「ベシクタシュに残りたい」ドルトムントからレンタルの香川真司がトルコ残留を希望か2019.03.14 06:27 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
香川真司はベシクタシュ残留を望んでいるようだ。『Haberturk』や『Fanatik』をはじめトルコメディアがこぞって報じている。

今冬の移籍市場でドルトムントから今シーズン終了までの期限付き移籍でトルコ・シュペルリガのベシクタシュに加入した香川。移籍後、ここまでリーグ戦5試合に出場して3ゴール1アシストを記録するなどの活躍を見せる同選手だが、今夏以降の去就は不透明な状況が続いている。

ベシクタシュに入団時、トルコで香川のエージェントを務めるネクデット・エルゲゼン氏は「買い取りオプションはないが、もし選手が残留を望んだ場合、ドルトムントに問題があるとは思わない」と発言。選手の意思次第でトルコでプレーを続ける可能性があると考えられている中、『Haberturk』らは同選手のコメントを引用し、残留の意思があることを報じた。

「今までに経験したことのないようなサポーターたちの影響を受けて試合を迎えています。ベシクタシュのサポーターは本当に素晴らしいです。今シーズンが終わったとき、どのようになるか僕にはわかりません。でも、僕はベシクタシュを気に入っていますし、ここに残りたいと考えています」

以前からスペインへの強い憧れを明かしていた香川だが、このまま来シーズン以降もトルコでプレーすることになるのだろうか。


提供:goal.com
コメント


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース