成長誓う仙台GKシュミット・ダニエル「成長してクラブに戻ってくる」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.14 15:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。昨年8月の初招集から日本代表に定着しているベガルタ仙台のGKシュミット・ダニエル。ここまで2試合の出場となっているが、コロンビア代表戦とボリビア代表戦で勝利に貢献することを誓った。

◆シュミット・ダニエル
「日本代表に選出していただき、大変光栄です。チームの勝利に貢献し、成長してクラブに戻ってきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

小野田Jデビュー&初得点の湘南が3戦ぶり白星! 仙台は未勝利続く…《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が、17日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-1で湘南が勝利した。 前節鹿島アントラーズに0-1で敗れて連敗中の湘南が、前節ヴィッセル神戸に1-3で敗れて連敗中かつリーグ未勝利の仙台をホームに迎えた一戦。 湘南は、2-0で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループA第2節横浜F・マリノス戦のスタメンから小野田、松田、鈴木以外を変更。最後尾にGK秋元、ディフェンスラインに山根、フレイレ、小野田、中盤に鈴木冬、松田、齊藤、杉岡、前線に菊池、山崎、梅崎を起用した。 対する仙台も、2-0で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB第2節FC東京戦のスタメンから梁、長沢以外を変更。最後尾にGKシュミット・ダニエル、ディフェンスラインに平岡、大岩、永戸、中盤にシマオ・マテ、兵藤、蜂須賀、石原崇、前線に石原直、梁、長沢を起用した。 両チームともに慎重な入りを見せたこの試合、序盤は中盤での攻防がメインとなり、なかなか決定機は訪れない。湘南は積極的にミドルシュートを打ち込んでいくが、4分に松田が、6分に鈴木冬が放ったシュートはいずれも枠を外れた。 さらに24分にも、鈴木冬がボックス手前左から巻くようにしてファーを狙うが、このシュートは僅かに枠の左。お互いに相手の守備組織を崩すには至らないものの、積極性を見せている湘南がやや優位に試合を運んでいく。 対する仙台は、長沢へのロングフィードから起点を作ろうとするが、シュートまで繋げられず。2シャドーに入っている石原直と梁も守備に奔走する時間が長く、高い位置でボールを保持することが出来ない。 すると前半終了間際の43分、小野田が仙台陣内低い位置からドリブルでボールを運び、左サイドに開いた山崎にパスを送る。山崎が左サイドからグラウンダーのクロスを折り返すと、ボックス内中央に走り込んでいた小野田が足先で合わせ、ネットを揺らした。湘南がリードしたところで試合は折り返しを迎えることに。なお、小野田にとってはこれが記念すべきJ1デビュー戦を自ら彩る祝砲となっている。 湘南のシュート10本に対し、前半中にシュートを2本しか打てなかった仙台は、ハーフタイム中に大胆な2枚替えを敢行。梁、長沢に代えて、吉尾、阿部を投入した。 しかし、ボールを繋ぎつつ攻め込もうとする仙台に対し、湘南は出足の鋭い守備でことごとく攻撃の芽を摘んでいく。50分には左サイドに抜け出した石原崇がクロスを上げ、吉尾がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えず同点弾とはならない。 仙台がチャンスを作れずにいると、63分に再び湘南に決定機。左サイドをゆったりと持ち上がった梅崎に仙台の選手が圧力をかけられずにいると、ボックス手前中央の山根にボールが渡る。山根はワントラップして左足を振り抜き、チームの2点目を決め切った。 巻き返しを図る仙台は、直後の66分にシマオ・マテに代えてハモン・ロペスを投入。個人技のあるアタッカーを送り込み、攻撃に変化をつけていく。 すると85分、この采配が的中する。徐々にボールの支配率を高めつつもなかなかアタッキングサードに入り込めない仙台だったが、永戸が左サイド浅い位置からボックス内にクロスを蹴り込む。すると、ボックス内のハモン・ロペスが上手く合わせ、1点差に詰め寄った。 しかし、これ以上仙台が得点を重ねることは出来ず。試合は2-1で湘南がリードしたまま終了の笛。この結果、湘南はリーグ3試合ぶりの白星を奪取した。一方の仙台は、リーグ未勝利継続かつ3連敗を喫している。 2019.03.17 18:59 Sun
twitterfacebook
thumb

震災から8年。2011年のJリーグを振り返る/六川亨の日本サッカーの歩み

早いもので、今日3月11日で東日本大震災から8年目が経過した。そこで今回は8年前のJリーグを振り返ってみたい。まず前年の成績からFC東京、京都、湘南の3チームがJ2に降格。代わりに柏、甲府、福岡の3チームがJ1昇格を果たした。 シーズン開幕を告げる2月20日のちばぎん杯はJ1昇格を決めた柏が北嶋のゴールで1-0の勝利を収める。そして6日後のゼロックス杯では名古屋と鹿島が激突し、1-1からのPK戦を3-1で制した名古屋に凱歌があがる。PK戦では3本のシュートストップしたGK楢崎が勝利の立役者となった。 そして迎えた3月5日、J1とJ2が開幕する。当日は味スタでのFC東京対鳥栖戦を取材した。第2節は12日と13日開催予定だったが、11日に未曾有の大地震が東北地方を襲う。当日は昼過ぎまで自宅で原稿を書き、その後は代々木第1体育館で開催中のフットサル、プーマカップを取材するため準備をしているところで尋常ではない揺れを感じた。 すぐにテレビをつけると、やがて東北各地から津波の映像が次々に映し出される。後に代々木第1体育館で取材中だった同業者に聞いたところ、始めは揺れを感じて外へ逃れようとしたが、むしろ体育館内にとどまった方が安全だということで、しばらくは体育館で過ごしたという。しかし、交通網は完全に遮断されていたため、帰宅は徒歩しか方法はない。神保町の出版社に務める友人は、自宅のある柏市まで8時間かけて歩いて帰ったそうだ。 当然、Jリーグはすべて中止となった。J1は第2節から第6節まで、J2は第2節から第7節まで延期することが決定。被害を受けたスタジアムは鹿島のホームであるカシマスタジアムと、仙台のユアテックスタジアムは一部損壊があるものの試合続行は可能だった。その代わり宮城スタジアムは震災の救援拠点として使われるため使用できなくなった。 では、なぜ試合ができなくなったかというと、福島の原発が被害を受けたことによる電力不足が原因だった。震災による電力不足と、当時実施された「計画停電」が継続されていたこと、そして東北・関東の被災状況を鑑みてJリーグはリーグとカップ戦の中止を決定した。 その他にも3月25日と29日に予定されていたキリンチャレンジ杯も中止となり、29日の長居での試合は日本対Jリーグ選抜のチャリティーマッチに変更された。当時のことを覚えているのは、25日に叔母が死去し、31日は父が他界と、1週間で2人の親族を亡くしたからでもあった。 震災から約1ヶ月後の4月10日、PSM(プレーシーズンマッチ)として浦和が山形と、16日は大宮が仙台と対戦した。浦和のマルシオ・リシャルデスは、仙台のマルキーニョスがブラジルへ帰国したことについて「外国人は地震の経験が少なく、今回こういうことがあって、マルキーニョスらが住んでいる場所は大変な被害に遭った。彼らの身になって考えると正しいことだし、同じブラジル人としては寂しいけど、安全面を考えると理解できる」と同情していた。 震災後、初の公式戦は4月19日のACL(アジアチャンピオンズリーグ)グループリーグの鹿島対水原戦で、J1リーグが再開されたのは23日の第7節、鹿島対横浜FM戦からだった。いずれも鹿島のホームゲームだったが、カシマスタジアムが使用できないため国立競技場で開催された。翌24日は浦和対名古屋戦を取材し、29日には被災地をこの目で見るためユアテックスタジアムでの仙台対浦和戦を取材した。 試合はホームの仙台が1-0の勝利を収めた。試合後の手倉森監督は「被災地である東北のプロチームが本拠地で試合ができる。確実に復興、前に進んでいることを実感できる。こういう状況でも勝てるということを示せば、前を向いて生きる勇気、パワーを2つのスタジアムから送れればいいと思う。東北にもパワーがあることを示せたと思うし、これを1年間続けないといけない」と力強く語っていた。 この年の仙台は粘り強い戦いから14勝14分け6敗の好成績を収め、過去最高の4位でリーグ戦を終えた。失点はリーグトップの25点で堅守をベースに、先制した試合は無敗と勝負強さを発揮した。 J1リーグはJ2から昇格したばかりの柏が優勝を果たす。これはJリーグ初の快挙で、J2とJ1両ディビジョンで優勝したのも柏が初めてだった。下位に目を転じると、山形、福岡、甲府がJ2に降格したが、15位の浦和と16位の甲府の勝点差は3点で、浦和は降格の危機に見舞われたシーズンでもあった。 J2はFC東京が圧倒的な強さで優勝を飾り、2位に食い込んだ鳥栖が初のJ1昇格を果たした。このシーズン以降、鳥栖は一度もJ2リーグに降格していないが、今シーズンは第3節を終了した時点でノーゴールの3連敗で最下位に沈んでいる。仙台も1分け2敗の16位と出遅れているが、彼らは果たして巻き返しは図れるのだろうか。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.03.11 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

年俸総額41億円トリオ躍動! 神戸が仙台破り2連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、ヴィッセル神戸がベガルタ仙台に3-1で勝利した。 開幕2戦勝ちなしの仙台はルヴァンカップに続き阿部やジャーメイン良、石原が先発。シュミット・ダニエルら休養組もスタメン復帰した。 敵地で連勝を狙う神戸はルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャの年俸総額41億円トリオが先発に戻った。 立ち上がりから圧倒的にボールの主導権を握った神戸だが、仙台がセットプレーのチャンスを生かす。右CKを獲得した12分、キッカーを務めた永戸のクロスにシマオ・マテが頭で合わせ、仙台が先制する。 失点後も仙台のカウンターに苦戦した神戸だが、32分にアンドレス・イニエスタのバイタルエリア中央突破からチャンス。そのままボックス右深くから上げたクロスに古橋が頭で合わせ、神戸が追いつく。 前半のうちにイーブンに戻した神戸は41分、アンドレス・イニエスタが勝ち越し機を演出。浮き球パスに反応したダビド・ビジャが完全に最終ラインの背後に抜け、シュートを放つが、相手GKに処理される。 攻勢の神戸は後半開始早々の46分、アンドレス・イニエスタのパスを左サイドで受けた古橋が中央にグラウンダーのクロス。永戸の前に陣取ったダビド・ビジャがワンタッチで合わせ、逆転に成功する。 54分にGKキム・スンギュの好守で永戸の直接FKを阻止した神戸は64分、アンドレス・イニエスタがまたも好機演出。ボックス右でパスを受けたルーカス・ポドルスキのクロスが大岩のオウンゴールを誘い、リードを広げる。 より苦しい展開に陥った仙台は吉尾、長沢、梁勇基といった交代カードを立て続けに切るが、神戸が反撃をシャットアウト。豪華助っ人躍動の神戸がシーズン初の連勝を飾った。 2019.03.10 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エジガル・ジュニオが2戦連発含む2ゴール! 仙台撃破の横浜FMが連勝スタート!《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節の横浜F・マリノスvsベガルタ仙台が2日に日産スタジアムで行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 2月23日に行われた開幕節のガンバ大阪戦を3-2で勝利した3位の横浜FM(勝ち点3)と、浦和レッズ戦をゴールレスドローで終えた11位の仙台(勝ち点1)が激突した。連勝スタートを目指す横浜FMは、G大阪戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方、今シーズン初白星を狙う仙台は、浦和戦の先発メンバーから1人だけ変更。ハモン・ロペスに代えてシマオ・マテを起用した。 昨シーズンのリーグ戦では、8-2と5-2で横浜FMが大勝している同カード。立ち上がりから仙台に良いイメージを持つ横浜FMがボールを保持して積極的に仙台ゴールに迫る。5分、味方のフリックに反応した天野がボックス左手前からファーサイドに低いクロスを供給。これがフリーの広瀬に渡ったが、右足でのダイレクトシュートがミートせず、ボールはゴール右外へと外れた。 その後も横浜FMは、17分から喜田と仲川が立て続けにシュートを放つなど、仙台を押し込み続ける。迎えた25分、右サイドでボールを持ったマルコス・ジュニオールが天野とのワンツーでボックス右に侵攻。すると富田に倒されてPKを獲得する。これをキッカーのエジガル・ジュニオが冷静にゴール右に突き刺して、横浜FMが先制に成功する。 先手を取った横浜FMはさらに39分、喜田からのパスを右サイドで受けた三好が縦にスルーパス。素早く走り込んだ仲川がGKとDFの間に鋭いボールを送り、最後はファーサイドのエジガル・ジュニオが押し込んだ。 2-0の横浜FMリードで試合を折り返したが、流れは変わらず。50分、スルーパスに抜け出した三好がボックス左からクロス。相手に当たってコースは変わったが、うまく収めた仲川が少々苦しい体制から強引に左足でシュートを放つも、GKシュミット・ダニエルに足で阻まれた。 ここまでチャンスらしいチャンスを作れていない仙台。61分には長沢と富田に代えてジャーメイン良と梁を同時に投入する。ジャーメイン良のスピードを生かした攻撃で裏への意識を高めると77分、後方からのロングボールに抜け出したジャーメイン良がボックス左外からニアサイドにパス。走り込んだ梁がシュートまでいくが、ここは畠中にブロックされる。 ようやく流れの中からチャンスを作った仙台。終盤に猛攻を仕掛けると88分、ボックス内で粘った石原が倒されてPKを獲得する。これを石原自らが決めて1点差に詰め寄ったが、反撃はここまで。2-1で勝利した横浜FMが連勝スタート。一方の仙台は2試合勝利がない。 2019.03.02 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台に痛手…東京五輪世代のMF椎橋慧也が長期離脱

ベガルタ仙台は26日、U-21日本代表MF椎橋慧也が左太もも裏の肉離れ(左ハムストリングス肉離れ)と診断されたことを発表した。全治は約6週間の見込み。 クラブの発表によると、椎橋は20日のトレーニング中に負傷。 市立船橋高校を卒業後、2016年に仙台入りした椎橋。昨シーズン終盤にはレギュラーの座を確保し、明治安田生命J1リーグで17試合に出場していた。 2019.02.26 14:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース