【先週末の海外日本人結果】乾が恩返し弾! 香川が値千金の決勝弾!2019.03.11 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。アラベスは9日、リーガエスパニョーラ第27節でエイバルと対戦。古巣対戦となった日本代表MF乾貴士はフル出場し、58分に恩返し弾。2試合連続ゴールを決めた。

ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司は10日、スュペル・リグ第25節のコンヤスポル戦に途中出場。後半アディショナルタイムに値千金の勝ち越しゴールを記録して勝利に貢献した。

その他、CSKAモスクワに所属するFW西村拓真が移籍後初ゴールを記録している。

イングランド
[レスター・シティ]岡崎慎司
H 3-1 フルアム 〇
72分までプレー⇒詳細ニュース

[ニューカッスル]武藤嘉紀
H 3-2 エバートン 〇
ベンチ入りせず

[サウサンプトン]吉田麻也
H 2-1 トッテナム 〇
フル出場⇒詳細ニュース

スペイン
[ヘタフェ]柴崎岳
H 2-1 ウエスカ 〇
ベンチ入りせず

[アラベス]乾貴士
H 1-1 エイバル △
フル出場、58分にゴールを記録⇒詳細ニュース

ドイツ
[ブレーメン]大迫勇也
H 4-2 シャルケ 〇
ベンチ入りせず

[フランクフルト]長谷部誠
A vs デュッセルドルフ
※月曜開催

[ニュルンベルク]久保裕也
A 1-2 ホッフェンハイム ●
76分までプレー⇒詳細ニュース

[ハノーファー]浅野拓磨
H 2-4 レヴァークーゼン ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ハノーファー]原口元気
H 2-4 レヴァークーゼン ●
フル出場⇒詳細ニュース

[デュッセルドルフ]宇佐美貴史
H vs フランクフルト
※月曜開催

フランス
[マルセイユ]酒井宏樹
H 1-0 ニース 〇
フル出場

[トゥールーズ]昌司源
H 1-0 ギャンガン 〇
フル出場

[ストラスブール]川島永嗣
H 2-2 リヨン △
ベンチ入りも出場せず

オランダ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
A 3-2 ADO 〇
74分までプレー

[フローニンヘン]堂安律
A 0-0 ユトレヒト △
出場停止

[フローニンヘン]板倉滉
A 0-0 ユトレヒト △
ベンチ入りせず

[ズウォレ]中山雄太
H 0-0 AZ △
ベンチ入りも出場せず

ポルトガル
[ポルティモネンセ]権田修一
H 5-1 ナシオナル 〇
ベンチ入りせず

[ブラガ]安西海斗
H 1-0 ギマランエス 〇
ベンチ入りせず

[ギマランエス]深堀隼平
A 0-1 ブラガ ●
ベンチ入りせず

[ベンフィカ]小久保玲央ブライアン
※月曜開催

トルコ
[ベシクタシュ]香川真司
H 3-2 コンヤスポル 〇
75分からプレー、93分にゴールを記録⇒詳細ニュース

[ガラタサライ]長友佑都
H vs アンタルヤスポル
※月曜開催

オーストリア
[ザルツブルク]南野拓実
H 0-0 シュトルム・グラーツ △
フル出場

[インスブルック]財前淳
A 0-2 リンツ ●
ベンチ入りせず

ロシア
[CSKAモスクワ]西村拓真
H 3-0 ルビン・カザン 〇
66分までプレー、24分に移籍後初ゴール

ベルギー
[ヘンク]伊東純也
H 1-0 ロケレン 〇
66分までプレー

[シント=トロイデン]遠藤航
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △
ケガのため欠場

[シント=トロイデン]鎌田大地
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △
フル出場、15分にゴールを記録⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]冨安健洋
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒詳細ニュース
フル出場

[シント=トロイデン]関根貴大
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒詳細ニュース
ベンチ入りも出場せず

[シント=トロイデン]小池裕太
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △
ベンチ入りせず

[シント=トロイデン]木下康介
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒詳細ニュース
ベンチ入りも出場せず

[シャルルロワ]森岡亮太
A 2-1 アントワープ 〇
89分までプレー

[オイペン]豊川雄太
H 0-4 クラブ・ブルージュ ●
後半からプレー

[セルクル・ブルージュ]植田直通
H 1-2 スタンダール・リエージュ ●
ベンチ入りも出場せず
コメント
関連ニュース
thumb

中島・南野・堂安の2列目に割って入る! MF乾貴士、アピールに意気込み《キリンチャレンジカップ》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 アジアカップに続く選出となったMF乾貴士(アラベス/スペイン)は、同大会時よりもコンディションが上がっていると主張。また、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、MF堂安律(フローニンヘン/オランダ)の2列目を森保ジャパンの武器と認めながらも「そこに割って入って行きたい」とアピールを誓った。 ◆MF乾貴士(アラベス/スペイン) ──アジアカップからどういったことを上積みしていきたいか 「アジアカップからもメンバーが変わっているので、どういったところかというのは難しいところです。とにかく今は、新しい選手も入ってきていますし、彼らはアピールが大事になってきます。それは普通のことなので、それをサポートできればと思いますし、自分自身もアピールはしないといけないと思っています。そういうところで1人1人の良さを出していければ良いのかなと思います」 ──2列目より前の顔ぶれは結構変わっているが個人的に面白そうだなと思う選手はいるか 「ほとんどの選手がやったことある選手なのであまり変わらないですけど、(香川)真司や宇佐美(貴史)とかは、あまり一緒に出たことがないので、一緒にやってみたいという思いはありますね」 ──MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)とは同じポジションだが、共存はできるか 「ポジションが被っている以上は何とも言えないですね。俺が右で(堂安)律のところで出れるかってなったらまた違う話になります。ただ、今の(南野)拓実、律、(中島)翔哉というのは、日本の武器だと思います。とにかくそこに割って入るために試合でアピールしていくしかないですし、共存というよりもやはり1人1人の良さを出していければと思います」 ──特にアピールしたいところは 「自分の特長はもう分かってもらっていると思うので、それを出していければ良いのかなと思います」 ──今、アラベスでは右サイドをやっているが 「僕は基本的に右ではないのでね。もちろんやったことがなかったのですごく新鮮で楽しいですけど、今のチーム事情としてやっているだけです。これからも右サイドでやるかと言ったらやらないと思います」 「今までそれで半年間、出れない時間を過ごして、試合に出たい欲が出て、どこでも良いからポジションを見つけたいというところで今は出れているので、文句は全くないです。右でも良いプレーができるように、少しでもチームの役に立てるようにやっているだけです」 ──アジアカップ時と比べてコンディション的にはどうか 「どれくらい良くなっているかはわからないですけど、コンディションは確実に上がっています。出てない時よりは、出ている時の方が良いので」 ──FWの2人が新顔だが、コンビネーションはどうか 「まだ今日、全体練習を始めたばかりなので、難しいところはいっぱいあります。まだ手応えとかはないです」 2019.03.20 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

乾フル出場のアラベス、最下位ウエスカに競り勝って4位ヘタフェにプレッシャー!《リーガエスパニョーラ》

アラベスは16日、リーガエスパニョーラ第28節でウエスカとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。アラベスのMF乾貴士はフル出場している。 前節エイバル戦を引き分けた5位アラベス(勝ち点41)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ヘタフェを4ポイント差で追う中、エイバル戦で恩返し弾を決め、2試合連続ゴール中の乾がフラットな[4-4-2]の右MFで6試合連続スタメンとなった。 ここ6試合で3勝を挙げている最下位ウエスカ(勝ち点22)に対し、立ち上がりから押し気味に試合を進めたアラベスは8分、乾が右サイド低い位置で得たFKからPKを獲得する。ジョニーがゴール前に送ったルーズボールをチモ・ナバーロがボレー。枠を捉えたシュートはGKにセーブされるも、その前にボックス内でのマントヴァーニのハンドがあったとしてVARの末にPKとなった。これをカジェリが決めてアラベスが先制した。 しかし直後の13分、右クロスがボックス内のチモ・ナバーロのハンドを誘ってPKを献上。これをチミ・アビラに決められて同点とされた。 その後は一進一退の攻防が続いた中、互いにシュートチャンスを作れない状況が続き、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もアラベスが押し込む展開で立ち上がっていったものの、57分に大ピンチ。しかし、左クロスに反応したゴール前でフリーのガジャルのシュートは枠の上に外れて助かった。 さらに62分、FKの流れから投入直後のクチョ・エルナンデスのボレーシュートがバーを直撃するピンチを迎えたアラベスは、ここからウエスカの攻勢を受け、攻撃の形を作れない状況が続く。 しかし80分、右サイドからのロングスローの流れからニアサイドのマリパンがヘッドで逸らすと、ゴールエリア右のグイデッティがボレーで押し込み、アラベスが勝ち越しに成功した。 途中出場のグイデッティの今季初ゴールでリードしたアラベスは86分、ワカソのフィードをボックス右で受けたカジェリが見事なトラップからシュートを突き刺し、ダメ押しの3点目を挙げた。 このまま3-1で勝利したアラベスがヘタフェとの勝ち点差を暫定1ポイントに縮め、プレッシャーをかけている。 2019.03.16 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

教え子・乾貴士にゴール決められたエイバル監督、愛ある冗談を飛ばす「得点後に謝られたが…だったら決めるなよ!」

9日のリーガエスパニョーラ第27節、アラベス対エイバルは1&minus;1のドローで終了した。エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、この試合の先制点を決めた教え子・アラベスMF乾貴士について、愛ある冗談を飛ばしている。<br><br>昨季まで3シーズンにわたりエイバルに在籍した乾は、この試合の先制点を記録した。58分、速攻からMFジョニーが右サイドを突破し、ペナルティエリア内右に走り込む乾にパス。ボールを受けた乾は一度フェイントを入れ、引っかかったGKディミトロビッチに尻餅をつかせると、ディミトロビッチとゴールポストの間にボールを通して見事ネットを揺らした。その後、エイバルがFWマルク・カルドナが同点弾を決め、試合はドローで終了した。<br><br>試合後会見に出席したメンディリバル監督は、やはり教え子の&ldquo;手痛い恩返し&rdquo;について感想を問われている。多数の選手たちからもう一人の父親のようだとその印象を述べられる同指揮官は、笑顔で次のように返答した。<br><br>「タカはサラード(愛嬌がある、またはどぎついなどの意)だ。日本人だが、とてもサラードだよ。彼のユーモアを理解しないとね。私たち相手にゴールを決めて、それから謝ってきた&hellip;&hellip;。だったら決めるな、という話だよ!」<br><br>「私たちは仲が良かったし、今後もそうあり続ける。あいつは良いやつで、ビトリアでも活躍を見せてくれるだろう。ここではもう2ゴールを記録しているが、私たちといたときよりも点を決めている。つまりベティスで何かを学んだんだよ。いや、違う&hellip;&hellip;あいつはベティスでプレーしていなかったんだ! それならエイバルで学んだということなんだろうな」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.10 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

乾が古巣エイバル相手に恩返し弾! 2戦連続弾もチームは1-1のドロー《リーガエスパニョーラ》

アラベスは9日、リーガエスパニョーラ第27節でエイバルをホームに迎え、1-1で引き分けた。アラベスのMF乾貴士はフル出場している。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ヘタフェを2ポイント差で追う5位アラベスは、前節ビジャレアル戦で移籍後初ゴールを決め、チームの勝利に貢献した乾が5試合連続スタメンとなった。 昨季まで乾が3年間在籍していた10位エイバル(勝ち点34)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだアラベスは乾が右MFで先発となった。 堅守チーム同士らしい手堅い試合展開で立ち上がっていった中、最初の決定機はアラベス。16分、ロングボールを使った流れからボックス右に侵入したボルハ・バストンのクロスをカジェリがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 さらに22分、CKの流れからボックス右でクロスを受けたカジェリがうまく前を向いてシュート。だが、わずかに枠の左に外れる。 その後もアラベスが押し気味に試合を進めると、39分にはボルハ・バストンがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせたが、ゴールを奪うには至らず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始2分、ジョルダンのヘディングシュートでゴールを脅かされたアラベスは、49分に乾がミドルシュートで牽制して流れを渡さずに試合を進めると、58分に乾が古巣相手にゴールを決める。 相手CKの流れからロングカウンターに転じると、ジョニーが持ち上がり右サイド高い位置でボールをキープしてスルーパス。これをボックス右で受けた乾がDFに対応されながらも、角度の厳しい位置からGKドミトロビッチの逆を突いてゴールに流し込んだ。 しかし、失点を受けて前がかってきたエイバルに71分、同点ゴールを奪われる。右サイドからのオレジャーナのクロスをカルドナに合わせられた。 その後も劣勢が続いたアラベスはグイデッティを投入して盛り返しにかかると、82分にピナのコントロールシュートで勝ち越しゴールに迫った。しかし、最終盤にかけてはゴールに迫れず、1-1でタイムアップ。乾が恩返し弾を決めたものの、勝ち点1を積み上げるに留まった。 2019.03.09 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

乾貴士決勝弾で4位浮上のアラベス、監督「CL出場争うなどスターウォーズの世界」

2日のリーガエスパニョーラ第26節、アラベスは敵地エル・マドリガルでのビジャレアル戦を2-1で制し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位に浮上した。アベルラルド監督は試合後、アラベスに取ってCL出場を争うことが「SFの世界」だと語っている。<br><br>54分にDFギジェルモ・マリパンが先制点を記録したアラベスは、MFサンティ・カソルラのゴールを許して一時同点に追いつかれるも、77分にMF乾貴士の今季初ゴールが生まれて勝ち越した。これで勝ち点を40として1部残留をほぼ確定させ、暫定ながらCL出場圏の4位に浮上している。<br><br>試合後会見に出席したアベラルド監督は、アラベスにとってCL出場争いは、現実離れしたこととの見解を示している。<br><br>「私たちがCLに出場するなど、スターウォーズ、SFの世界だよ。バレンシア、セビージャなどのチームが4位の座につかなければならないのだろうが、こちらもあきらめる気はない。まだ、リーガは多くの試合が残されている」<br><br>「私たちはパルティード・ア・パルティード(1試合ずつ)で進まなくてはならない。今季、ずっとそうしてきたのだから。そうやって働いて、何が起こるのかを見てみよう」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.03 22:18 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース