期待のストライカー鈴木武蔵が初招集!「自分らしく頑張ります」《キリンチャレンジカップ2019》2019.03.14 15:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。日本代表は22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵は日本代表は今回が初招集。リーグ開幕から3戦3発と、代表でも期待がかかる25歳のストライカーは以下のようにコメントしている。

◆FW鈴木武蔵
「この度日本代表に選ばれた事を光栄に思います。そしていつもサポートしてくれる僕の周りの方々に深く感謝します。まだまだここからがスタートなので精一杯自分らしく頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

A代表デビューの鈴木武蔵「悔しい」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)不在の1トップとして先発A代表デビューを果たしたFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)。不発に終わったコロンビア代表戦を振り返り、次を見据えた。 ◆鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌) ──代表デビュー戦を振り返って 「前半、良い試合ができていただけに悔しいですね。PKで失点して負けたので」 ──自身のプレーを振り返って 「相手を外す場面があって、特に前半はクロスも来ていたので、ああいうのにうまく合わせて決め切りたかったです」 ──中島翔哉のクロスから良い場面があったが 「クロスは『チャンスがあるな』と思っていました。相手サイドバックの身長が低かったので、そこは意識してプレーしました」 ──相手最終ラインとの駆け引きも印象的だったが 「試合が始まってから相手が食いついてくるし、ラインも高かったので、奪った後に『チャンスあるな』と思っていました」 ──もう少し後ろから自身を狙ったボールが欲しかったか 「欲しかったですね。相手も僕らのビルドアップのところでハメにくる守備をしてきていたし、そこでひとつ外せればチャンスに繋がるけど、奪われてしまう場面があったので、そういうところを改善していければ、前線の動きも生きてくると思います」 「苦し紛れのパスだけじゃなく、ビルドアップでちょっと剥がしたところで駆け引きしていければ、もっとチャンスになってくると思うので、改善していきたい」 2019.03.23 01:51 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、筑波大MF高嶺朋樹の来季加入内定を発表! 展開力、ボール奪取能力のあるボランチ

北海道コンサドーレ札幌は22日、同日に筑波大学蹴球部所属のMF高嶺朋樹(21)との仮契約を結び、2020年シーズンからの新加入が内定したことを発表した。 高嶺はU-12からU-18年代まで札幌の下部組織に所属した後、筑波大に進学。札幌は、177cm、74kgという体格の同選手の特徴を「ボランチからの展開力と、精度の高い多彩なキック。1対1での守備が強く、ボール奪取能力が高い」と評している。 高嶺は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF高嶺朋樹(21) 「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました筑波大学の高嶺朋樹です」 「北海道コンサドーレ札幌という、歴史があり、私自身、下部組織に9年間所属し成長させて頂いた思い入れのある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを歩めることを嬉しく思います」 「これまで応援、支援を頂いた家族をはじめ、指導者の方々、友人、関わってくださった全ての人に感謝しています。この感謝を胸にプロサッカー選手として夢や希望を与えられるようピッチ内外で日々精進していきます。1日でも早く北海道コンサドーレ札幌の力になり、『北海道とともに世界へ』を体現できる選手になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 「最後になりますが、筑波大学蹴球部の方も応援していただけると幸いです」 2019.03.22 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫とは違う特長を! 鈴木武蔵、背後への抜け出しに自信「そういうところでJリーグでも点が取れた」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、FW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)がメディア陣による取材に応対。FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)とは違う特長である「背後への抜け出し」を加えていくことに意気込み、「そういうところでJリーグでも点が取れた」と自信を示した。 ──リオデジャネイロ五輪以来の代表について 「久々に日の丸のユニホームで試合ができること、今までやってきた仲間たちとこうやってできるのは非常に楽しみです」 ──同世代がいることでチームに馴染めるのは早かったか 「そうですね。大丈夫でした」 ──森保一監督に求められていることは 「自分の特長である背後に抜けるところや、クロスのところは思い切って出して欲しいということ、あとは起点になることです。あとは、なるべくペナルティエリアの幅で動いて決定的なパスを受けるポジション取りや、背後の取り方などを言われています」 ──森保体制になって同世代が中心になっていることについて 「観てた時はやはり同世代が活躍しているのは、刺激になりました。10代の頃から一緒にやっている選手もいるので、早く自分もここで試合に出て、またみんなとサッカーやりたいなと見てました」 ──実際、代表入りしてみての印象は 「観てた印象とあまり変わらないです。みんなの特長も十分、把握していますし、僕の特徴も今までやってきた選手はわかってくれていると思います。新しくやる選手にはどんどんわかってもらいたいです」 ──これまで攻撃は大迫のポストワークが中心だったが、特長である背後への抜け出しを加えたいか 「加えたいです。そこが自分の一番の特長なので。クロスに入っていくことももちろんです。そういうところでJリーグでも点が取れたので、そこは自信を持ってやっていきたいです」 ──ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーになって自身のプレーの変化は 「我慢するというところですね。最初、練習やった時とかすごい『動きすぎ』と言われていました。タイミングやどこに自分が動かないといけないか、その予測っていうところは練習のときから言われています」 ──ペトロヴィッチ監督と森保監督のサッカーの共通点は 「ポゼッションのところをを大事にしている部分と、奪った後になるべく前につけるという所です」 ──香川真司(ベシクタシュ/トルコ)とプレーした感想は 「技術も高くて、頭も良い。観てた以上に守備のこともすごく考えているなという印象でした」 ──親善試合2試合での目標は 「FWなので、1番はゴールを取ることです。まだまだ日が浅いので、試合の中でも話し合ってコンビネーションや連携面を向上できれば良いと思っています」 2019.03.21 23:55 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤翔が公式戦2試合連続2ゴール! 鹿島、札幌を3発で下し今季初のリーグ戦連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが17日に札幌ドームで行われ、3-1で鹿島が勝利した。 ここまで2勝1敗の4位・札幌(勝ち点6)と、1勝1分け1敗の8位・鹿島(勝ち点4)が激突した。前節、清水エスパルスとのホーム開幕戦を5-2で勝利し、連勝を飾った札幌は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り込んだ。また、日本代表初選出の鈴木は、最前線を務めた。 一方、前節の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利した鹿島は、ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節で山東魯能と2-2で引き分けて公式戦4試合無敗。札幌戦に向けては山東魯能戦から先発メンバーを6人変更した。チョン・スンヒョン、三竿、セルジーニョらに代えて内田、安部、土居らを起用した。また、日本代表初選出となった安西は、左サイドバックで先発した。 試合は6分、連勝中と勢いに乗るホームの札幌がいきなりゴールを脅かす。福森のクロスに鈴木が飛び込むが、ここは相手DFにクリアされる。こぼれ球を拾った菅がボックス右から左足でシュートを放つも、ここはGKクォン・スンテにキャッチされた。 このまま札幌ペースで試合が進むかと思われたが、12分にアウェイの鹿島が一瞬のスキから先制点を奪う。中盤でボールを持ったレオ・シルバが前線へスルーパス。これに伊藤が反応し、相手DFに先にボールを触られたが、体を張ってブロックしてそのままゴールへ持ち込む。最後は飛び出したGKク・ソンユンをあざ笑うループシュートで鹿島が先制に成功する。 このゴールで伊藤が勢いに乗る。23分、後方からハーフウェイライン付近左でロングパスを受けた安西がドリブルを開始する。対峙した相手を一人交わし、ボックス左手前まで持ち込むと、タイミングを見計らってボックス内へスルーパス。最後は巧みな抜け出しを見せた伊藤が左足トゥーキックでGKク・ソンユンの股を射抜いた。鹿島がリードを2-0に広げた。 2点を追う札幌も攻勢に転じる。42分、チャナティップのパスを受けた深井がボックス左外からクロス。ファーサイドの鈴木が折り返し、ゴール前のアンデルソン・ロペスがヒールシュートを放つも、これは惜しくも枠を捉えられず。45分にも菅からパスを受けた鈴木がボックス手前からミドルシュートを放つが、相手に当たってわずかにゴール左外へと外れた。 後半に入ると、札幌は代表初選出の鈴木をターゲットに反撃。しかし、鹿島のディフェンスを崩すことはできない。 すると鹿島が3点目を奪いにかかる。60分、ボックス左手前で安西がボールを拾い、ボックス内の永木がボックス左へパスを送る。これを受けたレオ・シルバがカットインから右足を振り抜いたが、シュートはわずかにゴール左外へ。さらに68分、ボックス右外でFKを獲得し、キッカー永木のクロスをファーサイドの犬飼が折り返す。最後は伊藤が飛び込むも枠を捉えることはできない。 それでも攻勢を続ける鹿島は76分、カウンターから味方のパスに右サイドを突破したレアンドロがフリーでボックス内に持ち込む。カバーに入った相手DFを冷静にかわすと、GKク・ソンユンとの一対一を制した。 一矢報いたい札幌は86分、福森の左CKをファーサイドの鈴木がヘディングシュート。これをゴール前に待ち構えていたアンデルソン・ロペスが逸らして1点を返した。しかし、反撃はここまで。 伊藤の公式戦2試合連続2ゴールとレアンドロの今シーズン初ゴールで勝利した鹿島がリーグ戦初の連勝を飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★伊藤翔のらしいチップキック! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wu0k6pvsxeci1v2bk30q4i4mu" async></script> </div> 2019.03.17 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

今季札幌復帰のMF中原彰吾が左足関節ねん挫…ルヴァン杯第2節長崎戦で負傷交代

北海道コンサドーレ札幌は17日、MF中原彰吾が左足関節ねん挫と診断されたことを発表した。なお、全治については明かされていない。 中原は13日に行われた2019YBCルヴァンカップ・グループステージ第2節のV・ファーレン長崎戦(ゴールレスドロー)で42分に負傷交代していた。 札幌下部組織出身の中原は2013年にトップチーム昇格。2017年にガンバ大阪、昨シーズンは長崎に期限付き移籍していた。復帰した今シーズンは、ここまでルヴァンカップ2試合に出場していた。 2019.03.17 13:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース