 ──ピッチに出て意識したプレーとは 「後半、相手が修正してきたこともあり、リズムが生まれてこなかった。そのなかで、60分ぐらいに失点してしまった。90分の流れで良い時間帯と悪い時間帯が絶対にあるので、そこをどう耐え凌ぐか。そこは非常に大事。ホームゲームだからこそ、みんながイケイケになってしまった」 「そこは僕も経験しているし、理解できること。コロンビアはあれだけ前半悪くても、後半に点を取ってきた。あれこそ『アウェイでの戦い』と言ったら変ですけど、そういう意味で学ぶ部分は非常にありました。なので、この経験を次に生かしていくためにも、僕自身も準備をやっていくだけです」 2019.03.23 01:52 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース