ヴォルフスブルクのラッバディア監督、今季終了後に契約満了で退任へ2019.03.13 03:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは12日、ブルーノ・ラッバディア監督(53)が今季終了後の契約満了を持って退団することを発表した。

レバークーゼンやハンブルガーSV、シュツットガルトなどで指揮を執り、シュツットガルトとHSV時代には元日本代表DF酒井高徳の指揮官としても知られるラッバディア監督は2018年2月にヴォルフスブルクの監督に就任。

昨季は残留争いに巻き込まれていたチームを降格から救い、今季はここまで7位と上々の成績を収めていた。そんな中、9日に行われた直近のバイエルン戦では0-6の惨敗を喫していたが、ラッバディア監督はこの惨敗が今回の決断に繋がったわけではないと強調している。

「代表ウィーク前に発表したいと思っていた。今は今季を成功で終えることに集中している。ここでの仕事は本当に楽しめている。最後までやり通すよ。バイエルン戦での0-6の敗戦と今回の決定に因果関係はない。素晴らしい成功とともにクラブを離れたいと思ったんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

宇佐美が終盤出場のデュッセルドルフ、ヴォルフスブルクに5失点大敗《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは16日、ブンデスリーガ第26節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-5で敗戦した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は78分から出場している。 前節フランクフルト戦を0-3と敗戦した11位デュッセルドルフ(勝ち点31)は、そのフランクフルト戦で出場機会のなかった宇佐美がベンチスタートとなった。 7位ヴォルフスブルク(勝ち点39)に対し、拮抗した展開で推移していた中30分、デュッセルドルフが先制する。ボックス手前左で得たFKをアイハンが直接ゴール左に決めきった。 しかし34分、メーメディにゴールを決められ、すかさず試合を振り出しに戻されてしまった。 1-1で迎えた後半、54分にヴェグホルストに逆転ゴールを決められたデュッセルドルフは、57分にもCKの流れからクノッヘのゴールを許すと、続く59分にもヴェグホルストにゴールを決められ、一気に1-4とされてしまう。 直後、ラマンのゴールで1点を返したデュッセルドルフは78分、宇佐美を右サイドに投入。しかし、88分にヴェグホルストにハットトリックを許してチームは2-5で大敗となった。 2019.03.17 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

年俸総額41億円トリオ躍動! 神戸が仙台破り2連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、ヴィッセル神戸がベガルタ仙台に3-1で勝利した。 開幕2戦勝ちなしの仙台はルヴァンカップに続き阿部やジャーメイン良、石原が先発。シュミット・ダニエルら休養組もスタメン復帰した。 敵地で連勝を狙う神戸はルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャの年俸総額41億円トリオが先発に戻った。 立ち上がりから圧倒的にボールの主導権を握った神戸だが、仙台がセットプレーのチャンスを生かす。右CKを獲得した12分、キッカーを務めた永戸のクロスにシマオ・マテが頭で合わせ、仙台が先制する。 失点後も仙台のカウンターに苦戦した神戸だが、32分にアンドレス・イニエスタのバイタルエリア中央突破からチャンス。そのままボックス右深くから上げたクロスに古橋が頭で合わせ、神戸が追いつく。 前半のうちにイーブンに戻した神戸は41分、アンドレス・イニエスタが勝ち越し機を演出。浮き球パスに反応したダビド・ビジャが完全に最終ラインの背後に抜け、シュートを放つが、相手GKに処理される。 攻勢の神戸は後半開始早々の46分、アンドレス・イニエスタのパスを左サイドで受けた古橋が中央にグラウンダーのクロス。永戸の前に陣取ったダビド・ビジャがワンタッチで合わせ、逆転に成功する。 54分にGKキム・スンギュの好守で永戸の直接FKを阻止した神戸は64分、アンドレス・イニエスタがまたも好機演出。ボックス右でパスを受けたルーカス・ポドルスキのクロスが大岩のオウンゴールを誘い、リードを広げる。 より苦しい展開に陥った仙台は吉尾、長沢、梁勇基といった交代カードを立て続けに切るが、神戸が反撃をシャットアウト。豪華助っ人躍動の神戸がシーズン初の連勝を飾った。 2019.03.10 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

6発圧勝のバイエルン、ドルトムントを得失点差で上回りついに首位奪取! リバプール戦に弾み《ブンデスリーガ》

バイエルンは9日、ブンデスリーガ第25節でヴォルフスブルクをホームに迎え、6-0で圧勝した。 前節ボルシアMGとの上位対決を5-1と圧勝してリーグ戦4連勝とした2位バイエルン(勝ち点54)は、首位ドルトムントに勝ち点で並んだ。4日後にはチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦を控える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 5試合負けのない7位ヴォルフスブルク(勝ち点39)に対し、[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ハメス・ロドリゲス、ニャブリと並べた。 そのバイエルンが押し気味に試合を進めるも、自陣で守備ブロックを形成するヴォルフスブルクを崩しきるには至らない。 それでも、ボールを動かしてヴォルフスブルクを揺さぶるバイエルンは29分にレヴァンドフスキがミドルシュートでGKを強襲すると、34分に先制した。キミッヒのスルーパスでボックス右深くまで侵入したミュラーのクロスをニャブリが押し込んだ。 さらに37分、ハメス・ロドリゲスのスルーパスでボックス左に侵入したニャブリの折り返しをレヴァンドフスキが決めて加点。ニャブリの1ゴール1アシストでバイエルンが前半を2-0で終えた。 迎えた後半もバイエルンがハーフコートで試合を進めると、52分に3点目を奪った。チアゴのパスを受けたペナルティアーク右のハメス・ロドリゲスがコントロールシュートでゴール左隅を射抜いた。 余裕の展開としたバイエルンはリバプール戦を見据えてニャブリとハビ・マルティネスに代えてリベリとゴレツカを投入。 引き続きヴォルフスブルクを圧倒すると、76分にダメ押しの4点目を挙げる。リベリの左クロスをミュラーがダイレクトで流し込んだ。 止まらないバイエルンは82分にリベリの左クロスをキミッヒがヘッドで押し込むと、85分には三度リベリの左クロスからレヴァンドフスキがヘッドで流し込み6-0と圧勝。ドルトムントを得失点差で上回り、ついに首位奪取としている。 2019.03.10 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司とともにブンデス連覇を経験、ブワシュチコフスキが古巣のヴィスワ・クラクフへ加入

ヴォルフスブルクを退団したポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(33)が、古巣のヴィスワ・クラクフへと復帰した。背番号は「16」。契約期間は今シーズン終了までとなっている。 “クバ”の相性で知られるブワシュチコフスキは、2005年1月から2007年7月までヴィスワ・クラクフでプレーすると、2007年7月にドルトムントへと完全移籍。右サイドのスペシャリストとして主力を担い、MF香川真司らとともに2010-11シーズン、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献していた。 ドルトムントでは公式戦通算253試合に出場し32得点を記録するなどチームを支えてきたが、トーマス・トゥヘル体制で構想外となると、2015年にフィオレンティーナへとレンタル移籍。そして、2016年夏には3年契約でヴォルフスブルクに完全移籍した。 ヴォルフスブルクでは加入1年目こそリーグ戦28試合に出場したが、以降は大幅に出場機会を減らし、今季はリーグ戦とDFBポカールの2試合にいずれも途中出場で10分ほどプレーしただけだった。 なお、ヴィスワ・クラクフでは、公式戦62試合に出場し2ゴールを記録していた。 2019.02.10 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ヴォルフスブルクのオランダ代表DFブルマをレンタルで獲得

シャルケは1月31日、ヴォルフスブルクのオランダ代表DFジェフリー・ブルマ(27)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 屈強なフィジカルを武器とするセンターバックのブルマは、チェルシーでプロデビュー後、ハンブルガーSVやPSVで活躍。2016年6月にヴォルフスブルクに移籍し、在籍2シーズン半で公式戦35試合に出場していた。しかし、今季は出場機会がない状況だった。 シャルケでは昨季までの守備の要だったブラジル人DFナウドがこの冬にモナコへ移籍していた。 2019.02.01 02:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース