チャンスを生かせず憤り、リーグ戦初黒星のスールシャール監督が判定にも不満「PKだとは思わない」2019.03.11 11:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、アーセナルとの大一番を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。ユナイテッドは10日、プレミアリーグ第30節でアウェイでアーセナルと対戦。トップ4入りを目指す両者にとって大事な一戦となったが、アーセナルがグラニト・ジャカ、ピエール=エメリク・オーバメヤンのPKで2-0と勝利した。

ユナイテッドは、ロメル・ルカクやマーカス・ラッシュフォードを中心に多くの決定機を作ったものの、GKベルント・レノの好守にも遭いノーゴールに終わっていた。

試合を振り返ったスールシャール監督はリーグ戦初黒星。6日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦が尾を引いて低調なスタートとなった事に言及した。

「我々はゆっくりとスタートした。そしてそれは恐らく、6日のパリ・サンジェルマン戦の反動だと思う。私には分からないが。今日、我々は最初の10〜15分間、無気力な状態だった。活発ではなく、チャンスも作れなかった」

「しかし、それは我々が負けに値するゲームだったということではない。チャンスを作り出したが、そこからが問題だ。5つのビッグチャンスがあり、そのうち2つはポストを叩いた」

「例に挙げるなら、FAカップ(チェルシー戦)で勝った時よりも、多くのチャンスがあった。今日は、その時よりも優れたプレーをしたが、結果は違った。彼らが最初のゴールを決めた時、別のゲームとなった。パフォーマンスは良かったが、結果は期待外れだった」

また、後半のアレクサンドル・ラカゼットがPKを獲得したシーンについて言及。フレッジのファウルはなかったとし、「PKではない」と自身の見解を述べた。

「彼らはPKをもらった。ジョン・モス主審は、判定にガッカリすると思う。なぜなら、私がテレビで見直した後では、PKだとは思わなかったからだ。彼らは本当に我々を切り開いたという訳ではないんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャール正式就任に賛成のマティッチ…「残ってもらいたい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチがオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督(46)の正式就任に賛成した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 昨年末に就任以降、公式戦14勝2分け3敗の成績を残すスールシャール暫定監督。最近の公式戦で初の2連敗と勢いに陰りが見えつつあるが、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出やプレミアリーグ上位争いに押し上げた手腕は色褪せない。 マティッチは16日に敵地で行われたFAカップ準々決勝のウォルバーハンプトン戦(1-2でユナイテッドが敗戦)後、今後のリスタートに意欲を示しつつ、正式就任の見方が強まるスールシャール暫定監督についても触れた。 「彼がこの状況を良くしてくれると信じているよ。僕らもより良くなっていくはずさ。僕らはこの試合のどこでミスをしたのかをあぶり出して、改善していきたい」 「僕らは試合後、次の試合に集中して、一丸となって、トップ4の座を目指すことを確認し合った。最近の試合で負け続けているから言い訳をするつもりはない」 「オーレに残ってもらいたいよ。彼は素晴らしい監督で、すごくポジティブ。クラブなら(正式監督就任を)決めてくれるだろう」 2019.03.18 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「就任以降最悪のパフォーマンス」初の公式戦2連敗にスールシャールが失望をあらわに

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、チームのパフォーマンスへの不満を呈した。<br><br>16日に行われたFAカップ準々決勝でマンチェスター・Uは敵地でウォルバーハンプトンと対戦。0-0で迎えた70分にウルブスに先制点を許すと、その僅か6分後にも追加点を喫して2点のビハインドを背負う。後半アディショナルタイムにマーカス・ラッシュフォードが1点を返すも時すでに遅く、試合はこのまま1-2で終了してマンチェスター・UのFAカップ敗退が決まった。<br><br>昨年12月に古巣マンチェスター・Uに復帰したスールシャール監督の下、10日のアーセナル戦まで17試合を戦って14勝2分け1敗と好成績を残してきたが、アーセナル戦でプレミアリーグ初黒星を喫すると、この試合にも敗れて就任以降初の公式戦2連敗。同指揮官はこの結果を受け、チームのパフォーマンスに失望したと語った。<br><br>「試合の入りがとてもゆっくりで、彼らの手の中でプレーしていた。ポゼッションも十分ではなく、スピードもなかった。だから失望そのものだ。前線に十分なクオリティと連係プレーがあったとは思えない。前半にボールをキープしていたが、何の助けにもならなかった。これは大きな後退だ」<br><br>「私がこの職について以降、最悪のパフォーマンスだった。先週の試合ではパフォーマンスに関しては満足していたが、今日の試合ではボールに対してクオリティも切迫さもなかった。ポゼッションすることに満足しすぎて、相手のゴールキーパーを脅威にさらすことができなかった。アーセナル戦ではプレーに相応しい結果を手にできなかったが、この試合では値すべき結果を手にした。なぜなら、我々はこの試合で勝利するに値しなかった」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

キャリックが語る、スールシャールとファーガソンの共通点「マンチェスター・ユナイテッドのDNAそのもの」

マンチェスター・ユナイテッドのOBで、現在はクラブのコーチを務める元イングランド代表MFマイケル・キャリックがオーレ・グンナー・スールシャール監督についてイギリス『ザ・タイムズ』で語った。<br><br>今季途中にジョゼ・モウリーニョ前監督に代わり指揮を執ったスールシャール監督。就任以降、快進撃を見せ、6日に行われたチャンピオンズリーグ1回戦でのパリ・サンジェルマン戦では、劣勢になりながらも3-1で勝利しクラブを準々決勝に導いた。<br><br>キャリックはスールシャール監督について、マンチェスター・Uの黄金期を築いた名将アレックス・ファーガソンと共通する部分があると語った。<br><br>「2人は同じ方針を持っている。オレのチーム会議はファーガソンと同じように大変な作業なんだ。彼の方針は、これまでクラブが持っていたマンチェスター・UのDNAそのものさ。たとえリスクがあろうと、エキサイティングでポジティブな勝利へのパフォーマンスをするためにそのリスクを冒すんだ」<br><br>「ユナイテッドのやり方というのは謙虚で、『常に自分たちが勝っている』という傲慢さはない。僕たちは相手よりもハードワークするだけだ。ユナイテッドが長年に渡りベストなチームであったのは、信じられないような仕事に対する熱意があったからなんだ」<br><br>またキャリックは劇的勝利に終わったPSG戦を「この感情に値段はつけられない」と振り返った。<br><br>「勝利の瞬間は信じられなかった。ドレッシングルームは揺れていたよ。選手たちはオレの歌をみんなで歌っていた。アレックス・ファーガソンとエリック・カントナがやってきたら、カントナの歌を歌いだしたよ」<br><br>「子供からお年寄りまで誰もが、道で私を見かけると『あの試合は素晴らしかった』と話しかけて来るんだ。数年、数ヶ月経って、振り返ってみても素晴らしいと思える特別な勝利だよ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン・マドリー、デ・ヘア獲得に再度乗り出すか

ジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアル・マドリーは、今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)獲得を優先させるようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ジダン監督は、2017年に一度デ・ヘアの獲得オファーを出したものの失敗に終わっており、今回は再びそのオファーを出すとのことだ。 フロレンティーノ・ペレス会長は、今回のジダン監督復帰に際して、選手の獲得などの権限を与えることを条件としており、ジダン監督の望みに合わせて動くことになるはずだ。 デ・ヘアはユナイテッドと2020年までの契約を結んでおり、1年間の延長も話に上がっているとのこと。今シーズン終了後にもその契約にサインする可能性がある。 一方で、ジダン監督は指揮官復帰初戦となったセルタ戦で2-0と勝利。サンティアゴ・ソラーリ前監督が起用していたベルギー代表GKティボー・クルトワをベンチに置き、GKケイロル・ナバスを起用していた。このことからも、デ・ヘア獲得へ動き出すと見られているようだ。 2019.03.18 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップで物議のVARにモイーズが物申す! 英国の“EU離脱”と比較し持論を展開

マンチェスター・ユナイテッドやエバートンを指揮したデイビッド・モイーズ氏が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関しての持論を展開した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 欧州の各リーグやFIFAが主催する大会で近年導入が進んでいるVARだが、プレミアリーグではまだ導入されておらず、2019-20シーズンからの導入が決定。今シーズンはFAカップで導入されている。 16日に行われたFAカップ準々決勝では、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドではVARが導入されていたものの、スウォンジーvsマンチェスター・シティの一戦ではスタジアムに設備がなく導入されていなかった。 さらに、逆転につながったシティの2ゴールは疑惑の判定とされ、VARが導入されていれば認められていないものであったとの見解が強い状況。ジョゼップ・グアルディオラ監督も謝罪するなど、VARに関しての問題がここにきて出ている状況だ。 この件を踏まえ、モイーズ氏はVARについてコメント。イギリスで大きな話題となっている、“EU離脱”を持ち出して語った。 「イギリスの全員がVARに対して完全に納得するとは思わない。決断を下すのに時間がかかりすぎると感じる。そして、それがいつ起こるのか、我々はハッキリとわかっているとは思わない」 「間違いを見たときは、それは非常に簡単なことだと思う。『VARを取り入れて、決定を下しましょう』というのは簡単だ」 「しかし、VARでは、正しいとは思えない多くの決定が出ていると思う。現時点では、Brexit(ブレグジット=イギリスのEU離脱)と同じぐらい悪いものだろう」 2019.03.18 11:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース