インテルが若手有望株のU-18イタリア代表FWヴェルガーニと契約延長2019.03.14 11:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは13日、プリマヴェーラに所属するU-18イタリア代表FWエドアルド・ヴェルガーニ(18)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。

ヴェルガーニは、モンツァのユースから2014年にインテルのユースに加入。世代別のチームではエースとして活躍してきた。

世代別のイタリア代表にも招集され続け、U-17イタリア代表としては2018年に行われたU-17欧州選手権に出場。大会4ゴールを記録しチームを決勝に導くと、U-17オランダ代表戦ではPK戦の末に敗戦。しかし、チーイムの準優勝に貢献するとともに、大会得点王にも輝いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ、監督業復帰時期を明かす!

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)が、監督業復帰の時期が6月になると語った。スペイン『アス』が伝えている。 昨年12月中旬にマンチェスター・ユナイテッドでの任を解かれ、フリーの状態が続いているモウリーニョ氏。今月初めには、古巣のレアル・マドリーがサンティアゴ・ソラーリ前監督を解任し、同クラブへの復帰が噂されたが、結局はジネディーヌ・ジダン監督がその立場に戻ることとなった。 とはいえ、2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など世界屈指の実績を持つモウリーニョ氏は、既に数件のオファーを拒否していると明言。以前にも「野心」のあるクラブでの指揮を希望していることを明かしており、ビッグクラブ行きが予測されている。 そんな中、インタビューに応じたモウリーニョ監督が、今シーズン終了後の監督業復帰を見据えていると発言。6月には、“スペシャル・ワン”の新たな職場が明らかとなりそうだ。 「私の心にあるのは、夏の6月に新しいクラブのために、新しいプレシーズンのために戻りたいということだ」 「自分が欲していないことを正確に把握している。だからこそ、3つか4つの(希望とは)異なるオファーに(却下を)伝えなければならなかった。自分が何を望むか分かっている。それは特定のクラブということではなく、仕事の性質や大きさという観点だ」 2019.03.24 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル巡り場外“クラシコ”勃発か 代理人が明言!

レアル・マドリーとバルセロナが、インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2017年7月にサンプドリアからインテルに加入したシュクリニアル。188cmと恵まれた体格、読みや対人の強さを武器にすぐさま主力に定着。今シーズンも公式戦36試合に出場しインテルの守備を支えている。 多くのビッグクラブが関心を寄せる中で、代理人を務めるミザット・ハリス氏はスペイン2強からの関心があることを認めた。 「レアル・マドリーが彼を欲しがっている。バルセロナもそうだ。インテルを説得したクラブが今夏に獲得できるだろう」 だが、そう簡単にいかないこともハリス氏は指摘。その理由は、あの有名な代理人にあるようだ。 「(ズラタン・)イブラヒモビッチや(ポール・)ポグバの代理人であるミーノ・ライオラは、シュクリニアルを混乱させようとしている。だが、彼と契約しているのは私たちの会社だ」 「インテルはシュクリニアル獲得のためにサンプドリアに2800万ユーロ(現在のレートで約34億円)を支払った。その半年後、マンチェスター・シティが5500万ユーロ(約69億円)でのオファーを持ってやってきたよ。そして今、彼の価値は1億ユーロ(約125億円)となっている」 「どんな交渉も、少しでも利益を得ようとする卑しい代理人のせいで複雑になってしまうんだよ」 2019.03.23 19:38 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディの代表選外の理由を指揮官が説明「彼の存在は代表に悪影響を及ぼす」

アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督が、今回の国際親善試合に向けた代表メンバーにインテルのFWマウロ・イカルディを招集しなかった理由を説明した。イタリア『メディア・セット』が伝えている。 アルゼンチン代表は22日にベネズエラ代表と、26日にモロッコ代表と親善試合を行う。7日にその2試合向けた代表メンバー31名が発表され、FWリオネル・メッシがロシア・ワールドカップ以降初招集となり話題を呼んだ一方で、イカルディはメンバー外となった。 その理由についてスカローニ監督は「論理的に考えて、現時点で彼に起こっている問題が我々に悪影響を及ぼすことは明らかだ」と説明。同選手は契約交渉の問題からクラブからキャプテンマークを剥奪され、それに反抗するように指揮官からの招集を拒否したことが問題となった。 イカルディとインテルとの間のいざこざは現在も続いており、移籍の噂も流れている。このままの状況が続くようであれば、代表だけでなく、他クラブからも煙たがられるかもしれない。 2019.03.22 22:26 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、イカルディ退団に備えロドリゴをリストアップか

インテルが、バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(28)をリストアップしているようだ。スペイン『マルカ』が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報を引用して伝えている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。 とはいえ、依然としてイカルディの去就は不透明のままであり、移籍の噂が後を絶えない。そして、インテルは今夏の退団に備えて獲得候補をリストアップしており、そのうちの1人がロドリゴのようだ。 しかし、ロドリゴはバレンシアとの契約を2022年まで残しており、契約解除金は1億2000万ユーロ(約151億円)に設定されている。だがバレンシアは現在、リーガエスパニョーラで7位に付けており、順位次第では売却に応じる可能性があるという。 セルタのユース出身のロドリゴは、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した後、ベンフィカ、ボルトンを経て2015年7月にバレンシアに完全移籍。昨シーズンはリーガエスパニョーラ37試合で16ゴール7アシストを記録したが、今シーズンは25試合で5ゴール5アシストと期待されているような数字は残せていない。 2019.03.22 15:36 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ、63億円で放出の可能性が浮上

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)が、より安価な移籍金で放出される可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。また、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で復帰する可能性も報じられている。 しかし、『マルカ』によれば、イカルディに腕章が戻される望みは薄く、以前として将来に関しては不透明だ。これまでは8000万ユーロ(約100億円)の評価を受けていた同選手だが、5000万ユーロ(約63億円)の移籍金で退団する可能性もあるという。 新天地候補としては、インテルのライバルでもあるユベントス、そして以前から獲得が噂されていたレアル・マドリーの名前が挙げられている。 2019.03.22 11:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース