京都のユース昇格組、江川慶城&服部航平がブラジルのロンドリーナへ期限付き移籍2019.03.12 12:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
京都サンガF.C.は12日、DF江川慶城(18)、FW服部航平(18)がロンドリーナEC sub 19へ期限付き移籍することを発表した。

ユースから今シーズン昇格した2人は、「トップチームかつグローバルに活躍する、世界水準のサッカー選手を育成する」という指導理念の下、若手選手の育成をクラブとして図るべく移籍するとのこと。1月にはMF荻野広大(21)、MF島村拓弥(20)もロンドリーナECへ期限付き移籍していた。

両選手は2019年11月30日までの期限付き移籍となり、3月17日(日)までチームで活動する。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DF江川慶城
「この度、ブラジルのロンドリーナEC sub19に移籍することになりました。自分としては西京極のピッチで皆さんに感動を与えたいという思いでずっとやってきました。しかし、自分の実力不足で今はその思いが叶いませんでしたが、ブラジルに行きサッカー面において、そして人間性においても成長して帰ってきます。今度とも、京都サンガ、そして江川慶城への応援をよろしくお願いします!!」

◆FW服部航平
「この度、ブラジルのロンドリーナEC sub19に移籍することになりました。ブラジルでフィジカルが強い選手、技術が高い選手とプレーし、ストライカーとして成長してきます。目標である“世界No.1ストライカー"に少しでも近づいていけるように精進してきます」
コメント
関連ニュース
thumb

京都、帝京長岡のMF谷内田哲平の加入内定を発表!

京都サンガF.C.は7日、帝京長岡高校に在籍するMF谷内田哲平(17)の2020シーズンの加入内定を発表した。 新潟県出身の谷内田は、2017年にU-16日本代表に選出された経験を持つサイドアタッカー。クラブは「空間認知能力に長け、ゴールに直結するパスが武器のMF」がプレーの特徴と説明している。 京都でプロキャリアをスタートさせることになった谷内田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、京都サンガF.C.に加入する事になりました谷内田哲平です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になれたことをとても嬉しく思います。そして、プロとしてのキャリアを京都サンガF.C.で始められる事を光栄に思います」 「今まで自分に関わっていただいた方々に感謝し、結果で恩返しできるように頑張ります。京都サンガF.C.の勝利に少しでも貢献できるように努力して、京都の皆さまに愛される選手になりたいと思います。応援よろしくお願いします」 2019.03.07 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

京都退団のMF沼大希がSVホルンに入団

京都サンガF.C.は5日、2018シーズンで契約満了となっていたMF沼大希(21)がSVホルン(オーストリア2部)に加入することを発表した。 大阪府出身の沼は京都アカデミーで育ち、2015年に2種登録選手としてトップチーム登録されると、翌年に正式昇格。その後、期限付き移籍でガイナーレ鳥取に加わり、昨年から京都に復帰したが、昨シーズン途中から日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍していた。 2019.03.05 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】京都DF冨田康平が次戦出停

Jリーグは4日、次節の出場停止選手を発表した。 京都サンガF.C.に所属するDF冨田康平は2日にホームで行われた明治安田生命J2リーグ第2節の鹿児島ユナイテッドFC戦に出場。2度の警告を受け、退場処分が下った。これにより、1試合停止処分が決まり、9日に敵地で行われるアビスパ福岡戦は出場不可となる。 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF冨田康平</span>(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第3節 vsアビスパ福岡(3/9) 今回の停止:1試合停止 2019.03.04 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

京都の元日本代表DF田中マルクス闘莉王、Jリーグ通算500試合出場達成!

京都サンガF.C.に所属する元日本代表DF田中マルクス闘莉王(37)が、Jリーグ通算500試合出場を達成した。 京都は24日、明治安田生命J2リーグ開幕節でアルビレックス新潟と対戦した。この日、ベンチスタートだった闘莉王は、ゴールレスで迎えた87分にFW宮吉拓実と代わって途中出場。そのまま最前線に入り、試合終盤にはヘディングシュートでゴールを脅かしたが、試合は0-0の引き分けで終了した。 この一戦でピッチに立った闘莉王は、これでJリーグ通算500試合に到達。クラブ公式サイトによると、その内訳はJ1リーグで395試合、J2リーグで105試合となっている。 闘莉王は幕張高等学校卒業後、2001年にサンフレッチェ広島に入団してプロキャリアをスタート。2003年に期限付き移籍した水戸ホーリーホックで攻撃的センターバックとしての才能を開花させ、2004年に浦和レッズへ。在籍6年間でJ1リーグ優勝、AFCチャンピオンズリーグ優勝、2度の天皇杯優勝を経験。2010年からプレーした名古屋グランパスでもクラブのJ1リーグ初優勝に導いた。2015シーズン終了後には一度退団するも、2016年8月に復帰。計7シーズン、プレーした。 京都では2017年からプレー。同年にはJ2リーグで15得点を記録し、DF登録選手としてJリーグ史上初の公式戦通算100得点を成し遂げた。現時点、Jリーグ通算500試合で104ゴールを記録している。 2019.02.24 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、U-18所属のGK北原一樹をトップチーム登録

京都サンガF.C.は23日、U-18所属のGK北原一樹(17)をトップチームに2種登録することを発表した。背番号は「36」を着用する。 北原は、御荘中学校から京都U-18に入団。身長191㎝、体重85㎏の長身GKだ。 2019.02.23 16:25 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース