シティ、元ユースコーチの性的虐待被害者に賠償2019.03.12 12:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティが、同クラブのユースでコーチを務めていたバリー・ベネル元服役囚から性的虐待を受けた被害者に対し、多額の賠償金を支払うようだ。イギリス『BBC』が報じた。シティやクルー・アレサンドラFCのジュニアチームでコーチを務めていたベネル元服役囚は、1979年から1990年にかけて12人の元ジュニアプレーヤーに対して43度の性的虐待を働いていたとして、禁錮31年を言い渡された。以降、追加で86人が被害を訴えており、英国史上最も被害をもたらした小児性愛者の1人として、スポーツ界にショックを与えている。

当時、ベネル元服役囚をユース・スカウト兼コーチとして雇用していたシティは、40人の潜在的な被害者に対して、賠償を予定。6桁ポンドの支払いで補償を行う。また、クラブの上層部が個人的な謝罪も送るようだ。

ベネル元服役囚の被害者には、クルー・アレクサンドラFCのアンディ・ウッドワード元選手が名乗り出た後、複数の選手が相次ぎ糾弾。シティOBで元イングランド代表のデイビッド・ホワイト氏も「1970年代終盤から80年代初めにかけて、元コーチのバリー・ベネルによる性的虐待を受けていた」と、ジュニアチーム時代の被害を告白していた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルウルトラスがまた人種差別…“ミラノ・ダービー”でミランMFケシエが被害に

インテルウルトラスがまたしても問題行動。ミランのMFフランク・ケシエは、インテルとの“ミラノ・ダービー”で人種差別を受けたようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 17日、今シーズン2度目の“ミラノ・ダービー”が開催。ケシエはこの試合にも先発出場をしたが、試合は点の取り合いとなり、2-3でインテルが勝利を収めていた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ケシエはクルヴァ・ノルド(北側スタンド)のインテルのサポーターから、「サル」のチャントを受けたとのこと。チャントは25分頃に発生していたとのことだ。 クルヴァ・ノルドのサポーターは今シーズンすでに同様の問題を起こしており、ナポリのDFカリドゥ・クリバリに対しても人種差別的なチャントを歌っていた。 2019.03.18 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、ミーティング遅刻で罰金2300万円

パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペに18万ユーロ(約2300万円)の罰金を科していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 罰金対象となった行動は昨年10月末まで遡る。リーグ・アン第11節マルセイユ戦前、ムバッペはチームミーティングにMFアドリアン・ラビオと共に遅刻。クラブは、両名の規律違反に対して、罰金を科した。 ムバッペは自身の過失について十分に認識しており、事実確認の書類にサイン。その際支払われた罰金18万ユーロは、PSG財団に直接送金されるようだ。なお、ムバッペはその後、2-0で勝利したマルセイユ戦で先制点を決めている。 今シーズンもここまで公式戦33試合29ゴール15アシストを記録し、スターとしての地位を確立しているムバッペ。遅刻による罰金が去就に影響するとは考え難いが、『アス』は「獲得を狙うレアル・マドリーがどの様な状況にも細心の注意を払っている」と意味深長な文で締めている。 2019.03.16 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWファルカオ、引退後「プロ野球選手」に

モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(33)が引退後の夢として、プロ野球選手転向を掲げた。 長らくワールドクラスのゴールゲッターとしてフットボール界に名を轟かせてきたファルカオだが、今年で33歳。最近の報道でミランの関心が取り沙汰されているが、年齢的にもフットボールキャリアの晩期に入っている。 そのファルカオは『France Football』のインタビューで引退後の将来設計について次のように言及。野球大国でもあるベネズエラ出身者らしい展望を明かした。 「若い頃から野球が大好き。僕はベネズエラ育ちだからね。よく練習したスポーツで、なかなかの腕前だったよ」 「時々、妻と一緒に引退後を考えていて、プロ野球選手を目指そうを思っている。マイケル・ジョーダンのようにね」 マイケル・ジョーダン氏とは伝説的な元NBAプレーヤー。引退後、野球選手に転向したことで話題を集めた。 2019.03.12 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

乱入男がラリアット! アストン・ビラMFグリーリッシュが試合中に襲撃される

チャンピオンシップ(イングランド2部)で衝撃の事件が起こった。10日に行われたバーミンガムvsアストン・ビラのバーミンガム・ダービー(セカンド・シティ・ダービー)で、ピッチに乱入したサポーターが選手を襲撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 事件が起こったのは試合開始9分のこと。ボールがタッチラインを割ると、1人のバーミンガムファンがピッチに乱入。すると、猛然とダッシュし、アストン・ビラのキャプテンを務めるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ目掛けてラリアットを背後から見舞った。 試合中に突然背後から襲われたグリーリッシュは、その場に倒れ込み、ラリアットを見舞った男はすぐさまアストン・ビラの選手たちに囲まれ、警備員に連れ出された。また、バーミンガムの選手はグリーリッシュの下に駆け寄り、状態を気遣っていた。 首元にラリアットを受けたグリーリッシュだったが、67分に決勝ゴールを記録。襲撃を受けながらも、しっかりと勝利に貢献していた。 試合後、グリーリッシュが襲撃に関してコメント。最初は何が起きたか分からなかったと語った。 「僕の人生において最高の日だね」 「アストン・ビラのキャプテンとして初めてここにやってきて、そして勝利した。それは夢が達成されたことだよ。特にアストン・ビラファンにとってはね」 「当初、僕は気付いていなかった。僕たちはコーナーかスローインだったと思う。そして、僕は自分のポジションに向かって歩いている時、顔の側面のあたりに、強い打撃を感じたんだ」 「サッカーには明確な対立があるけれど、本当には色々な場所には無いと思っている。最後は自分の仕事をして、成功したと思っているよ。勝利できたし、アウェイで3ポイントを獲得できたんだ」 なお、ウェストミッドランズ警察はこの件に関して声明を発表。男を逮捕し、起訴するとした。 「我々は今夜、“セカンド・シティ・ダービー”の試合中にピッチに侵入し、アストン・ビラのジャック・グリーリッシュを襲撃した男を起訴した」 「ルベリーに住む、27歳のポール・ミッチェルは、3月11日、バーミンガム・マグス裁判所に出頭することとなった」 2019.03.11 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、S・ラモス「追放」なら30億超負担か

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(32)を追放するためには、多額の費用がかかるようだ。スペイン『アス』が報じた。 今シーズン、主要タイトル獲得の可能性が潰えているマドリー。2月末から3月初めに、コパ・デル・レイ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ(CL)と3つの大会で止めを刺される最悪の1週間を過ごした。 以前伝えられていたところでは、フロレンティーノ・ペレス会長は不甲斐ない成績に激怒し、選手たちを叱責。その際に、主将DFセルヒオ・ラモスがユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの後釜未到着を引き合いに出して反論し、更にヒートアップしたペレス会長から「追放」が言い渡されたという。それに対し、セルヒオ・ラモスは残るサラリーの支払いを求めたようだ。 現在サッカー界を騒がせているこの内紛だが、『アス』はマドリーがセルヒオ・ラモスとの契約を解除するためには2500万ユーロ(約31億円)がかかると報道。同選手の契約は2021年6月末まで残されており、残り2年分以上のサラリーを保証しなくてはならない。例えペレス会長が本当に「追放」を望んでいたとしても、そう簡単にはいかないだろうと伝えられている。 2019.03.09 22:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース