ジダン、復帰会見でマドリー愛を語る「このクラブが大好きだ」2019.03.12 10:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリー指揮官に復帰したジネディーヌ・ジダン監督が、就任会見に出席した。スペイン『マルカ』が伝えている。マドリーは11日、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任及びジダン監督の復帰を発表。昨シーズンまでの2年半も同クラブを率い、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げていたジダン監督との新たな契約期間は、2022年6月30日までの3年半となっている。

解任されたソラーリ監督は、今シーズン途中からマドリーを指揮。しかし、コパ・デル・レイ準決勝、リーガエスパニョーラ第26節に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で連敗し、CLラウンド16・2ndレグでアヤックスに敗れて逆転でCLでも敗退を喫し、 今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となっていた。

ユベントスやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど数々のビッグクラブからの関心が噂されながらも、難しい時期にある古巣マドリーを選んだジダン監督。その動機について、就任会見で以下のように語った。


「全員にとって今日は特別な日だ。私もとても幸せで、それこそが最も重要なことだ。会長が言ったように、ホームに戻って来られてとても満足している」

「話すべきことは何も無い。復帰出来てとても幸せだし、働く意欲がある。このクラブを相応しい場所に持っていきたい。明日のトレーニングに集中しているよ」

「ここで暮らしているから、そう遠くへは行かなかった。何よりもこのクラブ、チームのために働くことが嬉しい」

「クラブとしての時期ではなく、私にとって必要だったから退任した。だが、全てを勝ち取った後でチームがそれを必要としていたんだ」

「会長から連絡があったから戻ってきた。私は会長とこのクラブが大好きだ。私はここに居るよ」

「8カ月を経て、再び采配を振るいたい。全員のためにこの決断を選んだ。私たちは変化する必要があった」

「このクラブを愛する人々や選手たちを目にすれば、大きな責任が伴うと分かる。私もその(クラブを愛する)一人だ」

「フットボールが好きで、この紋章とシャツでプレーした。だが、それ(監督としての自身と選手としての自身)は別人だ」

「私が今やりたいことは、勝ち取ったものだけでなく、悪かったことも忘れないということだ。昨年はリーグとカップを失ったが、チャンピオンズリーグで優勝した」

「人生はそんなものだ。良いことも悪いこともある」

「これは大きな挑戦だ。二度目だからということではないよ」

「過去のことは考えない。そうだったら戻っては来なかっただろう」

「クラブに戻ることだけではなく、2度目のプロジェクトを引き受けたかった。再び監督がしたい」

「残された11試合についてだけ考えている」

「関係者と残りの試合を観察する時間があるだろう。それが来シーズンに向けて計画する時間だということは明白だ」

「多くのオファーがあったが、他のクラブには行きたくなかった。私たちは良い形で今シーズンを終え、来シーズンの準備をしなくてはならない」
コメント
関連ニュース
thumb

ジダンの長男エンツォ、父のマドリー指揮官復帰に「息子としてもサポーターとしても幸せ」

ラージョ・マヤダホンダ(スペイン2部)に所属するフランス人MFエンツォ・ジダンが、父のレアル・マドリー指揮官への復帰を喜んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーは今月、今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったことで、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任。後任として前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成した同クラブのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン監督(46)が約9カ月ぶりに復帰した。 ジダン監督の長男としても知られるエンツォは、父のマドリー指揮官復帰について言及。息子としてもサポーターとしても「幸せ」だとコメントした。 「僕は父の仕事を信じている。いつものように支持しているよ。彼は常に心で決断する。そして、今回の指揮官復帰が起こったんだ」 「自分の心の通りに動けば、物事は良い方向に進み、全てが上手くいくと確信しているよ」 「マドリーが歓迎してるかどうかは、僕ではなく、サポーターのみんなに聞くべきだよ。でも僕は息子として幸せさ。マドリーのサポーターとしてもね」 2019.03.25 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マドリー退団希望報道のヴァランに興味か

ユベントスが、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2011年にランスからマドリー入りしたヴァラン。25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝などを成し遂げた。また、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では全試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてフランス代表の5大会ぶり2度目の優勝に貢献した。 しかし先日、ヴァランが環境を変えて新たな挑戦をするため、今夏のマドリー退団を検討していることがフランスメディアによって報じられた。その後、本人は去就に関する話題を避けているが、マドリーで親しい人々に退団希望を通達していることが伝えられるなど、退団報道が加熱している。 そんなヴァランに対しては、マンチェスター・ユナイテッドを筆頭にパリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンなどがすでに獲得に向けて興味を抱いている模様。そんな中、センターバックの獲得を目指すユベントスも今夏獲得に向けて準備に動くようだ。 ヴァランには5億ユーロ(約620億円)という現実離れした契約解除金が設定されている。しかし、『アス』は同選手がマドリー退団を固く決心している場合、他クラブと減額に向けて交渉するしかないと見解を示している。 2019.03.25 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

吐露するカゼミロ…「C・ロナウドが恋しい」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表MFカゼミロがユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて、思いを吐露した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 毎年のように40得点近くのゴールをもたらすC・ロナウドを昨夏に失ったレアル・マドリーは今シーズンを通じて穴埋めの最適解をみいだせず、攻撃がスケールダウン。フレン・ロペテギ氏やサンティアゴ・ソラーリ氏の再建努力も実らず、コパ・デル・レイとチャンピオンズリーグ(CL)から敗退を強いられ、リーガエスパニューラでも首位のバルセロナを12ポイント差で追う3位と無冠が決定的になると、今シーズン2度目の監督交代でジネディーヌ・ジダン氏の再任に動いた。 カゼミロはそのC・ロナウドについて次のように言及。恋しい思いを打ち明け、C・ロナウドがいなくなり、チームの状況が一変してしまったことを認めた。 「もちろん、彼が恋しいよ。クリスティアーノのような選手がいなくなれば、世界中のどんなチームだって、そう思うさ。世界一の選手なのだからね」 「彼と一緒にプレーできることは喜びだった。でも、シチュエーションは変わってしまった。彼はもはやレアル・マドリーの選手じゃない」 2019.03.24 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アザールのレアル・マドリー行き、アーセナルOBピレスは「今夏」移籍を推す

アーセナルOBで元フランス代表のロベール・ピレス氏がチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)に今夏のレアル・マドリー移籍を推した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 近年のチェルシーにおいて完全無欠のスタープレーヤーであるアザール。今シーズンもエースたる所以を示し続けているが、来シーズン限りで満了となる契約に関して、チェルシーからの延長オファーを蹴り、「夢」のレアル・マドリー移籍をちらつかせる発言が続けている状況だ。 そうしたなか、先日にレアル・マドリーとの5年契約合意報道が…。アザール本人はすぐさま火消しの発言を残したが、実際は定かではない。かつてビジャレアルの選手としてリーガエスパニューラを経験したピレス氏は『bwin』で渦中のアザールについて次のように語り、今夏の移籍を勧めた。 「アザールはプレミアリーグのベストプレーヤー。レアル・マドリーが探すプロフィールに合致する選手さ」 「チェルシーはすごく幸運だよ。世界中のどんな選手でも成し得ないことをやってのけられるアザールを擁しているのだから」 「でも、問題はアザールがそういった才能を持ちながら、チェルシーに残ってもタイトルを獲得できないということだ」 「だから、レアル・マドリーにとって、非常に魅力的な選手だね」 2019.03.24 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アザールがマドリー行き報道を完全否定!

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)が、レアル・マドリーとの合意を否定した。イギリス『メトロ』が報じている。 2012年にリールから加わって以来、チェルシーで眩く輝き続けているアザール。今シーズンも、ここまでの公式戦39試合で16ゴール11アシストと、チームを牽引している。 とはいえ、そんなアザールとチェルシーの現行契約も来シーズン終了まで。チェルシーからの契約延長オファーを固辞している上、同選手は以前からマドリーへの憧れを隠しておらず。さらに、マドリー指揮官にはアザールにとってのアイドルであるジネディーヌ・ジダン監督が復任し、今夏移籍の可能性が高まっている。 さらに、一部ではアザールは既にマドリー行きに関して大筋の取り決めを交わしているとも報じられた。しかし、そのことについて問われたアザールは、強く否定している。 「報道は全くの嘘だ」 「僕は明日のキプロス代表戦だけに集中している。それが考えていることの全てだよ」 2019.03.24 11:35 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース