大迫頼み解消へ! 森保ジャパン、ベースアップ睨む《日本代表メンバー発表会見》2019.03.14 16:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は14日、JFAハウスで会見を開き、3月のキリンチャレンジカップに臨む同国代表メンバー23名および、AFC U-23選手権予選のU-22同国代表メンバー23名を発表した。

会見に出席した日本代表を率いる森保一監督はA代表メンバーとして、香川真司(ベシクタシュ)や昌子源(トゥールーズ)のロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のほか、鎌田大地(シント=トロイデン)や鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、安西幸輝(鹿島アントラーズ)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の新顔を招集。コロンビア代表(22日)、ボリビア代表(26日)といった南米勢との連戦に向け、次のようにテーマや意気込みを語り、質疑応答にも応じた。

◆森保一監督(日本代表)
「代表活動において、今年1月のアジアカップは残念ながら準優勝に終わってしまいました。みなさんの応援に応えられず、残念な思いでいっぱいです。そして、長期間にわたり、応援していただきありがとうございました。アジアカップで準優勝に終わった件について、もう結果を変えることはできないので、あの悔しさを今後の糧にしていき、より代表を強くしてくこと、より発展させていくことを考えながらやっていきたい」

「A代表においてはコロンビア戦、ボリビア戦に向けて、アジアカップから13名を入れ替えて臨むことになります。先ほどもお話をさせていただいたとおり、さらにチーム力を発展させられるように、より強くなっていけるように、また新たに選手を加えて、日本代表のベースアップを図るということ、これからの戦いでより結果を出せるメンバー編成を最終的にできるようにしていきたいです」

「U-23選手権においても2020年の4月に本大会があります。その大会に向け、しっかりと本大会行きの権利を勝ち取り、2020年の東京オリンピックに向けて少しでも良い準備ができるように、今回のミャンマーでのアジア選手権予選を戦っていきたいです」

──今回のA代表2試合に向けたテーマとは。新顔、外れた面々の招集理由、求めるものとは
「今回、コロンビア、ボリビアという南米でも力のある国々と対戦できます。彼らとの対戦を通じて、自分たちの立ち位置、できること、足りないことを感じることができると思っています。もちろん、勝利を目指して戦いにいきますが、アジアカップから入れ替えて3月の親善試合に臨むということで、チームとしてのベースをより広く、強固にしていきたいです」

「これから我々が臨む戦いのなかで、一部のコアな選手がいないとチームが回らないということがないように、より多くの選手に厳しい戦いを経験してもらい、コンセプトをわかってもらうことで、将来の戦いに繋げたいです。南米勢2カ国との対戦で、日本人のサッカー選手としても、チームとしても学ぶべきところはまだまだたくさんあると思っています」

「南米国の非常に高い技術、うまい身体の使い方、個人の駆け引きといった部分はまだまだ我々が身につけていかなければならないところ。彼らが持つ試合の流れを読み取る力だったりもより身につけていかなければならないところなので、この2試合で感じていきたいです。この2試合は我々、日本代表の活動だけでなく、日本サッカーの発展のためでもあるので、サッカーファミリーとして感じていきたいと思っています」

──香川真司、昌子源といった前回W杯主力組の招集理由とは
「香川と昌子の招集に関しては、W杯に出場した選手なので力があると思っています。『いずれは招集したい』という思いは監督になって以降も抱いていました。これまで招集できていなかったのは色々なタイミングだったり、ケガが理由。そして、日本代表を強化を進めていく過程において、タイミングが合わなかったというところがありました」

「ただし、先ほども言いましたとおり、彼らに力があることは承知済みでしたので、またこうやって一緒のチームで仕事ができることを嬉しく思いますし、彼らも日本代表の一員としてまた改めて考えてもらえるような活動にしていきたいです。ただ、彼ら2人だけでなく、まだまだ力のある選手はいます。呼べていない選手だとしても、候補としてテーブルに上がってきている選手はまだまだいますので、ここで日本代表の勝利のため、発展のためにスタッフ一同で様々な選手をスカウティングしながら活動していきたいです」

「逆に、アジアカップ組から外れた選手について、長期間にわたる活動で彼らの力を把握できた部分があり、ケガやチーム内における立場を踏まえて、この先も代表の戦力として追っていき、次の活動に目を向けてもらえたらなと思っています」

──鈴木武蔵と鎌田大地が初招集。2人に期待する部分とは。コパ・アメリカに向けての狙いとは。
「鎌田と鈴木の招集について、『大迫頼みの攻撃』という話は私自身も質問を受けたり、色々なところで見聞きしています。彼が日本代表にとって重要な選手であることは過去の活動で示しているとおりです。ですが、大迫に関わらず、誰が抜けても、出ているメンバー、選手のなかで常にベストな戦いをするということを考えています」

「彼が今、ケガでプレーできず、回復に向けてコンディションが上がってきていることは知っていますが、そのときのメンバーと出場している選手のなかでベストな戦いができるように、選手の良さを少しでも生かしていけるように、私も監督としてトライしていきたいです。コパ・アメリカに向けても、今回の親善試合が何%ぐらい繋がっていくのかわからないが、全ての活動は次の活動に繋がっていくと思っています。次の活動により良い形で繋げていきたいです」

──鎌田と鈴木、安西幸輝と畠中槙之輔の新顔に期待する部分は
「まず期待する部分は得点です。得点に絡むプレーをしてもらいたいです。2人ともそれぞれ良いところがありますし、鎌田の招集にあたってはベルギーのレギュラーシーズン終盤で得点という結果を残してきています。視察の際にも、鎌田が攻撃の起点として、核として、チームのなかで機能している姿も見ました。今回の代表活動で生かしてもらいたいです」

「鈴木に関してもJリーグで結果を残していて、札幌のなかでも攻撃の部分で裏に抜け出すスピードだったり、前線で起点になる動きだったり、彼の良さを生かしながらプレーできていると思っているので、代表でもほかの選手と同様、自分の良さを最大限に発揮してもらいたいです。出場できるかわかりませんが、良さを出せるように働きかけていきたいです」

「守備陣においても変わりません。まずはチームのなかで存在感を発揮してもらいたいです。日本代表のコンセプトのなかで彼らの良さを出してほしいと思っています」

──新顔招集でベースアップを図るなかでチームとして伸ばしたい部分は
「また新しいメンバーが入ってくるので、基本的なベースを抑えていきたいです。そして、チームとしてこれからレベルアップしていかなければならない部分においても、アジアカップで出た『成果と課題』の『課題』というところをレベルアップに繋げていきたいです。具体的に、局面を突破するための個の部分や連携連動の部分、全てを上げていかなければならないと思ってします」

「試合ごとにフィードバックのミーティングで『成果と課題』を選手に話しています。守備から攻撃に切り替わったとき、相手からプレッシャーをかけられているときにボールを保持して攻撃に移る部分はこれからさらにのばしていかなければならないと思っています。アジアカップでカウンターに持ち込む部分はできていましたが、最後のシュートで終わる、得点を決めるという部分に関してもまだまだクオリティを上げていく必要があります。そういう部分を伝えていきたいです」

「守備面においても、個の力で勝つというところは局面で必ず必要になってきます。攻守において、やはり個の力を強くすることはやっていかなければいけないと思っています。チームとして『ボールを失ったとき、相手にボールを保持されたとき、どうするのか』という基本的な考えと、『押し込まれたとき、どうするか』という部分に関しても内々でさらに共通理解を深めていきたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

前田が前半だけでハット! 7発圧勝のU-22日本代表、GS無傷の3連勝で本大会へ《AFC U-23選手権》

U-22日本代表は26日、AFC U-23選手権タイ2020予選第3戦のU-22ミャンマー代表戦に臨み、7-0で勝利した。 ここまでU-22マカオ代表(8-0)、U-22東ティモール代表(6-0)を相手計14得点を挙げ、格の違いを見せつけるU-22日本代表。直近の試合からスタメン7名を入れ替え、この日が誕生日の三好らを先発メンバーに起用した。 U-22日本代表は2分、三好がボックス右を打開して左アウトサイドでクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ前田が合わせ、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となった。 それでも、7分に相手GKのキックミスを三好がワンタッチでパス。バイタルエリア中央の前田がダイレクトシュートを放つと、ゴールに吸い込まれて先制に成功した。 先制から2分後にはU-22日本代表が追加点。9分、ハーフウェイライン中央から中山がバイタルエリア右のスペースにロングパスを出すと、これに前田が反応する。ワンタッチでのループシュートが決まり、U-22ミャンマー代表を突き放す。 畳みかけるU-22日本代表は18分、ボックス中央手前から三好のパスに反応した岩崎がワンタッチで抜け出す。そのまま相手GKをかわして無人のゴールに流し込み、3点目を手にする。 前半で勝負を決めにかかるU-22日本代表は38分、三好の右CKを相手DFがクリアミス。こぼれ球に反応した中山が押し込んで、リードを4点差に広げる。 さらに、44分には三好がボックス右のスペースにパスを出すと、走り込んでいた前田がGKの頭上を越すループシュート。チーム5点目を決めた前田は前半だけでハットトリックを達成した。 前半とは打って変わり、なかなか決定機を作りだせないU-22日本代表は69分に前田に代えて久保を投入。そのわずか1分後に、敵陣中央右サイドでボールを受けた久保がクロスを供給する。相手にディフレクトしたボールはゴール前の岩崎も元へ。岩崎が胸トラップから豪快にネットを突き刺した。 力の差を見せつけるU-22日本代表は79分、左サイドの杉岡がボックス中央手前の久保にパス。久保がワンタッチで前方に落とすと、走り込んできた中山が冷静にゴールに流し込み、7点目を奪った。 結局、3試合ともに快勝のU-22日本代表はグループステージ3連勝で首位通過を飾り、本大会へ。その本大会は2020年1月8日から26日にタイで行われる。 U-22日本代表 7-0 U-22ミャンマー代表 【U-22日本代表】 前田大然(前7) 前田大然(前9) 岩崎悠人(前18) 中山雄太(前38) 前田大然(前44) 岩崎悠人(後24) 中山雄太(後34) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:原輝綺、立田悠悟、町田浩樹 MF:藤谷壮、松本泰志、中山雄太(→84分 伊藤達哉)、杉岡大暉 MF:三好康児(→46分 上田綺世)、岩崎悠人 FW:前田大然(→68分 久保建英) 2019.03.26 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング: 日本 1-0 ボリビア《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は26日、ノエビアスタジアム神戸でキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表(同60位)戦に臨み、1-0で勝利した。採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190326_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-size:0.8em;">※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし</span> GK 23 シュミット・ダニエル 5.5 ほとんど危ない場面はなかった DF 22 西大伍 5.5 高い位置でボールを受けるも攻撃に厚みを加えられず。 2 三浦弦太 5.5 無難に対応。フィードもまずまず。 20 畠中槙之輔 6.0 時間の経過と共に持ち前の足元の技術を発揮し、縦パスを供給。 19 安西幸輝 5.0 後半は得意のオーバーラップも見せたが、レオナルド・バカのフィジカルに苦戦。 (→佐々木翔 5.5) 中島との連携で左サイドを活性化。あとはクロスの精度。 MF 15 橋本拳人 6.5 寄せの鋭さは十分に通じることを証明。派手さはないが、幾度もカウンターの芽を潰した。 25 小林祐希 6.0 攻守において気の利いたポジショニング。前線に顔を出せばワンタッチでリズムも加えた。 (→柴崎岳 5.5) 長短のパスで試合を落ち着かせられるところは流石。 11 宇佐美貴史 5.0 23分にロングパスからチャンスを作ったが、効果的なプレーは少なかった。 (→堂安律 5.5) ワンタッチパス、サイドチェンジで変化を加えた。 10 香川真司 5.0 オフ・ザ・ボール時の動きは悪くなかったが、周囲と息が合わず。 (→南野拓実 5.5) 今日は我の強さが奏功せず。 14 乾貴士 5.5 良いところに顔を出し、違いを作ろうと試み続けたが。フィニッシュ、パス共に精度を欠いた。 (→中島翔哉 6.5) 果敢な仕掛けで流れを変えれば、決勝弾も記録。森保体制では常に別次元。 FW 18 鎌田大地 5.5 背後を果敢に狙い、ボールを持てばポストワークも巧みにこなしていたが、徐々に試合から消えた。 (→鈴木武蔵 -) 監督 森保一 5.0 スタメン総入れ替えで臨んだが、実り多いものではなかった。課題の攻撃面は解消しきれず、いつもの南野、中島、堂安任せ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 橋本拳人(日本代表) 中島の活躍に目が行きがちだが、橋本の貢献度は高かった。代表デビューとは思えぬ落ち着きと出足の鋭さでボリビアの反撃を許さず。時折、良い縦パスも見せた。 日本 1-0 ボリビア 【日本】 中島翔哉(後31) 2019.03.26 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安&南野のカウンターから中島弾! 森保ジャパン、ボリビアに辛勝《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は26日、ノエビアスタジアム神戸でキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表(同60位)戦に臨み、1-0で勝利した。 今シリーズの初戦となるコロンビア代表戦を0-1で落とした日本代表。代表活動の締めくくりとなるボリビア代表戦に向け、森保一監督は前日会見の言葉どおり、先発全員を変更した。 最後尾にシュミット・ダニエルが入り、最終ラインに右から西、三浦、畠中、安西。橋本と小林が2ボランチを務め、鎌田を起用した最前線の背後に右から宇佐美、香川、乾を並べた。 そのなかで、畠中と橋本はA代表デビューとなり、安西と鎌田は初先発。ロシア・ワールドカップ以来の先発入りを果たした香川は地元神戸での一戦で初のゲームキャプテンを担った。 立ち上がりからボールの主導権を握りにかかった日本代表。早々に宇佐美がオープニングシュートを放つなど、押し込む形を作りだすが、ボリビア代表の守りを崩せない状況を打破する一手がみいだせず、淡白な攻撃が続く。 そのなか、23分に右サイドの宇佐美が逆サイドのスペースにロングパス。ボールを受けた乾が小刻みなタッチで中に切り込み、得意の角度から右足シュートを放つが、ゴールマウスの右下隅を突いたボールは相手GKに阻まれる。 前半を通じてボールの主導権を支配し続ける日本代表は、右サイドでタメを作りながら乾の左サイドから切り崩しにかかるが、要所での連携ミスも散見され、チグハグな攻撃に終始。崩しの策を欠き、効果的な攻めができない。 攻めあぐねが著しい日本代表は58分、畠中の縦パスを敵陣中央で受けた乾が最終ラインのスペースで駆け引きを演じる鎌田にボールを供給。反転してシュートに持ち込むが、相手DFやGKの寄せに遭い、先制機を逸してしまう。 じりじりした展開が続く日本代表は61分、宇佐美と乾を下げて堂安と中島、69分に香川と小林に代えて南野と柴崎、73分に安西を下げて佐々木を投入。従来の主力メンバーを立て続けにピッチに送り込み、停滞感の打開を図る。 すると、76分に自陣からカウンターを仕掛け、敵陣中央でボールを持ち上がった堂安が南野にパス。ボックス左でボールを受けた中島が右足シュートをボリビア代表のゴールマウスを突き刺して、日本代表がようやく均衡を破る。 最後の交代枠で鎌田を下げて鈴木をピッチに送り出した日本代表は、このまま試合をクローズ。課題を露呈した森保ジャパンだが、何とか勝ち切り、この3月シリーズを締めくくった。 2019.03.26 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

総入れ替え! ボリビア戦スタメン発表《キリンチャンレンジカップ2019》

本日26日にノエビアスタジアム神戸でキックオフ(19時30分)を迎えるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 アジアカップ後、初の国内戦に挑む日本代表。ロシア・ワールドカップ(W杯)で激突したコロンビア代表との再戦マッチ(0-1で日本代表が敗戦)を落として迎える今回のボリビア代表戦に向けては前日会見で語った森保一監督の言葉どおり、全11名が入れ替った。 その顔ぶれはDF畠中槙之輔とMF橋本拳人がA代表デビュー。DF安西幸輝とFW鎌田大地もA代表初スタメンを飾った。なお、ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表招集を受けたMF香川真司も先発入りを果たしており、地元神戸での一戦で初の主将を務める。 ◆vsボリビア 日本代表スタメン GK:シュミット・ダニエル DF:西大伍、三浦弦太、畠中槙之輔、安西幸輝 MF:橋本拳人、小林祐希、宇佐美貴史、香川真司、乾貴士 FW:鎌田大地 2019.03.26 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】「融合に期待」 ユーザーのボリビア戦希望スタメン

超WS有料版で実施した「日本代表スタメンアンケート(ボリビア代表戦)」の結果を発表します。 アジアカップ後、初の国内戦に挑む日本代表。ロシア・ワールドカップ(W杯)で激突したコロンビア代表との再戦マッチを0-1で落として、今回のボリビア代表戦に臨む。 前日会見でスタメンの総入れ替えを示唆した森保一監督だが、ユーザー希望のスタメン票は主軸に集中する結果に。そのなかで、A代表デビューを果たした安西幸輝ら新戦力数名も名を連ねた。 3月シリーズ最終戦のボリビア代表戦を勝利で締めくくれるか。試合はノエビアスタジアム神戸で19時半にキックオフを迎える。 ◆超WSユーザー希望のボリビア戦スタメン GK 中村航輔 DF 西大伍 冨安健洋 昌子源 安西幸輝 MF 柴崎岳 小林祐希 堂安律 香川真司 中島翔哉 FW 鎌田大地 ◆代表に一言!(皆様の声※一部) ・中身の濃い試合で勝利を! ・勝ちましょう。とことん勝ちにこだわって欲しい ・頑張れ日本! ・安西、橋本、鎌田の新戦力に期待 ・コンビネーションを高めよう! ・底上げを ・融合に期待 2019.03.26 15:00 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース